阪埜 浩司 (バンノ コウジ)

Banno, Koji

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(婦人科) (信濃町)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年05月
    -
    継続中

    慶應義塾大学病院研修医

  • 1995年07月
    -
    継続中

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学)

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    癌研究会癌研究所細胞生物部研究生

  • 2001年06月
    -
    継続中

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学)

  • 2005年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学・外来医長)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2000年

    慶應義塾, 医学研究科, 婦人科腫瘍学・細胞生物学

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床細胞学会 指導医

  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医

  • がん治療暫定教育医

  • がん治療認定医

  • 日本婦人科腫瘍学会指導医

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人類遺伝学

  • 産婦人科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エピジェネテイクス

  • 子宮体癌

  • 子宮内膜

  • 子宮移植

  • 家族性腫瘍

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Nonhuman Primate Research in Uterus Transplantation.

    Kisu I, Banno K, Matoba Y, Aoki D. , Splinger, 2020年01月

    担当範囲: Nonhuman Primate Research in Uterus Transplantation.,  担当ページ: 57-67

  • Cell Biology of the Ovary, Stem Cells, Development, Cancer, and Clinical Aspects

    阪埜 浩司, USA: Springer, 2018年05月

    担当範囲: Clinical Management of Epithelial Ovarian Cancer.

  • 実践 臨床生殖免疫学

    木須伊織、阪埜浩司、青木大輔., 中外医学社, 2018年05月

    担当範囲: 子宮移植

  • 臨床医とための最新産科婦人科

    的場優介、木須伊織、阪埜浩司、青木大輔., 先端医療技術研究所, 2017年08月

    担当範囲: 子宮移植の現状と展望.

  • 慶應義塾大学病院の医師100人と学ぶ病気の予習帳

    阪埜浩司, 講談社, 2015年12月

    担当範囲: 子宮筋腫

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Upregulation of cyclase-associated actin cytoskeleton regulatory protein 2 in epithelial ovarian cancer correlates with aggressive histologic types and worse outcomes.

    Adachi M, Masugi Y, Yamazaki K, Emoto K, Kobayashi Y, Tominaga E, Banno K, Aoki D, Sakamoto M.

    Japanese Journal of Clinical Oncology 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Significance of PD-L1 expression in carbon-iron radiotherapy for uterine cervical adeno/adenosquamous carcinoma.

    Iijima M, Okonogi N, Morokoshi Y, Kanda H, Yamada T, Kobayashi Y, Banno K, Wakatsuki M, Yamada S, Kanda T, Aoki D, Hasegawa S.

    Journal of Gynecologic Oncology 31 ( 2 ) e19. 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • LAMC1 is a prognostic factor and potential therapeutic target in endometrial cancer.

    Kunitomi H, Kobayashi Y, Wu RC, Takeda T, Tominaga E, Banno K, Aoki D.

    Journal of Gynecologic Oncology 31 ( 2 ) e11. 2020年03月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • The insulin-PI3K-Rac1 axis contributes to terminal adipocyte differentiation through regulation of actin cytoskeleton dynamics

    Kunitomi H., Oki Y., Onishi N., Kano K., Banno K., Aoki D., Saya H., Nobusue H.

    Genes to Cells (Genes to Cells)  25 ( 3 ) 165 - 174 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  13569597

     概要を見る

    © 2020 Molecular Biology Society of Japan and John Wiley & Sons Australia, Ltd Adipocyte differentiation is accompanied by a pronounced change in the actin cytoskeleton characterized by the reorganization of filamentous (F)-actin stress fibers into cortical F-actin structures. We previously showed that depolymerization of F-actin stress fibers induced by inactivation of RhoA–ROCK (Rho-associated kinase) signaling acts as a trigger for adipocyte differentiation. The relevance and underlying mechanism of the formation of cortical F-actin structures from depolymerized actin during adipocyte differentiation have remained unclear, however. We have now examined the mechanistic relation between actin dynamics and adipogenic induction. Transient exposure to the actin-depolymerizing agent latrunculin A (LatA) supported the formation of adipocyte-associated cortical actin structures and the completion of terminal adipocyte differentiation in the presence of insulin, whereas long-term exposure to LatA prevented such actin reorganization as well as terminal adipogenesis. Moreover, these effects of insulin were prevented by inhibition of phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K)–Rac1 signaling and the actin-related protein 2/3 (Arp2/3) complex which is a critical component of the cortical actin networks. Our findings thus suggest that the insulin-PI3K-Rac1 axis leads to the formation of adipocyte-associated cortical actin structures which is essential for the completion of adipocyte differentiation.

  • Primary malignant melanoma of the uterine cervix or vigina which were successfully treated with nivormab.

    Anko M, Nakamura M, Kobayashi Y, Tsuji K, Nakada S, Nakamura Y, Funakoshi T, Banno K, Aoki D.

    J Obstet Gynaecol Res 46 ( 1 ) 190 - 195 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Re: Rethinking the time interval to embryo transfer after uterus transplantation – DUETS (Dallas UtErus Transplant Study)

    Kisu I., Banno K., Aoki D.

    BJOG: An International Journal of Obstetrics and Gynaecology (BJOG: An International Journal of Obstetrics and Gynaecology)  126 ( 12 ) 1508 - 1509 2019年11月

    ISSN  14700328

  • Uterus transplantation: advantages and disadvantages of a deceased donor

    Kisu I., Banno K., Matoba Y., Aoki D.

    Archives of gynecology and obstetrics (Archives of gynecology and obstetrics)  299 ( 5 ) 1213 - 1214 2019年05月

  • 子宮移植. 子宮移植手技.

    的場優介、木須伊織、阪埜浩司、青木大輔.

    産婦人科の実際 67 ( 11 ) 1559 - 1567 2018年10月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 簡便でストレスのないリデューサースリーブを用いたセプラフィルム挿入法の工夫.

    世良亜沙子、林 茂徳、高橋孝幸、安康真由香、中川 亨、田中恒成、栗原朋子、阪埜浩司、青木大輔.

    産婦人科の実際 67 ( 10 ) 1165 - 1170 2018年10月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 子宮がん(頸がん・体がん)

    阪埜浩司.

    Credentials 121   22 - 25 2018年10月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 子宮肉腫の薬物療法における新たなトレンド

    阪埜浩司

    福井県肉腫治療研究会 (福井県福井市 福井県医師会館) , 2020年02月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 子宮肉腫の薬物療法における新たなトレンド

    阪埜浩司

    Sarcoma Conference in Shiga (滋賀県草津市 クサツホテルエストピア) , 2020年01月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 婦人科腫瘍としてのリンチ症候群〜婦人科腫瘍医の視点から〜

    阪埜浩司

    第5回日本産婦人科遺伝診療学会学術講演会 (東京都港区赤坂 国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス) , 2019年12月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • ライフステージを意識した実践的子宮内膜症・腺筋症治療 2019

    阪埜浩司

    桃花会学術講演会 (岩手県盛岡市 愛宕 堀岡グランドホテル) , 2019年11月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 子宮筋腫の最新薬物療法としての経口GnRHアンタゴニスト製剤

    阪埜浩司

    第65回日本生殖医学会学術講演会・総会 (兵庫県神戸市 神戸国際会議場) , 2019年11月, 口頭(招待・特別)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • エピゲノム異常を標的とした子宮内膜癌の新たな診断・治療法の探索

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 阪埜 浩司, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • ラットにおける半導体レーザー手術装置に関する基礎的研究

    2009年12月
    -
    継続中

    受託研究, 

  • 子宮内膜症に関する創薬標的の探索および疾患モデルの構築

    2009年10月
    -
    継続中

    共同研究契約, 

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度 日本医師会医学研究奨励賞

    阪埜 浩司, 2013年11月

  • 平成24年度 日本産科婦人科学会学術奨励賞

    阪埜 浩司, 2012年12月, 子宮体癌におけるジェネティクスとエピジェネティクス 〜子宮内膜の発癌とDNAミスマッチ修復遺伝子異常との関連を中心に〜

  • 平成23年度 医学部Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2012年07月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 平成22年度 医学部Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2011年06月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 平成21年度 医学部 Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2010年03月

    受賞区分: 塾内表彰等

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学講義

    2019年度

  • 大学院修士講義

    2019年度, 専門科目, 講義, 専任

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科 臨床実習

    慶應義塾, 2015年度, 通年, 専門科目, 演習, 兼担, 5時間, 100人

  • 大学院特別講義 臨床腫瘍学

    慶應義塾, 2015年度, 通年, 専門科目, 講義, 専任, 30人

    家族性腫瘍

  • 婦人科学

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 100人

  • 婦人科学 臨床実習

    慶應義塾, 2014年度, 通年, 専門科目, 実習・実験, 専任

  • 大学院講義 臨床腫瘍学

    慶應義塾, 2014年度, 通年, その他, 講義, 専任

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 大学院特別講義 臨床腫瘍学

    2015年11月
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 婦人科学

    2015年09月
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 婦人科臨床実習

    2015年05月
    -
    2015年12月

    , その他特記事項

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本子宮移植研究会

    2014年03月
    -
    継続中
  • 日本学術会議

    2007年01月
    -
    2008年04月
  • 女性の健康基金

    2005年
    -
    2006年

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本家族性腫瘍学会, 

    2009年01月
    -
    継続中
  • 日本医師会総合政策研究機構, 

    2007年01月
    -
    2008年09月
  • 日本癌治療学会, 

    2002年
    -
    継続中
  • 日本臨床細胞学会, 

    2002年
    -
    継続中
  • 日本婦人科腫瘍学会, 

    2002年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年03月
    -
    継続中

    理事, 日本子宮移植研究会

  • 2009年01月
    -
    継続中

    評議員, 日本家族性腫瘍学会

  • 2009年01月
    -
    2016年10月

    編集委員, 日本家族性腫瘍学会

  • 2007年01月
    -
    2008年09月

    客員研究員, 日本医師会総合政策研究機構

  • 2007年01月
    -
    2008年04月

    上席学術調査員, 日本学術会議

全件表示 >>