舩越 建 (フナコシ タケル)

Funakoshi, Takeru

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 皮膚科学教室 (信濃町)

職名

専任講師(有期)

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 電子顕微鏡による微細構造解析、皮膚病理学を研究テーマとしていた。その後、天疱瘡における自己抗体サブクラス解析を経て、皮膚がん領域の研究活動に従事するようになる。現在は、主に介入型の医師主導臨床試験の計画と実施を主たる研究テーマとし、日々の診療と並行して研究を遂行している。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年08月
    -
    2010年07月

    ペンシルバニア大学, 皮膚科学教室, 訪問研究員

  • 2010年08月
    -
    2014年09月

    慶應義塾大学医学部, 皮膚科学教室, 助教

  • 2014年10月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部, 皮膚科学教室, 専任講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    2001年03月

    慶應義塾, 医学部

    日本, 大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 論文

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年06月

    慶應義塾大学プレスリリース「創傷部にメラノーマ(ほくろのがん)が転移するしくみを解明 創傷が治癒する際に生じるペリオスチンが原因」

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 皮膚がん

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 皮膚がんにおける臨床試験, 

    2010年08月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • マイナー外科救急レジデントマニュアル

    舩越 建, 医学書院, 2016年07月

    担当範囲: 262-298

論文 【 表示 / 非表示

  • Variable indoleamine 2,3-dioxygenase expression in acral/mucosal melanoma and its possible link to immunotherapy

    Iga N., Otsuka A., Hirata M., Kataoka T., Irie H., Nakashima C., Matsushita S., Uchi H., Yamamoto Y., Funakoshi T., Fujisawa Y., Yoshino K., Fujimura T., Hata H., Ishida Y., Kabashima K.

    Cancer Science (Cancer Science)  110 ( 11 ) 3434 - 3441 2019年11月

    ISSN  13479032

     概要を見る

    © 2019 The Authors. Cancer Science published by John Wiley & Sons Australia, Ltd on behalf of Japanese Cancer Association. Immune checkpoint inhibitors have improved the prognosis of advanced melanoma. Although anti–programmed death ligand-1 (PD-L1) is a well-studied biomarker for response to anti–programmed death-1 PD-1 therapy in melanoma, its clinical relevance remains unclear. It has been established that the high expression of indoleamine 2,3-dioxygenase (IDO) is correlated to a response to anti–CTLA-4 treatment in melanoma. However, it is still unknown whether the IDO expression is associated with response to anti–PD-1 therapy in advanced melanoma. In addition, acral and mucosal melanomas, which comprise a great proportion of all melanomas in Asians, are genetically different subtypes from cutaneous melanomas; however, they have not been independently analyzed due to their low frequency in Western countries. To evaluate the association of IDO and PD-L1 expression with response to anti–PD-1 antibody in acral and mucosal melanoma patients, we analyzed 32 Japanese patients with acral and mucosal melanomas treated with anti–PD-1 antibody from the perspective of IDO and PD-L1 expression levels by immunohistochemistry (IHC). Multivariate Cox regression models showed that the low expression of IDO in tumors was associated with poor progression-free survival (HR = 0.33, 95% CI = 0.13-0.81, P = 0.016), whereas PD-L1 expression on tumors was not associated with progression-free survival. Significantly lower expression of IDO in tumors was found in non–responders compared to responders. Assessment of the IDO expression could be useful for the identification of suitable candidates for anti–PD-1 therapy among acral and mucosal melanomas patients. Further validation study is needed to estimate the clinical utility of our findings.

  • 妊娠中に急激に増大した隆起性皮膚線維肉腫の1例

    豊島 進, 栗原 佑一, 持丸 奈央子, 平井 郁子, 中村 善雄, 久保 亮治, 天谷 雅行, 舩越 建

    臨床皮膚科 ((株)医学書院)  73 ( 6 ) 451 - 456 2019年05月

    ISSN  0021-4973

     概要を見る

    <文献概要>41歳,女性.初診1年前から左季肋部に結節を自覚した.妊娠15週頃から急速に増大し,妊娠17週時に当科を受診した.初診時,表面に紫斑を伴う4cm大の弾性軟の腫瘤を認めた.超音波検査で血管に富む境界明瞭な腫瘤であり,血管腫を疑い局所麻酔下で全摘術を行った.病理組織学的に,真皮から皮下に境界明瞭で血管に富む腫瘍を認めた.構成する細胞は紡錘形の細胞で,花むしろ状配列をなしてびまん性に増殖していた.核の大小不同や分裂像は目立たなかった.免疫組織化学染色ではCD34陽性,FISH法で第17染色体COL1A1遺伝子座と第22染色体PDGFB遺伝子座の転座が示唆された.隆起性皮膚線維肉腫と診断し,妊娠24週時に全身麻酔で筋膜を含め追加切除した.この腫瘍は以前にも妊娠中に急激に増大する腫瘍として報告されている.経過観察中に増大すると手術の侵襲が大きくなることや,転移の可能性もあるため,妊婦に生じた腫瘤における重要な鑑別疾患と考えられた.

  • 好酸球増多症と多発性単神経炎,紫斑を伴った末梢性T細胞リンパ腫非特定型の1例

    柳澤 絵里加, 栗原 佑一, 舩越 建, 高橋 勇人, 加野 美希, 深井 達夫, 戸澤 圭一, 清水 隆之, 天谷 雅行, 海老原 全

    臨床皮膚科 ((株)医学書院)  73 ( 6 ) 457 - 464 2019年05月

    ISSN  0021-4973

     概要を見る

    <文献概要>61歳,男性.初診3ヵ月前より発熱,咽頭痛を自覚し,四肢に紅斑が生じた.前医で好酸球数増加を指摘され,持続する発熱と紅斑を主訴に当科を紹介され受診した.紅斑からの病理組織では真皮から脂肪織の血管周囲に好酸球とリンパ球が浸潤していた.経過中,多発性単神経炎と紫斑が生じ,好酸球性多発血管炎性肉芽腫症が疑われた.その後,項部に丘疹が新生し,同部位からの病理組織で真皮全層に異型なCD4陽性T細胞が増生しており,T細胞受容体β鎖の遺伝子再構成を認めた.FDG-PETでは全身のリンパ節,肝実質,両側肺野への集積亢進を認めた.末梢性T細胞リンパ腫,非特定型と診断した.好酸球数増加をきたす疾患としてリンパ増殖性疾患は鑑別に挙がるが,多彩な臨床症状を呈し,診断が困難なことがあり,異なる皮疹が出現した場合は繰り返し生検を施行する必要がある.

  • Rituximab therapy for refractory autoimmune bullous diseases: A multicenter, open-label, single-arm, phase 1/2 study on 10 Japanese patients

    Kurihara Y., Yamagami J., Funakoshi T., Ishii M., Miyamoto J., Fujio Y., Kakuta R., Tanikawa A., Aoyama Y., Iwatsuki K., Ishii N., Hashimoto T., Nishie W., Shimizu H., Kouyama K., Amagai M.

    Journal of Dermatology (Journal of Dermatology)  46 ( 2 ) 124 - 130 2019年02月

    共著, 査読有り,  ISSN  03852407

     概要を見る

    © 2018 Japanese Dermatological Association This was a multicenter study of rituximab, a chimeric monoclonal immunoglobulin G antibody directed against CD20, for the treatment of refractory autoimmune bullous diseases (pemphigus and pemphigoid). Ten patients (three with pemphigus vulgaris, six with pemphigus foliaceus and one with bullous pemphigoid) were treated with a single cycle of rituximab (four weekly infusions at a dose of 375 mg/m 2 of body surface area). The primary end-points were the number of serious adverse events and rate of complete remission at 40 weeks. Five patients (50%) achieved complete remission with minimal therapy (defined as no active lesions with lower doses of systemic corticosteroids compared to that with prednisolone 10 mg/day). Improvements in clinical scores (Pemphigus Disease Area Index) and decreases in autoantibody titers in the sera were observed in the four pemphigus patients who failed to achieve complete remission. This suggests that rituximab was effective in nine of 10 cases. Two serious adverse events (Pneumocystis carinii pneumonia and septic shock due to infectious arthritis) were observed and adequately treated with hospitalization. CD19-positive B lymphocytes in the peripheral blood decreased on day 29 following rituximab treatment, and remained at low levels throughout the observation period (280 days). Our results confirmed the efficacy of rituximab therapy for refractory autoimmune bullous diseases in Japan.

  • Accumulation of exhausted CD8+ T cells in extramammary Paget's disease

    Iga N., Otsuka A., Yamamoto Y., Nakashima C., Honda T., Kitoh A., Nakajima S., Egawa G., Nomura T., Dainichi T., Matsushita S., Tanizaki H., Yamamoto Y., Funakoshi T., Fujisawa Y., Fujimura T., Hata H., Ishida Y., Kabashima K.

    PLoS ONE (PLoS ONE)  14 ( 1 ) e0211135 2019年01月

    共著, 査読有り,  ISSN  1932-6203

     概要を見る

    Copyright: © 2019 Iga et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Cancer immunotherapy has highlighted the clinical relevance of enhancing anti-tumor response of CD8+ T cells in several cancer types. Little is known, however, about the involvement of the immune system in extramammary Paget's disease (EMPD). We examined the cytotoxicity and the effector functions of CD8+ T cells using paired samples of peripheral blood and tumors by flow cytometry. Expression levels of perforin, granzyme B, IFN-g, TNF-a, and IL-2 in CD8+ tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) were significantly lower than those in CD8+ T cells of peripheral blood. Significantly higher expression of PD-1 was found in CD8+TILs than in CD8+ T cells of peripheral blood. A high number of CD8+ cells was significantly associated with poor overall survival (OS) adjusted with age, sex, and clinical stage (hazard ratio [HR] = 5.03, P = 0.045, 95% confidence interval [CI] 1.03-24.4). On the other hand, the number of PD-1+ cells was not associated with OS or disease-free survival (DFS). Moreover, we found that tumor cells produced immunosuppressive molecule indoleamine 2,3-dyoxygenae (IDO). In conclusion, CD8+ TILs displayed an exhausted phenotype in EMPD. IDO expression seemed more relevant in inducing CD8 exhaustion than PD-1 upregulation or PD-L1 expression by immune cells. Restoring the effector functions of CD8+ TILs could be an effective treatment strategy for advanced EMPD.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 乳房外パジェット病の病勢評価における血清CEAとCYFRA21-1のコンビネーションアッセイの有用性

    中村 善雄, 種瀬 啓士, 平井 郁子, 河上 裕, 天谷 雅行, 舩越 建

    日本皮膚科学会雑誌 ((公社)日本皮膚科学会)  129 ( 5 ) 1162 - 1162 2019年05月

    ISSN  0021-499X

  • 全身性エリテマトーデスへ高用量ステロイド投与中に血管炎を生じた1例 IgA血管炎との合併か?

    朝比奈 泰彦, 田中 諒, 新川 宏樹, 舩越 建, 山田 裕揮, 太田 裕一朗, 仁科 直, 竹内 勤, 谷川 瑛子

    日本皮膚科学会雑誌 ((公社)日本皮膚科学会)  129 ( 5 ) 1182 - 1182 2019年05月

    ISSN  0021-499X

  • 天疱瘡の寛解後に水疱性類天疱瘡を発症した1例

    田原 海, 古市 祐樹, 新川 宏樹, 舩越 建, 齋藤 昌孝, 久保 亮治, 天谷 雅行, 山上 淳

    日本皮膚科学会雑誌 ((公社)日本皮膚科学会)  129 ( 6 ) 1348 - 1348 2019年05月

    ISSN  0021-499X

  • 遠隔転移をきたした悪性皮膚混合腫瘍の1例

    平井 郁子, 中村 善雄, 種瀬 啓士, 天谷 雅行, 三上 修治, 舩越 建

    日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集 ((一社)日本皮膚悪性腫瘍学会)  35回   159 - 159 2019年04月

  • β-catenin染色によって平滑筋肉腫と鑑別し経過観察の方針としたextra abdominal fibromatosisの1例

    入來 景悟, 横内 麻里子, 知念 克也, 鈴木 友博, 大内 健嗣, 舩越 建, 三上 修治, 亀山 香織

    日本皮膚科学会雑誌 ((公社)日本皮膚科学会)  129 ( 4 ) 599 - 599 2019年04月

    ISSN  0021-499X

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 天疱瘡の寛解後に水疱性類天疱瘡を発症した1例

    田原海, 古市祐樹, 新川宏樹, 齋藤昌孝, 久保亮治, 天谷雅行, 舩越建, 山上淳

    第883回日本皮膚科学会東京地方会(城西地区) (東京) , 2019年02月

  • 骨髄異形成症候群の患者に生じ、多彩な皮疹を呈した好中球性皮膚症の1例

    村松俊, 新川宏樹, 太田志野, 舩越建, 齋藤昌孝

    第882回日本皮膚科学会東京地方会(城西地区) (東京) , 2019年01月

  • 悪性黒色種の副腎転移病変に対し動脈化学塞栓療法が奏効した1例

    田原海, 中村善雄, 平井郁子, 種瀬啓士, 天谷雅行, 小黒草太, 舩越建

    第882回日本皮膚科学会東京地方会(城西地区), 2019年01月, その他

  • β-catenin染色によって平滑筋肉腫と鑑別し経過観察の方針としたextra abdominal fibromatosisの1例

    入來景悟, 知念克也, 鈴木友博, 大内健嗣, 舩越建, 三上修治, 亀山香織, 横内麻里子

    第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (東京) , 2018年12月

  • 乳児に生じた隆起性皮膚線維肉腫の1例

    新川宏樹, 平井郁子, 西田倫, 荒牧典子, 岡部圭介, 中山ロバート, 江原佳恵, 畑康樹, 舩越建

    第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会 (東京) , 2018年12月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • [再生医療実用化研究事業] 進行性の悪性黒色腫および子宮頸癌に対する腫瘍浸潤Tリンパ球輸注療法

    2018年04月
    -
    2021年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 再生医療実用化研究事業, 河上 裕, 受託研究,  分担

  • [難治性疾患等実用化研究事業 難治性疾患実用化研究事業] ステロイド治療抵抗性の天疱瘡患者を対象としたリツキシマブの医師主導治験

    2017年04月
    -
    2020年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 日本医療研究開発機構研究費, 天谷 雅行, 受託研究,  分担

  • [臨床研究・治験推進研究事業] 進行期乳房外パジェット病に対するトラスツズマブ、ドセタキセル併用療法の第II相臨床試験

    2017年04月
    -
    2020年03月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構, 臨床研究・治験推進研究事業, 代表

  • [革新的がん医療実用化研究事業] 進行期悪性黒色腫(末端黒子型)に対する非骨髄破壊性前処置併用での腫瘍浸潤Tリンパ球輸注療法の安全性試験

    2015年
    -
    2017年

    AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構), 河上 裕

  • [「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点」研究助成] マルチスペクトルカメラを用いた皮膚病変のコンピュータ診断補助システムの開発

    2014年04月
    -
    2015年03月

    科学技術振興機構(JST) COIプログラム, 舩越建

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 日経産業新聞「免疫細胞、体外培養し投与、慶大が臨床試験、メラノーマ対象。」

    舩越建

    2016年09月

    その他

  • 日経産業新聞「メラノーマの転移 解明」

    福田桂太郎, 舩越建, 天谷雅行

    2015年06月

    その他

  • 週刊エコノミスト「+健康アプリ:72皮膚がん」

    舩越建

    2014年02月

    その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 臨床病態学

    2020年度

  • 慢性期病態学各論

    2020年度

  • 皮膚科学講義

    2020年度

  • 臨床病態学

    2019年度

  • 慢性期病態学各論

    2019年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科学

    学校法人慶應義塾大学, 2018年度

  • 皮膚科学

    慶應義塾, 2017年度

  • 皮膚科学講義「真皮、皮下脂肪組織の疾患」「代謝異常症」2016/11/24

    慶應義塾, 2016年度

  • 皮膚科学講義「真皮、皮下脂肪組織の疾患」「代謝異常症」2015/11/19     

    慶應義塾, 2015年度

  • 皮膚科学講義「真皮、皮下脂肪組織の疾患」2013/11/25

    慶應義塾, 2013年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本皮膚科学会, 

    2001年
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    乳房外パジェット病ガイドライン作成委員, 乳房外パジェット病ガイドライン作成委員会