安藤 崇之 (アンドウ タカユキ)

Ando, Takayuki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 総合診療教育センター (信濃町)

職名

助教(有期)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2013年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業, その他

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    慶應義塾, 健康マネジメント研究科公衆衛生専攻

    大学院, 卒業, 修士

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 多職種連携の秘訣(後編)現場の薬剤師,リハビリセラピストからのメッセージ

    安藤 崇之

    Gノート (羊土社)  8 ( 3 ) 562 - 567 2021年04月

    ISSN  2188-3033

  • 地域医療へのきっぷ 私の資格取得エピソード(7)日本DMAT隊員

    安藤 崇之

    Gノート (羊土社)  8 ( 1 ) 172 - 174 2021年02月

    ISSN  2188-3033

  • Control of a Nosocomial Outbreak of COVID-19 in a University Hospital.

    Sei Harada, Shunsuke Uno, Takayuki Ando, Miho Iida, Yaoko Takano, Yoshiki Ishibashi, Yoshifumi Uwamino, Tomoyasu Nishimura, Ayano Takeda, Sho Uchida, Aya Hirata, Mizuki Sata, Minako Matsumoto, Ayano Takeuchi, Hideaki Obara, Hirokazu Yokoyama, Koichi Fukunaga, Masayuki Amagai, Yuko Kitagawa, Toru Takebayashi, Naoki Hasegawa

    Open forum infectious diseases 7 ( 12 ) ofaa512 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  2328-8957

     概要を見る

    Background: Nosocomial spread of coronavirus disease 2019 (COVID-19) causes clusters of infection among high-risk individuals. Controlling this spread is critical to reducing COVID-19 morbidity and mortality. We describe an outbreak of COVID-19 in Keio University Hospital, Japan, and its control and propose effective control measures. Methods: When an outbreak was suspected, immediate isolation and thorough polymerase chain reaction (PCR) testing of patients and health care workers (HCWs) using an in-house system, together with extensive contact tracing and social distancing measures, were conducted. Nosocomial infections (NIs) were defined as having an onset or positive test after the fifth day of admission for patients and having high-risk contacts in our hospital for HCWs. We performed descriptive analyses for this outbreak. Results: Between March 24 and April 24, 2020, 27 of 562 tested patients were confirmed positive, of whom 5 (18.5%) were suspected as NIs. For HCWs, 52 of 697 tested positive, and 40 (76.9%) were considered NIs. Among transmissions, 95.5% were suspected of having occurred during the asymptomatic period. Large-scale isolation and testing at the first sign of outbreak terminated NIs. The number of secondary cases directly generated by a single primary case found before March 31 was 1.74, compared with 0 after April 1. Only 4 of 28 primary cases generated definite secondary infection; these were all asymptomatic. Conclusions: Viral shedding from asymptomatic cases played a major role in NIs. PCR screening of asymptomatic individuals helped clarify the pattern of spread. Immediate large-scale isolation, contact tracing, and social distancing measures were essential to containing outbreaks.

  • 第3回日英プライマリ・ケア交換留学プログラム―英国短期訪問プロジェクト参加報告―

    八百 壮大, 師井 邦竹, 櫻井 広子, 松尾 良子, 安藤 崇之, 澤 憲明

    日本プライマリ・ケア連合学会誌 (一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会)  41 ( 1 ) 24 - 28 2018年

    ISSN  2185-2928

     概要を見る

    <p>本稿は,第3回日英プライマリ・ケア交換留学プログラムにおける英国短期訪問プロジェクトの活動報告書である.派遣団員が2015年9月に英国スコットランドを訪問し,家庭医診療所の見学や英国家庭医学会(Royal College of General Practitioners)学術大会への参加を通して印象深いと感じた内容のうち,「英国のがん検診とがん患者・家族支援」,「GPの労働条件」,「Half-Day Release Programme―英国家庭医研修のハーフデイバック―」の3つを紹介し,考察する.</p>

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 多職種連携の秘訣(前編) 現場のMSW、看護師からのメッセージ

    安藤 崇之

    Gノート ((株)羊土社)  8 ( 1 ) 136 - 142 2021年02月

    ISSN  2188-3033

  • 退院調整ゲームを用いた医療系学生への多職種連携教育

    安藤 崇之, 吉田 真徳, 年森 慎一, 伊豆倉 遥, 日下 伸明, 田中 典仁, 桑藤 史貴, 山根 みどり, 加藤 早里佳, 阿部 裕乃

    医学教育 ((一社)日本医学教育学会)  51 ( Suppl. ) 125 - 125 2020年07月

    ISSN  0386-9644

  • 【総合診療医の"若手ロールモデル"を紹介します!-私たちはどう生きるか】私の総合診療=(卒前教育+アカデミックGP)×大学

    安藤 崇之

    総合診療 ((株)医学書院)  30 ( 1 ) 39 - 41 2020年01月

    ISSN  2188-8051

  • (卒前教育+アカデミックGP)×大学 (特集 総合診療医の"若手ロールモデル"を紹介します! : 私たちはどう生きるか) -- (ロールモデル 私の総合診療=)

    安藤 崇之

    総合診療 = Journal of generalist medicine : ジェネラルに診ることが求められる時代の臨床誌 (医学書院)  30 ( 1 ) 39 - 41 2020年01月

    その他記事, 単著,  ISSN  2188-8051

  • 大学病院への頻回受診に生物心理社会(BPS)アプローチが有効であった症例

    安藤 崇之, 藤島 清太郎

    日本病院総合診療医学会雑誌 ((一社)日本病院総合診療医学会)  15 ( 6 ) 592 - 592 2019年11月

    ISSN  2185-8136

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ポリドクターが多併存疾患を抱える高齢者に与える影響の解明

    2021年04月
    -
    2024年03月

    慶應義塾大学, 安藤 崇之, 基盤研究(C)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 総合診療医学

    2021年度

  • EEPⅡ

    2021年度

  • 医学概論

    2021年度, 専門科目, 講義