阪埜 浩司 (バンノ コウジ)

Banno, Koji

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(婦人科) (信濃町)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年05月
    -
    継続中

    慶應義塾大学病院研修医

  • 1995年07月
    -
    継続中

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学)

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    癌研究会癌研究所細胞生物部研究生

  • 2001年06月
    -
    継続中

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学)

  • 2005年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学・外来医長)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2000年

    慶應義塾, 医学研究科, 婦人科腫瘍学・細胞生物学

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床細胞学会 指導医

  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医

  • がん治療暫定教育医

  • がん治療認定医

  • 日本婦人科腫瘍学会指導医

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人類遺伝学

  • 産婦人科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エピジェネテイクス

  • 子宮体癌

  • 子宮内膜

  • 子宮移植

  • 家族性腫瘍

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Nonhuman Primate Research in Uterus Transplantation.

    Kisu I, Banno K, Matoba Y, Aoki D. , Splinger, 2020年01月

    担当範囲: Nonhuman Primate Research in Uterus Transplantation.,  担当ページ: 57-67

  • Cell Biology of the Ovary, Stem Cells, Development, Cancer, and Clinical Aspects

    阪埜 浩司, USA: Springer, 2018年05月

    担当範囲: Clinical Management of Epithelial Ovarian Cancer.

  • 実践 臨床生殖免疫学

    木須伊織、阪埜浩司、青木大輔., 中外医学社, 2018年05月

    担当範囲: 子宮移植

  • 臨床医とための最新産科婦人科

    的場優介、木須伊織、阪埜浩司、青木大輔., 先端医療技術研究所, 2017年08月

    担当範囲: 子宮移植の現状と展望.

  • 慶應義塾大学病院の医師100人と学ぶ病気の予習帳

    阪埜浩司, 講談社, 2015年12月

    担当範囲: 子宮筋腫

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The insulin-PI3K-Rac1 axis contributes to terminal adipocyte differentiation through regulation of actin cytoskeleton dynamics.

    Kunitomi H, Oki Y, Onishi N, Kano K, Banno K, Aoki D, Saya H, Nobuse H.

    Genes Cells 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Primary malignant melanoma of the uterine cervix or vigina which were successfully treated with nivormab.

    Anko M, Nakamura M, Kobayashi Y, Tsuji K, Nakada S, Nakamura Y, Funakoshi T, Banno K, Aoki D.

    J Obstet Gynaecol Res 46 ( 1 ) 190 - 195 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Mutations of RAS genes in endometrial polyps

    Takeda T., Banno K., Kobayashi Y., Adachi M., Yanokura M., Tominaga E., Kosaki K., Aoki D.

    Oncology Reports (Oncology Reports)  42 ( 6 ) 2303 - 2308 2019年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1021335X

     概要を見る

    © 2019 Spandidos Publications. All rights reserved. Endometrial polyps are common, yet the molecular mechanisms underlying their formation and progression remain unclear. We examined gene mutations possibly related to the pathogenesis of endometrial polyps, as well as to their clinical features. Four premenopausal patients with endometrial polyps, who were not under drug treatment, were recruited. Whole exomes of endometrial polyps and peripheral blood lymphocytes were analyzed by next-generation sequencing, and somatic mutations were derived by subtraction. Then, 35 samples of endometrial polyps and 12 samples of atypical polypoid adenomyoma were newly recruited to validate the identified mutations by polymerase chain reaction-reverse sequence specific oligonucleotide method. The mutations were also analyzed in separate stromal and glandular components of the polyps after laser-capture microdissection. Whole exome sequencing revealed that KRASmutations were the only type of mutation detectable in multiple cases (2/4). Targeted mutation analysis revealed that 16 of 35 samples (45.7%) of endometrial polyps harbored RAS mutations. Mutation-positive cases exhibited a significantly higher number of endometrial polyps (3.25±2.70 vs. 1.74±0.87, P=0.045). Laser-capture microdissection in NRAS-mutated endometrial polyps revealed that both stromal and glandular components harbored RAS mutations. There was no RAS mutation in 12 samples of atypical polypoid adenomyoma. This is the first report demonstrating that pathogenic RAS mutations are frequent in non-treated endometrial polyps. RAS mutations may have an important role in tumorigenesis and in the formation of multiple endometrial polyps.

  • Upregulation of IGF2R evades lysosomal dysfunction-induced apoptosis of cervical cancer cells via transport of cathepsins

    Takeda T., Komatsu M., Chiwaki F., Komatsuzaki R., Nakamura K., Tsuji K., Kobayashi Y., Tominaga E., Ono M., Banno K., Aoki D., Sasaki H.

    Cell death & disease (Cell death & disease)  10 ( 12 )  2019年11月

     概要を見る

    Cervical cancer is the most common gynecological malignancy in the world; however, the survival rates of advanced-stage and recurrent cervical cancer patients remain poor. The multifaced protein insulin-like growth factor 2 receptor (IGF2R) has various ligands, represented as IGF-2 and mannose-6-phosphate (M6P)-tagged proteins. Regarding its antagonistic activity as an IGF1R signal, IGF2R is currently considered a tumor suppressor gene, whereas its significance as an M6P receptor is still unclear. Here, on the basis of transcriptome analysis of TCGA and GEO open datasets, we show that IGF2R is upregulated and correlated with poor prognosis in cervical cancer. Several experiments using cervical cancer cell lines revealed that IGF2R depletion induced apoptosis, decreased cell viability, and increased vulnerability to certain anticancer drug cisplatin. In contrast to its negligible impact in IGF1R signaling, loss of IGF2R disrupted the Golgi-to-lysosome transport of M6P-tagged cathepsins, resulting in decreased lysosomal activity, with their abnormal accumulation and dysfunction of both autophagy and mitophagy, which cause the accumulation of misfolded proteins and production of reactive oxygen species. Taken together, IGF2R has an oncogenic role through transportation of M6P-tagged cargo in cervical cancer and can be used as a predictive biomarker for prognostic classification.

  • Is antidyslipidemic statin use for cancer prevention a promising drug repositioning approach?

    阪埜 浩司

    European journal of cancer prevention : the official journal of the European Cancer Prevention Organisation (ECP) (European journal of cancer prevention : the official journal of the European Cancer Prevention Organisation (ECP))  28 ( 6 ) 562 - 567 2019年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Novel pharmacological therapies are in development for cancer, ranging from conventional chemotherapeutic drugs to molecular targeted drugs, antibody-based drugs, and immune checkpoint inhibitors, which are developed using new technologies. However, the increasing cost of new drug development is increasing the costs of national healthcare and putting pressure on government finances worldwide. Under these circumstances, drug repositioning (i.e. discovering novel effects of existing drugs, thereby allowing their use to treat other diseases) has become a major focus because of reliability and cost reduction. It is becoming increasingly clear that statins (currently used for treating dyslipidemia) can be effective in the prevention of coronary disease, heart failure, and arrhythmia. Epidemiological as well as basic research studies and epidemiological surveys have showed that statins have a suppressive effect on cancers and that they have an antitumor effect on colorectal, prostate, breast, cervical, endometrial, and ovarian cancers. Given the pharmacological mechanism of action of statins, they may have an antitumor effect on cancer types in which the mevalonate pathway is activated as well as on tumors with p53 mutations. To investigate this further, it would be necessary to conduct a large-scale survey after confirming the clinical background of patients as well as their mutational status, and therefore, great hope has been placed on the role of academia and public institutions. Thus, there is an urgent need for researchers to be actively involved in investigator-initiated clinical trials.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Re: Rethinking the time interval to embryo transfer after uterus transplantation – DUETS (Dallas UtErus Transplant Study)

    Kisu I., Banno K., Aoki D.

    BJOG: An International Journal of Obstetrics and Gynaecology (BJOG: An International Journal of Obstetrics and Gynaecology)  126 ( 12 ) 1508 - 1509 2019年11月

    ISSN  14700328

  • Uterus transplantation: advantages and disadvantages of a deceased donor

    Kisu I., Banno K., Matoba Y., Aoki D.

    Archives of gynecology and obstetrics (Archives of gynecology and obstetrics)  299 ( 5 ) 1213 - 1214 2019年05月

  • 子宮移植. 子宮移植手技.

    的場優介、木須伊織、阪埜浩司、青木大輔.

    産婦人科の実際 67 ( 11 ) 1559 - 1567 2018年10月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 簡便でストレスのないリデューサースリーブを用いたセプラフィルム挿入法の工夫.

    世良亜沙子、林 茂徳、高橋孝幸、安康真由香、中川 亨、田中恒成、栗原朋子、阪埜浩司、青木大輔.

    産婦人科の実際 67 ( 10 ) 1165 - 1170 2018年10月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 子宮がん(頸がん・体がん)

    阪埜浩司.

    Credentials 121   22 - 25 2018年10月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 子宮肉腫の薬物療法による新たなトレンド

    阪埜浩司

    Sarcoma Conference in Shiga (滋賀県草津市 クサツホテルエストピア) , 2020年01月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 婦人科腫瘍としてのリンチ症候群〜婦人科腫瘍医の視点から〜

    阪埜浩司

    第5回日本産婦人科遺伝診療学会学術講演会 (東京都港区赤坂 国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス) , 2019年12月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • ライフステージを意識した実践的子宮内膜症・腺筋症治療 2019

    阪埜浩司

    桃花会学術講演会 (岩手県盛岡市 愛宕 堀岡グランドホテル) , 2019年11月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 子宮筋腫の最新薬物療法としての経口GnRHアンタゴニスト製剤

    阪埜浩司

    第65回日本生殖医学会学術講演会・総会 (兵庫県神戸市 神戸国際会議場) , 2019年11月, 口頭(招待・特別)

  • 治療すべき女性のcommon diseaseとしての貧血〜新しい貧血治療で患者さんを笑顔に〜

    阪埜浩司

    第34回日本女性医学会学術集会 (福岡県福岡市 ヒルトン福岡シーホーク) , 2019年11月, 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • エピゲノム異常を標的とした子宮内膜癌の新たな診断・治療法の探索

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 阪埜 浩司, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • ラットにおける半導体レーザー手術装置に関する基礎的研究

    2009年12月
    -
    継続中

    受託研究, 

  • 子宮内膜症に関する創薬標的の探索および疾患モデルの構築

    2009年10月
    -
    継続中

    共同研究契約, 

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度 日本医師会医学研究奨励賞

    阪埜 浩司, 2013年11月

  • 平成24年度 日本産科婦人科学会学術奨励賞

    阪埜 浩司, 2012年12月, 子宮体癌におけるジェネティクスとエピジェネティクス 〜子宮内膜の発癌とDNAミスマッチ修復遺伝子異常との関連を中心に〜

  • 平成23年度 医学部Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2012年07月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 平成22年度 医学部Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2011年06月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 平成21年度 医学部 Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2010年03月

    受賞区分: 塾内表彰等

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学講義

    2019年度

  • 大学院修士講義

    2019年度, 専門科目, 講義, 専任

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科 臨床実習

    慶應義塾, 2015年度, 通年, 専門科目, 演習, 兼担, 5時間, 100人

  • 大学院特別講義 臨床腫瘍学

    慶應義塾, 2015年度, 通年, 専門科目, 講義, 専任, 30人

    家族性腫瘍

  • 婦人科学

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 100人

  • 婦人科学 家族性腫瘍

    慶應義塾, 2014年度, 通年, 専門科目, 講義, 専任

  • 婦人科学 臨床実習

    慶應義塾, 2014年度, 通年, 専門科目, 実習・実験, 専任

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 大学院特別講義 臨床腫瘍学

    2015年11月
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 婦人科学

    2015年09月
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 婦人科臨床実習

    2015年05月
    -
    2015年12月

    , その他特記事項

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本子宮移植研究会

    2014年03月
    -
    継続中
  • 日本学術会議

    2007年01月
    -
    2008年04月
  • 女性の健康基金

    2005年
    -
    2006年

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本家族性腫瘍学会, 

    2009年01月
    -
    継続中
  • 日本医師会総合政策研究機構, 

    2007年01月
    -
    2008年09月
  • 日本癌治療学会, 

    2002年
    -
    継続中
  • 日本婦人科腫瘍学会, 

    2002年
    -
    継続中
  • 日本臨床細胞学会, 

    2002年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年03月
    -
    継続中

    理事, 日本子宮移植研究会

  • 2009年01月
    -
    継続中

    評議員, 日本家族性腫瘍学会

  • 2009年01月
    -
    2016年10月

    編集委員, 日本家族性腫瘍学会

  • 2007年01月
    -
    2008年09月

    客員研究員, 日本医師会総合政策研究機構

  • 2007年01月
    -
    2008年04月

    上席学術調査員, 日本学術会議

全件表示 >>