新村 秀人 (ニイムラ ヒデヒト)

Niimura, Hidehito

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 精神・神経科学教室 (信濃町)

職名

専任講師(有期)

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士, 慶應義塾, 論文, 2012年01月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本精神神経学会精神科指導医, 2008年04月

  • 精神保健指定医, 2009年01月

  • 日本精神神経学会精神科専門医, 2009年04月

  • 日本森田療法学会森田療法認定医, 2011年10月

  • 日本老年精神医学会専門医, 2016年06月

全件表示 >>

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療指針 私はこう治療している2020年

    新村秀人, 医学書院, 2020年01月,  ページ数: 1046-1047

  • リカバリーのためのワークブック-回復を目指す精神科サポートガイド

    新村 秀人, 中央法規, 2018年06月

    担当範囲: 活動性を高める

  • 短時間で行う老年期うつ病の精神療法的アプローチ

    新村 秀人, 星和書店, 2018年06月

    担当範囲: 生老病死に逆らわない生き方を支える

  • 救急レジデントマニュアル 第6版

    新村 秀人, 医学書院, 2018年05月

    担当範囲: 精神科救急

  • 最新医学別冊 診断と治療のABC132

    新村 秀人, 最新医学社, 2018年03月

    担当範囲: 高齢者への社会的支援

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Increased blood COASY DNA methylation levels a potential biomarker for early pathology of Alzheimer’s disease

    Kobayashi N., Shinagawa S., Niimura H., Kida H., Nagata T., Tagai K., Shimada K., Oka N., Shikimoto R., Noda Y., Nakajima S., Mimura M., Shigeta M., Kondo K.

    Scientific Reports (Scientific Reports)  10 ( 1 )  2020年12月

     概要を見る

    © 2020, The Author(s). Early diagnosis of dementia including Alzheimer’s disease (AD) is an urgent medical and welfare issue. However, to date, no simple biometrics have been available. We reported that blood DNA methylation levels of the COASY gene, which encodes coenzyme A synthase, were increased in individuals with AD and amnestic mild cognitive impairment (aMCI). The present study sought to replicate these findings with larger numbers of samples. Another objective was to clarify whether COASY methylation is associated with neurodegeneration through a comparison of AD, AD with cardiovascular disease (CVD), and vascular dementia (VaD). We measured blood COASY methylation levels in normal controls (NCs) (n = 200), and individuals with aMCI (n = 22), AD (n = 151), and VaD (n = 21). Compared with NCs, they were significantly higher in individuals with aMCI and AD. Further, they were significantly higher in AD patients without cardiovascular diseases compared to AD patients with them. These findings suggest that COASY methylation levels may be related to neurodegeneration in AD.

  • 高齢者に対する精神療法的アプローチ-生老病死に逆らわない生き方を支える

    新村秀人

    精神神経学雑誌 (日本精神神経学会)  122 ( 7 ) 528 - 535 2020年07月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  033-2658

  • Increasing light physical activity helps to maintain cognitive function among the community-dwelling oldest old population: a cross-sectional study using actigraph from the Arakawa 85+ study

    Suzuki K., Niimura H., Kida H., Eguchi Y., Kitashima C., Takayama M., Mimura M.

    Geriatrics and Gerontology International (Geriatrics and Gerontology International)  2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  14441586

     概要を見る

    © 2020 Japan Geriatrics Society Aim: To investigate the influence of replacing sedentary time with physical activity on cognitive function using an isotemporal substitution model in a population of community-dwelling oldest old. Methods: This cross-sectional study included residents of the Arakawa ward, Tokyo, who were part of a prospective cohort from the Arakawa 85+ study. We measured physical activity in 136 participants using a triaxial actigraph. Cognitive function was measured using the Addenbrooke's Cognitive Examination-III and participants were divided into a “cognitive decline group” (Addenbrooke's Cognitive Examination-III ≤88) and “cognitive maintain group” (Addenbrooke's Cognitive Examination-III ≥89). Physical activity was divided into three categories: sedentary behavior (≤1.5 metabolic equivalents), light physical activity (>1.5 to <3.0 metabolic equivalents), and moderate-to-vigorous physical activity (≥3 metabolic equivalents). Using an isotemporal substitution approach, we applied multiple logistic regression analysis to demonstrate the association between cognitive function and replacing 30 min/day of sedentary behavior with an equal period of light physical activity. Covariates included age, education and the Center for Epidemiologic Studies Depression Scale. Results: Our findings showed that in men, replacing 30 min of sedentary behavior per day with light physical activity was associated with a 1.47-fold increase in the odds of maintaining cognitive function. An association between physical activity and cognitive function was not observed in female participants. Conclusions: Our results indicate that substituting sedentary behavior with light physical activity could be helpful in maintaining cognitive function in community-dwelling oldest old men. These results highlight the importance of behavioral changes to promote cognition. Geriatr Gerontol Int ••; ••: ••–•• Geriatr Gerontol Int 2020; ••: ••–••.

  • 苦難の人生の中で、うつ状態が慢性化した症例に対する日記療法: 外来森田療法のアプローチ

    山市大輔, 樋之口潤一, 新村秀人

    精神療法 (金剛出版)  46 ( 3 ) 81 - 88 2020年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し,  ISSN  0916-8710

  • 強迫症状により長期にひきこもり状態を呈していた青年の症例:外来森田療法のアプローチ

    鈴木優一、樋之口潤一郎、新村秀人

    精神療法 (金剛出版)  46 ( 2 ) 95 - 102 2020年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し,  ISSN  0916-8710

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Social cognition and metacognition contribute to accuracy for self-evaluation of real-world functioning in patients with schizophrenia

    Nishida K., Toyomaki A., Koshikawa Y., Niimura H., Morimoto T., Tani M., Inada K., Ninomiya T., Hori H., Manabe J., Katsuki A., Kubo T., Shirahama M., Kohno K., Kinoshita T., Kusumi I., Iwanami A., Ueno T., Kishimoto T., Terao T., Nakagome K., Sumiyoshi T.

    Schizophrenia Research (Schizophrenia Research)  202   426 - 428 2018年12月

    ISSN  09209964

  • 統合失調症および他の精神病性障害

    新村 秀人

    日本臨床 老年医学(下) (日本臨床社)  76 ( 増刊7 ) 98 - 102 2018年08月

    総説・解説(学術雑誌), 単著,  ISSN  0047-1852

  • 統合失調症患者の高齢化に関する問題

    新村 秀人

    日本老年精神医学会雑誌 (日本老年精神医学会)  28 ( 8 ) 873 - 878 2017年08月

    総説・解説(学術雑誌), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 超高齢者の「生きる」と心理社会的特性

    新村秀人

    第22回日本老年行動科学会 (大阪) , 2019年11月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 日本老年行動学会

  • Aging effects on the physical and cognitive functions, and subjective sense of well-being in elderly: patients with severe mental illness living in the community

    H. Niimura

    Asian college of Neuropsychiatry: AsCNP (Fukuoka, Japan) , 2019年10月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • めまい・耳鳴などの身体症状症に対する精神療法的アプローチ:身体科Drが使えるやさしい森田療法

    新村秀人

    第37回日本森田療法学会 (浜松) , 2019年10月, 口頭(一般), 日本森田療法学会

  • 森田療法におけるマインドフルネス

    新村秀人

    第115回日本精神神経学会学術総会 (新潟) , 2019年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 日本精神神経学会

  • 高齢者に対する精神療法的アプローチ:生老病死に逆らわない生き方を支える.

    新村秀人

    第115回日本精神神経学会学術総会 (新潟) , 2019年06月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), 日本精神神経学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 医学・看護学・心理学・運動生理学・経済学から挑む 90+超高齢者コホート研究

    2020年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省/独立行政法人日本学術振興会, 術研究助成基金助成金/科学研究費補助金, 新村秀人, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  代表

  • 高齢精神障害者のサクセスフル・エイジング達成のための心理社会的特性の解明

    2014年04月
    -
    2019年03月

    補助金,  代表

  • 社会機能的転帰評価尺度SLOF(Specific Levels of Functioning Scale; 特定機能レベル評価尺度)日本語版の妥当性検討に関する研究

    2014年04月
    -
    2017年03月

    国立精神神経医学研究センター, 共同研究契約,  分担

  • 地域生活する統合失調症者のサクセスフル・エイジング

    2011年04月
    -
    2013年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金, 

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本社会精神医学会優秀発表賞

    新村 秀人, 2009年02月, 日本社会精神医学会, 精神障害者のサクセスフル・エイジング ー向老意識と老後への準備行動の検討

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 精神医学講義

    2020年度

  • 精神医学講義

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 精神科リハビリテーションと社会精神医学

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 120人

  • 精神科リハビリテーションと社会精神医学

    慶應義塾, 2005年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 120人

  • 精神科リハビリテーションと社会精神医学

    慶應義塾, 2005年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 120人

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本精神神経学会

     
  • 日本社会精神医学会

     
  • 日本老年精神医学会

     
  • 日本精神保健・予防学会

     
  • 日本森田療法学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年05月
    -
    継続中

    理事, 日本森田療法学会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    選挙管理委員会, 日本精神神経学会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    理事, 日本社会精神医学会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    広報委員会, 日本社会精神医学会

  • 2017年04月
    -
    継続中

    相模原事件特別委員会, 日本社会精神医学会

全件表示 >>