橋本 寿之 (ハシモト ヒサユキ)

Hashimoto, Hisayuki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 不整脈先進治療学寄付研究講座 (信濃町)

職名

特任講師(有期)

外部リンク

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 医学部, 循環器内科学教室, 特任講師

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    栃木県済生会宇都宮病院, 初期臨床研修医

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学病院 内科学教室, 専修医

  • 2009年04月
    -
    2011年03月

    慶應義塾大学医学部, グローバルCOEプログラム, 「幹細胞医学のための教育研究拠点」研究員

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学大学院, 医学研究科, 助教(研究奨励)

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾大学, 医学部 内科学教室(循環器), 助教

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    慶應義塾高等学校

  • 2000年04月
    -
    2006年03月

    慶應義塾大学, 医学部

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学, 医学研究科大学院博士課程, 内科学

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 課程, 2014年09月

    Time-lapse imaging of cell cycle dynamics during development in living cardiomyocyte

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 2006年

  • 日本内科学会 認定内科医, 2009年

  • 日本循環器学会 循環器専門医, 2013年

  • Educational Commission for Foreign Medical Graduates Certificate, 2015年

  • 日本内科学会 総合内科専門医, 2019年

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 分子生物学 (エピジェネティクス)

  • ライフサイエンス / ゲノム生物学

  • ライフサイエンス / 発生生物学 (心臓発生)

  • ライフサイエンス / 解剖学

  • ライフサイエンス / 病態医化学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エピジェネティクス

  • リプログラミング

  • 再生医療

  • 分子生物学

  • 幹細胞

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The histone reader PHF7 cooperates with the SWI/SNF complex at cardiac super enhancers to promote direct reprogramming.

    Garry GA, Bezprozvannaya S, Chen K, Zhou H, Hashimoto H, Morales MG, Liu N, Bassel-Duby R, Olson EN

    Nature cell biology (Nature Cell Biology)  23 ( 5 ) 467 - 475 2021年05月

    ISSN  1465-7392

     概要を見る

    Direct cardiac reprogramming of fibroblasts to cardiomyocytes presents an attractive therapeutic strategy to restore cardiac function following injury. Cardiac reprogramming was initially achieved through overexpression of the transcription factors Gata4, Mef2c and Tbx5; later, Hand2 and Akt1 were found to further enhance this process1–5. Yet, staunch epigenetic barriers severely limit the ability of these cocktails to reprogramme adult fibroblasts6,7. We undertook a screen of mammalian gene regulatory factors to discover novel regulators of cardiac reprogramming in adult fibroblasts and identified the histone reader PHF7 as the most potent activating factor8. Mechanistically, PHF7 localizes to cardiac super enhancers in fibroblasts, and through cooperation with the SWI/SNF complex, it increases chromatin accessibility and transcription factor binding at these sites. Furthermore, PHF7 recruits cardiac transcription factors to activate a positive transcriptional autoregulatory circuit in reprogramming. Importantly, PHF7 achieves efficient reprogramming in the absence of Gata4. Here, we highlight the underexplored necessity of cardiac epigenetic readers, such as PHF7, in harnessing chromatin remodelling and transcriptional complexes to overcome critical barriers to direct cardiac reprogramming.

  • Anti-senescent drug screening by deep learning-based morphology senescence scoring.

    Kusumoto D, Seki T, Sawada H, Kunitomi A, Katsuki T, Kimura M, Ito S, Komuro J, Hashimoto H, Fukuda K, Yuasa S

    Nature communications (Nature Communications)  12 ( 1 ) 257 - 257 2021年01月

     概要を見る

    Advances in deep learning technology have enabled complex task solutions. The accuracy of image classification tasks has improved owing to the establishment of convolutional neural networks (CNN). Cellular senescence is a hallmark of ageing and is important for the pathogenesis of ageing-related diseases. Furthermore, it is a potential therapeutic target. Specific molecular markers are used to identify senescent cells. Moreover senescent cells show unique morphology, which can be identified. We develop a successful morphology-based CNN system to identify senescent cells and a quantitative scoring system to evaluate the state of endothelial cells by senescence probability output from pre-trained CNN optimised for the classification of cellular senescence, Deep Learning-Based Senescence Scoring System by Morphology (Deep-SeSMo). Deep-SeSMo correctly evaluates the effects of well-known anti-senescent reagents. We screen for drugs that control cellular senescence using a kinase inhibitor library by Deep-SeSMo-based drug screening and identify four anti-senescent drugs. RNA sequence analysis reveals that these compounds commonly suppress senescent phenotypes through inhibition of the inflammatory response pathway. Thus, morphology-based CNN system can be a powerful tool for anti-senescent drug screening.

  • Dermal fibroblast-like cells reprogrammed directly from adipocytes in mouse.

    Toyosaki M, Homma K, Suzuki S, Muraoka N, Hashimoto H, Goshima N, Ieda M, Sasaki J

    Scientific reports (Scientific Reports)  10 ( 1 ) 21467 - 21467 2020年12月

     概要を見る

    In deep burns, early wound closure is important for healing, and skin grafting is mainly used for wound closure. However, it is difficult to achieve early wound closure in extensive total body surface area deep burns due to the lack of donor sites. Dermal fibroblasts, responsible for dermis formation, may be lost in deep burns. However, fat layers composed of adipocytes, lying underneath the dermis, are retained even in such cases. Direct reprogramming is a novel method for directly reprograming some cells into other types by introducing specific master regulators; it has exhibited appreciable success in various fields. In this study, we aimed to assess whether the transfection of master regulators (ELF4, FOXC2, FOXO1, IRF1, PRRX1, and ZEB1) could reprogram mouse adipocytes into dermal fibroblast-like cells. Our results indicated the shrinkage of fat droplets in reprogrammed mouse adipocytes and their transformation into spindle-shaped dermal fibroblasts. Reduced expression of PPAR-2, c/EBP, aP2, and leptin, the known markers of adipocytes, in RT-PCR, and enhanced expression of anti-ER-TR7, the known anti-fibroblast marker, in immunocytochemistry, were confirmed in the reprogrammed mouse adipocytes. The dermal fibroblast-like cells, reported here, may open up a new treatment mode for enabling early closure of deep burn wounds.

  • Stem Cell Aging in Skeletal Muscle Regeneration and Disease.

    Yamakawa H, Kusumoto D, Hashimoto H, Yuasa S

    International journal of molecular sciences 21 ( 5 )  2020年03月

  • 補体副経路を標的とした右心不全および心室性不整脈に対する新たな治療法の開発

    伊藤 章吾, 湯浅 慎介, 小室 仁, 勝木 俊臣, 木村 舞, 岸野 喜一, 楠本 大, 橋本 寿之, 鈴木 邦道, 柚崎 通介, 福田 恵一

    補体 ((一社)日本補体学会)  56 ( 1 ) 55 - 56 2019年07月

    ISSN  2188-8205

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Epigenetic barrier against the propagation of fluctuating gene expression in embryonic stem cells

    Saito Y., Kunitomi A., Seki T., Tohyama S., Kusumoto D., Takei M., Kashimura S., Hashimoto H., Yozu G., Motoda C., Shimojima M., Egashira T., Oda M., Fukuda K., Yuasa S.

    FEBS Letters (FEBS Letters)  591 ( 18 ) 2879 - 2889 2017年09月

    ISSN  00145793

     概要を見る

    © 2017 Federation of European Biochemical Societies The expression of pluripotency genes fluctuates in a population of embryonic stem (ES) cells and the fluctuations in the expression of some pluripotency genes correlate. However, no correlation in the fluctuation of Pou5f1, Zfp42, and Nanog expression was observed in ES cells. Correlation between Pou5f1 and Zfp42 fluctuations was demonstrated in ES cells containing a knockout in the NuRD component Mbd3. ES cells containing a triple knockout in the DNA methyltransferases Dnmt1, Dnmt3a, and Dnmt3b showed correlation between the fluctuation of Pou5f1, Zfp42, and Nanog gene expression. We suggest that an epigenetic barrier is key to preventing the propagation of fluctuating pluripotency gene expression in ES cells.

  • Induction of Cardiac Cell Types by Direct Reprogramming

    Hisayuki Hashimoto, Huanyu Zhou, Maria G. Morales, Maria Abad, Rhonda Bassel-Duby, Eric N. Olson

    CIRCULATION RESEARCH (LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS)  119 ( 12 ) E168 - E168 2016年12月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議), 共著,  ISSN  0009-7330

  • Novel Method 'Fucci' Elucidated the Cardiomyocyte Cell Cycle Dynamics in Various Life Stages

    Hisayuki Hashimoto, Shinsuke Yuasa, Shugo Tohyama, Tomohisa Seki, Toru Egashira, Kojiro Yae, Dai Kusumoto, Masaki Kodaira, Fumiyuki Hattori, Naoto Muraoka, Hidenori Tabata, Kazunori Nakajima, Asako Sakaue-Sawano, Atsushi Miyawaki, Keiichi Fukuda

    CIRCULATION (LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS)  122 ( 21 )  2010年11月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議), 共著,  ISSN  0009-7322

  • ヒトiPS由来心筋細胞の電気生理学的特性について

    遠山 周吾, 村田 光繁, 黒川 洵子, Fernando Lopez-Redondo, 服部 文幸, 水澤 美香, 山川 裕之, 橋本 寿之, 江頭 徹, 関 朋久, 扇野 泰行, 八戸 宏二郎, 湯浅 慎介, 福田 恵一

    心電図 ((一社)日本不整脈心電学会)  30 ( Suppl.4 ) S - 4 2010年09月

    その他, 共著,  ISSN  0285-1660

  • Functional Characterization of Human Induced Pluripotent Stem Cell Derived Cardiomyocytes

    Shugo Tohyama, Mitsushige Murata, Fumiyuki Hattori, Tomofumi Tanaka, Hao Chen, Hiromi Yamashita, Yusuke Sato, Toru Egashira, Tomohisa Seki, Hisayuki Hashimoto, Yohei Ohno, Yuichi Tamura, Shinsuke Yuasa, Satoshi Ogawa, Keiichi Fukuda

    CIRCULATION (LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS)  120 ( 18 ) S723 - S723 2009年11月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議), 共著,  ISSN  0009-7322

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • エピジェネティクス解析による心筋リプログラミングの分子機構の解明

    Hisayuki Hashimoto

    日本再生医療学会, 

    2020年03月

    口頭発表(招待・特別)

  • エピジェネティクス解析を用いた心筋リプログラミングの分子機構の解明

    橋本 寿之

    第40回日本循環制御医学会 総会・学術集会, 

    2019年06月

    口頭発表(一般)

  • Synergistic Activation of the Cardiac Enhancer Landscape During Reprogramming

    橋本 寿之

    第83回日本循環器学会学術集会, 

    2019年03月

    口頭発表(一般)

  • Induction of Cardiac Cell Types by Direct Reprogramming

    橋本 寿之

    American Heart Association Scientific Sessions, 

    2016年11月

    ポスター発表

  • Induction of Diverse Cardiac Cell Types by Direct Reprogramming

    橋本 寿之

    American Heart Association Scientific Council on Basic Cardiovascular Sciences, 

    2016年07月

    口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 分化転換誘導因子が司る臓器形成の分子機序解明

    2022年04月
    -
    2025年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 橋本 寿之, 基盤研究(B), 未設定

  • エピゲノム編集による心筋分化転換法の確立

    2021年
    -
    2023年

    日本循環器学会, 基礎研究助成, 研究代表者

  • SARS-CoV-2 細胞侵入受容体の発現調節経路を標的としたCOVID-19 の新規治療戦略

    2020年
    -
    2021年

    公益財団法人 東京生化学研究会, 研究奨励金, 研究代表者

  • Synergistic Activation of the Cardiac Enhancer Landscape During Reprogramming

    2019年09月

    公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団, 第33回研究交流助成金, 橋本 寿之, 研究代表者

  • 心臓発生における転写因子ZNF281の心筋分化調節機構の解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    慶應義塾大学, 科学研究費助成事業 若手研究, 橋本 寿之, 科学研究費助成事業 若手研究, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    申請者は転写因子Zinc Finger Protein 281(ZNF281)には、線維芽細胞を心筋様細胞に直接リプログラミングする効率を著明に改善する機能があることを以前明らかにした。本研究ではこのZNF281の心筋誘導作用に着目し、胚性幹細胞(ES細胞)及びマウスを用いて心筋分化と心臓発生におけるZNF281の転写調節機構と作用を解明する。本研究成果はZNF281を利用した新たな心臓再生技術の開発につながる可能性があるだけでなく、心臓形成に関わる新規制御因子を探索するデータベースとしてのリプログラミング法の新たな利用価値を立証することとなる。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 医学研究賞

    橋本 寿之, 2021年03月, 東京都医師会

  • 循環器再生医科学賞

    橋本 寿之, 2020年08月, 日本循環器学会

  • 三四会奨励賞

    2020年04月, 慶應義塾大学

  • 第14回循環器再生医科学賞(基礎研究)

    2020年, 日本循環器学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 総会・学術集会 会長賞

    橋本 寿之, 2019年06月, 日本循環制御医学会

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • フィジカルアセスメント

    2022年度

  • 慢性期病態学各論

    2022年度

  • クリニカルエンジニアリングと医療安全管理

    2022年度

  • 循環器内科学

    2019年度, その他, 講義, 専任

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 循環器疾患のMedical Engineering

    慶應義塾大学看護医療学部

    2022年
    -
    継続中

    大学院専門科目

  • 慢性期病態学各論

    慶應義塾大学看護医療学部

    2022年
    -
    継続中

    学部専門科目

  • 循環器疾患別のフィジカルアセスメント

    慶應義塾大学看護医療学部

    2022年
    -
    継続中

    大学院専門科目

  • 客観的臨床能力試験

    慶應義塾大学

    2018年
    -
    継続中

  • 循環器内科学

    慶應義塾大学

    2018年
    -
    継続中

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 客観的臨床能力試験

    2020年

    , 実務の経験を有する者についての特記事項

  • 医学部カリキュラム委員

    2019年
    -
    2020年

    , その他特記事項

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本再生医療学会, 

    2020年03月
    -
    継続中