大橋 俊夫 (オオハシ トシオ)

Ohashi, Toshio

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 放射線科学教室(治療) (信濃町)

職名

准教授

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会専門医、がん治療認定医、日本医学放射線学会研修指導者

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年05月
    -
    2000年04月

    慶應義塾大学医学部研修医(放射線科)

  • 2000年05月
    -
    2001年12月

    東京都済生会中央病院レジデント

  • 2002年01月
    -
    2004年01月

    慶應義塾大学助手(医学部放射線治療・核医学)

  • 2004年02月
    -
    2006年11月

    独立行政法人国立病院機構東京医療センター放射線科

  • 2006年12月
    -
    2010年04月

    慶應義塾大学助教(医学部放射線治療・核医学)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 論文, 2009年02月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会専門医, 2005年08月

  • がん治療認定医, 2008年04月

  • 日本医学放射線学会研修指導者, 2012年12月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 放射線科学 (Radiation Science)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発

    大橋俊夫,大出健一,深田恭平,花田剛士, 技術情報協会, 2018年05月

    担当範囲: 105-112

  • 密封小線源治療 診療・物理QAマニュアル

    大橋 俊夫, 金原出版, 2013年10月

    担当範囲: 115-123

  • 放射線治療グリーンマニュアル

    大橋 俊夫、安藤 裕, 金原出版, 2005年03月

    担当範囲: 123-163

  • 放射線治療グリーンマニュアル

    大橋 俊夫、土器屋 卓志, 金原出版, 2005年03月

    担当範囲: 51-55

  • 放射線治療 専門医にきく最新の臨床

    茂松 直之、大橋 俊夫, 中外医学社, 2004年07月

    担当範囲: 98-100

論文 【 表示 / 非表示

  • Salvage focal brachytherapy in castration-resistant prostate cancer with neuroendocrine differentiation after radiation therapy

    Komori T, Kosaka T, Watanabe K, Tanaka T, Yasumizu Y, Hongo H, Mikami S, Ohashi T, Oya M.

    IJU Case Rep  5 ( 3 ) 1 - 4 2022年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • 関東に放射線腫瘍医を増やそう:新専門医制度における当院の放射線治療教育について

    大橋 俊夫

    臨床放射線 (医学書院)  67 ( 4 ) 419 - 420 2022年04月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者

  • Radiation dose rate variations in different measurement scenarios after prostate <sup>125</sup>I brachytherapy

    Hanada T., Yorozu A., Kikumura R., Ohashi T., Shigematsu N.

    Brachytherapy (Brachytherapy)  20 ( 6 ) 1305 - 1311 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  15384721

     概要を見る

    Purpose: This study aimed to directly compare different measurement scenarios using a supplemental radiation exposure measurement data set. Materials and methods: Two sets of measurement scenarios comparing different body postures, such as standing and chair sitting positions, and different measurement directions, such as anterior and posterior directions, were assessed for radiation dose rate variations in this study at the Tokyo Medical Center, Japan. The estimated precaution time for holding children in the spoon position while sitting was also calculated. Results: Different radiation dose rate measurement scenarios showed different variation tendencies. Radiation dose rate measurement showed higher mean values of measured radiation dose tendency in the standing position than in the sitting positions. The measurement from the anterior direction showed a slightly lower tendency than that from the posterior direction. Assuming a dose limit of 1 mSv, the precaution time calculated for children being held in the spoon position for a certain duration every day was 51.5 (range, 12.5–152.2) minutes. Conclusions: Our study presented a supplemental radiation exposure measurement data set and directly compared different measurement scenarios. Several trends in radiation exposure variations were found in the measurement scenarios at different body postures and different measurement directions. Our study data set could be a useful source of concrete information regarding radiation safety and contribute to the review and revision of public guidance in the future.

  • オリゴ転移前立腺癌に対する放射線治療

    大橋 俊夫

    臨床泌尿器科 (医学書院)  75 ( 5 ) 314 - 318 2021年04月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 最終著者, 責任著者

  • Comparison of prostate verification with implanted gold markers in tissue surrounding the prostate and pelvic bony anatomy for external beam radiation therapy following low-dose-rate brachytherapy: A prospective clinical trial

    Kaneda T., Ohashi T., Hanada T., Takenaka K., Nishimura S., Sakayori M., Sutani S., Momma T., Shigematsu N.

    Journal of Radiation Research (Journal of Radiation Research)  61 ( 5 ) 784 - 790 2020年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 責任著者, 査読有り,  ISSN  04493060

     概要を見る

    © The Author(s) 2020. We aimed to investigate whether gold marker implantation in the tissue surrounding the prostate could accurately monitor setup errors during external beamradiation therapy (EBRT) following low-dose-rate (LDR) brachytherapy. Thirty-eight patients had confirmed intermediate- or high-risk prostate cancer and received EBRT following LDR brachytherapy. In>175 computed tomography imaging sessions, the average values of the weekly setup error during EBRT to the prostate centroid at the time of gold marker matching in the surrounding tissue of the prostate and pelvic bonematching were measured and then compared using theWilcoxon signed-rank test.Goldmarkermatching in the surrounding tissue of the prostate estimated setup errors better than those estimated by bone matching (3D displacement=2.7±2.0 vs 3.8±2.6 mm, P<0.01).Overall, the standard deviation of systematic (Σ) and random (σ) setup error was lower with goldmarkermatching than with bonematching (3D displacement=1.8 and 1.1mm vs 2.1 and 1.6 mm, respectively). With gold marker matching, the setup error of the position of the prostate centroid was smaller, and the optimal setup margin was lower than that with bone matching (2Σ + 0.7σ and 2.5_ + 0.7σ of 3D displacement = 4.3 and 5.2 mm vs 5.3 and 6.4 mm, respectively). This high-precision radiotherapy approach placing gold markers in the surrounding tissue of the prostate can allow more accurate setup during EBRT following LDR brachytherapy.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • これだけは知っておきたい!中・高年者の前立腺がん 放射線療法

    大橋俊夫

    第109回 日本泌尿器科学会総会 (東京国際フォーラム) , 

    2021年12月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 埼玉病院における前立腺癌シード療法の長期成績

    箱﨑恭平,大橋俊夫,門間哲雄,酒寄正範,竹中浩二,外山弘文,金子雄太,大門達明,金井邦光,大家基嗣

    第109回日本泌尿器科学会総会 (横浜) , 

    2021年12月

    口頭発表(一般)

  • Mechanical Isocenterの経時変位がVMAT線量Deliveryへ与える影響

    高橋真一,阿部直也,谷謙甫,脇田明尚,中川悟,酒寄正範,大橋俊夫,金井一能,谷崎洋

    第34回日本放射線腫瘍学会学術大会 (オンライン) , 

    2021年11月

    口頭発表(一般)

  • 前立腺癌に対するシード療法の長期成績

    外山弘文,大橋俊夫,酒寄正範,竹中浩二,箱崎恭平,大門達明,金井邦光,茂松直之

    第34回日本放射線腫瘍学会学術大会 (オンライン) , 

    2021年11月

    口頭発表(一般)

  • コロナ禍における限局性前立腺癌の放射線治療

    大橋俊夫

    前立腺癌WEBセミナー (オンライン) , 

    2021年07月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, 株式会社メディコン

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 前立腺癌の放射線治療における尿路有害事象予測モデルの構築

    2019年04月
    -
    2022年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  研究代表者

  • シード線源を用いた化学小線源療法の開発

    2011年04月
    -
    2013年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  未設定

  • 前立腺癌小線源治療における尿道線量リアルタイムモニタリングと有害事象の予測

    2009年04月
    -
    2011年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  未設定

  • 融合画像作成による高精度前立腺癌小線源治療法の確立

    2007年03月
    -
    2009年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  未設定

  • 頭頚部腫瘍放射線治療時の口腔内急性および慢性障害を防止するための装具の開発

    2005年03月
    -
    2007年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  未設定

受賞 【 表示 / 非表示

  • Good Poster Award (The 7th Japan-Taiwan Radiation Oncology Symposium)

    Takenaka K, Ohashi T, Nishimura S, Sakayori M, Kaneda T, Momma T, Shigematsu N, 2019年05月, The 7th Japan-Taiwan Radiation Oncology Symposium

    受賞区分: 国際学会・会議・シンポジウム等の賞

  • Outstanding Contribution in Reviewing

    OHASHI TOSHIO, 2017年02月, Brachytherapy

    受賞区分: 学会誌・学術雑誌による顕彰

  • 日本医学放射線学会電子ポスター(CyPos)賞(Bronze Medal)

    白石悠,深田淳一,茂松直之,北川雄光,大橋俊夫,沓木章二,久保敦司, 2008年04月, 食道癌に対する化学放射線 / 放射線治療後の胸水、心嚢液貯留

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本放射線腫瘍学会ポスター発表学会賞(金賞)

    金田和也,宮澤雷太,深田淳一,茂松直之,大橋俊夫,菅原章友,国枝悦夫,奥洋平,中島淳,久保敦司, 2007年12月, 前立腺シード小線源治療におけるTRUS-CT融合画像を用いた恥骨弓干渉の予測

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第6回日本癌治療学会研究奨励賞

    大橋 俊夫, 2006年10月, Acute urinary morbidity following I-125 prostate branchytherapy

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 放射線医学講義

    2022年度

  • 放射線医学講義

    2021年度

  • 放射線医学講義

    2020年度

  • 放射線医学講義

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 臨床実習担当「放射線治療計画実習」

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    通年, 実習・実験, 専任

  • 放射線科系統講義「小線源治療」

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    通年, 講義, 専任

  • 臨床実習担当「放射線治療計画実習」

    慶應義塾

    2014年04月
    -
    2015年03月

    通年, 実習・実験, 専任

  • 放射線科系統講義「小線源治療」

    慶應義塾

    2014年04月
    -
    2015年03月

    通年, 講義, 専任

  • 臨床実習担当「放射線治療計画実習」

    慶應義塾

    2013年04月
    -
    2014年03月

    通年, 実習・実験, 専任

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 第20回共用試験医学系OSCE認定評価者講習会

    2011年10月
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 第15回慶應義塾大学病院臨床研修指導医養成ワークショップ

    2010年07月
    -
    継続中

    , その他特記事項

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 第10回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会, 

    2014年01月
  • 第15回 ヨウ素125シード線源永久挿入による前立腺癌密封小線源療法技術講習会, 

    2013年06月
    -
    継続中
  • 日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第14回研究会, 

    2012年05月
  • 泌尿器腫瘍放射線研究会(GUTR), 

    2012年01月
    -
    継続中
  • 日本放射線腫瘍学会小線源治療部会ガイドライン改訂作業委員会, 

    2011年07月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月

    座長, 第31回日本放射線腫瘍学会学術大会

  • 2018年06月

    座長, 日本放射線腫瘍学会小線源治療部会第20回研究会

  • 2018年04月

    座長, 第77回日本医学放射線学会総会・学術集会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    代議員, 日本医学放射線学会

  • 2016年01月

    座長, 第11回J-POPS中間報告会

     特記事項を見る

    J-POPS中間報告

全件表示 >>