大家 基嗣 (オオヤ モトツグ)

Oya, Mototsugu

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 泌尿器科学教室 (信濃町)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年01月
    -
    1996年

    ニューヨーク医科大学泌尿器科留学

  • 1997年01月
    -
    1998年09月

    デュッセルドルフ大学泌尿器科留学

  • 1998年10月
    -
    2001年03月

    慶應義塾大学助手(医学部泌尿器科学)

  • 2001年04月
    -
    2007年07月

    慶應義塾大学専任講師(医学部泌尿器科学)

  • 2004年08月
    -
    2006年07月

    文部科学省研究振興局学術調査官(併任)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年03月

    慶應義塾, 医学部

    卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 1987年09月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許証, 医師免許証, 1987年06月

  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医, 1992年04月

  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科指導医 , 1997年04月

  • 日本腎臓学会 腎臓専門医, 日本腎臓学会 腎臓専門医

  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医, 2008年04月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 腎細胞癌

  • 免疫治療

  • 分子標的治療

  • 前立腺癌

  • 膀胱癌

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 腎細胞癌の免疫環境と血管新生阻害後のリモデリングの統合的解析による新規治療の開発, 

    2018年04月
    -
    2021年03月

  • 腎細胞癌における血管新生阻害薬に対する耐性の機序の解明と新規治療の探索, 

    2015年04月
    -
    2018年03月

  • 腎細胞癌における上皮間葉転換に着目した新規標的分子の探索, 

    2013年04月
    -
    2015年03月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科外来マスターバイブル

    「臨床泌尿器科」編集委員会, 大家, 基嗣, 近藤, 幸尋, 小島, 祥敬, 医学書院, 2019年04月,  ページ数: xv, 438p : 挿図

  • Renal Cell Carcinoma-Molecular Features and Treatment Updates-

    大家 基嗣, Springer, 2017年

論文 【 表示 / 非表示

  • Bullous pemphigoid in patients receiving peritoneal dialysis: a case series and a literature survey.

    Morimoto K, Yoshida T, Washida N, Uchiyama K, Nakayama T, Itoh H, Oya M

    Renal failure 43 ( 1 ) 651 - 657 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し,  ISSN  0886-022X

     概要を見る

    Bullous pemphigoid (BP) is an autoimmune subepidermal blistering disease. Although several cases of BP in end-stage renal disease patients receiving peritoneal dialysis (PD) or hemodialysis have been reported, the incidence of BP in these patients remains unknown. We recently experienced three PD patients diagnosed with BP. The skin injury was likely to be a trigger of BP in all the three PD patients. Nifedipine and icodextrin exposures were possible factors directly or indirectly affecting the onset of BP, because they were common in the three cases. We also report that the incidence of BP in PD patients was 3/478.3 person-years in a single-center 10-year study. This case series with a literature survey describes that the skin and tissue injuries are potential triggers responsible for the onset of BP in dialysis patients and that the incidence of BP in these patients seems to be much higher than that in the general population.

  • Guideline adherence for radical cystectomy significantly affects survival outcomes in non-muscle-invasive bladder cancer patients.

    Kayama E, Shigeta K, Kikuchi E, Ogihara K, Hakozaki K, Iwasawa T, Kamisawa K, Kanai K, Ide H, Hara S, Mizuno R, Oya M

    Japanese journal of clinical oncology 2021年05月

    ISSN  0368-2811

  • First case of ductal adenocarcinoma of the prostate with MAP3K1 homozygous deletion.

    Shojo K, Kosaka T, Nakamura K, Hongo H, Kobayashi H, Mikami S, Nishihara H, Oya M

    IJU case reports 4 ( 3 ) 176 - 179 2021年05月

  • Utility of prophylactic antibiotics for preventing febrile neutropenia during cabazitaxel therapy for castration-resistant prostate cancer.

    Watanabe K, Kosaka T, Hongo H, Oya M

    Scientific reports 11 ( 1 ) 8367 - 8367 2021年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し,  ISSN  2045-2322

     概要を見る

    The aim was to investigate the efficacy of prophylactic antibiotics for the prevention of febrile neutropenia (FN) during cabazitaxel therapy for castration-resistant prostate cancer (CRPC) with G-CSF. We retrospectively studied 443 cycles of cabazitaxel therapy given to 56 patients with CRPC at Keio University Hospital between May 2012 and August 2018. Statistical analysis was conducted to determine whether the combination of prophylactic G-CSF and antibiotics was more effective in preventing FN, compared with prophylactic G-CSF alone. Prophylactic PEG-G-CSF or G-CSF was administered in all 443 cycles. Only fluoroquinolones were used as prophylactic antibiotics and were administered in 328 cycles (74.0%). FN occurred in 5 cycles (1.1%). Prophylactic antibiotics were administered in 327 cycles (74.6%) in the FN-negative group and in only 1 cycle (20.0%) in the FN-positive group. Chi-square test indicated the incidence of FN was significantly lower in the group that received prophylactic antibiotics compared with the group that did not receive prophylactic antibiotics (P = 0.017). Compared with prophylactic G-CSF alone, prophylactic G-CSF and antibiotics significantly suppressed the occurrence of FN.

  • A long-term survivor of metastatic neuroendocrine prostate cancer treated with multimodal therapy: genetic consideration from next-generation sequencing

    Hongo Hiroshi, Kosaka Takeo, Nakatsuka Seishi, Oya Mototsugu

    INTERNATIONAL CANCER CONFERENCE JOURNAL 2021年04月

    ISSN  2192-3183

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 本邦尿路上皮癌のマイクロサテライト不安定性調査とリンチ症候群スクリーニングの試み

    田中 伸之, 大家 基嗣, 水野 隆一, 三上 修治

    大和証券ヘルス財団研究業績集 ((公財)大和証券ヘルス財団)   ( 44 ) 62 - 65 2021年03月

  • 当院における腎移植後悪性腫瘍スクリーニングの検討

    高橋 遼平, 森田 伸也, 北岡 壮太郎, 環 聡, 松本 一宏, 篠田 和伸, 香野 日高, 吉田 理, 浅沼 宏, 中川 健, 大家 基嗣

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集 ((一社)日本臨床腎移植学会)  54回   187 - 187 2021年02月

  • 【出生前診断された小児外科疾患の鑑別と周産期管理】下部尿路閉塞性疾患(後部・前部尿道弁など)

    浅沼 宏, 高橋 遼平, 大家 基嗣

    小児外科 ((株)東京医学社)  53 ( 2 ) 187 - 193 2021年02月

    ISSN  0385-6313

  • 21水酸化酵素欠損症に巨大な両側副腎骨髄脂肪腫を合併した一例

    松林 秀幸, 武田 利和, 馬場 優人, 桝田 司, 安水 洋太, 田中 伸之, 松本 一宏, 森田 伸也, 小坂 威雄, 水野 隆一, 浅沼 宏, 大家 基嗣

    泌尿器外科 (医学図書出版(株))  34 ( 2 ) 210 - 210 2021年02月

    ISSN  0914-6180

  • 集中治療にて救命しえた腎移植後COVID19の1例

    森田 伸也, 高橋 遼平, 山元 良, 本間 康一郎, 吉田 理, 浅沼 宏, 福永 興壱, 佐々木 淳一, 中川 健, 森崎 浩, 大家 基嗣

    日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集 ((一社)日本臨床腎移植学会)  54回   175 - 175 2021年02月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • CRPC に対する抗がん化学療法の現況と課題:リアルワールドデータから考察する

    小坂威雄、大家 基嗣

    日本泌尿器腫瘍学会第4回学術集会, 2018年10月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 腎細胞癌に対するNivolumab+IpilimumabとSunitinib比較試験(CheckMate214):日本人解析

    冨田善彦、近藤恒徳、木村剛、井上高光、和久本芳影、矢尾正祐、杉山貴之、大家基嗣、藤井靖久、小原航、Sabeen Mekan、Brent Mchenry、Justin Doan、Robert Motzer、植村天受

    第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月, 口頭(一般)

  • 癌診療の最新情報―変わり始めた癌治療―

    大家 基嗣

    第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 前立腺癌術後再発を見落とさないために必要な最小限のフォローアップ

    松本一宏、丹羽直也、武田利和、小坂威雄、水野隆一、菊地栄次、大家基嗣

    第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月, 口頭(一般), (一社)日本癌治療学会

  • 腎盂尿管癌患者の腹腔鏡下腎尿管全摘除術における気腹時間と術後膀胱内再発率との関連

    茂田啓介、菊地栄次、萩原正幸、武田利和、松本一宏、篠島利明、宮嶋哲、大家基嗣

    第56回日本癌治療学会学術集会, 2018年10月, 口頭(一般), (一社)日本癌治療学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腎細胞癌の免疫環境と血管新生阻害後のリモデリングの統合的解析による新規治療の開発

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大家 基嗣, 三上 修治, 浅沼 宏, 菊地 栄次, 水野 隆一, 小坂 威雄, 篠島 利明, 田中 伸之, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 腎細胞癌における血管新生阻害薬に対する耐性の機序の解明と新規治療の探索

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大家 基嗣, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 腎細胞癌における上皮間葉転換に着目した新規標的分子の探索

    2013年04月
    -
    2015年03月

    文部科学省, 科学研究費助成事業, 大家 基嗣, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • シングルセルシークエンスを用いたBCG不応性膀胱癌の解明

    2020年04月
    -
    2023年03月

    慶應義塾大学, 丹羽 直也, 大家 基嗣, 三上 修治, 田中 伸之, 基盤研究(C)

     研究概要を見る

    再発進展リスクが高い表在性膀胱癌に対してはBCG膀胱内注入療法が行われるが、奏効率は6-7割に留まる。BCG療法が無効なBCG抵抗性膀胱癌は予後が不良であるが、現在までBCG抵抗性癌に対して膀胱全摘術以外の薬物療法は存在しない。
    このBCG抵抗性膀胱癌を克服するアプローチとして、腫瘍が異なる細胞集団から構成されているとする「腫瘍内不均一性」に着目した。本研究では、1細胞レベルで遺伝子発現が解析できるシングルセルRNAシークエンス法を用い、膀胱癌マウスモデルのBCG治療前後の遺伝子発現変化を解析し、BCG治療抵抗性に寄与する標的分子を明らかにすることを目的とする。

  • 難治性前立腺癌のシングルセル解析によるゲノムエピゲノム進化と腫瘍内不均一性の解明

    2020年04月
    -
    2023年03月

    慶應義塾大学, 小坂 威雄, 植田 幸嗣, 西原 広史, 三上 修治, 田中 伸之, 大家 基嗣, 基盤研究(B)

     研究概要を見る

    進行前立腺がんの薬物療法は近年大きく進歩し、新規アンドロゲン受容体阻害薬に加え、新規タキサン系抗がん剤カバジタキセルが導入されたが効果は限定的である。本研究では最先端の流体力学に基づく血中からの血液循環腫瘍細胞濃縮システムを駆使して前立腺癌患者からリアルタイムに血液循環腫瘍細胞を回収し、シングルセルレベルで多層性解析をを実施する。同時に逐次的に血中のcfDNAを回収し、治療前後の腫瘍検体の免疫組織学的にまた、FFPE検体のDNA/RNA解析を施行することで、難治性前立腺癌におけるゲノム・エピゲノム進化と腫瘍内不均一性を解明し、新規バイオマーカーならびに新規治療標的の同定を試みる。

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • 前立腺がんの予防又は治療剤

    特願: 特願2018-091237  2018年05月 

    特許, 共同, 国内出願

  • カバジタキセル耐性前立腺がんの予防または治療剤

    特願: 特願2018-007668  2018年01月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 前立腺がんの予防又は治療剤

    特願: 特願2018-003169  2018年01月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 腎癌の再発リスクの予測に用いるための診断薬及びキット、並びに予測方法

    特願: 特願2013-148969  2013年07月 

    特許, 共同, 国内出願

  • 抗がん剤の効果増強剤

    特願: 特願20120127405  2012年06月 

    特許: 5947623  2016年07月

    特許, 共同, 国内出願

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第12回日本泌尿器科学会賞

    大家 基嗣, 2005年04月, 社団法人日本泌尿器科学会, Increased activation of nuclear factor-kappaB is related to the tumor development of renal cell carcinonma. Carcinogenesis 24: 377-384, 2003

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

     説明を見る

    腎細胞癌における腫瘍随伴症状のメカニズムとしてnuclear factor-kappaB の活性化を明らかにした。

  • 第6回オレガノン泌尿器科研究奨励賞

    2006年06月

  • 第20回日本泌尿器科学会 研究助成金

    2011年04月, 分子標的薬に対する耐性機序の解明を目的とした腎細胞癌における上皮-間質転換の意義

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科学演習

    2021年度

  • 泌尿器科学実習

    2021年度

  • 泌尿器科学

    2021年度

  • 泌尿器科学講義

    2021年度

  • 泌尿器科学特論

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 腎・泌尿器系の診断と治療(泌尿器科学概論)

    慶應義塾, 2015年度

  • Renal cell carcinoma: biological features and rationale for molecular targeted therapy

    慶應義塾, 2015年度

  • 泌尿器がんⅠ

    慶應義塾, 2015年度

  • 腎腫瘍

    慶應義塾, 2015年度

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本泌尿器科学会

     
  • 日本腎臓学会

     
  • 日本透析医学会

     
  • 日本癌学会

     
  • 日本癌治療学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年08月
    -
    2006年07月

    学術調査官, 文部科学省研究振興局