山上 淳 (ヤマガミ ジュン)

Yamagami, Jun

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 皮膚科学教室 (信濃町)

職名

専任講師

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 専門および主たる研究分野は自己免疫性水疱症(天疱瘡、類天疱瘡など)ですが、皮膚科全般の診療を行なっています。また、院内の褥瘡対策委員を務めています。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年07月
    -
    2003年08月

    静岡市立清水病院, 皮膚科, 医員

  • 2007年03月
    -
    2010年03月

    ペンシルバニア大学, 皮膚科, 訪問研究員

  • 1998年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部, 皮膚科学教室

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1998年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士, 慶應義塾大学, 課程, 2010年12月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月

    慶應義塾大学プレスリリース「ステロイド治療抵抗性の天疱瘡患者を対象とした抗CD20抗体(リツキシマブ)療法の医師主導治験を開始」

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 天疱瘡 類天疱瘡

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 患者検体を用いた自己免疫性皮膚疾患発症機序の解明, 

    2012年07月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 今日の治療指針2019

    山上淳, 医学書院, 2019年01月

    担当範囲: 膿皮症,  担当ページ: 1275-1277

  • WHAT’S NEW in 皮膚科学 2018-2019

    山上淳, メディカルレビュー社, 2018年04月

    担当範囲: リツキシマブによる天疱瘡治療,  担当ページ: 200-201

  • 今日の治療指針2018年版

    山上 淳, 医学書院, 2018年01月

    担当範囲: 1236-1237

  • 皮膚疾患最新の治療2017-2018

    山上 淳, 南江堂, 2017年01月

    担当範囲: 15-18

  • 皮膚科研修ノート

    山上 淳, 診断と治療社, 2016年04月

    担当範囲: 350-351

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Rituximab therapy for refractory autoimmune bullous diseases: A multicenter, open-label, single-arm, phase 1/2 study on 10 Japanese patients

    Kurihara Y., Yamagami J., Funakoshi T., Ishii M., Miyamoto J., Fujio Y., Kakuta R., Tanikawa A., Aoyama Y., Iwatsuki K., Ishii N., Hashimoto T., Nishie W., Shimizu H., Kouyama K., Amagai M.

    Journal of Dermatology (Journal of Dermatology)  46 ( 2 ) 124 - 130 2019年02月

    ISSN  03852407

     概要を見る

    © 2018 Japanese Dermatological Association This was a multicenter study of rituximab, a chimeric monoclonal immunoglobulin G antibody directed against CD20, for the treatment of refractory autoimmune bullous diseases (pemphigus and pemphigoid). Ten patients (three with pemphigus vulgaris, six with pemphigus foliaceus and one with bullous pemphigoid) were treated with a single cycle of rituximab (four weekly infusions at a dose of 375 mg/m 2 of body surface area). The primary end-points were the number of serious adverse events and rate of complete remission at 40 weeks. Five patients (50%) achieved complete remission with minimal therapy (defined as no active lesions with lower doses of systemic corticosteroids compared to that with prednisolone 10 mg/day). Improvements in clinical scores (Pemphigus Disease Area Index) and decreases in autoantibody titers in the sera were observed in the four pemphigus patients who failed to achieve complete remission. This suggests that rituximab was effective in nine of 10 cases. Two serious adverse events (Pneumocystis carinii pneumonia and septic shock due to infectious arthritis) were observed and adequately treated with hospitalization. CD19-positive B lymphocytes in the peripheral blood decreased on day 29 following rituximab treatment, and remained at low levels throughout the observation period (280 days). Our results confirmed the efficacy of rituximab therapy for refractory autoimmune bullous diseases in Japan.

  • 当院の褥瘡ハイリスク患者ケア加算算定患者における褥瘡発生の現状と課題

    小柳由恵, 秋山結美子, 野崎祥子, 山上淳, 岡部圭介, 貴志和生

    日本褥瘡学会誌 21 ( 1 ) 41 - 44 2019年02月

    共著,  ISSN  1345-0417

  • Autoantibodies undetectable by chemiluminescent enzyme immunoassay require extended antigen-antibody reaction time for detection

    Mai Y, Ujiie H, Higashi T, Yamagami J, Iwata H, Shimizu H

    Br J Dermatol 180 ( 1 ) 215 - 216 2019年01月

    共著,  ISSN  0007-0963

  • Generalized eruptive histiocytoma developing into xanthoma disseminatum with central diabetes insipidus

    Kobayashi K, Kurihara Y, Yamagami J, Ito J, Shima H, Shimada H, Ichimura C, Ishiko A, Amagai M, Ouchi T

    J Dermatol 2019年

    共著,  ISSN  0385-2407

  • Azathioprine-induced alopecia and leukopenia associated with NUDT15 polymorphisms

    Nomura H, Kurihara Y, Saito M, Fukushima A, Shintani Y, Shiiyama R, Toshima S, Kamata A, Yamagami J, Funakoshi T, Kameyama K, Amagai M, Kubo A, Umegaki-Arao N

    J Eur Acad Dermatol Venereol 32 ( 10 ) e386 - e389 2018年10月

    共著,  ISSN  0926-9959

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 天疱瘡の寛解後に水疱性類天疱瘡を発症した1例

    田原海, 古市祐樹, 新川宏樹, 齋藤昌孝, 久保亮治, 天谷雅行, 舩越建, 山上淳

    第883回日本皮膚科学会東京地方会(城西地区) (東京) , 2019年02月

  • 類天疱瘡患者のBPDAIスコアと重症度インプレッションの相関

    白木沙由理, 栗原佑一, 江上将平, 天谷雅行, 氏家英之, 山上淳

    第40回水疱症研究会 (大阪) , 2019年01月

  • 天疱瘡治療に関する最近の動向

    山上淳

    第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (東京) , 2018年12月

  • 体部白癬を合併し,頭部白癬による脱毛との鑑別を要した汎発性円形脱毛症の1例

    鈴木友博, 古市祐樹, 森本亜里, 山上淳, 栗原佑一, 野村尚志, 佐藤友隆, 梅垣知子

    第881回日本皮膚科学会東京地方会(城西地区) (東京) , 2018年09月

  • 類天疱瘡を合併した尋常性乾癬の3例

    栗原佑一, 向井美穂, 新川宏樹, 廣松佳南, 椎山理恵, 谷川瑛子, 山上淳, 天谷雅行, 梅垣知子

    第33回日本乾癬学会学術大会 (松山) , 2018年09月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 自己反応性B細胞の単一細胞解析による天疱瘡の病態解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 山上 淳, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • [慶應義塾・学事振興資金(個人研究A)] 単一細胞解析による天疱瘡の自己反応性B細胞レパトアの解明

    2016年04月
    -
    2017年03月

    慶應義塾学事振興資金, 山上淳

  • [基盤研究 C] 16K11734 デスモグレインを標的とした選択的な口腔癌および口腔扁平苔癬治療モデルの開発

    2016年
    -
    2018年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 河野通良

  • [慶應義塾・学事振興資金(個人研究B)] 天疱瘡の水疱形成機序からみた新たな治療標的の開発

    2015年04月
    -
    2016年03月

    慶應義塾学事振興資金, 山上淳

  • [慶應義塾・学事振興資金(個人研究A)] 天疱瘡発症機序におけるデスモグレイン前駆体特異的B細胞の意義の解明

    2013年04月
    -
    2014年03月

    慶應義塾学事振興資金, 山上淳

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • JSID Fellowship Shiseido Award

    2014年, 一般社団法人日本研究皮膚科学会(JSID), 天疱瘡における自己反応性B細胞の活性化機構の解明

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科学講義

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科学

    慶應義塾, 2017年度

  • 皮膚科学

    学校法人慶應義塾大学, 2018年度

  • 皮膚科学講義「水疱症・膿疱症」2017/11/27

    慶應義塾, 2017年度

  • 皮膚科学講義「膿疱症」「物理化学的皮膚障害・光線性皮膚疾患」2015/11/18

    慶應義塾, 2015年度

  • 慶應義塾大学 研修医ランチョンセミナー「症例提示とレクチャー」2014/09/18

    慶應義塾, 2014年度

全件表示 >>