Fujioka, Masato

写真a

Affiliation

School of Medicine, Department of Otorhinolaryngology, Head and Neck Surgery (Shinanomachi)

Position

Assistant Professor/Senior Assistant Professor

External Links

Career 【 Display / hide

  • 2002.04
    -
    2003.03

    慶應義塾大学病院 研修医(耳鼻咽喉科)

  • 2003.04
    -
    2006.03

    慶應義塾大学医学部・医学研究科 博士課程(耳鼻咽喉科学)

  • 2006.04
    -
    2007.03

    慶應義塾大学医学部 生理学教室 特別研究助手

  • 2006.09
    -
    2009.09

    Senior Research fellow, Dpt of Otology and Laryngology, Harvard Medical School

  • 2007.04
    -
    2011.03

    慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科学教室 助教

display all >>

Academic Background 【 Display / hide

  • 2002.03

    Keio University, Faculty of Medicine, 医学科

    University, Graduated

  • 2006.03

    Keio University, Graduate School, Division of Medicine, Otorhinolaryngology

    Graduate School, Completed, Doctoral course

Academic Degrees 【 Display / hide

  • MD, PhD, Keio University, Dissertation, 2006.03

Licenses and Qualifications 【 Display / hide

  • 医師免許, 2002

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Otorhinolaryngology (Otology, Audiology)

  • Laboratory animal science (Laboratory Animal Studies)

  • Molecular biology (Molecular Biology)

  • Immunology

Research Keywords 【 Display / hide

  • MRI

  • iPSC based drug discovery

  • Meniere disease

  • inner ear regeneration

  • endoscopic ear surgery

display all >>

Research Themes 【 Display / hide

  • auditory network in the cortex, 

    2012
    -
    Present

  • Disease specific iPSCs for the drug discovery and development, 

    2012
    -
    Present

  • inner ear regeneration, 

    2004
    -
    Present

 

Papers 【 Display / hide

  • Proinflammatory Cytokines Expression in Noise-Induced Damaged Cochlea

    Fujioka Masato

    J. Neuroscience Res 83 ( 4 ) 575-583 2006.04

    Research paper (scientific journal), Single Work, Accepted

  • 下垂体腫瘍摘出術後に脳膿瘍を形成した蝶形骨洞篩骨洞嚢胞の1例

    Fujioka Masato

    耳鼻咽喉科・頭頸部外科 76 ( 12 ) 867-870 2004.11

    Research paper (scientific journal), Single Work, Accepted

  • 蝶形骨洞真菌症の2症例

    Fujioka Masato

    耳鼻咽喉科・頭頸部外科 75 ( 8 ) 566-570 2003.01

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Accepted

  • A phase I/IIa double blind single institute trial of low dose sirolimus for Pendred syndrome/DFNB4

    M Fujioka, T Akiyama, M Hosoya, K Kikuchi, Y Fujiki, Y Saito, ...

    Medicine 99 (19), e19763 (Medicine)  99 ( 19 ) e19763 2020.05

    Research paper (scientific journal), Joint Work, Except for reviews

     View Summary

    INTRODUCTION: Pendred syndrome (PDS)/DFNB 4 is a disorder with fluctuating and progressive hearing loss, vertigo, and thyroid goiter. We identified pathophysiology of a neurodegenerative disorder in PDS patient derived cochlear cells that were induced via induced pluripotent stem cells and found sirolimus, an mTOR inhibitor, as an inhibitor of cell death with the minimum effective concentration less than 1/10 of the approved dose for other diseases. Given that there is no rational standard therapy for PDS, we planned a study to examine effects of low dose oral administration of sirolimus for the fluctuating and progressive hearing loss, and the balance disorder of PDS by daily monitor of their audio-vestibular symptoms. METHODS AND ANALYSIS: This is a phase I/IIa double blind parallel-group single institute trial in patient with PDS/DFNB4. Sixteen of outpatients with fluctuating hearing diagnosed as PDS in SLC26A4 genetic testing aged in between 7 and 50 years old at the time of consent are given either placebo or sirolimus tablet (NPC-12T). In NPC-12T placebo arm, placebo will be given for 36 weeks; in active substance arm, placebo will be given for 12 weeks and the NPC-12T for 24 weeks. Primary endpoints are safety and tolerability. The number of occurrences and types of adverse events and of side effects will be sorted by clinical symptoms and by abnormal change of clinical test results. A 2-sided 95% confidence interval of the incidence rate by respective dosing arms will be calculated using the Clopper-Pearson method. Clinical effects on audio-vestibular tests performed daily and precise physiological test at each visit will also be examined as secondary and expiratory endpoints. TRIAL REGISTRATION NUMBER: JMA-IIA00361; Pre-results.

  • 聴覚過敏を主訴とした複数の感覚過敏を有する症例の検討 "Sensory Modulation Disorder"という疾患概念と耳鼻咽喉科医が留意すべき点について

    神崎 晶, 熊崎 博一, 片岡 ちなつ, 田副 真美, 鈴木 法臣, 松崎 佐栄子, 粕谷 健人, 藤岡 正人, 大石 直樹, 小川 郁

    日本耳鼻咽喉科学会会報 ((一社)日本耳鼻咽喉科学会)  123 ( 3 ) 236 - 242 2020.03

    ISSN  0030-6622

     View Summary

    聴覚過敏を主訴とした患者に対して、ほかの感覚器の過敏症状を問診・質問票による検査をしたところ、複数の感覚感敏を有する5例を発見した。「感覚過敏」と本論文では命名し、その臨床的特徴を報告する。主訴に対する聴覚過敏質問票に加えて、複数の感覚過敏に対する質問票「感覚プロファイル」を用いて過敏、回避、探求、低登録について検査した。同時に視覚過敏は5例で、触覚過敏は4例で訴えたが、嗅覚と味覚過敏を訴えた例はなかった。病態には中枢における感覚制御障害が存在することが考えられる。感覚過敏の検査法、診断法、治療についてはまだ確立されておらず、今後の検討を要する。(著者抄録)

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

display all >>

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • 当科における術中ABRの応用方法と測定の工夫

    細谷 誠, 大石 直樹, 藤岡 正人, 神崎 晶, 長谷部 夏希, 北村 充, 都築 伸佳, 小川 郁

    Audiology Japan ((一社)日本聴覚医学会)  63 ( 5 ) 371 - 371 2020.09

    ISSN  0303-8106

  • 再発性錐体尖真珠腫での持続顔面神経モニタリングを併用した3hand surgeryでの経外耳道的内視鏡下耳科手術

    藤岡 正人, 細谷 誠, 長谷部 夏希, 北村 充, 鈴木 成尚, 神崎 晶, 大石 直樹, 小川 郁

    日本耳鼻咽喉科学会会報 ((一社)日本耳鼻咽喉科学会)  123 ( 4 ) 1082 - 1082 2020.09

    ISSN  0030-6622

  • 再生医療はどこまで進んだか(vol.12) 内耳性難聴に対するiPS細胞創薬

    藤岡 正人

    医学のあゆみ (医歯薬出版(株))  274 ( 11 ) 1119 - 1127 2020.09

    ISSN  0039-2359

     View Summary

    超高齢社会を迎えたわが国において難聴は65歳以上の3割が罹患する国民病である。その数は中等度難聴以上でわが国600万人、軽度難聴を含めると世界で30億人とされ、さらに増加傾向にある。難聴はQOLを損ねるのみならず認知症発症の危険因子でもあり、世界で難聴により失うコストは毎年75兆円に及ぶ。にもかかわらず、感音難聴に関しては原因治療の選択肢が乏しい。感音難聴の首座である内耳は、解剖学的・組織学的理由から生検が困難で病態研究がなかなか進展せず、細胞レベルでの治療標的の同定が難しく、加えて、多くの遺伝子において齧歯類と霊長類での発現に種差を認めることが問題となる。これらの背景から、筆者らはヒト疾患細胞を直接in vitroで再現できるiPS細胞創薬のアプローチこそが、内耳性難聴の治療法開発に適していると考えている。本稿では著者らの施設で進めているペンドレッド症候群に対するiPS細胞創薬を例に、慢性感音難聴の治療法創出を最終目標としたiPS細胞創薬の現況と将来性について述べる。難聴に対する論理的創薬の近未来における可能性を提示するとともに、治療法の開発研究における疾患特異的iPS細胞研究の非臨床試験への多角的・多面的な応用について議論したい。(著者抄録)

  • 一側性中耳先天奇形の聴力改善手術前後における全脳コネクトームの変化

    藤岡 正人, 大石 直樹, 細谷 誠, 北村 充, 長谷部 夏希, 都築 伸佳, 神崎 晶, 小川 郁

    Audiology Japan ((一社)日本聴覚医学会)  63 ( 5 ) 301 - 301 2020.09

    ISSN  0303-8106

  • AMED研究 iPS創薬の実際 Pendred症候群/DFNB4の内耳障害に対するシロリムス少量療法

    藤岡 正人

    日本耳鼻咽喉科学会会報 ((一社)日本耳鼻咽喉科学会)  123 ( 4 ) 947 - 947 2020.09

    ISSN  0030-6622

display all >>

Presentations 【 Display / hide

  • An efficient screening method using inner-ear-derived spheres for selection of compounds that induce hair cell differentiation

    Hosoya, Makoto, Fujioka, Masato, Jeon, Sang-Jun, Okano, Hirotaka J., Edge, Albert, Okano, Hideyuki

    NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008

  • A novel gamma-secretase inhibitor, LY411575, replaced auditory hair cells and recovered hearing loss after severe acoustic trauma in mice

    Fujioka, Masato, Hosoya, Makoto, Wakabayashi, Kenichiro, Jeon, Sang-Jun, Okano, Hirotaka James, Kanzaki, Sho, Ogawa, Kaoru, Edge, Albert, Okano, Hideyuki

    NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008

  • The effect of anti-interleukin-6 receptor antibody in noise induced damaged cochlea

    Wakabayashi, Kenichiro, Fujioka, Masato, Kanzaki, Sho, Yamashita, Daisuke, Masuda, Masatsugu, Okano, James Hirotaka, Okano, Hideyuki, Ogawa, Kaoru

    NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008

  • Analysis of inner ear-selective cis-regulatory enhancer of Sox21 gene

    Nakagawa, Fumiko, Fujioka, Masato, Hosoya, Makoto, Hayashi, Ken, Okano, Hirotaka J., Edge, Albert, Okano, Hideyuki

    NEUROSCIENCE RESEARCH, 2008

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • IoTセンシングとiPS細胞研究の融合による内耳障害の統合的理解と次世代型創薬

    2021.04
    -
    2024.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 藤岡 正人, Grant-in-Aid for Scientific Research (A) , Principal Investigator

  • 急性感音難聴のPresicion Medicineに向けたコンパニオン診断開発

    2020.07
    -
    2022.03

    Keio University, 小川 郁, 三枝 智香, 神崎 晶, 藤岡 正人, Grant-in-Aid for Challenging Research (Exploratory)

     View Summary

    研究チームが有する自己免疫性難聴特異的発現遺伝子群の知見に基づき、簡便・簡易に測定可能な自己免疫性難聴マーカー検査キットを樹立する。一般に、原因不明の急性感音難聴患者に対しては、経験知からステロイドによる加療(海外では抗体医薬による抗炎症療法)をするが、その効果は一部の症例に限られる。本研究成果により、ヘテロな集団と想定される急性難聴患者の中から、これらの治療法に反応し得る症例を投薬前にピックアップすることを目指す。

  • 多層オミックスとiPS技術,霊長類モデルを駆使した加齢性難聴への挑戦

    2019.06
    -
    2022.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 藤岡 正人, 小川 郁, 新井 康通, 細谷 誠, 野口 勝, 佐々木 貴史, Grant-in-Aid for Challenging Research (Pioneering), Principal Investigator

     View Summary

    難聴は65歳以上の高齢者の1/3、世界で約5億人が罹患し、QOLの低下のみならず認知症や高齢者のうつ病の危険因子ともされ、未曾有の超高齢社会を迎えた本邦での健康寿命延伸には欠かせない課題である。加齢で進行する難聴は、音刺激の感覚受容器である内耳に原因があるとされるが、内耳は側頭骨の奥深くに存在して生検できず、詳細なメカニズムは不明な点が多い。
    本研究では、多層オミックス解析と霊長類モデルを駆使して、この治療法不在の疾患に迫り、原因の一端を解明し、最終的には難聴治療・予防法の開発を目指す。

  • Development of novel therapeutics for the cochlear hearing impairments by using hiPSCs and common marmoset models

    2018.04
    -
    2021.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 藤岡 正人, 小川 郁, 細谷 誠, 水足 邦雄, 岡野 栄之, 岡野 ジェイムス洋尚, Grant-in-Aid for Scientific Research (A) , Principal Investigator

  • Construction of a mouse model for Auditory Neuropathy Spectrum Disorder

    2018.04
    -
    2021.03

    Keio University, 難波 一徳, 藤岡 正人, Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

     View Summary

    オーディトリーニューロパチー (ANSD)は外有毛細胞の機能(音響放射, DPOAE)は正常であるが、聴覚神経の活動(聴性脳幹反応, ABR)が観られない感音性難聴の総称である。OtoferlinはOtof遺伝子(Otof)の遺伝子産物で、内耳コルチ器に局在する有毛細胞のリボンシナプスに発現し、聴神経の伝導のためのシナプス小胞の分泌およびリサイクルに重要な責任がある。
    Otofの変異を原因とするANSD症例は、現在最も多いと考えられている。申請者は、Otof欠損マウスのラセン神経節においてラセン神経節細胞(SGN)が減少し、それはBDNFの減少を伴う細胞死(アポトーシス)によることを世界に先駆けて発見した(2012-2014年度_若手B, 研究課題番号27491819による)。そこで本研究では、Otof欠損マウスにBDNF等の神経栄養因子を注入することにより、アポトーシス回避によるレスキュー実験を行い、正常なSGNの状態に戻すことを研究目的とする。この治療の確立により、人工内耳などのインプラント技術を用いた際の生体のメンテナンス機能を向上することが可能となる。
    本研究で使用する遺伝子改変マウスは、Otofのみがノックアウトされており、Otofのみの不全によるANSDを解析をする必要がある。現存するOtof欠損マウスの受精卵はC57B6N系統(B6)であり、CDH23機能領域に変異があり進行性の難聴を呈する。そこで遺伝子背景をB6でCDH23変異を取り除いたマウスの作成を行うことを検討した。
    また、本研究ではABRの測定に加えて、ANSDの機能を測定し解析する必要があり、小動物用のDPOAEの測定装置を必要とする。そこで本研究室において小動物用DPAOE装置の測定環境の立ち上げおよび調整を行っている。
    本研究課題が開始された昨年度、本人の所属の大きな異動があったため、実験室での生化学的実験や動物実験が物理的およびテクニカル上、研究を遂行することが不可能であった。故に採択時当初の予定より遅れていると評価する。
    しかし、研究代表者は現所属に至る間に、本研究課題で用いるOtofマウスの遺伝的情報の検証を綿密に行い、またその購入および納入手続きの段取り設定を行った。これにより前段階の研究を踏まえた、本研究課題の無駄のない研究計画の作成および準備をすることができたと考えている。
    前段階の研究においてC57/B6NをバックグラウンドとするOtofマウスを用いたが、そのバックグラウンドに合わせてデータを取る必要性を考慮した。よって他の系統マウスの戻し交配は行わない。しかしC57/B6マウスはCDH23遺伝子に変異があり、老齢に伴う進行性難聴を呈する。生後6か月以降のC57/B6Nでは、顕著な有毛細胞の減少が観られるため、その時期のSGNに着目したANSDの病態解析に影響してしまう。
    そこで、CDH23の変異をゲノム編集により正常に戻した、C57/B6_NTacを用いて交配させ、Otof遺伝子の影響のみに帰属できるANSDの病態を正確に解析することができると考えられる。今後の予定として、Otof遺伝子がノックアウトされたC57/B6_NTacマウスを作成し、継代する環境を設定する。また、小動物用ABRおよびDPOAE装置の環境設定を行うこととする。

display all >>

Intellectual Property Rights, etc. 【 Display / hide

  • 内耳前駆細胞の製造方法、内耳有毛細胞の製造方法、薬剤の評価方法、及び内耳細胞分化誘導用組成物

    Application No.: 特願2020-100055  2020.06 

    Patent, Joint, National application

  • 内耳有毛細胞の製造方法、薬剤の評価方法、及び細胞分化誘導用組成物

    Application No.: 特願2020-100056  2020.06 

    Patent, Joint, National application

  • 頭位動揺測定装置、頭位動揺測定方法、及び、それを用いた生体情報取得システム

    Application No.: 特願2019-193335  2019 

    Patent, Single, National application

  • 薬物送達用担体

    Application No.: 特願2018-161863  2018 

    Patent, Single, National application

  • 音響外傷難聴モデル動物の作製用の音響暴露装置

    Application No.: 特願2017-181755  2017.09 

    Patent, Joint

display all >>

Awards 【 Display / hide

  • 14th. Harold F. Schuknecht Travel Award

    2016.06

  • 第14回Harold F. Schuknecht Travel Award

    2014, シュクネヒトソサイエティ

  • Young Investigator Award, Keio University School of Medicine Alumni Association (Sanshikai)

    2012.11

  • International Society of Stem Cell Research Travel Award

    2012.06

  • 三四会奨励賞

    2012

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • LECTURE SERIES, OTORHINOLARYNGOLOGY

    2021

  • CLINICAL CLERKSHIP IN OTORHINOLARYNGOLOGY

    2021

  • PATHOPHYSIOLOGICAL ISSUES IN CHRONIC CARE

    2020

  • LECTURE SERIES, OTORHINOLARYNGOLOGY

    2020

  • PATHOPHYSIOLOGICAL ISSUES IN CHRONIC CARE

    2019

display all >>

Courses Previously Taught 【 Display / hide

  • 慶應義塾大学医学部 学生講義「耳科学総論」

    Keio University, 2017

  • 慶應義塾大学耳鼻咽喉科 専修医クルズス「中耳換気生理/内視鏡下耳科手術」

    Keio University, 2017

  • 慶應義塾大学大学院医学研究科修士課程 実技指導

    Keio University, 2017

  • 慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科 学位(博士:乙)指導

    Keio University, 2016

  • 慶應義塾大学大学院医学研究科修士課程 実技指導

    Keio University, 2016

display all >>

 

Memberships in Academic Societies 【 Display / hide

  • 日本耳鼻咽喉科学会

     
  • 日本耳科学会

     
  • 日本聴覚医学会

     
  • 日本めまい平衡医学会

     
  • 日本再生医療学会

     

display all >>

Committee Experiences 【 Display / hide

  • 2016
    -
    Present

    薬事委員, 慶應義塾大学病院

  • 2016
    -
    Present

    クリニカルアナトミー委員, 慶應義塾大学医学部

  • 2016
    -
    Present

    生命倫理監視委員会, 慶應義塾大学医学部

  • 2016
    -
    Present

    選挙管理委員会, 日本聴覚医学会