阪埜 浩司 (バンノ コウジ)

Banno, Koji

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(婦人科) (信濃町)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年05月
    -
    1993年05月

    慶應義塾大学病院研修医

  • 1995年07月
    -
    1996年03月

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学)

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    癌研究会癌研究所細胞生物部研究生

  • 2001年06月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学)

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学・外来医長)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2000年

    慶應義塾, 医学研究科, 婦人科腫瘍学・細胞生物学

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床細胞学会 指導医

  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医

  • がん治療暫定教育医

  • がん治療認定医

  • 日本婦人科腫瘍学会指導医

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人類遺伝学

  • 産婦人科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エピジェネテイクス

  • 子宮体癌

  • 子宮内膜

  • 子宮移植

  • 家族性腫瘍

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 婦人科腫瘍治療アップデート.

    安達将隆、阪埜浩司、青木大輔., 中外医学社, 2020年09月

    担当範囲: Lynch症候群,  担当ページ: 220−231

  • Nonhuman primate research in uterus transplantation

    Kisu I., Matoba Y., Banno K., Aoki D., Uterus Transplantation, 2020年01月

    担当範囲: Nonhuman Primate Research in Uterus Transplantation.,  担当ページ: 57-67

     概要を見る

    Uterus transplantation (UTx) is considered to be a possible approach for women with uterine factor infertility. Clinical research on this procedure has begun in several countries, but UTx is still at the experimental stage and many medical and technical issues remain to be resolved. UTx studies have been performed in many animal species, but further basic studies in animals are needed for accumulation of data that will allow further establishment of UTx, as a safe procedure in humans. In particular, validation using nonhuman primates that are physiologically and anatomically similar to humans is important for extrapolation to humans. In this chapter, the current status of research on UTx in nonhuman primates is summarized.

  • Clinical management of epithelial ovarian cancer

    Kobayashi Y., Nomura H., Kataoka F., Tominaga E., Banno K., Aoki D., Cell Biology of the Ovary: Stem Cells, Development, Cancer, and Clinical Aspects, 2018年06月

     概要を見る

    Ovarian cancer has high morbidity and mortality worldwide, and its mortality is the highest among female genital cancers. Improvement in clinical outcome is an urgent issue for ovarian cancer, and clinical management including treatment has been repeatedly studied. Tumor markers such as CA125, CA19-9, and HE4 and image diagnosis using MRI, CT, PET, etc. are indispensable diagnostic aid tools. In the initial treatment, primary debulking surgery (PDS) is basically effective, but fertility preservation can be considered depending on the case. For advanced cancers, interval debulking surgery (IDS) is considered after several cycles of neoadjuvant chemotherapy (NAC). Although the combination of paclitaxel and carboplatin (TC) regimen was originally established as the standard chemotherapy for ovarian cancer regardless of tissue type, new treatments in clinical trials, including molecular-targeted therapeutic agents, are being investigated. The main treatment for recurrent cancer is chemotherapy, and sensitivity to chemotherapy based on the disease-free interval has been considered in the choice of treatment. Furthermore, in recent years, risk-reducing bilateral salpingo-oophorectomy has been undertaken to prevent the onset of hereditary breast and ovarian cancer. It is also being studied how to manage the follow-up after treatment and hormone replacement.

  • Cell Biology of the Ovary, Stem Cells, Development, Cancer, and Clinical Aspects

    阪埜 浩司, USA: Springer, 2018年05月

    担当範囲: Clinical Management of Epithelial Ovarian Cancer.

  • 実践 臨床生殖免疫学

    木須伊織、阪埜浩司、青木大輔., 中外医学社, 2018年05月

    担当範囲: 子宮移植

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Hysteroscopic treatment assisted by photodynamic diagnosis for atypical polypoid adenomyoma: A report of two cases

    Matoba Y., Banno K., Kobayashi Y., Yamagami W., Nakamura M., Kisu I., Aoki D.

    Photodiagnosis and Photodynamic Therapy (Photodiagnosis and Photodynamic Therapy)  36 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  15721000

     概要を見る

    Atypical polypoid adenomyoma (APA) is an intrauterine tumor for which hysteroscopic tumor resection allows for fertility preservation. Complete resection is important because of the high recurrence rate of APA, but is difficult due to the lack of characteristic hysteroscopic findings. We previously reported a case in which photodynamic diagnosis (PDD) was useful for detection of APA. Here, we report two additional cases of APA treated by hysteroscopic resection with PDD. The procedure was approved by the ethical committee. Case 1: A 35-year-old female who underwent hysteroscopic surgery for a submucosal tumor suspected to be APA with hypermenorrhea. Case 2: A 37-year-old female in whom hysteroscopic surgery was performed for a residual APA lesion after hormone therapy. In Case 1, PDD identified the tumor borders and this enabled as complete resection as possible. In Case 2, lesions could not be identified clearly under white light, but some areas were PDD-positive and were excised. Among 19 specimens from these two cases and the previously reported case, all PDD-positive specimens were pathologically diagnosed as APA. The sensitivity and specificity of PDD for APA were 76.9% and 100%, respectively. These results suggest that PDD can contribute to identification of APA.

  • Massive Hemorrrage Due to Cervical Endometriotic Cyst Rupture: Two Case Reports and a Literature Review.

    Matoba Y, Tsuji K, Morisada T, Takahashi M, Kobayashi Y, Nakamura M, Banno K, Aoki D.

    America Journal of Case Reports  2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Clinical and pathological analysis of compansion diagnostic testing of microsatellite intability-high for pembrolizumab in gynecologic malignancy.

    Takeda T, Tsuji K, Kobayashi Y, Banno K, Aoki D.

    Japanese Journal of Clinical Oncology 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Usefulness of Endoscopy for Female Genital Plastic Surgery: A Series of 4 Casess with genital Malformations.

    Imaeda K, Kobayashi Y, Nakamura K, Hayashi S, Morisada T, Banno K, Aoki D.

    America Journal of Case Reports 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Successful trachelectomy and re-vaginoplasty for cervico-vaginal stenosis following unsuccessful uterovaginal anastomosis and vaginoplasty in congenital cervical and vaginal aplasia: description of technique and a case report

    Kisu I., Banno K., Iida M., Matsuda K., Shiraishi T., Iijima M., Nakamura K., Hirao N.

    BJOG: An International Journal of Obstetrics and Gynaecology (BJOG: An International Journal of Obstetrics and Gynaecology)  128 ( 12 ) 1997 - 2002 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  14700328

     概要を見る

    We describe a successful surgical technique of abdominal trachelectomy and re-vaginoplasty for cervico-vaginal stenosis following unsuccessful uterovaginal anastomosis and vaginoplasty in a patient with congenital cervical and vaginal aplasia. After the surgical procedure, cervico-vaginal stenosis was resolved and periodic menstruation without dysmenorrhoea resumed. While long-term follow-up is essential to ensure successful pregnancy and delivery, we conclude that this novel surgical procedure is a promising alternative for improvement of the quality of life and normal sexual function, and for preservation of fertility in patients with cervical and vaginal aplasia.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科における慢性便秘症治療の新展開

    阪埜浩司

    慢性便秘症 Clinical Conference Seminar, 2021年11月, 口頭(招待・特別)

  • TP53 sequence analysis revealed distinct characteristics of p53 signatures in RRSO samples.

    Masida K, Akahane T, Kobayashi Y, Chiyoda T, Banno K, Aoki D.

    The 7th Biennal Meeting of Asian society of Gynecologic Oncology (Bangkok, Thailand) , 2021年11月, ポスター(一般)

  • がん遺伝子パネル検査を通した子宮体癌におけるBRCAバリアント頻度の検討

    今枝慶容、小林佑介、増田健太、中村康平、四十物絵里子、植木有紗、千代田達幸、山上 亘、阪埜浩司、西原広史、田中 守、青木大輔

    第142回関東連合産科婦人科学会総会・学術講演会 (神奈川県横浜市 パシフィコ横浜ノース) , 2021年11月, 口頭(一般)

  • 新型コロナウィルス感染拡大下における骨粗鬆症への影響

    椎名美希、横田めぐみ、大野あゆみ、谷本慧子、千代田達幸、山上 亘、弟子丸亮太、岩田 卓、阪埜浩司、青木大輔

    第36回日本女性医学会学術集会 (大阪府 大阪市 グランフロント大阪) , 2021年11月, 口頭(一般)

  • 当科における悪性腫瘍治療後患者へのホルモン補充療法(HRT)の有用性に関する検討

    谷本慧子、横田めぐみ、椎名美希、大野あゆみ、黒田由香、吉浜智子、千代田達幸、増田健太、西尾 浩、仲村 勝、山上 亘、弟子丸亮太、岩田 卓、阪埜浩司、青木大輔

    第36回日本女性医学会学術集会 (大阪府 大阪市 グランフロント大阪) , 2021年11月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • エピゲノム異常を標的とした子宮内膜癌の新たな診断・治療法の探索

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 阪埜 浩司, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • ラットにおける半導体レーザー手術装置に関する基礎的研究

    2009年12月
    -
    継続中

    受託研究, 

  • 子宮内膜症に関する創薬標的の探索および疾患モデルの構築

    2009年10月
    -
    継続中

    共同研究契約, 

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度 日本医師会医学研究奨励賞

    阪埜 浩司, 2013年11月

  • 平成24年度 日本産科婦人科学会学術奨励賞

    阪埜 浩司, 2012年12月, 子宮体癌におけるジェネティクスとエピジェネティクス 〜子宮内膜の発癌とDNAミスマッチ修復遺伝子異常との関連を中心に〜

  • 平成23年度 医学部Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2012年07月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 平成22年度 医学部Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2011年06月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 平成21年度 医学部 Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2010年03月

    受賞区分: 塾内表彰等

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学講義

    2021年度

  • 婦人科学講義

    2020年度

  • 婦人科学講義

    2019年度

  • 大学院修士講義

    2019年度, 専門科目, 講義, 専任

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 100人

  • 婦人科 臨床実習

    慶應義塾, 2015年度, 通年, 専門科目, 演習, 兼担, 5時間, 100人

  • 大学院特別講義 臨床腫瘍学

    慶應義塾, 2015年度, 通年, 専門科目, 講義, 専任, 30人

    家族性腫瘍

  • 婦人科学 家族性腫瘍

    慶應義塾, 2014年度, 通年, 専門科目, 講義, 専任

  • 婦人科学 臨床実習

    慶應義塾, 2014年度, 通年, 専門科目, 実習・実験, 専任

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 大学院特別講義 臨床腫瘍学

    2015年11月
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 婦人科学

    2015年09月
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 婦人科臨床実習

    2015年05月
    -
    2015年12月

    , その他特記事項

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本子宮移植研究会

    2014年03月
    -
    継続中
  • 日本学術会議

    2007年01月
    -
    2008年04月
  • 女性の健康基金

    2005年
    -
    2006年

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本遺伝性腫瘍学会, 

    2009年01月
    -
    継続中
  • 日本医師会総合政策研究機構, 

    2007年01月
    -
    2008年09月
  • 日本癌治療学会, 

    2002年
    -
    継続中
  • 日本婦人科腫瘍学会, 

    2002年
    -
    継続中
  • 日本臨床細胞学会, 

    2002年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    2022年08月

    査読委員, 日本婦人科腫瘍学会

  • 2020年07月
    -
    2022年06月

    ガイドライン委員, 日本遺伝性腫瘍学会

  • 2020年07月
    -
    2022年06月

    作業部会委員, 日本遺伝性腫瘍学会

  • 2014年03月
    -
    継続中

    理事, 日本子宮移植研究会

  • 2009年01月
    -
    継続中

    評議員, 日本家族性腫瘍学会

全件表示 >>