野田 賀大 (ノダ ヨシヒロ)

Noda, Yoshihiro

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 精神・神経科学教室 (信濃町)

職名

特任准教授(有期)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年
    -
    2008年

    東京大学大学院医学系研究科, 機能生物学専攻, COE特別研究員

  • 2008年
    -
    2011年

    東京大学医学部附属病院, 精神神経科, 後期研修医

  • 2009年
    -
    2012年

    東京大学, 大学院医学系研究科 脳神経医学専攻 精神医学, 大学院生

  • 2017年
    -
    2020年

    慶應義塾大学, 医学部 精神・神経科学教室, 特任講師

  • 2017年
    -
    継続中

    学校法人慶應義塾, 精神病態生理学研究室, 主任研究員

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 基盤脳科学 (rTMS臨床研究)

  • ライフサイエンス / 基盤脳科学 (TMS-EEG神経生理学)

  • ライフサイエンス / 精神神経科学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Deep rTMS

  • EEG

  • MST

  • TMS

  • TMS-EEG

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 精神科レジデントマニュアル

    三村 將, 医学書院, 2022年03月,  ページ数: xiv, 364p

    担当範囲: TMS療法について

  • 月刊「細胞」2022年 2月号 定量精神医学

    三村將, 和田真孝, 野田賀大, (株)北隆館 ニュー・サイエンス社, 2022年02月

    担当範囲: 総論 定量精神医学序論: 見えないものを見る -精神疾患診断技術の精緻化を目指して

     概要を見る

    2月号 目次 Contents
    特 集 定量精神医学 Quantitative psychiatry

    ・ 総論 定量精神医学序論: 見えないものを見る -精神疾患診断技術の精緻化を目指して(三村 將・野田 賀大 他)
    ・ シナプス機能最重要分子AMPA受容体のヒト生体脳における可視化・定量化(高橋 琢哉)
    ・ タウPETが精神科診断にもたらす革新的変化(高畑 圭輔)
    ・ 脳MRI研究による精神疾患の病態解明と臨床応用(小池 進介)
    ・ 眼球運動の定量的分析とその精神医学への応用(三浦 健一郎・橋本 亮太 他)
    ・ 精神科領域における人工知能技術の応用(飯塚 真理・岸本 泰士郎 他)

  • Clinical Neurophysiology, Neuroimaging, and Neuromodulation of Neuropsychiatric Disorders

    MDPI, 2022年02月,  ページ数: 239

    , 査読有り

     概要を見る

    Over 90 years have passed since Dr. Hans Berger first reported the electrical activity of the human brain in 1929, and, in recent years, as suggested by Dr. Gyorgy Buzsaki, such ideas as the rhythm of the brain, the mind is not born and brain is a device that predicts, and it is the rhythm of the brain that produces predictive ability have come to be accepted. Furthermore, recent advances in neuroimaging technology, including EEG, have made it possible to visualize various brain activities. In addition, research on neuromodulation, as an intervention for brain dynamics, the underlying neurophysiological basis of the brain, was rapidly accelerated by the development of TMS in 1985 by Dr. Anthony Barker. On the other hand, as a trend in the field of psychiatry in recent years, the concept of precision medicine has become important in elucidating mental disorders as well as for developing new therapeutic strategies. Research in these areas is progressing rapidly, and new knowledge is being accumulated every day. This Special Issue aims to present cutting-edge research in clinical neurophysiology, neuroimaging, and neuromodulation.

  • 地域・臨床で活かすケア : 対象者の力を引き出し支える

    野田賀大, 南江堂, 2022年01月,  ページ数: 22,360p

    担当範囲: 第Ⅷ章 治療・ケア・支援の方法/第1節 生物学的側面からアプローチする治療・ケア・支援/C. 電気けいれん療法(ECT)

     概要を見る

    精神看護学の基盤となる知識をやさしく解説した好評テキストの改訂版.今改訂では,精神保健,現代社会病理を踏まえた精神看護の目標・役割,地域包括ケアシステムや多職種連携の記述を充実させた.一般病棟における精神症状への看護(リエゾン精神看護)について「バイオ・サイコ・ソーシャルモデル」を活用して事例展開をしている.

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Neuroimaging-derived brain age is associated with life satisfaction in cognitively unimpaired elderly: A community-based study

    Sone D., Beheshti I., Shinagawa S., Niimura H., Kobayashi N., Kida H., Shikimoto R., Noda Y., Nakajima S., Bun S., Mimura M., Shigeta M.

    Translational Psychiatry (Translational Psychiatry)  12 ( 1 ) 25 - 25 2022年12月

    査読有り

     概要を見る

    With the widespread increase in elderly populations, the quality of life and mental health in old age are issues of great interest. The human brain changes with age, and the brain aging process is biologically complex and varies widely among individuals. In this cross-sectional study, to clarify the effects of mental health, as well as common metabolic factors (e.g., diabetes) on healthy brain aging in late life, we analyzed structural brain MRI findings to examine the relationship between predicted brain age and life satisfaction, depressive symptoms, resilience, and lifestyle-related factors in elderly community-living individuals with unimpaired cognitive function. We extracted data from a community-based cohort study in Arakawa Ward, Tokyo. T1-weighted images of 773 elderly participants aged ≥65 years were analyzed, and the predicted brain age of each subject was calculated by machine learning from anatomically standardized gray-matter images. Specifically, we examined the relationships between the brain-predicted age difference (Brain-PAD: real age subtracted from predicted age) and life satisfaction, depressive symptoms, resilience, alcohol consumption, smoking, diabetes, hypertension, and dyslipidemia. Brain-PAD showed significant negative correlations with life satisfaction (Spearman’s rs= −0.102, p = 0.005) and resilience (rs= −0.105, p = 0.004). In a multiple regression analysis, life satisfaction (p = 0.038), alcohol use (p = 0.040), and diabetes (p = 0.002) were independently correlated with Brain-PAD. Thus, in the cognitively unimpaired elderly, higher life satisfaction was associated with a ‘younger’ brain, whereas diabetes and alcohol use had negative impacts on life satisfaction. Subjective life satisfaction, as well as the prevention of diabetes and alcohol use, may protect the brain from accelerated aging.

  • Decreased Cortical Gyrification and Surface Area in the Left Medial Parietal Cortex in Patients with Treatment-Resistant and Ultra-Treatment-Resistant Schizophrenia.

    Kitajima K, Tamura S, Sasabayashi D, Nakajima S, Iwata Y, Ueno F, Takai Y, Takahashi J, Caravaggio F, Mar W, Torres-Carmona E, Noda Y, Gerretsen P, Luca V, Mimura M, Hirano S, Nakao T, Onitsuka T, Remington G, Graff-Guerrero A, Hirano Y

    Psychiatry and clinical neurosciences (Wiley)  2022年09月

    査読有り,  ISSN  1323-1316

  • Effectiveness of Standard Sequential Bilateral Repetitive Transcranial Magnetic Stimulation vs Bilateral Theta Burst Stimulation in Older Adults With Depression: The FOUR-D Randomized Noninferiority Clinical Trial.

    Blumberger DM, Mulsant BH, Thorpe KE, McClintock SM, Konstantinou GN, Lee HH, Nestor SM, Noda Y, Rajji TK, Trevizol AP, Vila-Rodriguez F, Daskalakis ZJ, Downar J

    JAMA psychiatry 2022年09月

    査読有り,  ISSN  2168-622X

     概要を見る

    Importance: Treatment-resistant depression (TRD) is common in older adults. Bilateral repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) of the dorsolateral prefrontal cortex for 48 minutes has demonstrated efficacy in TRD. Theta burst stimulation (TBS), a newer form of rTMS, can also be delivered bilaterally using left intermittent TBS and right continuous TBS for only 4 minutes. Objective: To establish the effectiveness and tolerability of TBS compared with standard rTMS in older adults with TRD. Design, Setting, and Participants: In this randomized noninferiority trial with open treatment and blinded assessors, recruitment occurred between December 2016 and March 2020. The trial was conducted at the Centre for Addiction and Mental Health in Toronto, Ontario, Canada and included outpatients 60 years and older with a diagnosis of depression, moderate severity, and nonresponse to 1 or more antidepressant trial of adequate dosage and duration or intolerance of 2 or more trials. Interventions: Participants were randomized to receive a course of 4 to 6 weeks of either bilateral standard rTMS or TBS. Main Outcomes and Measures: The primary outcome measure was change in Montgomery-Åsberg Depression Rating Scale; secondary outcome measures included the 17-item Hamilton Rating Scale for Depression, Quick Inventory of Depressive Symptomatology (16-item) (self-report), and dropout rates. A noninferiority margin of 2.75 points was used for the primary outcome. All participants who attained the primary completion point of 4 weeks were analyzed. Results: A total of 87 participants (mean [SD] age, 67.1 [6.7] years; 47 [54.0%] female) were randomized to standard bilateral rTMS and 85 (mean [SD] age, 66.3 [5.3] years; 45 [52.9%] female) to TBS, of whom 85 (98%) and 79 (93%) were assessed for the primary outcome, respectively, whereas tolerability was assessed in all randomized participants. In the rTMS group, 4 (4.6%) were American Indian, reported other, or preferred not to answer; 5 (5.8%) were Asian; and 78 (89.7%) were White. In the TBS group, 6 (7.1%) were Asian, 2 (2.4%) were Black or reported other, and 77 (90.3%) were White. Mean (SD) Montgomery-Åsberg Depression Rating Scale total scores improved from 25.6 (4.0) to 17.3 (8.9) for rTMS and 25.7 (4.7) to 15.8 (9.1) for TBS (adjusted difference, 1.55; lower 95% CI -0.67), establishing noninferiority for TBS. The all-cause dropout rates were relatively similar between groups (rTMS: 2 of 87 [2.3%]; TBS: 6 of 85 [7.1%]; P = .14; χ2 = 2.2). Conclusions and Relevance: In older adults with TRD, bilateral TBS compared with standard bilateral rTMS achieved noninferior reduction in depression symptoms. Both treatments had low and similar dropout rates. Using TBS rather than rTMS could increase access to treatment several-fold for older adults with TRD. Trial Registration: ClinicalTrials.gov Identifier: NCT02998580.

  • Autistic children and adolescents with frequent restricted interest and repetitive behavior showed more difficulty in social cognition during mask-wearing during the COVID-19 pandemic: a multisite survey

    Tamon H., Itahashi T., Yamaguchi S., Tachibana Y., Fujino J., Igarashi M., Kawashima M., Takahashi R., Shinohara N.A., Noda Y., Nakajima S., Hirota T., Aoki Y.Y.

    BMC psychiatry (BMC psychiatry)  22 ( 1 ) 608 2022年09月

    査読有り

     概要を見る

    BACKGROUND: The public health measures enacted in order to control the coronavirus disease (COVID-19) pandemic have caused considerable changes to daily life. For autistic children and adolescents, adapting to the "new normal," including mask-wearing, may be difficult because of their restricted interest and repetitive behavior (RRB) characteristics. We aimed to examine the relationships between RRB characteristics and the impact of mask-wearing on their social communications during the pandemic. METHODS: We recruited participants with a clinical diagnosis of autism spectrum disorder based on DSM-5 diagnostic criteria from two outpatient clinics in Tokyo, Japan, between November 2020 and April 2021 using a convenience sampling methodology. As a result, the participants consisted of 102 children and adolescents (mean (SD) age = 11.6 (5.3)). We collected data on RRB characteristics frequency before and during the pandemic using the CoRonavIruS Health Impact Survey (CRISIS) - Adapted for Autism and Related Neurodevelopmental conditions (AFAR). We then conducted factor analyses to compute the RRB severity composite scores, which are divided into lower- (e.g., sensory seeking), and higher-order (e.g., restricted interest). We also investigated mask-wearing culture using a bespoke questionnaire, and using Spearman's rank correlation analyses, we examined the relationships between before pandemic RRB characteristics, and the impact of mask-wearing on social communications during the pandemic. RESULTS: We found that children and adolescents who exhibited lower-order RRB before the pandemic had difficulties in going-out with mask-wearing (rho = -0.25, q = .031), more challenges with mask-wearing (rho =  - 0.34, q = .0018), and difficulty in referring to others' emotions while wearing masks (rho =  - 0.36, q = .0016). We also found an association between higher-order RRB before the pandemic and an uncomfortable sensation (rho =  - 0.42, q = .0002) and difficulties in referring to other's emotions while wearing masks (rho =  - 0.25, q = .031). CONCLUSIONS: We revealed that various behaviors, such as sensory seeking, repetitive motor mannerisms and movements, and rituals and routines, undertaken before the pandemic could be important predictors of difficulties with mask-wearing and social communication for autistic children and adolescents during the pandemic. Caregivers and teachers wearing masks may need to provide extra support for social communication to autistic children and adolescents showing RRB characteristics frequently.

  • Reduced signal propagation elicited by frontal transcranial magnetic stimulation is associated with oligodendrocyte abnormalities in treatment-resistant depression

    Wada M., Nakajima S., Honda S., Takano M., Taniguchi K., Tsugawa S., Mimura Y., Hattori N., Koike S., Zomorrodi R., Blumberger D.M., Daskalakis Z.J., Mimura M., Noda Y.

    Journal of psychiatry & neuroscience : JPN (Journal of psychiatry & neuroscience : JPN)  47 ( 5 ) E325 - E335 2022年09月

    最終著者, 責任著者, 査読有り,  ISSN  1180-4882

     概要を見る

    BACKGROUND: The efficacy of repetitive transcranial magnetic stimulation (rTMS) to the left dorsolateral prefrontal cortex (dlPFC) has been established in patients with treatment-resistant depression (TRD), suggesting that alterations in signal propagation from the left dlPFC to other brain regions may be linked to the pathophysiology of TRD. Alterations at the cellular level, including dysfunction of oligodendrocytes, may contribute to these network abnormalities. The objectives of the present study were to compare signal propagation from the left dlPFC to other neural networks in patients with TRD and healthy controls. We used TMS combined with electroencephalography to explore links between cell-specific gene expression and signal propagation in TRD using a virtual-histology approach. METHODS: We examined source-level estimated signal propagation from the left dlPFC to the 7 neural networks in 60 patients with TRD and 30 healthy controls. We also calculated correlations between the interregional profiles of altered signal propagation and gene expression for 9 neural cell types derived from the Allen Human Brain Atlas data set. RESULTS: Signal propagation from the left dlPFC to the salience network was reduced in the θ and α bands in patients with TRD (p = 0.0055). Furthermore, this decreased signal propagation was correlated with cellspecific gene expression of oligodendrocytes (p < 0.000001). LIMITATIONS: These results show only part of the pathophysiology of TRD, because stimulation was limited to the left dlPFC. CONCLUSION: Reduced signal propagation from the left dlPFC to the salience network may represent a pathophysiological endophenotype of TRD; this finding may be associated with reduced expression of oligodendrocytes.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 統合失調症における音楽機能—The musical function in patients with schizophrenia—特集 音楽と精神医学

    本多 栞, 野田 賀大, 中島 振一郎, 藤井 進也

    精神科 = Psychiatry / 精神科編集委員会 編 41 ( 1 ) 44 - 48 2022年07月

    ISSN  1347-4790

  • 【精神疾患治療におけるニューロモジュレーションの現状と開発の動向】うつ病の病態基盤を標的とした、rTMSニューロモジュレーションのこれまでとこれから

    野田 賀大

    日本生物学的精神医学会誌 (日本生物学的精神医学会)  33 ( 2 ) 71 - 76 2022年06月

    ISSN  2186-6619

     概要を見る

    うつ病の病態生理の1つに神経可塑性仮説があるが,rTMS療法はまさに脳内ネットワークの神経可塑性を神経修飾することで治療効果を発揮する物理学的な治療法である。これまでの先行研究からは,rTMSの治療メカニズムには,分子レベルではGABA,NMDA,AMPA,BDNFなどが関与していることが示唆されており,神経画像レベルでは安静時機能的MRI計測によるDLPFCと膝下部前帯状皮質の機能的結合性,デフォルトモード・ネットワークやセントラル・エグゼクティブ・ネットワーク内の機能的結合性の強さ,左DLPFCと線条体間の機能的結合性の強さなどが関与しているとされ,神経化学的にはMRS計測による背側前帯状皮質におけるGABA濃度の変化などが関与していると言われている。本稿では,うつ病に対するrTMS療法の神経生物学的な治療メカニズムに関して,筆者がこれまでに行ってきたTMS研究の知見も交え,rTMS療法が今後めざすべき方向性や展望について考察する。(著者抄録)

  • 反復脊髄神経磁気刺激の安全性に関する提言

    花島 律子, 松本 英之, 出江 紳一, 宇川 義一, 緒方 勝也, 金子 文成, 鬼頭 伸輔, 小林 正人, 寺尾 安生, 中村 元昭, 西田 圭一郎, 野田 賀大, 細見 晃一, 日本臨床神経生理学会脳刺激法に関する小委員会

    臨床神経生理学 ((一社)日本臨床神経生理学会)  50 ( 1 ) 44 - 47 2022年02月

    ISSN  1345-7101

  • 【定量精神医学】定量精神医学序論:見えないものを見る 精神疾患診断技術の精緻化を目指して

    三村 將, 和田 真孝, 野田 賀大

    細胞 ((株)ニュー・サイエンス社)  54 ( 2 ) 58 - 60 2022年02月

    ISSN  1346-7557

     概要を見る

    同質の患者をグループ化していくバイオタイピング、あるいは個体の特殊性や反応性(難治性など)を評価できるバイオマーカーを見いだそうとする研究は、近年精神医学領域でも飛躍的な発展を遂げている。本特集では、このような定量精神医学の中で、精神現象を可視化しようとする「見えないものを見る」最先端の取り組みを紹介する。取り上げだのは、AMPA受容体PET、タウPET、脳MRI、眼球運動、そして経頭蓋磁気刺激-高精度脳波同時計測である。このような定量精神医学は必ずしも従来の精神医学の立場と相反するものではなく、むしろ伝統的な精神病理学・精神症候学の知見を定量化・可視化する試みそのものであると言える。経頭蓋磁気刺激-高精度脳波同時計測に関しては、近年の測定と解析の技術革新により、磁気刺激による誘発電位を高精度脳波上で観察することが可能となった。特に外側前頭前野の皮質興奮/抑制バランスを定量的に測定し、精神生理学的病態解明を進めることで、さまざまな精神疾患への臨床応用が可能となることが期待されている。(著者抄録)

  • 反復経頭蓋磁気刺激の安全性に関する提言(IFCNからのガイドラインを踏まえて)

    花島 律子, 松本 英之, 出江 紳一, 宇川 義一, 緒方 勝也, 金子 文成, 鬼頭 伸輔, 小林 正人, 寺尾 安生, 中村 元昭, 西田 圭一郎, 野田 賀大, 細見 晃一, 日本臨床神経生理学会脳刺激法に関する小委員会

    臨床神経生理学 ((一社)日本臨床神経生理学会)  50 ( 1 ) 39 - 43 2022年02月

    ISSN  1345-7101

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 治療抵抗性統合失調症に対する最新鋭ニューロモジュレーションの開発

    2022年04月
    -
    2026年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 中島 振一郎, 野田 賀大, 基盤研究(B), 未設定

  • 自閉スペクトラム症の神経基盤を標的とした新規ニューロモデュレーション治療法の開発

    2021年04月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 野田 賀大, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 音楽家の脳機能の解明: MRS-TMS-EEGを用いた横断研究

    2020年04月
    -
    2023年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 藤井 進也, 中島 振一郎, 野田 賀大, 基盤研究(B), 未設定

  • 治療抵抗性うつ病に対するquadripulse transcranial magnetic stimulationによる次世代ニューロモデュレーション治療法の開発とその治療メカニズムの解明

    2020年04月
    -
    2023年03月

    日本医療研究開発機構, 令和2年度障害者対策総合研究開発事業, 野田賀大, 内田裕之, 中島振一郎, 三村將, 宮崎智之, 高橋琢哉, 治療抵抗性うつ病の治療戦略に関する研究, 研究代表者

  • 経頭蓋磁気刺激誘発脳波を応用した薬物治療抵抗性うつ病の神経生理学的病態の解明

    2018年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 野田 賀大, 若手研究, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    まずはじめに本研究プロトコルの修正申請を行い、倫理員会から承認を得た。その後速やかに経頭蓋磁気刺激‐高精度脳波同時計測(TMS-EEG)実験システムおよびMRIガイド下ニューロナビゲーションシステムの構築を行い、さらに、TMS-EEG実験を円滑に実施できるようにスタッフの実地訓練を行ってきた。また、関連医療機関と連携しながら、被験者のリクルート体制の確立も同時並行で進めていった。
    <BR>
    現在、健常被験者9名及びうつ病患者10名を本研究に組み入れ、MRI撮像、TMS-EEG実験、研究採血、包括的臨床評価・認知機能検査を行い、同時期に左背外側前頭前野におけるコリン作動性神経生理機能(SAI)・GABAA作動性神経生理機能(SICI)・グルタミン酸作動性神経生理機能(ICF)・神経可塑性神経生理機能(PAS)パラダイムの生理実験を実施した。
    <BR>
    健常被験者に対するプレリミナリー解析では、コリン作動性神経生理指標(SAI)において刺激部位においてTMS誘発脳波成分(TEP)の中のN100成分の減弱を認め、我々の先行研究結果(Noda et al., 2016)を再現する結果が示された。TMS後100ms時点でのトポグラフィでも、TMS誘発脳波結果と同様に、SAIパラダイムではテスト刺激条件と比べ、左背側前頭前野の電位低下が小さいことが示された。さらに、GABA(A)受容体作動性神経生理指標(SICI)およびグルタミン酸NMDA受容体作動性神経生理指標(ICF)に関するプレリミナリー解析では、SICIではP60成分の減弱を認め、ICFでは早期成分の増強が起きている可能性が示された。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 国際学会発表奨励賞

    野田 賀大, 2020年, 日本生物学的精神医学会, うつ病患者の前頭前野における神経可塑性の評価

  • 国際学会発表賞・シンポジウム組織発表部門

    2020年, 日本精神神経学会, うつ病に対するrTMS研究

  • 研究発表優秀賞

    野田 賀大, 2019年, 公益財団法人 ひと・健康・未来研究財団, こころの健康を見える化するための非侵襲的磁気刺激法を用いた神経生理学的予防医学

  • 日本統合失調症学会若手奨励賞

    野田賀大, 2018年, 日本統合失調症学会

  • International Congress on Schizophrenia Research (ICOSR) Young Investigator Travel Award in the 16th ICOSR

    2017年

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 人間科学特殊ⅩⅩⅢA

    2022年度

  • 人間科学特殊ⅩⅩⅢA

    2021年度

  • 人間科学特殊ⅩⅩⅢA

    2020年度

  • 人間科学特殊ⅩⅩⅢA

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 医学部系統講義:生物学的精神医学

    慶應義塾大学医学部

    2022年05月

  • 精神科臨床ー精神医学研究をつなぐセミナーシリーズ

    東京大学心の多様性と適応の連携研究機構/大学院総合文化研究科進化認知科学研究センター小池研究室

    2022年01月

  • 音楽家の脳機能の解明: TMS-EEGを用いた音楽神経科学研究入門 2020 夏期特別研究プロジェクトB

    慶應義塾大学 環境情報学部

    2020年08月

    その他

 

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • コロナ後遺症に新たな治療選択肢を

    THE SANKEI NEWS, 2022年03月

     概要を見る

    私はこれまで約15年間に亘り、通常の薬物療法や心理療法では、なかなか病状が良くならない「治療抵抗性」のうつ病患者さんを相手に数多くのTMS療法を実践してきました。その長年積み重ねてきた経験からTMS療法は適切な症例に対して適切な治療プロトコルを適切なタイミングで導入すれば、一定の治療効果をもたらす有用な治療技術であると実感しています。今回はコロナ感染を契機にその後遺症としてうつ症状や不安症状、易疲労感などが出現し、既存の薬物療法を対症療法的に行っても、それらの症状が改善しない患者さんを対象に、今すぐにできることとして、本探求プロジェクトをパイロット・ケースシリーズとして取り組んでいくことにしました。皆様もご存知の通り、医学や科学に完璧なものはありません。人間が為す営みである以上、常に反証可能性という限界が付き纏います。しかし、ここで何もせずに傍観し、躊躇しているだけでは、現状は何も変わりません。むしろ事態は悪化していく可能性すらあります。そのような状況を鑑み、一精神科医・一研究者・一人間として、本探求プロジェクトを推進していくことは十分価値のあることだと考えております。

  • コロナ後遺症に新たな治療選択肢を

    PR TIMES, 2022年03月

     概要を見る

    ヒラハタクリニックのご協力のもと、東京横浜TMSクリニック2院および新宿・代々木こころのラボクリニックの計3施設でコロナ後遺症としてのメンタルヘルス疾患に対して、パイロット・ケースシリーズとしてTMS療法を実施。一定の組み入れ基準を満たす24名の患者さんに費用負担なしで本探求プロジェクトにご参加いただき、その臨床的有用性を踏まえて、今後の新たな治療法の開発に繋げていきたいと考えております。

  • 〔特別企画〕今後の日本のうつ病治療に求められるrTMS(反復経頭蓋磁気刺激)療法

    Medical Tribune, Medical Tribune (〔特別企画〕) , 2021年12月

     概要を見る

    うつ病診療における課題の1つとして、患者の約3割を占めるとされる治療抵抗性うつ病への対応が挙げられる1)。2019年6月に保険収載され、その治療選択肢に加わった反復経頭蓋磁気刺激(repetitive transcranial magnetic stimulation;rTMS)療法の実績に関する報告が増えている。第10回日本精神科医学会学術大会ランチョンセミナー10では、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室特任准教授の野田賀大氏が、うつ病治療におけるrTMS療法の有用性や位置付けについて解説した。

  • バイオレット光の短期間照射が認知機能に関わる脳波変化を引き起こすことを発見-慶大

    QLifePro (医療ニュース) , 2021年09月

     概要を見る

    バイオレット光刺激がヒトの脳波活動に及ぼす影響を検証

    慶應義塾大学は9月8日、健康な人を対象に40Hzガンマ周波数帯域のバイオレット光を照射する眼鏡を用いた臨床研究を行い、同光刺激は40Hzの白色対照光と比べ、認知機能に関わる可能性のある脳波変化を引き起こすことを世界で初めて示したと発表した。この研究は、同大医学部精神・神経科学教室の野田賀大特任准教授を中心とした研究グループによるもの。研究成果は、「Journal of Personalized Medicine」に掲載されている。

  • バイオレット光が脳を刺激して認知機能を改善する可能性、慶大が確認

    マイナビニュース, TECH+ (テクノロジー 医療/バイオ) , 2021年09月

     概要を見る

    慶應義塾大学(慶大)は9月8日、健常者を対象に40Hzガンマ周波数帯域のバイオレット光を照射する眼鏡を用いた臨床研究を行った結果、40Hzの白色対照光と比べ、認知機能に関わる可能性のある脳波変化を引き起こすことを確認したと発表した。

    同成果は、慶大 医学部精神・神経科学教室の野田賀大特任准教授らの研究チームによるもの。詳細は、学際的総合ジャーナル「Journal of Personalized Medicine」に掲載された。

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年
    -
    継続中

    Associate Editor, Editorial Board of Neuroimaging and Stimulation, Frontiers in Psychiatry

  • 2022年
    -
    継続中

    Review Editor Editorial Board of Mood Disorders, Frontiers in Psychiatry

  • 2021年
    -
    継続中

    評議員, 日本生物学的精神医学会

  • 2021年
    -
    継続中

    レジストリ委員, 臨床TMS研究会・TMS療法関連データベースレジストリ・データ利用検討委員会

  • 2021年
    -
    継続中

    Editor Board Member, Journal of Integrative Neuroscience

全件表示 >>