園部 秀樹 (ソノベ ヒデキ)

Sonobe, Hideki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 眼科学教室 (信濃町)

職名

助教(有期)

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Benefits of aflibercept treatment for age-related macular degeneration patients with good best-corrected visual acuity at baseline. Scientific Reports. inpress

    Minami S, Nagai N, Suzuki M, Kurihara T, Sonobe H, Kamoshita M, Uchida A, Shinoda H, Takagi H, Sonoda S, Sakamoto T, Tsubota K, Ozawa Y

    Scientific Reports 58 ( 8 )  2018年01月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Sjögren症候群の涙腺における免疫グロブリンの特徴的局在を示した1例

    園部 秀樹

    あたらしい眼科 (メディカル葵出版)  34 ( 4 ) 115 - 119 2017年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    目的:シェーグレン症候群(SS)は涙腺・唾液腺のリンパ球浸潤を特徴としドライアイ、ドライマウスをきたす,多様な自己抗体の出現が知られている自己免疫疾患である.著者らは、シェーグレン症候群の涙腺小葉および導管周囲に過剰な免疫グロブリンの蓄積を示した1例を経験したので報告する。症例:症例は51歳女性。41歳時より重症ドライアイを認めた。シェーグレン症候群の治療方針の決定のため涙腺生検を施行した残余検体についての病理組織、免疫組織学的検討にて涙腺にはB細胞および過剰な活性化形質細胞と抗体の間質への蓄積が認められた。結論:履病歴の長いシェーグレン症候群による重症ドライアイ症例の涙腺局所では過剰な抗体産生と蓄積をきたしドライアイに関与している事が示唆された。

  • バルーン内視鏡が診断に有用であった小児の空腸異所性膵の1例

    園部 秀樹

    Progress of Digestive Endoscopy 82 ( 1 ) 164 - 165 2013年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  2187-4999

     概要を見る

    An 8-year-old male was referred to our hospital for recurrent upper abdominal pain. Although blood tests and abdominal computed tomography showed no abnormal findings, barium follow-through study identified a submucosal tumor (SMT)-like lesion with a diameter of 20 mm in the proximal jejunum. Single-balloon endoscopy was performed under general anesthesia, and indicated a slightly yellowish SMT with bridging folds. Subsequent endoscopic ultrasonography revealed an echogenic mass derived from the second or third layer of intestine wall, suggesting SMT including ectopic pancreas. We injected Chinese ink into the intestinal submucosa just orally to the tumor. Histological diagnosis based on biopsied specimens was not possible. Laparoscopy-assisted partial resection of the jejunum was performed, with a final diagnosis established as jejunal ectopic pancreas (Heinrich type II). So far there have been no symptoms of recurrence.

  • Improved method of the MALDI-TOF analysis of DNA with nanodot sample target plate

    園部 秀樹

    Chemical Communications (ROYAL SOCIETY OF CHEMISTRY)  2005 ( 0 ) 5340 - 5342 2005年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    We report a new sample target plate for MALDI-TOF mass spectrometry made of SiO2 with 30 nm Pt dots for which a highly reproducible and improved DNA analysis was achieved.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 低出生体重児の未熟児網膜症発症頻度と治療成績.

    栗原智樹,栗原俊英,永井紀博,鴨下衛,日高悠葵,園部秀樹,篠田肇,坪田一男,小沢洋子

    第56回日本網膜硝子体学会, 2017年12月

  • 特発性黄斑上膜に対する硝子体手術の術後短期予後を左右する因子の解析

    重野雄太,篠田肇,永井紀博,栗原俊英,鴨下衛,園部秀樹,日高悠葵,南早紀子,坪田一男,小沢洋子

    第56回日本網膜硝子体学会, 2017年12月

  • 健常者の黄斑色素密度とOCT所見の相関.

    安里輝,永井紀博,鈴木美砂,南早紀子,園部秀樹,鴨下衛,栗原俊英,篠田肇,坪田一男,小沢洋子

    眼科オータムセミナー, 2017年10月, 口頭(一般)

  • 日本人健常者のEvokeDx網膜電図所見.

    南早紀子,永井紀博,鈴木美砂,栗原俊英,鴨下衛,園部秀樹,篠田肇,坪田一男,小沢洋子

    第71回日本臨床眼科学会, 2017年10月, 口頭(一般)

  • 網膜中心静脈分枝閉塞症の黄斑浮腫に対するラニビズマブ投与後の視力と再発予測因子

    鈴木美砂,永井紀博,栗原俊英,南早紀子,鴨下衛,園部秀樹,内田敦郎,篠田肇,坪田一男

    第71回日本臨床眼科学会, 2017年10月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 高脂肪食による視覚障害モデルを用いた加齢黄斑変性に対する新規神経保護治療の解析

    2019年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 園部 秀樹, 若手研究, 補助金,  代表