柏木 和弘 (カシワギ カズヒロ)

Kashiwagi, Kazuhiro

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 ヒルズ未来予防医療・ウェルネス共同研究講座 (信濃町)

職名

特任教授(有期)

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 疫学・予防医学

  • 消化器内科学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 消化器内視鏡による診断・治療, 

    1996年06月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 私の治療 2017-2018年度版

    柏木 和弘, 日本医事新報社, 2017年05月

    担当範囲: 吸収不良症候群

  • プリンシパル消化器疾患の臨床

    柏木 和弘, 中山書店, 2017年04月

    担当範囲: 大腸内視鏡検査

  • 消化器内視鏡

    柏木 和弘, 東京医学社, 2015年10月

    担当範囲: 虚血性大腸炎

論文 【 表示 / 非表示

  • Pancreatic fat Content Detected by Computed Tomography and its Significant Relationship With Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm.

    柏木 和弘

    Pancreas. 2018年

    研究論文(学術雑誌)

  • Limited Identification of Dual-time-point Positron Emission Tomography/Computed Tomography in Advanced Colorectal Neoplasms.

    柏木 和弘

    Intern Med 2017年06月

  • Polyp detection rate in transverse and sigmoid colon significantly increases with longer withdrawal time during screening colonoscopy.

    柏木 和弘

    PLoS ONE 2017年05月

  • Evaluation of positron emission tomography/computed tomography as screening modality for advanced colorectal neoplasms.

    柏木 和弘

    Ningen Dock International 2017年04月

  • The impact of visceral adipose tissue as best predictor for difficult colonoscopy and the clinical utility of a long small-caliber scope as rescue.

    柏木 和弘

    PLoS One. 2017年

    研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • What do we endoscopist need for the quality control of colonoscopy exam ?

    柏木 和弘

    DDW2017 Chicago (Chicago, USA) , 2017年05月, ポスター(一般)

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 胃癌の分子生物学的特徴に基づく、小線源療法を主軸とした個別化治療戦略

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 柏木 和弘, 基盤研究(C), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 学会賞2017

    2017年10月, 日本消化器内視鏡学会

 

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内視鏡デモ機を用いた実習

    慶應義塾, 2015年度, 専門科目, 実習・実験