野田 賀大 (ノダ ヨシヒロ)

Noda, Yoshihiro

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 精神・神経科学教室 (信濃町)

職名

特任准教授(有期)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年
    -
    2008年

    東京大学大学院医学系研究科, 機能生物学専攻, COE特別研究員

  • 2008年
    -
    2011年

    東京大学医学部附属病院, 精神神経科, 後期研修医

  • 2009年
    -
    2012年

    東京大学, 大学院医学系研究科 脳神経医学専攻 精神医学, 大学院生

  • 2017年
    -
    2020年

    慶應義塾大学, 医学部 精神・神経科学教室, 特任講師

  • 2017年
    -
    継続中

    学校法人慶應義塾, 精神病態生理学研究室, 主任研究員

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

  • ライフサイエンス / 基盤脳科学 (rTMS臨床研究)

  • ライフサイエンス / 基盤脳科学 (TMS-EEG神経生理学)

  • ライフサイエンス / 精神神経科学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Deep rTMS

  • EEG

  • MST

  • TMS

  • TMS-EEG

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 月刊「細胞」2022年 2月号 定量精神医学

    三村將, 和田真孝, 野田賀大, (株)北隆館 ニュー・サイエンス社, 2022年02月

    担当範囲: 総論 定量精神医学序論: 見えないものを見る -精神疾患診断技術の精緻化を目指して

     概要を見る

    2月号 目次 Contents
    特 集 定量精神医学 Quantitative psychiatry

    ・ 総論 定量精神医学序論: 見えないものを見る -精神疾患診断技術の精緻化を目指して(三村 將・野田 賀大 他)
    ・ シナプス機能最重要分子AMPA受容体のヒト生体脳における可視化・定量化(高橋 琢哉)
    ・ タウPETが精神科診断にもたらす革新的変化(高畑 圭輔)
    ・ 脳MRI研究による精神疾患の病態解明と臨床応用(小池 進介)
    ・ 眼球運動の定量的分析とその精神医学への応用(三浦 健一郎・橋本 亮太 他)
    ・ 精神科領域における人工知能技術の応用(飯塚 真理・岸本 泰士郎 他)

  • Clinical Neurophysiology, Neuroimaging, and Neuromodulation of Neuropsychiatric Disorders

    MDPI, 2022年02月,  ページ数: 239

    , 査読有り

     概要を見る

    Over 90 years have passed since Dr. Hans Berger first reported the electrical activity of the human brain in 1929, and, in recent years, as suggested by Dr. Gyorgy Buzsaki, such ideas as the rhythm of the brain, the mind is not born and brain is a device that predicts, and it is the rhythm of the brain that produces predictive ability have come to be accepted. Furthermore, recent advances in neuroimaging technology, including EEG, have made it possible to visualize various brain activities. In addition, research on neuromodulation, as an intervention for brain dynamics, the underlying neurophysiological basis of the brain, was rapidly accelerated by the development of TMS in 1985 by Dr. Anthony Barker. On the other hand, as a trend in the field of psychiatry in recent years, the concept of precision medicine has become important in elucidating mental disorders as well as for developing new therapeutic strategies. Research in these areas is progressing rapidly, and new knowledge is being accumulated every day. This Special Issue aims to present cutting-edge research in clinical neurophysiology, neuroimaging, and neuromodulation.

  • 地域・臨床で活かすケア : 対象者の力を引き出し支える

    野田賀大, 南江堂, 2022年01月,  ページ数: 22,360p

    担当範囲: 第Ⅷ章 治療・ケア・支援の方法/第1節 生物学的側面からアプローチする治療・ケア・支援/C. 電気けいれん療法(ECT)

     概要を見る

    精神看護学の基盤となる知識をやさしく解説した好評テキストの改訂版.今改訂では,精神保健,現代社会病理を踏まえた精神看護の目標・役割,地域包括ケアシステムや多職種連携の記述を充実させた.一般病棟における精神症状への看護(リエゾン精神看護)について「バイオ・サイコ・ソーシャルモデル」を活用して事例展開をしている.

  • Diagnosis, Management and Modeling of Neurodevelopmental Disorders: The Neuroscience Of Development

    Chapter, Yoshihiro Noda, Academic Press, 2021年05月

    担当範囲: Chapter 38: Use of repetitive transcranial magnetic stimulation in neurodevelopment: a narrative review

論文 【 表示 / 非表示

  • Neuroimaging-derived brain age is associated with life satisfaction in cognitively unimpaired elderly: A community-based study

    Sone D., Beheshti I., Shinagawa S., Niimura H., Kobayashi N., Kida H., Shikimoto R., Noda Y., Nakajima S., Bun S., Mimura M., Shigeta M.

    Translational Psychiatry (Translational Psychiatry)  12 ( 1 ) 25 2022年12月

    査読有り

     概要を見る

    With the widespread increase in elderly populations, the quality of life and mental health in old age are issues of great interest. The human brain changes with age, and the brain aging process is biologically complex and varies widely among individuals. In this cross-sectional study, to clarify the effects of mental health, as well as common metabolic factors (e.g., diabetes) on healthy brain aging in late life, we analyzed structural brain MRI findings to examine the relationship between predicted brain age and life satisfaction, depressive symptoms, resilience, and lifestyle-related factors in elderly community-living individuals with unimpaired cognitive function. We extracted data from a community-based cohort study in Arakawa Ward, Tokyo. T1-weighted images of 773 elderly participants aged ≥65 years were analyzed, and the predicted brain age of each subject was calculated by machine learning from anatomically standardized gray-matter images. Specifically, we examined the relationships between the brain-predicted age difference (Brain-PAD: real age subtracted from predicted age) and life satisfaction, depressive symptoms, resilience, alcohol consumption, smoking, diabetes, hypertension, and dyslipidemia. Brain-PAD showed significant negative correlations with life satisfaction (Spearman’s rs= −0.102, p = 0.005) and resilience (rs= −0.105, p = 0.004). In a multiple regression analysis, life satisfaction (p = 0.038), alcohol use (p = 0.040), and diabetes (p = 0.002) were independently correlated with Brain-PAD. Thus, in the cognitively unimpaired elderly, higher life satisfaction was associated with a ‘younger’ brain, whereas diabetes and alcohol use had negative impacts on life satisfaction. Subjective life satisfaction, as well as the prevention of diabetes and alcohol use, may protect the brain from accelerated aging.

  • Influence of External Natural Environment Including Sunshine Exposure on Public Mental Health: A Systematic Review

    K Taniguchi, M Takano, Y Tobari, M Hayano, S Nakajima, M Mimura, ...

    Psychiatry International 3 (1), 91-113 (MDPI)  3 ( 1 ) 91 - 113 2022年03月

    最終著者, 責任著者, 査読有り

  • Investigating structural subdivisions of the anterior cingulate cortex in schizophrenia, with implications for treatment resistance and glutamatergic levels

    Ochi R., Plitman E., Patel R., Tarumi R., Iwata Y., Tsugawa S., Kim J., Honda S., Noda Y., Uchida H., Devenyi G.A., Mimura M., Graff-Guerrero A., Chakravarty M.M., Nakajima S.

    Journal of Psychiatry and Neuroscience (Journal of Psychiatry and Neuroscience)  47 ( 1 ) E1 - E10 2022年01月

    査読有り,  ISSN  11804882

     概要を見る

    Background: Abnormalities in the anterior cingulate cortex (ACC) are thought to play an important role in the pathophysiology of schizophrenia. Given regional variations in ACC structure, the present study aimed to examine ACC structural subdivisions and their relationships to treatment resistance and glutamatergic levels in schizophrenia. Methods: This study included 100 patients with schizophrenia and 52 healthy controls from 2 cohorts. We applied non-negative matrix factorization to identify accurate and stable spatial components of ACC structure. Between groups, we compared ACC structural indices in each spatial component based on treatment resistance or response and tested relationships with ACC glutamate + glutamine levels. Results: We detected reductions in cortical thickness and increases in mean diffusivity in the spatial components on the surface of the cingulate sulcus, especially in patients with treatment-resistant and clozapine-resistant schizophrenia. Notably, mean diffusivity in these components was higher in patients who did not respond to clozapine compared to those who did. Furthermore, these ACC structural alterations were related to elevated ACC glutamate + glutamine levels but not related to symptomatology or antipsychotic dose. Limitations: Sample sizes, cross-sectional findings and mixed antipsychotic status were limitations of this study. Conclusion: This study identified reproducible abnormalities in ACC structures in patients with treatment-resistant and clozapine-resistant schizophrenia. Given that these spatial components play a role in inhibitory control, the present study strengthens the notion that glutamate-related disinhibition is a common biological feature of treatment resistance in schizophrenia.

  • Trends in big data analyses by multicenter collaborative translational research in psychiatry

    Onitsuka T., Hirano Y., Nemoto K., Hashimoto N., Kushima I., Koshiyama D., Koeda M., Takahashi T., Noda Y., Matsumoto J., Miura K., Nakazawa T., Hikida T., Kasai K., Ozaki N., Hashimoto R.

    Psychiatry and clinical neurosciences (Psychiatry and clinical neurosciences)  76 ( 1 ) 1 - 14 2022年01月

    査読有り,  ISSN  1323-1316

     概要を見る

    The underlying pathologies of psychiatric disorders, which cause substantial personal and social losses, remain unknown, and their elucidation is an urgent issue. To clarify the core pathological mechanisms underlying psychiatric disorders, in addition to laboratory-based research that incorporates the latest findings, it is necessary to conduct large-sample-size research and verify reproducibility. For this purpose, it is critical to conduct multicenter collaborative research across various fields, such as psychiatry, neuroscience, molecular biology, genomics, neuroimaging, cognitive science, neurophysiology, psychology, and pharmacology. Moreover, collaborative research plays an important role in the development of young researchers. In this respect, the Enhancing Neuroimaging Genetics through Meta-Analysis (ENIGMA) consortium and Cognitive Genetics Collaborative Research Organization (COCORO) have played important roles. In this review, we first overview the importance of multicenter collaborative research and our target psychiatric disorders. Then, we introduce research findings on the pathophysiology of psychiatric disorders from neurocognitive, neurophysiological, neuroimaging, genetic, and basic neuroscience perspectives, focusing mainly on the findings obtained by COCORO. It is our hope that multicenter collaborative research will contribute to the elucidation of the pathological basis of psychiatric disorders.

  • Glutamatergic and GABAergic metabolite levels in schizophrenia-spectrum disorders: a meta-analysis of <sup>1</sup>H-magnetic resonance spectroscopy studies

    Nakahara T., Tsugawa S., Noda Y., Ueno F., Honda S., Kinjo M., Segawa H., Hondo N., Mori Y., Watanabe H., Nakahara K., Yoshida K., Wada M., Tarumi R., Iwata Y., Plitman E., Moriguchi S., de la Fuente-Sandoval C., Uchida H., Mimura M., Graff-Guerrero A., Nakajima S.

    Molecular Psychiatry (Molecular Psychiatry)  27 ( 1 ) 744 - 757 2022年01月

    責任著者, 査読有り,  ISSN  13594184

     概要を見る

    Background: The glutamate (Glu) and gamma aminobutyric acid (GABA) hypotheses of schizophrenia were proposed in the 1980s. However, current findings on those metabolite levels in schizophrenia have been inconsistent, and the relationship between their abnormalities and the pathophysiology of schizophrenia remains unclear. To summarize the nature of the alterations of glutamatergic and GABAergic systems in schizophrenia, we conducted meta-analyses of proton magnetic resonance spectroscopy (1H-MRS) studies examining these metabolite levels. Methods: A systematic literature search was conducted using Embase, Medline, PsycINFO, and PubMed. Original studies that compared four metabolite levels (Glu, glutamine [Gln], Glx [Glu+Gln], and GABA), as measured by 1H-MRS, between individuals at high risk for psychosis, patients with first-episode psychosis, or patients with schizophrenia and healthy controls (HC) were included. A random-effects model was used to calculate the effect sizes for group differences in these metabolite levels of 18 regions of interest between the whole group or schizophrenia group and HC. Subgroup analysis and meta-regression were performed based on the status of antipsychotic treatment, illness stage, treatment resistance, and magnetic field strength. Results: One-hundred-thirty-four studies met the eligibility criteria, totaling 7993 participants with SZ-spectrum disorders and 8744 HC. 14 out of 18 ROIs had enough numbers of studies to examine the group difference in the metabolite levels. In the whole group, Glx levels in the basal ganglia (g = 0.32; 95% CIs: 0.18–0.45) were elevated. Subgroup analyses showed elevated Glx levels in the hippocampus (g = 0.47; 95% CIs: 0.21–0.73) and dorsolateral prefrontal cortex (g = 0.25; 95% CIs: 0.05–0.44) in unmedicated patients than HC. GABA levels in the MCC were decreased in the first-episode psychosis group compared with HC (g = −0.40; 95% CIs: −0.62 to −0.17). Treatment-resistant schizophrenia (TRS) group had elevated Glx and Glu levels in the MCC (Glx: g = 0.7; 95% CIs: 0.38–1.01; Glu: g = 0.63; 95% CIs: 0.31–0.94) while MCC Glu levels were decreased in the patient group except TRS (g = −0.17; 95% CIs: −0.33 to −0.01). Conclusions: Increased glutamatergic metabolite levels and reduced GABA levels indicate that the disruption of excitatory/inhibitory balance may be related to the pathophysiology of schizophrenia-spectrum disorders.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 反復脊髄神経磁気刺激の安全性に関する提言

    花島 律子, 松本 英之, 出江 紳一, 宇川 義一, 緒方 勝也, 金子 文成, 鬼頭 伸輔, 小林 正人, 寺尾 安生, 中村 元昭, 西田 圭一郎, 野田 賀大, 細見 晃一, 日本臨床神経生理学会脳刺激法に関する小委員会

    臨床神経生理学 ((一社)日本臨床神経生理学会)  50 ( 1 ) 44 - 47 2022年02月

    ISSN  1345-7101

  • 【定量精神医学】定量精神医学序論:見えないものを見る 精神疾患診断技術の精緻化を目指して

    三村 將, 和田 真孝, 野田 賀大

    細胞 ((株)ニュー・サイエンス社)  54 ( 2 ) 58 - 60 2022年02月

    ISSN  1346-7557

     概要を見る

    同質の患者をグループ化していくバイオタイピング、あるいは個体の特殊性や反応性(難治性など)を評価できるバイオマーカーを見いだそうとする研究は、近年精神医学領域でも飛躍的な発展を遂げている。本特集では、このような定量精神医学の中で、精神現象を可視化しようとする「見えないものを見る」最先端の取り組みを紹介する。取り上げだのは、AMPA受容体PET、タウPET、脳MRI、眼球運動、そして経頭蓋磁気刺激-高精度脳波同時計測である。このような定量精神医学は必ずしも従来の精神医学の立場と相反するものではなく、むしろ伝統的な精神病理学・精神症候学の知見を定量化・可視化する試みそのものであると言える。経頭蓋磁気刺激-高精度脳波同時計測に関しては、近年の測定と解析の技術革新により、磁気刺激による誘発電位を高精度脳波上で観察することが可能となった。特に外側前頭前野の皮質興奮/抑制バランスを定量的に測定し、精神生理学的病態解明を進めることで、さまざまな精神疾患への臨床応用が可能となることが期待されている。(著者抄録)

  • 反復経頭蓋磁気刺激の安全性に関する提言(IFCNからのガイドラインを踏まえて)

    花島 律子, 松本 英之, 出江 紳一, 宇川 義一, 緒方 勝也, 金子 文成, 鬼頭 伸輔, 小林 正人, 寺尾 安生, 中村 元昭, 西田 圭一郎, 野田 賀大, 細見 晃一, 日本臨床神経生理学会脳刺激法に関する小委員会

    臨床神経生理学 ((一社)日本臨床神経生理学会)  50 ( 1 ) 39 - 43 2022年02月

    ISSN  1345-7101

  • Clinical neurophysiology, neuroimaging, and neuromodulation of neuropsychiatric disorders

    Noda Y.

    Journal of Personalized Medicine (Journal of Personalized Medicine)  11 ( 11 )  2021年11月

  • 地域高齢者における、脳画像に基づく予測脳年齢と人生満足度およびレジリエンスの関連

    曽根 大地, 品川 俊一郎, 中島 振一郎, 小林 伸行, 新村 秀人, 喜田 恒, 色本 涼, 野田 賀大, 文 鐘玉, 繁田 雅弘, 三村 將

    Dementia Japan ((一社)日本認知症学会)  35 ( 4 ) 642 - 642 2021年10月

    ISSN  1342-646X

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 自閉スペクトラム症の神経基盤を標的とした新規ニューロモデュレーション治療法の開発

    2021年04月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 野田 賀大, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 音楽家の脳機能の解明: MRS-TMS-EEGを用いた横断研究

    2020年04月
    -
    2023年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 藤井 進也, 中島 振一郎, 野田 賀大, 基盤研究(B), 未設定

  • 治療抵抗性うつ病に対するquadripulse transcranial magnetic stimulationによる次世代ニューロモデュレーション治療法の開発とその治療メカニズムの解明

    2020年04月
    -
    2023年03月

    日本医療研究開発機構, 令和2年度障害者対策総合研究開発事業, 野田賀大, 内田裕之, 中島振一郎, 三村將, 宮崎智之, 高橋琢哉, 治療抵抗性うつ病の治療戦略に関する研究, 研究代表者

  • 経頭蓋磁気刺激誘発脳波を応用した薬物治療抵抗性うつ病の神経生理学的病態の解明

    2018年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 野田 賀大, 若手研究, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    まずはじめに本研究プロトコルの修正申請を行い、倫理員会から承認を得た。その後速やかに経頭蓋磁気刺激‐高精度脳波同時計測(TMS-EEG)実験システムおよびMRIガイド下ニューロナビゲーションシステムの構築を行い、さらに、TMS-EEG実験を円滑に実施できるようにスタッフの実地訓練を行ってきた。また、関連医療機関と連携しながら、被験者のリクルート体制の確立も同時並行で進めていった。
    <BR>
    現在、健常被験者9名及びうつ病患者10名を本研究に組み入れ、MRI撮像、TMS-EEG実験、研究採血、包括的臨床評価・認知機能検査を行い、同時期に左背外側前頭前野におけるコリン作動性神経生理機能(SAI)・GABAA作動性神経生理機能(SICI)・グルタミン酸作動性神経生理機能(ICF)・神経可塑性神経生理機能(PAS)パラダイムの生理実験を実施した。
    <BR>
    健常被験者に対するプレリミナリー解析では、コリン作動性神経生理指標(SAI)において刺激部位においてTMS誘発脳波成分(TEP)の中のN100成分の減弱を認め、我々の先行研究結果(Noda et al., 2016)を再現する結果が示された。TMS後100ms時点でのトポグラフィでも、TMS誘発脳波結果と同様に、SAIパラダイムではテスト刺激条件と比べ、左背側前頭前野の電位低下が小さいことが示された。さらに、GABA(A)受容体作動性神経生理指標(SICI)およびグルタミン酸NMDA受容体作動性神経生理指標(ICF)に関するプレリミナリー解析では、SICIではP60成分の減弱を認め、ICFでは早期成分の増強が起きている可能性が示された。

  • 治療抵抗性統合失調症における興奮抑制バランスの破綻:TMS-EEG/MRS研究

    2018年04月
    -
    2022年03月

    日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 中島 振一郎, 三村 將, 野田 賀大, 基盤研究(B), 未設定

     研究概要を見る

    リクルート及び研究方法の修正を行ったうえで組み入れを開始した。順調に被験者のリクルートを進めており、2019年4月1日時点で健常者12名の組み入れが終了している。被験者リクルートを円滑化させるために、関連病院に赴き、研究の内容を説明し、倫理委員会の承認を経て、協力体制の構築を進めている。現時点で本研究に関する有害事象、実施計画書からの逸脱は認められていない。また脱落例も認められていなく、本研究における研究全体の基本的な手順は遵守されていると判断する。
    TMS-EEG同時計測法の練習と訓練を研究者やテクニカルスタッフを交えながら繰り返し行い、TMS誘発脳波データを適切に取得できるようになった。一方で、TMS誘発脳波解析は、TMSそのものによる巨大なアーチファクト、およびTMS装置によって惹起される不均一なノイズの影響を完全には除去し難いといった問題がある。マルチモーダルMRIに関しては、Human Connectome Project parameterを用いている。GABA計測後の定量化のためのパイプラインを鋭意準備中である。
    並行して、関連するシステマティックレビューやメタアナリシスを実施した。例えば、rTMSにより精神神経疾患の認知機能障害が改善する可能性があるという総論(Iimori et al., Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry, 2019)、さらには、うつ病において1H-MRSにより測定したグルタミン酸が内側前頭前野にて低下しているというメタアナリシス(Moriguchi et al., Mol Psychiatry, 2018)を実施し、査読付き英語論文誌に報告した。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 国際学会発表奨励賞

    野田 賀大, 2020年, 日本生物学的精神医学会, うつ病患者の前頭前野における神経可塑性の評価

  • 国際学会発表賞・シンポジウム組織発表部門

    2020年, 日本精神神経学会, うつ病に対するrTMS研究

  • 研究発表優秀賞

    野田 賀大, 2019年, 公益財団法人 ひと・健康・未来研究財団, こころの健康を見える化するための非侵襲的磁気刺激法を用いた神経生理学的予防医学

  • 日本統合失調症学会若手奨励賞

    野田賀大, 2018年, 日本統合失調症学会

  • International Congress on Schizophrenia Research (ICOSR) Young Investigator Travel Award in the 16th ICOSR

    2017年

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 人間科学特殊ⅩⅩⅢA

    2022年度

  • 人間科学特殊ⅩⅩⅢA

    2021年度

  • 人間科学特殊ⅩⅩⅢA

    2020年度

  • 人間科学特殊ⅩⅩⅢA

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 精神科臨床ー精神医学研究をつなぐセミナーシリーズ

    東京大学心の多様性と適応の連携研究機構/大学院総合文化研究科進化認知科学研究センター小池研究室

    2022年01月

  • 音楽家の脳機能の解明: TMS-EEGを用いた音楽神経科学研究入門 2020 夏期特別研究プロジェクトB

    慶應義塾大学 環境情報学部

    2020年08月

    その他

 

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 〔特別企画〕今後の日本のうつ病治療に求められるrTMS(反復経頭蓋磁気刺激)療法

    Medical Tribune, Medical Tribune (〔特別企画〕) , 2021年12月

     概要を見る

    うつ病診療における課題の1つとして、患者の約3割を占めるとされる治療抵抗性うつ病への対応が挙げられる1)。2019年6月に保険収載され、その治療選択肢に加わった反復経頭蓋磁気刺激(repetitive transcranial magnetic stimulation;rTMS)療法の実績に関する報告が増えている。第10回日本精神科医学会学術大会ランチョンセミナー10では、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室特任准教授の野田賀大氏が、うつ病治療におけるrTMS療法の有用性や位置付けについて解説した。

  • バイオレット光の短期間照射が認知機能に関わる脳波変化を引き起こすことを発見-慶大

    QLifePro (医療ニュース) , 2021年09月

     概要を見る

    バイオレット光刺激がヒトの脳波活動に及ぼす影響を検証

    慶應義塾大学は9月8日、健康な人を対象に40Hzガンマ周波数帯域のバイオレット光を照射する眼鏡を用いた臨床研究を行い、同光刺激は40Hzの白色対照光と比べ、認知機能に関わる可能性のある脳波変化を引き起こすことを世界で初めて示したと発表した。この研究は、同大医学部精神・神経科学教室の野田賀大特任准教授を中心とした研究グループによるもの。研究成果は、「Journal of Personalized Medicine」に掲載されている。

  • バイオレット光が脳を刺激して認知機能を改善する可能性、慶大が確認

    マイナビニュース, TECH+ (テクノロジー 医療/バイオ) , 2021年09月

     概要を見る

    慶應義塾大学(慶大)は9月8日、健常者を対象に40Hzガンマ周波数帯域のバイオレット光を照射する眼鏡を用いた臨床研究を行った結果、40Hzの白色対照光と比べ、認知機能に関わる可能性のある脳波変化を引き起こすことを確認したと発表した。

    同成果は、慶大 医学部精神・神経科学教室の野田賀大特任准教授らの研究チームによるもの。詳細は、学際的総合ジャーナル「Journal of Personalized Medicine」に掲載された。

  • ガンマ周波数帯のバイオレット光視覚刺激で認知機能に関わるヒト脳波を特異的に変化させることに世界で初めて成功-浴びる機会が減ったバイオレット光の効用-

    慶應義塾大学医学部,  (プレスリリース) , 2021年09月

     概要を見る

    慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の野田賀大特任准教授を中心とした研究グループは、健康な人を対象に40Hzガンマ周波数帯域のバイオレット光を照射する眼鏡を用いた臨床研究を行い、同光刺激は40Hzの白色対照光と比べ、認知機能に関わる可能性のある脳波変化を引き起こすことを世界で初めて示しました。

    本臨床研究は、軽症うつ病患者を対象に実施する臨床研究における、第I相試験として実施されました。本研究では、バイオレット光の短期間照射による脳波の有意な変化および同光照射の安全性に関する確認を行いました。

  • 【医師に聞く】薬に頼らないうつ病の治療法!? 「rTMS療法」について詳しく教えて!

    Medical DOC医療アドバイザー, Yahoo! Japanニュース, 2021年09月

     概要を見る

    代表的なうつ病の治療法として、薬物療法や認知行動療法などが挙げられます。それら以外に、脳へ直接刺激を与える方法があることをご存知でしょうか。磁場を媒介して脳内に電気刺激を与えるという「rTMS療法」について、「慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室/新宿・代々木こころのラボクリニック」の野田が解説。

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年
    -
    継続中

    評議員, 日本生物学的精神医学会

  • 2021年
    -
    継続中

    Review Editor in Editorial Board of Cellular Neurophysiology, Frontiers in Cellular Neuroscience

  • 2021年
    -
    継続中

    Review Editor in Editorial Board of Brain Imaging and Stimulation, Frontiers in Human Neuroscience

  • 2021年
    -
    継続中

    Editorial Board Member, Journal of Personalized Medicine

  • 2021年
    -
    継続中

    Editor Board Member, Journal of Integrative Neuroscience

全件表示 >>