阪埜 浩司 (バンノ コウジ)

Banno, Koji

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(婦人科) (信濃町)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年05月
    -
    1993年05月

    慶應義塾大学病院研修医

  • 1995年07月
    -
    1996年03月

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学)

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    癌研究会癌研究所細胞生物部研究生

  • 2001年06月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学)

  • 2005年04月
    -
    2007年03月

    慶應義塾大学助手(医学部産婦人科学・外来医長)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2000年

    慶應義塾, 医学研究科, 婦人科腫瘍学・細胞生物学

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床細胞学会 指導医

  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医

  • がん治療暫定教育医

  • がん治療認定医

  • 日本婦人科腫瘍学会指導医

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人類遺伝学

  • 産婦人科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エピジェネテイクス

  • 子宮体癌

  • 子宮内膜

  • 子宮移植

  • 家族性腫瘍

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 婦人科腫瘍治療アップデート.

    安達将隆、阪埜浩司、青木大輔., 中外医学社, 2020年09月

    担当範囲: Lynch症候群,  担当ページ: 220−231

  • Nonhuman Primate Research in Uterus Transplantation.

    Kisu I, Banno K, Matoba Y, Aoki D. , Splinger, 2020年01月

    担当範囲: Nonhuman Primate Research in Uterus Transplantation.,  担当ページ: 57-67

  • Cell Biology of the Ovary, Stem Cells, Development, Cancer, and Clinical Aspects

    阪埜 浩司, USA: Springer, 2018年05月

    担当範囲: Clinical Management of Epithelial Ovarian Cancer.

  • 実践 臨床生殖免疫学

    木須伊織、阪埜浩司、青木大輔., 中外医学社, 2018年05月

    担当範囲: 子宮移植

  • 臨床医とための最新産科婦人科

    的場優介、木須伊織、阪埜浩司、青木大輔., 先端医療技術研究所, 2017年08月

    担当範囲: 子宮移植の現状と展望.

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Understanding of the position of patients with Mayer-Rokitansky- Küster-Hauser syndrome revealed by uterus transplantation research in Japan.

    Kisu I, Banno K, Aoki D.

    J Obstet Gynaecol Res 47 ( 6 ) 2246 2021年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • A survey of Japanese interns to prerare for mandatory clinical training in obstetrics and gynecology.

    Onodera Y, Matoba Y, Suemitsu T, Shinagawa M, Sugita Y, Mayama M, Banno K, Yanaihara N, Komatsu H, Shozu M, Watari H.

    J Obstet Gynaecol Res 47 ( 6 ) 1973 - 1977 2021年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Meningitis caused by Listeria monocytogenes in a locally advanced cervical cancer patient with pyometra: A case report

    Matoba Y., Nishio H., Sekiguchi K., Uno S., Masuda K., Hiramatsu M., Takahashi M., Oishi M., Uwamino Y., Uchida S., Daté Y., Morisada T., Banno K., Nakahara J., Aoki D.

    Gynecologic Oncology Reports (Gynecologic Oncology Reports)  37   100799 2021年05月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

     概要を見る

    Locally advanced cervical cancer occasionally induces pyometra, but there have been no reports of meningitis where pyometra is the cause of infection. Here, we report a case of Listeria monocytogenes meningitis related to pyometra during concurrent chemoradiotherapy (CCRT) in a cervical cancer patient. The patient, a 77-year-old woman, was diagnosed with Stage IIB (FIGO 2018) cervical adenocarcinoma, and CCRT was initiated. Pyometra was exacerbated during CCRT, and after her first brachytherapy, she presented at our hospital with fever and decreased consciousness level. After admission to the Intensive Care Unit, the patient lost consciousness and experienced frequent seizures; tracheal intubation was required. Whole-body computed tomography revealed pyometra; therefore, transvaginal removal of the abscess was performed. Laboratory tests and vital signs indicated septic shock, and meropenem was administered. L. monocytogenes was detected in the abscess from the uterine cavity and the blood cultures on the third day of hospitalization. A lumbar puncture was performed on the same day to investigate whether the patient had meningitis. A FilmArray meningitis/encephalitis panel test of the spinal fluid revealed L. monocytogenes. After the diagnosis of meningitis with L. monocytogenes, ampicillin and gentamicin were started, and the blood test results gradually improved. Five months after the initial episode, her consciousness recovered, however she still received mechanical ventilatory support. L. monocytogenes infections can occur in patients undergoing chemotherapy, even without the use of steroids or immunosuppressive agents. In cases with pyometra, intrauterine manipulation can increase the risk of severe infection.

  • Successful trachelectomy and re-vaginoplasy for cervico-vaginal stenosis following unsuccessful uterovaginal anastomosis and vaginoplasy in congenital cervical and vaginal aplasia: description of technique and a case report.

    Kisu I, Banno K, iida M, Matuda K, Shiraishi T, iijima M, Nakamura k, Hirao N.

    BJOG 2021年05月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Current status and prospects of immunotherapy for gynecologic melanoma

    Anko M., Kobayashi Y., Banno K., Aoki D.

    Journal of Personalized Medicine (Journal of Personalized Medicine)  11 ( 5 )  2021年05月

    共著, 査読有り

     概要を見る

    Gynecologic melanomas are rare and have a poor prognosis. Although immunotherapy (immune checkpoint inhibitors) and targeted therapy has greatly improved the systemic treatment of cutaneous melanoma (CM) in recent years, its efficacy in gynecologic melanomas remains uncertain because of the rarity of this malignancy and its scarce literature. This review aimed to evaluate the literature of gynecologic melanomas treated with immunotherapy and targeted therapy through a PubMed search. We identified one study focusing on the overall survival of gynecologic melanomas separately and five case series and nine case reports concentrating on gynecologic melanomas treated with an immune checkpoint inhibitor and/or targeted therapy. Furthermore, the KIT mutation has the highest rate among all mutations in mucosal melanoma types. The KIT inhibitors (Tyrosine kinase inhibitors: TKIs) imatinib and nilotinib could be the treatment options. Moreover, immune checkpoint inhibitors combined with KIT inhibitors may potentially treat cases of resistance to immune checkpoint inhibitors. However, because of the different conditions and a small number of cases, it is difficult to evaluate the efficacy of immunotherapy and targeted therapy for gynecologic melanoma rigorously at this time. Further prospective cohort or randomized trials of gynecologic melanoma alone are needed to assess the treatment with solid evidence.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Babyプラスアプリ「予防歯科ガイド」の活用法. 

    小山茂幸、阪埜浩司.

    産科と婦人科 88 ( 44 ) 452 - 457 2021年04月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • 子宮移植の現状と課題.

    阪埜浩司、木須伊織、青木大輔.

    BIO Clinica  36 ( 2 ) 123 - 127 2021年02月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

  • Current status and future directions of ovarian cancer prognostic models

    Kobayashi Y., Banno K., Aoki D.

    Journal of Gynecologic Oncology (Journal of Gynecologic Oncology)  32 ( 2 ) 1 - 3 2021年02月

    総説・解説(学術雑誌), 共著,  ISSN  20050380

  • Which perfusate is optimal in uterus transplantation? Future challenges for favorable outcomes

    Kisu I., Banno K., Kato Y.

    Journal of Obstetrics and Gynaecology Research (Journal of Obstetrics and Gynaecology Research)  47 ( 4 ) 1594 - 1595 2021年

    ISSN  13418076

  • 図表作成のポイント.

    的場優介、阪埜浩司、青木大輔.

    臨床婦人科産科 74 ( 11 ) 1112 - 1119 2020年11月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア), 共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 子宮肉腫に対する薬物療法による新たなトレンド

    阪埜浩司

    第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会, 2021年07月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 放射線医学に着目した難治性子宮癌に対する新たな治療戦略の構築

    阪埜浩司

    第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (大阪府 大阪市 リーガロイヤルホテル大阪) , 2021年07月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 子宮内腔悪性病変および前癌病変に対する子宮鏡下photodynamic diagnosisの利用

    的場優介、阪埜浩司、小林佑介、木須伊織、辻 浩介、高橋孝幸、永井晋平、山上 亘、仲村 勝、富永英一郎、青木大輔

    第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (大阪府 大阪市 リーガロイヤルホテル大阪) , 2021年07月, 口頭(一般)

  • 当院における子宮体部癌肉腫30例の検討

    高橋美央、山上 亘、黒田由香、吉村拓馬、平野卓朗、同前 愛、坂井健良、千代田達幸、小林佑介、阪埜浩司、青木大輔

    第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会, 2021年07月, ポスター(一般)

  • 子宮体癌/子宮内膜異型増殖症への高用量黄体ホルモン療法における子宮外病変出現症例の検討

    北澤晶子、坂井健良、山上 亘、吉村拓馬、平野卓朗、真壁健、千代田達幸、阪埜浩司、進 伸幸、青木大輔

    第63回日本婦人科腫瘍学会学術講演会, 2021年07月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • エピゲノム異常を標的とした子宮内膜癌の新たな診断・治療法の探索

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 阪埜 浩司, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • ラットにおける半導体レーザー手術装置に関する基礎的研究

    2009年12月
    -
    継続中

    受託研究, 

  • 子宮内膜症に関する創薬標的の探索および疾患モデルの構築

    2009年10月
    -
    継続中

    共同研究契約, 

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度 日本医師会医学研究奨励賞

    阪埜 浩司, 2013年11月

  • 平成24年度 日本産科婦人科学会学術奨励賞

    阪埜 浩司, 2012年12月, 子宮体癌におけるジェネティクスとエピジェネティクス 〜子宮内膜の発癌とDNAミスマッチ修復遺伝子異常との関連を中心に〜

  • 平成23年度 医学部Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2012年07月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 平成22年度 医学部Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2011年06月

    受賞区分: 塾内表彰等

  • 平成21年度 医学部 Best Teacher Award

    阪埜 浩司, 2010年03月

    受賞区分: 塾内表彰等

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学講義

    2021年度

  • 婦人科学講義

    2020年度

  • 婦人科学講義

    2019年度

  • 大学院修士講義

    2019年度, 専門科目, 講義, 専任

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 100人

  • 婦人科 臨床実習

    慶應義塾, 2015年度, 通年, 専門科目, 演習, 兼担, 5時間, 100人

  • 大学院特別講義 臨床腫瘍学

    慶應義塾, 2015年度, 通年, 専門科目, 講義, 専任, 30人

    家族性腫瘍

  • 大学院講義 臨床腫瘍学

    慶應義塾, 2014年度, 通年, その他, 講義, 専任

  • 婦人科学 家族性腫瘍

    慶應義塾, 2014年度, 通年, 専門科目, 講義, 専任

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 大学院特別講義 臨床腫瘍学

    2015年11月
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 婦人科学

    2015年09月
    -
    継続中

    , その他特記事項

  • 婦人科臨床実習

    2015年05月
    -
    2015年12月

    , その他特記事項

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本子宮移植研究会

    2014年03月
    -
    継続中
  • 日本学術会議

    2007年01月
    -
    2008年04月
  • 女性の健康基金

    2005年
    -
    2006年

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本遺伝性腫瘍学会, 

    2009年01月
    -
    継続中
  • 日本医師会総合政策研究機構, 

    2007年01月
    -
    2008年09月
  • 日本癌治療学会, 

    2002年
    -
    継続中
  • 日本婦人科腫瘍学会, 

    2002年
    -
    継続中
  • 日本臨床細胞学会, 

    2002年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    2022年08月

    査読委員, 日本婦人科腫瘍学会

  • 2020年07月
    -
    2022年06月

    ガイドライン委員, 日本遺伝性腫瘍学会

  • 2020年07月
    -
    2022年06月

    作業部会委員, 日本遺伝性腫瘍学会

  • 2014年03月
    -
    継続中

    理事, 日本子宮移植研究会

  • 2009年01月
    -
    継続中

    評議員, 日本家族性腫瘍学会

全件表示 >>