井上 浩義 (イノウエ ヒロヨシ)

Inoue, Hiroyoshi

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 化学教室 (日吉)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

研究室住所

横浜市港北区日吉4-1-1

研究室電話番号

045-900-1221

研究室FAX番号

045-566-1305

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年04月
    -
    1993年05月

    山口大学医学部生理学教室助手

  • 1993年06月
    -
    1995年03月

    MediTech International Inc.前臨床試験評価担当

  • 1995年04月
    -
    1998年07月

    吉富製薬株式会社創薬研究所研究主任

  • 1998年08月
    -
    2008年03月

    久留米大学医学部講師、助教授、教授(2006年~)

  • 2008年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部化学教室教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年03月

    九州大学, 理学部, 化学科

    大学, 卒業

  • 1989年03月

    九州大学, 理学研究科, 化学専攻

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士, 九州大学, 課程, 1989年03月

  • 博士(医学), 久留米大学, 論文, 2004年02月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 高分子化学 (Polymer Chemistry)

  • 原子力学 (Atomic Power Studies)

  • 薬理学一般 (General Pharmacology)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 放射性同位元素

  • 放射線管理

  • 機能性膜

  • 消化管

  • 物質分離

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ビューティー&ヘルシーナッツレシピMOOK

    井上 浩義, マガジンハウス, 2012年10月

  • レスベラトロールの基礎と応用

    井上 浩義, シーエムシー出版, 2012年09月

  • LOVE NUTS

    井上 浩義, 幻冬舎ルネッサンス, 2012年03月

    担当範囲: 150

  • 改訂版放射線のABC

    井上 浩義, 社団法人日本アイソトープ協会, 2011年03月

    担当範囲: 140

  • アポラクトフェリン

    井上 浩義, ハート出版, 2010年11月

    担当範囲: 47

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Chemoenzymatic semisynthesis of caffeic acid β-phenethyl ester, an antioxidative component in propolis, from raw coffee bean extract

    Hashimoto R., Iai H., Fujita R., Hanaya K., Higashibayashi S., Inoue H., Sugai T.

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry (Bioscience, biotechnology, and biochemistry)  85 ( 3 ) 476 - 480 2021年02月

     概要を見る

    Caffeic acid β-phenethyl ester (CAPE), an antioxidative bioactive catechol isolated from propolis, was semisynthesized from chlorogenic acid and related compounds in an extract of raw (unroasted) Robusta coffee (Coffea canephora) beans in 5 steps and a total yield of 31%. Oxidative degradation of the intermediates and target molecule was prevented by alkaline hydrolysis of the chlorogenic acids in the presence of sodium dithionite (Na2S2O4) and deprotection of the catecholic diacetate precursor by Candida antarctica lipase B-mediated transesterification as the final step.

  • A dipping method for radioactivity measurement in water using plastic scintillator

    Furuta E., Akiyama K., Inoue H., Kataoka Y., Sensui M.

    Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry (Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry)  324 ( 1 ) 109 - 122 2020年04月

    ISSN  02365731

     概要を見る

    A new dipping method was studied for the measurement of radioactive solution using plastic scintillator sheets and pellets (PSs) and a liquid scintillation counter. The method consists of analyzing the PSs dipped into test solution composed of nine compounds with five different radionuclides, and measuring them by using the ‘in solution’ and ‘without solution’ method. A qualitative analysis based on the obtained spectra and a quantitative analysis by using the empirical linear relationships between radioactivity and count rate were possible. Minimum detectable activities of this method were calculated and compared with World Health Organization guidelines for drinking water.

  • A novel HIF inhibitor halofuginone prevents neurodegeneration in a murine model of retinal ischemia-reperfusion

    Kunimi H., Miwa Y., Inoue H., Tsubota K., Kurihara T.

    International Journal of Molecular Sciences (International Journal of Molecular Sciences)  20 ( 13 )  2019年07月

    ISSN  16616596

     概要を見る

    Neurodegeneration caused with retinal ischemia or high intraocular pressure is irreversible in general. We have focused on the role of hypoxia-inducible factor (HIF) in retinal homeostasis and revealed that HIF inhibition may be effective against retinal neovascular and neurodegeneration. In this study, we performed in vitro screening of natural products and found halofuginone, which is a derivative of febrifugine extracted from hydrangea, as a novel HIF inhibitor. Administration of halofuginone showed a significant neuroprotective effect by inhibiting HIF-1α expression in a murine retinal ischemia-reperfusion model histologically and functionally. These results indicate that halofuginone can be a neuroprotective agent in ischemic retinal degenerative diseases.

  • Integral role of receptor for advanced glycation end products (RAGE) in nondiabetic atherosclerosis

    Uekita H., Ishibashi T., Shiomi M., Koyama H., Ohtsuka S., Yamamoto H., Yamagishi S., Inoue H., Itabe H., Sugimoto K., Kamioka M., Ohkawara H., Wada I., Yasuchika T.

    Fukushima journal of medical science (Fukushima journal of medical science)  65 ( 3 ) 109 - 121 2019年

     概要を見る

    An advanced glycation end products (AGE)/a receptor for AGE (RAGE) axis plays a central role in the pathogenesis of diabetic vascular remodeling. This study was conducted to clarify the role of RAGE in nondiabetic atherosclerosis. We used the aortic and coronary atherosclerotic lesions of Watanabe heritable hyperlipidemic (WHHL) rabbits prone to myocardial infarction (WHHLMI) at 1 to 14 months. Immunohistochemistry demonstrated the significant expression of RAGE as early as at 1 month with the stronger expression at 3 and 7 months, which was remarkably diminished at 14 months. RAGE expression was concordant with AGE accumulation. The major original sources of RAGE expression were macrophages and smooth muscle cells in addition to endothelial cells, and RAGE expression was distributed in the areas of phospholipid products, a component of oxidized LDL and nitrotyrosine. The concentrations of serum AGE did not alter significantly with aging. These findings suggested the expression of RAGE was induced by hyperlipidemia and oxidative stress independent of diabetes in WHHLMI rabbits. Additionally, our in vitro study showed that silencing of RAGE tended to attenuate oxidized-LDL-triggered PAI-1 expression in human cultured macrophages, as well as oxidized-LDL-induced tissue factor expression in peritoneal macrophages, suggesting a possible role of RAGE in prothrombogenic molecular regulation. In conclusion, the present study provides in vivo evidence that RAGE plays an integral role in the initiation and progression of nondiabetic atherosclerosis, suggesting that RAGE may be a novel target for treating not only diabetic but also nondiabetic vascular complications.

  • Synthesis of enantiomerically enriched drug precursors and an insect pheromone via reduction of ketones using commercially available carbonyl reductase screening kit “Chiralscreen® OH”

    Nagai T., Sakurai S., Natori N., Hataoka M., Kinoshita T., Inoue H., Hanaya K., Shoji M., Sugai T.

    Bioorganic and Medicinal Chemistry (Bioorganic and Medicinal Chemistry)  26 ( 7 ) 1304 - 1313 2018年04月

    ISSN  09680896

     概要を見る

    Commercially available “Chiralscreen® OH” starter kit containing five types of carbonyl reductases (E001, E007, E031, E039, and E078) was used for the reduction of several aromatic and aliphatic ketones to obtain enantiomerically enriched drug precursors and an insect pheromone. Almost stereochemically pure secondary alcohols, used in the synthesis of drugs such as (R)-rasagiline mesylate, (S)-rivastigmine, (R)-chlorphenesin carbamate, and (R)-mexiletine, and the insect pheromone (4S,5R)-sitophilure, were conveniently obtained. The enzymes worked well with ketones containing at least one non-bulky substituent at the carbonyl group. The diverse stereochemical preference of the above five carbonyl reductases was clarified.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 初等中等オフキャンパス科学教育の高等教育への影響調査および企業等活用促進研究

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 井上 浩義, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 食と医学の科学

    2011年05月
    -
    2012年03月

    科学コミュニケーション連携事業, 補助金, 

  • 科学技術体験活動「放射線を知っていますか?」

    2011年05月
    -
    2011年08月

    NPO法人新世紀教育研究会, 子どもゆめ基金, 補助金, 

  • 科学技術体験活動「放射線を知っていますか?」

    2010年05月
    -
    2010年08月

    平成22年度子どもゆめ基金, 補助金, 

  • 小中高校生が作成する社会認識のための原子力・放射線教材の開発

    2010年04月
    -
    2011年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 終末糖化産物(AGE)結合剤並びにそれを含むAGE関連疾患予防組成物、食品及び皮膚外用剤

    特願: 特2009-057521  2009年03月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 細胞または組織内のAGE-2を免疫組織化学的に検出する方法およびそのためのキット

    特願: 特願2007-63947  2007年03月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 口内清浄剤

    特願: 特許出願2006-245158  2006年09月 

    特開: 特許公開2008-63303  2008年03月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 化粧品もしくは医薬部外品用または飲食物用防腐剤

    特願: 特願2006-105470  2006年04月 

    特開: 特開2007-277153  2007年10月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 眼科用組成物およびコンタクトレンズ用組成物

    特願: 特願2005-333398  2005年11月 

    特開: 特開2007-137817  2007年06月 

    特許, 単独, 国内出願

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 化学コミュニケーション賞2012

    井上 浩義, 2013年02月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 平成23年度慶應義塾大学医学部Best Teacher Award(1位)

    井上 浩義, 2012年09月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 平成22年度慶應義塾大学医学部Best Teacher Award(1位)

    井上 浩義, 2011年09月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 平成21年度慶應義塾大学医学部Best Teacher Award(1位)

    井上 浩義, 2010年10月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 平成22年度科学技術分野の文部科学大臣表彰・科学技術賞(理解増進部門)

    井上 浩義, 2010年04月

    受賞区分: その他の賞

     説明を見る

    原子力・放射線技術の理解増進に寄与した。

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 化学実験

    2021年度

  • 化学Ⅱ

    2021年度

  • 化学

    2021年度

  • 化学実験

    2020年度

  • 化学Ⅱ

    2020年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 機能性食品評価に関する委員会(九州経済産業局)

    2007年04月
    -
    2008年03月
  • 株式会社アップウェル

    2006年06月
    -
    継続中
  • NPO法人新世紀教育研究会

    2006年04月
    -
    継続中
  • 文部科学省原子力体験セミナー

    2006年04月
    -
    2007年03月
  • NPO法人放射線教育フォーラム

    2005年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医学教育学会, 

    2011年12月
    -
    継続中
  • 日本抗加齢医学会, 

    2010年10月
    -
    継続中
  • 初年次教育学会, 

    2009年04月
    -
    継続中
  • 日本原子力学会, 

    2009年04月
    -
    継続中
  • 日本保健物理学会, 

    2007年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年12月
    -
    継続中

    専門委員, 日本医学教育学会

  • 2010年10月
    -
    継続中

    評議員, 日本抗加齢医学会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    会員, 初年次教育学会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    会員, 日本原子力学会

  • 2009年04月
    -
    継続中

    Member, 初年次教育学会

全件表示 >>