大家 基嗣 (オオヤ モトツグ)

Oya, Mototsugu

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 泌尿器科学教室 (信濃町)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年01月
    -
    1996年

    ニューヨーク医科大学泌尿器科留学

  • 1997年01月
    -
    1998年09月

    デュッセルドルフ大学泌尿器科留学

  • 1998年10月
    -
    2001年03月

    慶應義塾大学助手(医学部泌尿器科学)

  • 2001年04月
    -
    2007年07月

    慶應義塾大学専任講師(医学部泌尿器科学)

  • 2004年08月
    -
    2006年07月

    文部科学省研究振興局学術調査官(併任)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 1987年09月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許証, 医師免許証, 1987年06月

  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医, 1992年04月

  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科指導医 , 1997年04月

  • 日本腎臓学会 腎臓専門医, 日本腎臓学会 腎臓専門医

  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医, 2008年04月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 泌尿器科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 腎細胞癌

  • 免疫治療

  • 分子標的治療

  • 前立腺癌

  • 膀胱癌

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 腎細胞癌の免疫環境と血管新生阻害後のリモデリングの統合的解析による新規治療の開発, 

    2018年04月
    -
    2021年03月

  • 腎細胞癌における血管新生阻害薬に対する耐性の機序の解明と新規治療の探索, 

    2015年04月
    -
    2018年03月

  • 腎細胞癌における上皮間葉転換に着目した新規標的分子の探索, 

    2013年04月
    -
    2015年03月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科外来マスターバイブル

    「臨床泌尿器科」編集委員会, 大家, 基嗣, 近藤, 幸尋, 小島, 祥敬, 医学書院, 2019年04月,  ページ数: xv, 438p : 挿図

  • New targeted approach to CRPC

    Kosaka T., Oya M., Hormone Therapy and Castration Resistance of Prostate Cancer, 2018年05月

     概要を見る

    Our understanding of the heterogeneity and genetic characteristics of CRPC demonstrates underlying their complexity, which has been thought to be associated with their intractability. Recent advance of integrative next generation sequencing unveiled the extensive mutational landscape of metastatic CRPC, many of which can be a targetable mutation and been linked to ongoing clinical trials. Molecular stratification of patient groups will clearly be critical to successful drug development and clinical trials from the view point of precision medicine. In this review, we discuss the potential of new targeted approach to impact the clinical management of CRPC.

  • Renal Cell Carcinoma-Molecular Features and Treatment Updates-

    大家 基嗣, Springer, 2017年

論文 【 表示 / 非表示

  • Health-related quality of life with enzalutamide versus flutamide in castration-resistant prostate cancer from the AFTERCAB study.

    Uemura H, Kobayashi K, Yokomizo A, Hinotsu S, Horie S, Kakehi Y, Nonomura N, Ogawa O, Oya M, Suzuki K, Saito A, Asakawa K, Uno S, Naito S

    International journal of clinical oncology 2022年08月

    ISSN  1341-9625

  • Iliopsoas abscess in patients receiving hemodialysis: a case series and a literature survey

    Oshida Takuma, Yoshida Tadashi, Itoh Hiroshi, Oya Mototsugu

    RENAL REPLACEMENT THERAPY 8 ( 1 )  2022年07月

  • Functional analysis of GCNT3 for cell migration and EMT of castration-resistant prostate cancer cells.

    Yamamoto D, Sasaki K, Kosaka T, Oya M, Sato T

    Glycobiology 2022年07月

    ISSN  0959-6658

     概要を見る

    Castration-resistant prostate cancer (CRPC) is a malignant tumor that is resistant to androgen deprivation therapy. Treatments for CRPC are limited, and no diagnostic markers are currently available. O-glycans are known to play an important role in cell proliferation, migration, invasion, and metastasis of cancer cells. However, the differences in the O-glycan expression profiles for normal prostate cancer (PCa) cells compared to CRPC cells have not yet been investigated. In this study, the saccharide primer method was employed to analyze the O-glycans expressed in CRPC cells. Expression levels of core 4-type O-glycans were significantly increased in CRPC cells. Furthermore, the expression level of N-Acetylglucosaminyltransferase 3 (GCNT3), a core 4-type O-glycan synthase gene, was increased in CRPC cells. The expression of core 4-type O-glycans and GCNT3 was presumed to be regulated by androgen deprivation. GCNT3 knockdown induced cell migration and epithelial-mesenchymal transition (EMT). These observations elucidate the mechanism of acquisition of castration resistance in PCa and offer new possibilities for the development of diagnostic markers and therapeutic targets in the treatment of PCa.

  • Characterization of aldosterone-producing cell cluster (APCC) at single-cell resolution.

    Iwahashi N, Umakoshi H, Seki T, Gomez-Sanchez CE, Mukai K, Suematsu M, Umezawa Y, Oya M, Kosaka T, Seki M, Suzuki Y, Horiuchi Y, Ogawa Y, Nishimoto K

    The Journal of clinical endocrinology and metabolism 2022年07月

    ISSN  0021-972X

     概要を見る

    CONTEXT: The adrenal cortex consists of zona glomerulosa (ZG), fasciculata (ZF), and reticularis. Aldosterone-producing cell clusters that strongly express aldosterone synthase (CYP11B2) are frequently found in adult adrenals and harbor somatic mutations that are also detected in aldosterone-producing adenomas (APAs). Primary aldosteronism is mainly caused by APAs or idiopathic hyperaldosteronism (IHA). We presume that APCCs are causing IHA and are precursors of APAs. However, the gene expression characteristics and especially the development of APCC are not well understood. OBJECTIVE: This study aimed to analyze the transcriptome of APCC at single-cell resolution and infer the developmental trajectory. METHODS: Single-cell RNA sequencing (scRNA-seq) of two adult adrenals was performed. RESULTS: Immunohistochemical analyses confirmed the two adrenals had APCCs. scRNA-seq data of 2,928 adrenal cells were obtained and 1,765 adrenocortical cells were identified based on unsupervised clustering and the marker gene expression. The adrenocortical cells were divided into 6 clusters, of which three clusters (923 cells) were composed of APCC/ZG cells. By further sub-clustering, the APCC/ZG cells were divided into three clusters (clusters C1, C2, and C3), we finally identified APCC-cluster (C3) and ZG-cluster (C1). Cluster C2 seemed to be ZG-to-ZF transitional cells. RNA velocity analysis inferred the developmental direction from cluster ZG-cluster-C1 to APCC-cluster-C3. The scRNA-seq additionally revealed that many CYP11B2-positive cells were positive for CYP11B1 and/or CYP17A1, which were essential for cortisol but not for aldosterone production. CONCLUSIONS: Our results revealed the gene expression characteristics of APCC at single-cell resolution and show that some ZG cells remodel to APCC.

  • Salvage focal brachytherapy in castration-resistant prostate cancer with neuroendocrine differentiation after radiation therapy.

    Komori T, Kosaka T, Watanabe K, Tanaka T, Yasumizu Y, Hongo H, Mikami S, Ohashi T, Oya M

    IJU case reports (IJU Case Reports)  5 ( 4 ) 233 - 236 2022年07月

    ISSN  2577-171X

     概要を見る

    Introduction: Treatment strategy for castration-resistant prostate cancer with neuroendocrine differentiation after radiation therapy has not been established. Case presentation: We described a case of castration-resistant prostate cancer with neuroendocrine differentiation after initial external beam radiotherapy followed by salvage androgen deprivation therapy. Magnetic resonance imaging detected recurrence of a suspicious lesion in the left lobe of the prostate, although the prostate-specific antigen level was <0.2 ng/mL. Transperineal prostate saturation needle biopsy detected adenocarcinoma with neuroendocrine differentiation. The patient underwent salvage focal brachytherapy and had a prostate-specific antigen progression-free survival of 20 months with no obvious adverse events. No recurrence has been detected on magnetic resonance imaging for 18 months. Conclusion: Salvage focal brachytherapy for prostate cancer after external beam radiotherapy can be one of the treatment strategies for local recurrence of castration-resistant prostate cancer with neuroendocrine differentiation.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • COVID-19感染を契機に勃起不全を来したと考えられる1例

    茂田 啓介, 森田 伸也, 荘所 一典, 安水 洋太, 田中 伸之, 武田 利和, 松本 一宏, 小坂 威雄, 水野 隆一, 浅沼 宏, 大家 基嗣

    日本性機能学会雑誌 ((一社)日本性機能学会)  37 ( 1 ) 21 - 22 2022年06月

    ISSN  1345-8361

  • 腎機能障害症例に対する泌尿器がん薬物療法

    水野 隆一, 吉田 理, 大家 基嗣

    泌尿器科 ((有)科学評論社)  15 ( 5 ) 572 - 578 2022年05月

    ISSN  2435-192X

  • 専門性と多様性を両立させる!泌尿器科外来ベストNAVI 【企画にあたって】

    大家基嗣

    臨床泌尿器科 ((株)医学書院)  76 ( 4 ) 7 - 7 2022年04月

    その他, 単著

  • 【急性腎不全(ARF)から急性腎障害(AKI)へ】腎後性AKIの診断と治療

    森田 伸也, 大家 基嗣

    日本医師会雑誌 ((公社)日本医師会)  151 ( 1 ) 47 - 50 2022年04月

    ISSN  0021-4493

  • 前立腺癌を対象にした最新の基礎研究ートランスレーショナルリサーチによる未来予想図ー

    大家基嗣

    Prostate Journal (医学図書出版(株))  9 ( 1 ) 9 - 9 2022年04月

    その他, 単著,  ISSN  2188-4978

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 転移性腎細胞癌の薬物治療 どう変わり、何が課題なのか

    大家基嗣, 田中伸之, 水野隆一

    第87回 日本泌尿器科学会東部総会, 

    2022年10月

  • 初診時にBMI 25以上あった当院腎移植ドナーの減量効果の検討

    北岡 壮太郎,森田 伸也,松本一宏,篠田 和伸,吉田 理,浅沼 宏,中川 健,大家 基嗣

    第58回 日本移植学会総会, 

    2022年10月

  • MEK阻害剤trametinibで長期間の奏効が得られたBRAF変異陽性膀胱癌の一例

    柄澤 宏至, 安水 洋太,田中 伸之,武田 利和,松本 一宏,森田 伸也,小坂 威雄,水野 隆一,浅沼 宏,弓削 和之,早川 望,砂川 優,菊地 栄次,大家 基嗣

    第87回 日本泌尿器科学会東部総会, 

    2022年10月

  • In-situ hybridization chain reactionと誇張顕微鏡法を用いた、腎癌におけるlong non-coding RNA の発見と細胞内局在の検討

    久冨木原 良平,田中 伸之,安水 洋太,武田 利和,松本 一宏,森田 伸也,小坂 威雄,水野 隆一,浅沼 宏,大家 基嗣

    第81回 日本癌学会学術総会, 

    2022年09月
    -
    2022年10月

  • 腎細胞がんにおけるAXL/GAS6発現と予後・がん免疫微小環境との関連の解明

    箱崎 恭平,田中 伸之,三上 修治,水野 隆一,大家 基嗣

    第81回 日本癌学会学術総会, 

    2022年09月
    -
    2022年10月

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腎細胞癌の免疫環境と血管新生阻害後のリモデリングの統合的解析による新規治療の開発

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大家 基嗣、三上 修治, 浅沼 宏, 菊地 栄次, 水野 隆一, 小坂 威雄, 篠島 利明, 田中 伸之, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 腎細胞癌における血管新生阻害薬に対する耐性の機序の解明と新規治療の探索

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大家 基嗣, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 腎細胞癌における上皮間葉転換に着目した新規標的分子の探索

    2013年04月
    -
    2015年03月

    文部科学省, 科学研究費助成事業, 大家 基嗣, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 腎癌におけるlong non-coding RNAの臨床的意義の解明

    2021年04月
    -
    2024年03月

    慶應義塾大学, 久冨木原 良平、大家 基嗣, 田中 伸之, 基盤研究(C), 未設定

     研究概要を見る

    Long non-coding RNA (lncRNA)と癌の関連は様々な癌種で報告され始めているが、その機能解析は未だ不十分である。今回我々は、分子標的療法が治療軸を担っている進行性腎癌に着目し、lncRNAとの関連を明らかにすべきと考えた。ハイスループットな新規RNA detection systemと膨張顕微鏡法(expansion microscopy)を組み合わせることで、lncRNAの細胞内局在を定量的に可視化して機能解析を進める。

  • 新規3次元イメージングによる腎がん微小脈管の異質性解析

    2021年04月
    -
    2024年03月

    慶應義塾大学, 桝田 司、大家 基嗣, 田中 伸之, 基盤研究(C), 未設定

     研究概要を見る

    本研究は、ヒト腎がんに拡がる腫瘍内脈管構造(血管/リンパ管)およびB細胞の集簇である、Tertiary Lymphoid Structure (TLS)を3次元で可視化し、その特徴を1細胞レベルの解像度で解析することで、組織型・臓器特異的なヒト腎がんの病態解明に努める。また分子標的治療が行われた腎がんの脈管構造も3次元で評価し、治療後の壊死組織中の極度の低酸素・低栄養に曝露される癌微小環境で、幹細胞性の維持や腫瘍増殖の原動力を担う腫瘍脈管に一体何が起きているのかを空間的に解き明かす。最終的に、分子標的治療後の腫瘍空間で生き残る癌細胞や浸潤免疫細胞で構成される異質な細胞ニッチを立体的に再現する。

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 前立腺がんの予防又は治療剤

    出願日: 特願2018-091237  2018年05月 

    特許権, 共同

  • カバジタキセル耐性前立腺がんの予防または治療剤

    出願日: 特願2018-007668  2018年01月 

    特許権, 共同

  • 前立腺がんの予防又は治療剤

    出願日: 特願2018-003169  2018年01月 

    特許権, 共同

  • 腎癌の再発リスクの予測に用いるための診断薬及びキット、並びに予測方法

    出願日: 特願2013-148969  2013年07月 

    特許権, 共同

  • 抗がん剤の効果増強剤

    出願日: 特願20120127405  2012年06月 

    発行日: 5947623  2016年07月

    特許権, 共同

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第12回日本泌尿器科学会賞

    大家 基嗣, 2005年04月, 社団法人日本泌尿器科学会, Increased activation of nuclear factor-kappaB is related to the tumor development of renal cell carcinonma. Carcinogenesis 24: 377-384, 2003

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

     説明を見る

    腎細胞癌における腫瘍随伴症状のメカニズムとしてnuclear factor-kappaB の活性化を明らかにした。

  • 第6回オレガノン泌尿器科研究奨励賞

    2006年06月

  • 第20回日本泌尿器科学会 研究助成金

    2011年04月, 分子標的薬に対する耐性機序の解明を目的とした腎細胞癌における上皮-間質転換の意義

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科学演習

    2022年度

  • 泌尿器科学実習

    2022年度

  • 泌尿器科学

    2022年度

  • 泌尿器科学講義

    2022年度

  • 泌尿器科学特論

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • Renal cell carcinoma: biological features and rationale for molecular targeted therapy

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

  • 泌尿器がんⅠ

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

  • 腎腫瘍

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

  • 腎・泌尿器系の診断と治療(泌尿器科学概論)

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本泌尿器科学会

     
  • 日本腎臓学会

     
  • 日本透析医学会

     
  • 日本癌学会

     
  • 日本癌治療学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年08月
    -
    2006年07月

    学術調査官, 文部科学省研究振興局