谷川 瑛子 (タニカワ アキコ)

Tanikawa, Akiko

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 皮膚科学教室 (信濃町)

職名

准教授

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患のうち、膠原病、自己免疫水疱症の治療、悪性腫瘍特に悪性黒色腫のセンチネルリンパ節生検を用いた微細転移の検出及び治療への応用と予後との関連について。悪性黒色腫に対する樹状細胞を用いた免疫療法を共同研究で開始する予定。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部 皮膚科学

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Fitzpatricks Dermatology in General Medicine

    Tanikawa, A., McGraw Hill Education, 2019年03月,  ページ数: 1170-1185

  • 皮膚疾患最新の治療2019-2020

    谷川瑛子, 南江堂, 2019年01月,  ページ数: 74

  • WHAT’S NEW in 皮膚科学 2018-2019

    谷川瑛子, メディカルレビュー社, 2018年04月,  ページ数: 122-123

  • 1336専門家による私の治療. 2017-18年度版

    谷川 瑛子, 日本医事新報社, 2017年07月

    担当範囲: 1481-1482

  • 皮膚疾患最新の治療2017-2018

    谷川 瑛子, 南江堂, 2017年01月

    担当範囲: 68

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Rituximab therapy for refractory autoimmune bullous diseases: A multicenter, open-label, single-arm, phase 1/2 study on 10 Japanese patients

    Kurihara Y, Yamagami J, Funakoshi T, Ishii M, Miyamoto J, Fujio Y, Kakuta R, Tanikawa A, Aoyama Y, Iwatsuki K, Ishii N, Hashimoto T, Nishie W, Shimizu H, Kouyama K, Amagai M

    J Dermatol 46 ( 2 ) 124 - 130 2019年02月

    共著, 査読有り,  ISSN  0385-2407 (Linking)

  • Vancomycin Mediates IgA Autoreactivity in Drug-Induced Linear IgA Bullous Dermatosis

    Yamagami J, Nakamura Y, Nagao K, Funakoshi T, Takahashi H, Tanikawa A, Hachiya T, Yamamoto T, Ishida-Yamamoto A, Tanaka T, Fujimoto N, Nishigori C, Yoshida T, Ishii N, Hashimoto T, Amagai M

    J Invest Dermatol 138 ( 7 ) 1473 - 1480 2018年07月

    共著, 査読有り,  ISSN  0022-202X (Linking)

  • Unique clinical and serological features of bullous pemphigoid associated with dipeptidyl peptidase-4 inhibitors

    Horikawa H, Kurihara Y, Funakoshi T, Umegaki-Arao N, Takahashi H, Kubo A, Tanikawa A, Kodani N, Minami Y, Meguro S, Itoh H, Izumi K, Nishie W, Shimizu H, Amagai M, Yamagami J

    Br J Dermatol 178 ( 6 ) 1462 - 1463 2018年06月

    共著, 査読有り,  ISSN  0007-0963 (Linking)

  • Outline of guidelines for the management of vasculitis and vascular disorders in Japan, 2016 revised edition

    Ikeda, T. Furukawa, F. Kawakami, T. Ishiguro, N. Uzuki, M. Ozaki, S. Katsuoka, K. Kono, T. Kawana, S. Kodera, M. Sawai, T. Sawada, Y. Seishima, M. Tanikawa, A. Chen, K. R. Hasegawa, M. Committee for Guidelines for the Management of Vasculitis and Vascular Disorders of The Japanese Dermatological Association

    J Dermatol 45 ( 2 ) 122 - 127 2018年02月

    共著, 査読有り,  ISSN  0385-2407

  • Non-pigmenting fixed drug eruption with mixed features of acute generalized exanthematous pustulosis induced by pseudoephedrine: a case report

    Fukuda, R. Ouchi, T. Hirai, I. Funakoshi, T. Honda, A. Tanese, K. Tanikawa, A. Amagai, M. Takahashi, H.

    Contact Dermatitis 77 ( 2 ) 123 - 126 2017年08月

    共著, 査読有り,  ISSN  0105-1873

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • CLEおよびSLEの皮膚症状

    谷川瑛子

    リウマチ科 61 ( 3 ) 205 - 212 2019年03月

    単著,  ISSN  0915-227X

  • 全身性エリテマトーデス

    谷川瑛子

    Visual Dermatology 17 ( 10 ) 956 - 957 2018年09月

    単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • エリテマトーデス治療のポイントーヒドロキシクロロキンの使い方

    谷川瑛子

    日本皮膚科学会冬季講習会, 2019年01月

  • 抗MDA-5抗体陽性皮膚筋炎の3例 逆ゴットロン徴候の病理組織学的検討

    田中諒, 新川宏樹, 筋野和代, 谷川瑛子

    第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 2018年12月

  • エリテマトーデスの皮疹と治療

    谷川瑛子

    第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 2018年12月

  • 膠原病と皮膚病変

    谷川瑛子

    第33回日本臨床リウマチ学会, 2018年11月

  • 全身性エリテマトーデス患者に生じた汎発性脂肪織炎の1例

    江上将平, 新川宏樹, 田中諒, 筋野和代, 宮本樹里亜, 高橋勇人, 天谷雅行, 安岡秀剛, 谷川瑛子

    第70回日本皮膚科学会西部支部学術大会, 2018年11月

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 日経メディカル4月号「リポート:エリテマトーデスにクロロキン類薬」

    谷川瑛子

    2016年04月

    その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科学講義

    2020年度

  • 皮膚科学講義

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科学

    学校法人慶應義塾大学, 2018年度

  • 皮膚科学

    慶應義塾, 2017年度

  • 臨床腫瘍学

    学校法人慶應義塾大学大学院, 2018年度

  • 皮膚科学講義「全身疾患と皮膚・皮膚膠原病・血管炎」2017/11/27

    慶應義塾, 2017年度

  • 慶應義塾大学大学院講義<臨床腫瘍学>「皮膚がん」2016/11/11

    慶應義塾, 2016年度

全件表示 >>