金子 文成 (カネコ フミナリ)

Kaneko, Fuminari

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 リハビリテーション医学教室 (信濃町)

職名

特任准教授(有期)

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1994年03月

    財団法人登別厚生年金病院, リハビリテーション科, 理学療法士

  • 2000年04月
    -
    2000年11月

    日米医療交流財団リサーチフェロー , ボストン大学神経筋研究所 運動単位研究室, 客員研究員

  • 2001年04月
    -
    2008年03月

    独立行政法人産業技術総合研究所, 人間福祉医工学研究部門 高齢者動作支援工学グループ, 研究員

  • 2008年04月
    -
    2017年09月

    北海道公立大学法人札幌医科大学, 保健医療学部 理学療法学第一講座, 准教授

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    フランス国立科学研究センター(プロバンス大学) 統合・適応神経科学研究室 客員研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年03月

    広島大学, 医学系研究科, 保健学

    大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(保健学), 広島大学, 課程, 2001年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 理学療法士, 1992年05月

  • 文部科学省公認 アスレティックトレーナー, 2001年03月

  • 理学療法士協会 認定理学療法士(介護予防), 2006年08月

  • 日本臨床神経生理学会 認定技師, 2007年10月

  • 日本理学療法士協会 専門理学療法士(運動器), 2010年04月

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • リハビリテーション神経科学

    金子文成,玉木彰 監修,鈴木俊明,大西秀明 編集, メジカルビュー社, 2019年,  ページ数: 360

    担当範囲: 運動誘発電位 TMSとその原理,  担当ページ: 186-207

  • 触診解剖アトラス 第3版

    金子 文成, 医学書院, 2018年

  • スポーツ理学療法プラクティス -機能評価診断とその技法

    金子 文成, 文光堂, 2017年

    担当範囲: 4. 筋電図

  • 感覚入力で挑む

    金子 文成, 文光堂, 2016年

    担当範囲: どうして感覚入力か

  • 感覚入力で挑む

    金子 文成, 文光堂, 2016年

    担当範囲: 異種感覚入力の統合により生じる運動感覚 -正確な運動を知覚するために必要な感覚は?-

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The Effects of Transcranial Direct Current Stimulation on Dual-Task Interference Depend on the Dual-Task Content.

    Kimura, T., Kaneko, F., Nagamine, T.

    Frontiers in human neuroscience 15   653713 - 653713 2021年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著

  • Effect of primary motor cortex excitability changes after quadripulse transcranial magnetic stimulation on kinesthetic sensitivity: a preliminary study.

    Okawada, M, Kaneko, F, Shibata, E

    Neuroscience letters    135483 - 135483 2021年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Muscle spindles provide the greatest contribution to kinesthetic perception. Primary motor cortex (M1) excitability changes in parallel with the intensity of kinesthetic perception inputs from muscle spindles; M1 is therefore involved in kinesthetic perception. However, the causal relationship between changes in kinesthetic sensitivity and M1 excitability is unclear. The purpose of this study was to test whether artificially and sustainably modulated M1 excitability causes changes in kinesthetic sensitivity in healthy individuals. We evaluated motor evoked potentials (MEP) in Experiment 1 and joint motion detection thresholds (JMDT) in Experiment 2 before and after quadripulse transcranial magnetic stimulation (QPS). Nine healthy right-handed male volunteers were recruited. In each experiment, participants received QPS or sham stimulation (Sham) on separate days. MEP amplitude and JMDT were recorded before and at 0, 15, 30, 45, and 60 min after QPS and Sham. Our results showed that M1 excitability and kinesthetic sensitivity increased after QPS, whereas neither changed after Sham. In the five subjects who participated in both experiments, there was a significant moderate correlation between M1 excitability and kinesthetic sensitivity. Thus, the long-lasting change in kinesthetic sensitivity may be due to changes in M1 excitability. In addition, M1 may play a gain adjustment role in the neural pathways of muscle spindle input.

  • Kinesthetic Illusion Induced by Visual Stimulation Influences Sensorimotor Event-related Desynchronization in Stroke Patients with Severe Upper-Limb Paralysis: A Pilot Study.

    Okawada, M, Kaneko, F, Shindo, K, Yoneta, M, Sakai, K, Okuyama, K, Akaboshi, K, Liu, M

    Restorative Neurology and Neuroscience 2021年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • KINVIS療法と従来型運動療法による複合療法にADOC-Hを加えたアプローチによって生活での手の使用が促進した1症例

    丸山祥, 松本仁美, 岡和田愛実, 新藤恵一郎, 赤星和人, 金子文成

    作業療法ジャーナル 54 ( 13 )  2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Feasibility Case Study for Treating a Patient with Sensory Ataxia Following a Stroke with Kinesthetic Illusion Induced by Visual Stimulation.

    Aoyama, T, Kanazawa, A, Kohno, Y, Watanabe, S, Tomita, K, Kimura, T, Endo, Y, Kaneko, F

    Progress in rehabilitation medicine 5   20200025 - 20200025 2020年11月

    共著, 査読無し

     概要を見る

    BACKGROUND: Sensory ataxia is a disorder of movement coordination caused by sensory deficits, especially in kinesthetic perception. Visual stimulus-induced kinesthetic illusion (KINVIS) is a method used to provide vivid kinesthetic perception without peripheral sensory input by using a video showing pre-recorded limb movements while the actual limb remains stationary. We examined the effects of KINVIS intervention in a patient with sensory ataxia. CASE: The patient was a 59-year-old man with a severe proprioceptive deficit caused by left thalamic hemorrhage. During KINVIS intervention, a computer screen displayed a pre-recorded mirror image video of the patient's unaffected hand performing flexion-extension movements as if it were attached to the patient's affected forearm. Kinematics during the flexion-extension movements of the paretic hand were recorded before and after 20-min interventions. Transcranial magnetic stimulation was applied to the affected and non-affected hemispheres. The amplitude of the motor-evoked potential (MEP) at rest was recorded for the muscles of both hands. After the intervention, the total trajectory length and the rectangular area bounding the trajectory of the index fingertip decreased. The MEP amplitude of the paretic hand increased, whereas the MEP amplitude of the non-paretic hand was unchanged. DISCUSSION: The changes in kinematics after the intervention suggested that KINVIS therapy may be a useful new intervention for sensory ataxia, a condition for which few effective treatments are currently available. Studies in larger numbers of patients are needed to clarify the mechanisms underlying this therapeutic effect.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 運動イメージに基づく運動学習

    柴田恵理子, 金子文成

    体育の科学 70 ( 11 ) 794 - 799 2020年11月

    総説・解説(学術雑誌)

  • 【脳卒中後の上肢機能障害に対するリハビリテーション治療】仮想的に運動機能の拡張を体験させるアプローチ 視覚入力で誘導される運動錯覚

    金子 文成, 川上 途行

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  57 ( 9 ) 821 - 827 2020年09月

    総説・解説(学術雑誌)

  • VRで運動感覚をフィードバックすることによるリハビリテーションシステムの展開

    金子文成

    計測と制御 59 ( 1 ) 37 - 40 2020年

    総説・解説(学術雑誌)

  • これからの理学療法の姿

    金子文成, 榊聡子, 松井一人, 松田淳子, 山本理恵子, 内山靖

    理学療法ジャーナル 53 ( 10 ) 999 - 1008 2019年

    総説・解説(学術雑誌)

  • バーチャルリアリティ技術を用いたアプローチによる中枢神経損傷後の感覚運動麻痺治療の開発

    金子文成

    バイオメカニズム 43 ( 1 ) 29 - 34 2019年

    総説・解説(学術雑誌)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 計測科学に基づく運動障害の病態理解と理学療法の近未来

    金子文成

    第30回福岡県理学療法学会, 2021年02月, 口頭(招待・特別)

  • 脳卒中片麻痺患者の損傷半球に対する反復4連発磁気刺激法の適用経験

    金子文成, 岡和田愛実, 米田将基, 新藤恵一郎, 赤星和人, 里宇明元

    第25回日本基礎理学療法学会学術大会, 2020年12月, 口頭(一般)

  • 基礎研究から臨床へのトランスレーション-脳神経疾患への応用-

    金子文成

    第25回日本基礎理学療法学会学術大会 , 2020年12月, 口頭(招待・特別)

  • 運動感覚感度と一次運動野興奮性の関係 –健常成人5例による予備的検証−.

    岡和田愛実, 金子文成, 柴田恵理子

    第25回日本基礎理学療法学会学術大会, 2020年12月, 口頭(一般)

  • 視覚誘導性運動錯覚の誘起を反復することによる安静時脳機能結合の変化

    米田将基, 岡和田愛実, 宮脇裕, 金子文成

    第25回日本基礎理学療法学会学術大会, 2020年12月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 仮想身体に対する運動主体感は報酬系神経回路の賦活に貢献するか

    2019年06月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 金子 文成, 挑戦的研究(開拓), 補助金,  代表

  • 痙縮の脳神経系制御機構:脳卒中片麻痺への運動錯覚による介入試験と脳機能解析

    2019年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 金子 文成, 基盤研究(A), 補助金,  代表

  • 脳卒中重度片麻痺患者に対する視覚誘導性自己運動錯覚の効果は脳波で捉えられるか

    2019年04月
    -
    2023年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 先進的医療機器・システム等技術開発事業, 牛場 潤一, 金子 文成, 補助金,  分担

  • 脳卒中重度片麻痺患者に対する視覚誘導性自己運動錯覚の効果は脳波で捉えられるか

    2019年04月
    -
    2020年03月

    公益財団法人 日本科学協会, 笹川科学研究助成, 岡和田 愛実, 金子 文成, 補助金,  分担

  • 複合現実による自己運動錯覚誘導と脳機能的結合に関する研究

    2017年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 金子 文成, 新学術領域研究(研究領域提案型), 補助金,  代表

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • リハビリテーションシステム, リハビリテーション用プログラム, 及びリハビリテーション方法

    特願: PCT/JP2016/065226  2016年05月 

    特許, 共同

  • リハビリテーションシステム, リハビリテーション用プログラム, 及びリハビリテーション方法

    特願: 特願2015-10640  2015年09月 

    特許, 共同

  • リハビリテーション用装置, これを備えたリハビリテーションシステム, リハビリテーション用プログラムおよびリハビリテーション方法

    特願: PCT/JP2015/59851  2015年03月 

    特許, 単独

  • リハビリテーション用装置, これを備えたリハビリテーションシステム, リハビリテーション用プログラム, およびリハビリテーション方法

    特願: 特願2014-077972  2014年04月 

    特許, 単独

  • 筋出力・動作追従性評価訓練システム

    特願: 特願2005-355445  2005年12月 

    特許: 特許第4686761号  2011年02月

    特許, 共同

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第23回バイオメカニズム・シンポジウム 2017年度学会賞・奨励賞

    2017年11月, バイオメカニズム学会

  • 2016年度学会賞・論文賞

    2016年11月, 第37回バイオメカニズム学会

  • ベストティーチャー賞

    2016年03月, 札幌医科大学

  • 優秀ポスター賞

    2015年11月, 第45回日本臨床神経生理学会学術大会

  • 優秀演題賞

    2015年06月, 第40回日本運動療法学会

全件表示 >>