柴 秀行 (シバ ヒデユキ)

Shiba, Hideyuki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 歯科・口腔外科学教室 (信濃町)

職名

専任講師

外部リンク

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 歯科用レーザー・21世紀の展望 パート2

    柴秀行、 朝波 惣一郎, クインテッセンス出版株式会社, 2004年11月

    担当範囲: 244-247

論文 【 表示 / 非表示

  • Clinical value of 3D SPECT/CT imaging for assessing jaw bone invasion in oral cancer patients

    Miyashita H., Nakahara T., Asoda S., Kameyama K., Kawaida M., Enomoto R., Shiba H., Jinzaki M., Kawana H., Nakagawa T.

    Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery (Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery)  47 ( 7 ) 1139 - 1146 2019年07月

    ISSN  10105182

     概要を見る

    © 2019 European Association for Cranio-Maxillo-Facial Surgery Purpose: This study compared the diagnostic accuracy of jaw bone invasion (JBI) of oral cancer observed with three-dimensional (3D) SPECT/CT, CT, and MRI, and evaluated the clinical advantages of 3D SPECT/CT compared to conventional two-dimensional (2D) SPECT/CT. Materials and methods: From April 2014 to January 2018, consecutive 16 oral cancer patients with suspected JBI, who had preoperatively undergone the imaging tests, were retrospectively enrolled. The likelihood of JBI was independently scored by a radiologist and oral surgeon. Using 2D or 3D SPECT/CT images, 20 oral surgeons delineated virtual surgical areas on 3D-printed jaws for 3 cases in which the extent of JBI was fully pathologically confirmed. The surgeons completed questionnaires regarding surgical planning and explanations for patients using Likert scales. Results: JBI was found in 9 patients including 5 (56%) with initial bone invasion. 3D SPECT/CT showed very high negative predictive value (100%) and inter-observer agreement (kappa = 0.917). 3D SPECT/CT was more sensitive than CT and MRI when inconclusive findings for JBI were considered negative. Compared to 2D SPECT/CT, 3D SPECT/CT had greater clinical advantages such as surgical planning and explanation to patients (p < 0.005). Conclusion: 3D SPECT/CT is useful not only for detecting JBI but also for surgical planning.

  • 日常臨床のDRUG INDEX サルコート(プリピオン酸ベクロメタゾン)

    柴秀行、 朝波 惣一郎

    ザ・クインテッセンス 23 ( 8 ) 1790- 2004年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

  • 日常臨床のDRUG INDEX ポンタール(メフェナル酸製剤)

    柴 秀行、 朝波惣一郎

    ザ・クインテッセンス 22 ( 5 ) 32-33 2003年05月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • 油圧式アームを使った定位放射線治療用着脱式固定システムの開発とCTによる精度測定

    北村正幸,国枝悦夫,川口修,安藤裕,茂松直之,柴秀行,久保敦司

    日本放射線腫瘍学会誌 14 ( 2 ) 107-112 2002年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

  • 油圧式アームを使った定位放射線治療用着脱式固定システムの開発とCTによる精度測定

    北村正幸,国枝悦夫,川口修,安藤裕,茂松直之,柴秀行,久保敦司

    日本放射線腫瘍学会誌 14 ( 2 ) 107-112 2002年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 下顎枝矢状分割術後のPLLA( FIXSORB-MX )の分解、吸収に対する検討

    柴 秀行、 岡田明子、 岡田豊、 中川種昭、 朝波惣一郎

    第178回日本口腔外科学会関東地方会 (東京) , 2004年11月, 口頭(一般)

  • Usefulness of a dentomaxillofacial conebeam X-ray CT system in a detailed examination of a causative tooth of odontogenic maxillary sinusitis

    安居 孝純

    第6回アジア口腔顎顔面外科学会総会 第49回(社)日本口腔外科学会総会 (Chiba,Japan) , 2004年10月, ポスター(一般)

  • 当科における20年間の小児入院患者の臨床的検討

    金納利絵、 矢郷 香、 木村美那、 臼田慎、 柴秀行、 岡田豊、 中川種昭、 朝波惣一郎

    第16回日本小児口腔外科学会 (弘前) , 2004年10月, 口頭(一般)

  • 外傷後変形治癒症例に対する顎矯正手術応症例の検討

    赤松 真也子、 柴秀行、 岡田明子、 岡田豊、 中川種昭、 朝波惣一郎

    第14回 日本顎変形症学会総会 (福岡) , 2004年05月, 口頭(一般)

  • 慶應義塾大学病院歯科口腔外科における顎矯正手術の臨床統計的観察

    加藤 伸、 柴秀行、 岡田明子、 岡田豊、 中川種昭、 朝波惣一郎

    第14回日本顎変形症学会総会 (福岡) , 2004年05月, 口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 歯科学講義

    2019年度

  • 慢性期病態学各論

    2019年度