丸山 哲夫 (マルヤマ テツオ)

Maruyama, Tetsuo

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(産科) (信濃町)

職名

准教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年06月
    -
    1992年06月

    慶應義塾大学 助手〈医学部産婦人科学〉

  • 1992年07月
    -
    1992年08月

    神戸海星病院出向 医員〈産婦人科〉

  • 1992年09月
    -
    1994年06月

    神戸海星病院産婦人科 医長

  • 1994年07月
    -
    1996年06月

    京都大学ウイルス研究所 研修員・都倉病院産婦人科 非常勤医

  • 1996年07月
    -
    1997年09月

    米国国立衛生研究所(NIH) 客員研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 論文, 1986年07月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医(第19860220-N-9116号), 1991年10月

  • 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医(第06-0150号), 2006年04月

  • 日本産科婦人科内視鏡学会認定 腹腔鏡技術認定医(615 001 19 19), 2019年07月

  • 日本産科婦人科内視鏡学会認定 子宮鏡技術認定医(615 501 20 20), 2020年07月

  • 日本周産期・新生児医学会認定 周産期専門医(母体・胎児)(第1176号), 2015年12月

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 胎盤

  • 周産期

  • 再生医療

  • 幹細胞

  • 排卵障害

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 雌性生殖器官における幹細胞の同定とその生理学的・病理学的役割の解明 - 子宮内膜症・子宮筋腫・子宮内膜癌などの雌性生殖器官関連疾患に対する幹細胞を標的とした新しい治療法・治療薬の開発-, 

    2000年10月
    -
    継続中

  • 組織工学と幹細胞を用いた子宮の再生・再建の基盤研究, 

    2011年06月
    -
    継続中

  • 着床・脱落膜化など子宮内膜機能を担う細胞分子生物学的機序の解明, 

    1990年06月
    -
    継続中

  • 不妊症を含めた生殖内分泌疾患の分子遺伝学的機序の解明とその臨床, 

    2000年01月
    -
    継続中

  • 流産を反復する不育症(習慣流産)の基礎と臨床, 

    1990年06月
    -
    継続中

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Uterine Fibroids and Adenomyosis

    Ono M, Maruyama T, Fujiwara H, Bulun SE, Springer, 2017年

    担当範囲: Stem cells and uterine fibroids.

  • Uterine endometrial Function

    Maruyama T, Springer, 2016年

    担当範囲: Stem/Progenitor Cells in the Human Endometrium.

  • Endometriosis: Pathogenesis and Treatment

    Maruyama T, Springer, 2014年

    担当範囲: Role of stem cells in the pathogenesis of endometriosis.

  • Translational Research in Uterine Biology

    Maruyama T, Elsevier, 2008年

    担当範囲: Regeneration potential of stem cell systems in the human endometrium and myometrium.

  • Cell and Molecular Biology of Endometrium in Health and Disease

    Maruyama T, Yamamoto Y, Sakai N, Sakurai R, Shimizu A, Hamatani T,Yoshimura Y, Soeisya, 2002年

    担当範囲: Protein tyrosine kinases and tyrosine phosphorylation in differentiating human endometrial stromal cells.

論文 【 表示 / 非表示

  • Bioengineering of the Uterus

    Yoshimasa Y, Maruyama T

    Reprod Sci in press 2021年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Optogenetic regulation of embryo implantation in mice using photoactivatable CRISPR-Cas9

    Takao T., Sato M., Maruyama T.

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America)  117 ( 46 ) 28579 - 28581 2020年11月

    共著, 査読有り,  ISSN  00278424

     概要を見る

    Embryo implantation is achieved upon successful interaction between a fertilized egg and receptive endometrium and is mediated by spatiotemporal expression of implantation-associated molecules including leukemia inhibitory factor (LIF). Here we demonstrate, in mice, that LIF knockdown via a photoactivatable CRISPRCas9 gene editing system and illumination with a light-emitting diode can spatiotemporally disrupt fertility. This system enables dissection of spatiotemporal molecular mechanisms associated with embryo implantation and provides a therapeutic strategy for temporal control of reproductive functions in vivo.

  • Sudden onset of syncope and disseminated intravascular coagulation at 14 weeks of pregnancy: A case report

    Kamata M., Maruyama T., Nishiguchi T., Iwasaki S.

    BMC Pregnancy and Childbirth (BMC Pregnancy and Childbirth)  2020 ( 20 ) 406 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Background: Amniotic fluid embolism (AFE), also known as anaphylactoid syndrome of pregnancy (ASP), typically occurs during labor and may result in cardiorespiratory collapse and disseminated intravascular coagulation (DIC). There are reports describing less typical presentations of AFE/ASP in which patients do not necessarily have the classic triad of hypoxia, hypotension, and coagulopathy. AFE/ASP rarely occurs in the absence of labor, but such cases may involve medical or surgical abortion, spontaneous miscarriage, or obstetrical procedures including amniocentesis and amnioinfusion. There are, however, no previously reported cases of AFE/ASP with sudden loss of consciousness and disseminated intravascular coagulation occurring during early pregnancy, in the absence of any intervention or obstetric event. Case presentation: A 32-year-old G3P2 Japanese woman had sudden-onset syncope at 14 weeks' gestation. On arrival at our hospital, her level of consciousness was severely disturbed as determined by the Glasgow Coma Scale. Although her vital signs were initially stable, blood samples collected intravenously and by femoral artery puncture did not coagulate. A subchorionic hematoma with active extravasation of blood was apparent on contrast-enhanced computed tomography. Two hours after her arrival, she developed hypovolemic shock with progression of DIC, presumably due to intrauterine and retroperitoneal bleeding. After transfusion of blood products; treatments for DIC including the use of recombinant human soluble thrombomodulin, ulinastatin, and corticosteroids; and hysterectomy, her level of consciousness and physical condition improved remarkably. Later investigation of preoperative blood samples revealed that serum levels of AFE/ASP-associated markers were elevated. Immunohistochemical studies on the excised, unruptured uterus showed that amniotic fluid components were present inside a uterine blood vessel. Conclusions: This is the first reported patient with sudden-onset syncope and DIC, but without apparent cardiorespiratory collapse, with the highly likely etiology of AFE/ASP occurring at the beginning of the second trimester of pregnancy and in the absence of intervention or delivery. Maternal collapse with DIC during any stage of pregnancy should be considered an AFE/ASP-associated event, even in the absence of labor or obstetric procedures. This event may occur in the presence of subchorionic hematoma alone.

  • A woman with primary ovarian insufficiency had two live births resulting from intrauterine inseminations during 10 years of ovarian follicle monitoring

    Maruyama T

    J Obstet Gynaecol Res (Journal of Obstetrics and Gynaecology Research)  46 ( 10 ) 2159 - 2163 2020年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  13418076

     概要を見る

    Women with primary ovarian insufficiency rarely ovulate and even more rarely achieve a spontaneous pregnancy. A patient with primary ovarian insufficiency who had only 13 follicle development cycles during 13 years, but had 2 live births resulting from intrauterine inseminations is reported. She was diagnosed with primary ovarian insufficiency at 19 years of age and started infertility treatment at 23 years of age. During 10 of the 13 years that she was not pregnant and not breastfeeding, she underwent cyclic estrogen and progestin therapy with biweekly monitoring of follicle development. She delivered the first and second child at 30 and 37 years of age, respectively. This case report suggests that continuous follicle monitoring may increase the probability of having a child in a subset of patients with primary ovarian insufficiency and desired fertility, although the validity and efficacy of such management has not been established.

  • UDP-glucose, a cellular danger signal, and nucleotide receptor P2Y14 enhance the invasion of human extravillous trophoblast cells

    Katakura S., Takao T., Arase T., Yoshimasa Y., Tomisato S., Uchida S., Masuda H., Uchida H., Tanaka M., Maruyama T.

    Placenta (Placenta)  101   194 - 203 2020年

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  01434004

     概要を見る

    Introduction: P2Y14, one of the P2Y purinergic G-protein coupled receptors, is expressed in a variety of cells and tissues. Its ligand, UDP-glucose (UDPG), is released from damaged and stress-stimulated cells and acts as a danger signal via P2Y14. Thus, P2Y14 plays an important role in immunological defense systems. Here, we aimed to elucidate the expression, localization, and role of P2Y14 in human trophoblasts and the placenta. Methods: Human chorionic villus and placental tissues were subjected to immunostaining for P2Y14 protein and an extravillous trophoblast (EVT) marker, HLA-G. We examined the expression of P2Y14 and the effect of UDPG on cell proliferation and invasion in an EVT cell line, HTR-8/SVneo, using an MTS assay and a Transwell assay, respectively. We tested the effect of UDPG on cell invasion in P2Y14-underexpressing HTR-8/SVneo clones established by the lentiviral introduction of shRNA for P2RY14 mRNA. Results: Immunostaining revealed that P2Y14 was exclusively expressed by EVTs. P2RY14 mRNA and P2Y14 protein were expressed in HTR-8/SVneo cells. UDPG did not affect cell proliferation but it did enhance invasion. Inhibition of P2Y14 and decreasing the expression of P2Y14 suppressed UDPG-mediated invasive activity. Conclusions: These results showed that EVT selectively expressed P2Y14 and that P2Y14 was positively involved in UDPG-enhanced EVT invasion. It suggests the possible existence of a danger signal-mediated physiological system at the fetomaternal interface where UDPG released from maternal tissues through destruction by EVT invasion may accelerate EVT invasion, allowing EVTs to undergo successful placentation and vascular remodeling.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Erratum: Sudden onset of syncope and disseminated intravascular coagulation at 14 weeks of pregnancy: A case report (BMC Pregnancy and Childbirth (2020) 20 (406) DOI: 10.1186/s12884-020-03083-8)

    Kamata M., Maruyama T., Nishiguchi T., Iwasaki S.

    BMC Pregnancy and Childbirth (BMC Pregnancy and Childbirth)  20 ( 1 ) 430 2020年07月

    研究論文

     概要を見る

    Following publication of the original article [1], the authors identified an error in Fig. 2 legend. The legend of Fig. 2a and Fig. 2b was reversed. The figure and corrected legend has been included in this correction and the original article has been corrected. (Figure Presented).

  • 光応答性CRISPR/CAS9システムを用いたマウス子宮における胚着床のin vivo制御

    高尾 知佳, 丸山 哲夫, 吉政 佑之, 升田 博隆, 内田 浩, 内田 明花, 片倉 慧美, 富里 祥子, 佐藤 守俊, 田中 守

    日本内分泌学会雑誌 ((一社)日本内分泌学会)  95 ( 4 ) 1554 - 1554 2020年02月

    研究論文,  ISSN  0029-0661

  • 光応答性ゲノム編集を用いた生殖関連遺伝子発現と生殖機能のin vivo制御システムの構築

    高尾 知佳, 丸山 哲夫, 吉政 佑之, 升田 博隆, 内田 浩, 内田 明花, 片倉 慧美, 富里 祥子, 田中 守

    日本生殖医学会雑誌 ((一社)日本生殖医学会)  64 ( 4 ) 311 - 311 2019年10月

    研究論文,  ISSN  1881-0098

  • 【進化する子宮筋腫診療-診断から最新治療・合併症まで】病因論 子宮筋腫の病因 遺伝子異常の観点から

    丸山 哲夫

    臨床婦人科産科 ((株)医学書院)  73 ( 10 ) 934 - 940 2019年10月

    研究論文,  ISSN  0386-9865

     概要を見る

    <文献概要>●子宮筋腫の約70%にmediator complex subunit 12(MED12)遺伝子の変異が認められる.●その他にはhigh mobility group AT-hook 2(HMGA2),HMGA1,fumarate hydratase(FH),collagen,type IV,alpha 5 and collagen,type IV,alpha 6(COL4A5-COL4A6)などの遺伝子異常が存在する.●代表的なMED12およびHMGA2も含めて上記の遺伝子異常の多くが,ヒトにおいて子宮筋腫の発生・進展を引き起こすかについては不明である.

  • 当院不育症外来における原発性原因不明習慣流産(primary unexplained recurrent pregnancy loss,puRPL)に対する抗血栓療法の検討

    片倉 慧美, 丸山 哲夫, 吉政 佑之, 富里 祥子, 日原 華子, 三木 史恵, 高尾 知佳, 内田 明花, 各務 真紀, 内田 浩, 田中 守

    日本生殖医学会雑誌 ((一社)日本生殖医学会)  64 ( 4 ) 388 - 388 2019年10月

    研究論文,  ISSN  1881-0098

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • [招請講演:会長特別企画1 / Presidential Session 留学のすすめ] 留学が教えてくれたこと

    丸山哲夫

    第73回日本産科婦人科学会 (新潟県新潟市・朱鷺メッセ) , 2021年04月, 口頭(招待・特別)

  • [高得点演題] 子宮内膜脱細胞化骨格の移植は子宮内膜の全層欠損を修復する

    吉政佑之,丸山哲夫,升田博隆,内田 浩,内田明花,片倉慧美,富里祥子,田中 守,青木大輔

    第72回日本産科婦人科学会(WEB開催), 2020年04月, 口頭(一般)

  • [学術奨励賞] 光応答性CRISPR/CAS9システムを用いたマウス子宮における胚着床のin vivo制御

    高尾知佳,丸山哲夫,吉政佑之,升田博隆,内田 浩,内田明花,片倉慧美,富里祥子,佐藤守俊,田中 守

    第24回日本生殖内分泌学会 (東京都千代田区・砂防会館別館シェーンバッハ・サボー) , 2020年01月, 口頭(一般)

  • [スポンサードセミナー] 月経困難症に対するLEP製剤の連続投与の意義

    丸山哲夫

    第28回日本婦人科がん検診学会, 2019年09月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Role of stem cells and genetic alterations in the pathogenesis of uterine leiomyoma

    丸山哲夫

    第10回日本婦人科ホルモン依存性疾患研究会, 2019年06月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 幹細胞工学とゲノム編集の技術を用いた雌性生殖器官の機能・再生・疾患の光による制御

    2020年04月
    -
    2023年03月

    日本学術振興会, 丸山 哲夫, 佐藤 守俊, 高尾 知佳, 升田 博隆, 内田 浩, 宮崎 薫, 基盤研究(B), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本研究では,①光照射によるゲノム編集により雌性生殖器官の特定の細胞における特定の遺伝子の発現を時空間的に制御するシステム,②雌性生殖器官から細胞を除去して得られた細胞外基質のみを有する足場(脱細胞化雌性生殖器官骨格)を細胞・組織の導入・運搬・維持の担体として用いるシステム,③幹細胞を起点として雌性生殖器官の構成細胞・組織を作製するシステム(幹細胞工学),の三つのシステムを単独あるいは複合的に開発し用いることを通じて,雌性生殖器官の機能・再生・疾患を制御する新しい研究ツールと治療技術に関する基盤知見を得ることと,それらを用いて疾患の病態メカニズムを解明する.

  • 着床率向上のための子宮内膜への有効な機械的刺激方法の確立と機序解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    慶應義塾大学, 内田 浩, 丸山 哲夫, 内田 明花, 基盤研究(C)

     研究概要を見る

    今や不妊症治療の中核を担う体外受精における不成功例の7割以上は胚移植後の妊娠不成立が占めている。昨今の体外受精胚移植では、成功率向上を目途に移植前の意図的子宮内操作が盛んに行われているものの、マウス、ヒトともにその効果の機序はいまなお不明である。ヒト着床の現場では胚の子宮内膜への侵入のために、子宮内膜細胞が細胞死に陥ることが知られている。本研究は子宮内操作による子宮内膜の破壊によって漏出する子宮内膜細胞内容が着床に対して正の効能を発揮するという仮説証明を目的にしている。その着床への副次的効果の機序を明らかにすることで、より効率的効果的な着床支援治療技術の向上を目指すものである。

  • 脱細胞化骨格を用いた霊長類子宮の再生とその機能解析

    2017年06月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 丸山 哲夫, 升田 博隆, 高尾 知佳, 宮崎 薫, 三木 史恵, 吉政 佑之, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    子宮脱細胞化骨格(DUS)を用いた子宮再生の技術を臨床応用すべく、滋賀医科大学動物生命科学研究センターを霊長類実験の実施場所として選定・決定し、実施に必要な体制とチームを整えた。その基盤知見・技術を強固にするためラットを用いた研究も並行して行い、内膜欠損モデルにおいて、DUS移植により腺管構造を有する内膜を再構築することが出来た。しかし、その構築効率は必ずしも高くないため、DUSに子宮構成細胞に分化し得る細胞を予め搭載して再細胞化することにした。胚様体形成とWNT/CTNNB1経路の活性化を通じてヒトiPS細胞をプロゲステロン応答性の子宮内膜間質細胞へ分化誘導する方法を共同研究により確立した。
    子宮の先天的・後天的な欠損に対して究極の医療は代理懐胎あるいは子宮移植となるが、安全性や倫理的・法的な問題のため、その実現は極めて難しい。また、これらを部分的な子宮欠損に行うことは過剰な対応である。本研究の成果により部分的な子宮の再生が可能になれば上記の問題は解決され、構造あるいは機能不全を呈する様々な子宮疾患に対して新しい医療になり得る点で、社会的意義は高い。さらに本研究は、世界に先駆けてiPS細胞から子宮構成細胞を作成した点、その過程にWNT/CTNNB1経路が重要な役割を果たしていることなど子宮の発生や分化の生理・病理メカニズムの一端を解明した点で、学術的意義も極めて大きい。

  • ヒト着床期子宮内膜上皮細胞層の破壊/再構築機序の解明

    2017年04月
    -
    2020年03月

    慶應義塾大学, 日原 華子, 丸山 哲夫, 内田 浩, 升田 博隆, 内田 明花, 基盤研究(C)

     研究概要を見る

    ヒト着床において、子宮内膜は胚の陥入を許すためにダイナミックに変化を起こす。これまでのヒト着床研究によって胚直下の子宮内膜上皮細胞層は細胞死に陥ることで胚の通過ルートを形成するとされてきた。一方で我々のグループによる解析からは、細胞死以外に子宮内膜上皮細胞の(胚を回避し胚を避けるような)遠心性細胞運動が起こることが明らかになっている。
    しかし、飽和状態になっている子宮内膜上皮細胞層において、過密状態である遠心性方向へ一見無理な方向への運動は、一見不合理な細胞運動である。一般的な培養細胞におけるcontact inhibitionのルールを逸脱しているため、細胞体のサイズコントロールによって contact inhibitionを調整しているHippo pathwayにある種の変化が見られると想定される。子宮内膜上皮細胞層の再構築が破壊とは逆方向の求心性運動と細胞増殖の複合的機序によるものという仮説の下、解析を実施している。
    in vitro着床アッセイを用いたこれまでの解析においては、主要な Hippo pathway 構成因子の発現量変化やリン酸化の変化に合理的な説明が可能な明快な傾向が見いだせていない。ヒト着床を子宮内膜上皮層と胚との関係でみた場合、接触接着以降、陥入侵入へと変化していく。このステップを包括的に解析していたため有意差が得られていないと考え、現在Hippo pathway の解析を一時留保し、in vitro着床アッセイにおける子宮内膜上皮細胞の経時的な細胞運動の速度と、細胞体の伸展面積の変化に着目して胚モデルの侵入陥入をmimicする伸展面積の総量との比較によって、ヒト着床の進行における細胞運動と細胞接着の関連におけるphaseごとの細胞動態解析を実施している。
    子宮内膜上皮細胞体サイズを規定していると考えられる Hippo signalであるが、当初仮説として設定したヒト着床において子宮内膜上皮細胞が一見不合理な遠心的運動を行うことの背景基盤を支えるものがHippo pathwayの主要因子の発現挙動、リン酸化に一定の傾向が得られずにおり、仮説の再検討から上記研究実績の概要にあるような計画変更を行っている。
    また昨年度計画設定した、細胞培養系に厚みを創出するための子宮内膜上皮層の下にマトリゲル、寒天ゲルなどの厚みを作成したうえで、胚モデルが進展ではなく、「陥入する」 新しいin vitro 着床アッセイ系の確立が難航している(一層の上皮層の作成の前に子宮内膜上皮細胞モデルであるIshikawa自身がマトリゲルなどに陥入していってしまう)ことも当初計画から遅れている一因となっている。
    in vitro着床アッセイを用いたこれまでの解析においては、主要な Hippo pathway 構成因子の発現量変化やリン酸化の変化に合理的な説明が可能な明快な傾向が見いだせておらず、3D invito着床アッセイ系(マトリゲル、寒天ゲル上に子宮内膜上層を作成し、着床をin vitroに再現する系)の確立ができていないため、下記へ方針変更する。
    すなわち real time video recording によるin vitroty着床アッセイ解析観察における子宮内膜上皮細胞の経時的な細胞運動の速度と、細胞体の伸展面積の変化に着目して胚モデルの侵入陥入をmimicする伸展面積の総量との比較によって、ヒト着床の進行における細胞運動と細胞接着の関連におけるphaseごとの細胞動態解析を実施している。
    そのphase解析から特徴的な細胞運動のよりactiveなphaseに焦点をあて、実験系条件の見直しを行い、再度 Hippo pathwayの主要因子タンパク質の発現量変化、リン酸化変化を解析する。それらの解析に加え(変化を見いだせない事態に備え)、タンパク質の発現量変化をmassiveな培養細胞総量における変化ではなく、顕微鏡観察を利用した着床局所での変化にも焦点をあてて検討する。
    また、胚陥入により損傷して子宮内膜上皮細胞層の再構築に寄与すると想定される求心性運動と細胞増殖との関与についての解析を同時に実施していく。

  • 【挑戦的研究(萌芽)】脱細胞化骨格を用いた霊長類子宮の再生とその機能解析

    2017年
    -
    2019年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 北里賞

    2015年06月, 慶應義塾大学医学部三四会

  • 第14回神澤医学賞

    2012年06月, 神澤医学研究振興財団

  • 医学研究奨励賞

    2008年11月, 日本医師会

  • 医学研究奨励賞

    2008年01月, 坂口光洋記念慶應義塾医学振興基金

  • 研究奨励賞

    2007年06月, 日本内分泌学会

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 2014年

     内容を見る

    【あすか製薬株式会社】
    婦人科中央評価委員「CDB-2914 の子宮筋腫患者を対象とした有効性及び安全性を検討する第II 相用量設定試験」
    2014 年10 月20 日〜治験終了まで

  • 2009年

     内容を見る

    【慶應義塾大学病院・治験責任医師】
    <整理番号:07-012>
    治験課題名:SJ-0021 と精製下垂体性性腺刺激ホルモンとの第Ⅰ度無月経、無排卵周期
    症患者を対象とした並行群間比較試験 –第Ⅲ相単盲検試験–
    治験実施期間:2009 年8 月~ 2010 年6 月

  • 2009年

     内容を見る

    【慶應義塾大学医学部信濃町キャンパス・リサーチパーク】
    Type B 研究代表者(2009 年4 月1 日〜2012 年6 月30 日)
    「In vivo モデルとオミックス解析による雌性生殖器腫瘍の発生・進展・癌化機構の解明」

  • 2006年

     内容を見る

    【慶應義塾大学医学部信濃町キャンパス・リサーチパーク】
    Type J 研究代表者(2006 年1 月1 日〜2009 年3 月31 日)
    「雌性生殖器官における成体幹細胞システムの解明とその再生医学・生殖医療への応用」

  • 2004年

     内容を見る

    【あすか製薬株式会社】
    慶應義塾大学医学部産婦人科学教室同窓会
    幹事長(2004 年11 月〜 2012 年11 月)
    常任理事(2012 年11 月〜2014 年11 月,2015 年3 月〜現在)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 産科学講義

    2021年度

  • 産科学講義

    2020年度

  • 産科学講義

    2019年度

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 【審査・評価】 2015 日本生殖医学会 (JSRM)/国際生殖医学会 (IFFS)演題

    2015年
    -
    継続中
  • 【審査・評価】 2015 SGI/SRI 62st Annual Scientific Meeting Poster Award Abstracts

    2015年
    -
    継続中
  • 【審査・評価】 2014 SGI/SRI 61st Annual Scientific Meeting Poster Award Abstracts

    2014年
    -
    継続中
  • 【研究グラント】 2013年 National Science Centre, Poland

    2013年
    -
    継続中
  • 【審査・評価】 2012 SGI 59th Annual Scientific Meeting Poster Award Abstracts

    2012年
    -
    継続中

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本医学教育学会, 

    2015年
    -
    継続中
  • 日本女性医学学会, 

    2014年
    -
    継続中
  • 日本内視鏡外科学会, 

    2014年
    -
    継続中
  • 日本婦人科腫瘍学会, 

    2014年
    -
    継続中
  • 日本ロボット外科学会, 

    2014年
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年02月
    -
    2021年06月

    Associate Editor, Reproductive Sciences

  • 2019年06月
    -
    継続中

    研究助成金審査委員, 公益財団法人山口内分泌疾患研究振興財団

  • 2017年06月
    -
    2021年06月

    生殖・内分泌委員会 委員, 日本産科婦人科学会

  • 2017年06月
    -
    2021年06月

    生殖・内分泌小委員会 委員長, 日本産科婦人科学会

  • 2015年04月
    -
    継続中

    編集委員, Executive Editor, Reproductive Medicine and Biology

全件表示 >>