小林 佑介 (コバヤシ ユウスケ)

Kobayashi, Yusuke

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(婦人科) (信濃町)

職名

専任講師

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    継続中

    Asian Society of Gynecologic Oncology (ASGO) Leader of Special Task Force on Personalized Medicine

  • 2020年01月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部産婦人科学教室 専任講師

  • 2019年10月
    -
    2021年11月

    Asian Society of Gynecologic Oncology (ASGO) Secretary-General

  • 2015年10月
    -
    2019年12月

    慶應義塾大学医学部産婦人科学教室 助教

  • 2014年07月
    -
    2015年09月

    慶應義塾大学医学部産婦人科学教室 特任助教

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 課程, 2011年09月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会専門医・指導医, 2007年

  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医, 2007年

  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医, 2007年

  • 臨床遺伝専門医制度専門医, 2016年

  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医, 2017年

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

  • ライフサイエンス / 遺伝学

  • ライフサイエンス / 腫瘍生物学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 婦人科腫瘍

  • 遺伝性腫瘍

  • 新規創薬

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Hereditary Breast and Ovarian Cancer: Molecular Mechanism and Clinical Practice

    Kobayashi Y, Aoki D, Springer, 2021年10月

    担当範囲: Risk-Reducing Salpingo-oophorectomy (RRSO),  担当ページ: 183-191

  • HBOC・Lynch症候群

    小林佑介, 青木大輔, 中山書店, 2019年09月

    担当範囲: 6章 女性ヘルスケアと遺伝性疾患

  • Peutz-Jeghers症候群.

    小林佑介, 青木大輔., 中外医学社, 2018年03月

  • Clinical management of epithelial ovarian cancer

    Kobayashi Y., Nomura H., Kataoka F., Tominaga E., Banno K., Aoki D., Cell Biology of the Ovary: Stem Cells, Development, Cancer, and Clinical Aspects, 2018年

     概要を見る

    Ovarian cancer has high morbidity and mortality worldwide, and its mortality is the highest among female genital cancers. Improvement in clinical outcome is an urgent issue for ovarian cancer, and clinical management including treatment has been repeatedly studied. Tumor markers such as CA125, CA19-9, and HE4 and image diagnosis using MRI, CT, PET, etc. are indispensable diagnostic aid tools. In the initial treatment, primary debulking surgery (PDS) is basically effective, but fertility preservation can be considered depending on the case. For advanced cancers, interval debulking surgery (IDS) is considered after several cycles of neoadjuvant chemotherapy (NAC). Although the combination of paclitaxel and carboplatin (TC) regimen was originally established as the standard chemotherapy for ovarian cancer regardless of tissue type, new treatments in clinical trials, including molecular-targeted therapeutic agents, are being investigated. The main treatment for recurrent cancer is chemotherapy, and sensitivity to chemotherapy based on the disease-free interval has been considered in the choice of treatment. Furthermore, in recent years, risk-reducing bilateral salpingo-oophorectomy has been undertaken to prevent the onset of hereditary breast and ovarian cancer. It is also being studied how to manage the follow-up after treatment and hormone replacement.

  • Endometrial cancer as a familial tumor: pathology and molecular carcinogenesis.

    Banno K, Yanokura M, Masuda K, Ueki A, Kisu I, Kobayashi Y, Yamagami W, Susumu N, Aoki D, 2013年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Characteristics and clinicopathological features of patients with ovarian metastasis of endometrial cancer: a retrospective study

    Matoba Yusuke, Yamagami Wataru, Chiyoda Tatsuyuki, Kobayashi Yusuke, Tominaga Eiichiro, Banno Kouji, Aoki Daisuke

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY (Journal of Obstetrics and Gynaecology)     1 - 7 2022年06月

    ISSN  0144-3615

     概要を見る

    There are no criteria for patient selection for ovarian-preserving surgery for endometrial cancer (EC). In this study, intraoperative findings of ovarian swelling (OvS) and the clinicopathological features of patients with EC with or without ovarian metastasis were analysed to identify risk factors for ovarian metastasis. Patients who underwent surgery for EC between 2012 and 2019 at our hospital were enrolled. In univariate analysis, all features were significantly higher in metastasis(+) cases. In multivariate analysis, lymphatic space invasion (LSI), cervical stromal involvement (CSI), peritoneal dissemination, and OvS were significant risk factors. In univariate analysis in stage I and II cases classified without adnexal pathological factors, type 2 histologic type, LSI, CSI, and OvS were significantly higher in metastasis(+) cases. LSI, CSI, and OvS were significant risk factors in multivariate analysis. Patients with type 1 histologic type EC without myometrial invasion ≥1/2, CSI and extrauterine lesions are appropriate for ovarian preservation. IMPACT STATEMENTWhat is already known on this subject? The number of premenopausal patients with endometrial cancer (EC) is increasing. Bilateral oophorectomy for EC results in surgical primary ovarian insufficiency, and thus, surgery with ovarian preservation has been examined. However, there are few reports on risk factors for ovarian metastasis of EC and no established criteria for patient background or pathological factors to determine suitability for ovarian preservation surgery. What do the results of this study add? In univariate analysis, all pathological findings suggestive of disease progression were more frequent in cases with ovarian metastases. In multivariate analysis, lymphatic space invasion (LSI), cervical stromal involvement (CSI), peritoneal dissemination, and ovarian swelling (OvS) were identified as significant risk factors for ovarian metastasis. In an analysis of stage I and II cases classified without adnexal pathological factors, type 2 histologic type, LSI, CSI, and OvS were significantly more common in cases with ovarian metastasis, and LSI, CSI, and OvS emerged as significant risk factors for ovarian metastasis in multivariate analysis. What are the implications of these findings for clinical practice and/or further research? Patients with type 1 histologic type EC without depth of myometrial invasion ≥1/2, CSI, or extrauterine lesions may be appropriate cases for ovarian preservation.

  • <i>TP53</i> variants in p53 signatures and the clonality of STICs in RRSO samples.

    Akahane T, Masuda K, Hirasawa A, Kobayashi Y, Ueki A, Kawaida M, Misu K, Nakamura K, Nagai S, Chiyoda T, Yamagami W, Hayashi S, Kataoka F, Banno K, Sugano K, Okita H, Kosaki K, Nishihara H, Aoki D

    Journal of gynecologic oncology (Asian Society of Gynecologic Oncology$\mathsemicolon$ Korean Society of Gynecologic Oncology and Colposcopy)  33 2022年03月

    ISSN  2005-0380

  • p53 dysfunction hampers the differentiation of mouse fallopian tube organoids

    Nagai Shimpei, Masuda Kenta, Tamura Tomohiro, Otsuki Yuji, Suina Kentaro, Nobusue Hiroyuki, Akahane Tomoko, Chiyoda Tatsuyuki, Kobayashi Yusuke, Banno Kouji, Aoki Daisuke, Saya Hideyuki, Nagano Osamu

    CANCER SCIENCE 113   1282 - 1282 2022年02月

    ISSN  1347-9032

  • The antitumor effect of alpha-ray emitting radionuclide labeled antibodies for uterine serous carcinoma

    Anko Mayuka, Li Huizi K., Masuda Kenta, Kobayashi Yusuke, Banno Kouji, Hasegawa Sumitaka, Aoki Daisuke

    CANCER SCIENCE 113   726 - 726 2022年02月

    ISSN  1347-9032

  • Investigating minimal residual disease and chemotherapy resistance in ovarian cancer

    Masuda Kenta, Nagai Shimpei, Kobayashi Yusuke, Banno Kouji, Saya Hideyuki, Aoki Daisuke

    CANCER SCIENCE 113   695 - 695 2022年02月

    ISSN  1347-9032

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • ゲノム・遺伝子情報を用いて乳癌診療の未来を拓く【International】当院におけるBRCA遺伝子検査結果と臨床学的特徴およびPleSSision Rapid検査結果との一致率について

    山脇 幸子, 林田 哲, 柵木 晴妃, 柳下 陽香, 石川 結美子, 前 ゆうき, 小谷 依里奈, 河合 佑子, 関 朋子, 永山 愛子, 高橋 麻衣子, 植木 有紗, 菅野 康吉, 小林 佑介, 小崎 健次郎, 北川 雄光

    日本外科学会定期学術集会抄録集 ((一社)日本外科学会)  122回   SY - 10 2022年04月

  • 婦人科・産科 子宮の先天的形態異常OHVIRA症候群を考える 産婦人科医の立場からOHVIRA症候群を考える

    小林 佑介

    Japanese Journal of Diagnostic Imaging (日本画像医学会)  40 ( 増刊 ) 45 - 45 2022年02月

    ISSN  2187-266X

  • 【産婦人科医が知っておきたい臨床遺伝学のすべて】腫瘍 Peutz-Jeghers症候群およびCowden症候群についての必修知識

    小林 佑介

    臨床婦人科産科 ((株)医学書院)  76 ( 1 ) 104 - 110 2022年01月

    ISSN  0386-9865

     概要を見る

    <文献概要>●Peutz-Jeghers症候群は,がん抑制遺伝子STK11/LKB1を原因遺伝子とし,消化管の過誤腫性ポリポーシスと粘膜皮膚色素沈着が特徴であり,子宮頸がんを引き起こすことがある.●Cowden症候群は,がん抑制遺伝子PTENを原因遺伝子とし,消化管ポリポーシス,皮膚粘膜病変,精神症状を呈することが特徴で,子宮体がん,乳がん,甲状腺がん,大腸がん,腎細胞がんが発生しやすい.●Peutz-Jeghers症候群やCowden症候群など稀な遺伝性腫瘍を見逃さないためにも,日常診療において遺伝性疾患を意識した外表観察や,既往歴や家族歴に関する十分な問診が重要である.

  • 【遺伝性腫瘍学入門 遺伝性腫瘍の基礎知識】総論 遺伝性婦人科がん 概説

    小林 佑介, 青木 大輔

    遺伝子医学 ((株)メディカルドゥ)  別冊 ( 遺伝性腫瘍の基礎知識 ) 61 - 66 2022年01月

    ISSN  1343-0971

     概要を見る

    遺伝性腫瘍はすでに原因遺伝子が明らかとなっているものだけでも多岐にわたるが,なかでも遺伝性乳癌卵巣癌(BRCA1/2遺伝子),Lynch症候群(DNAミスマッチ修復遺伝子),Peutz-Jeghers症候群(STK11/LKB1遺伝子),Cowden症候群(PTEN遺伝子)は関連腫瘍として子宮頸癌,子宮体癌,卵巣癌を引き起こすリスクが知られており,婦人科がんと関連のある遺伝性腫瘍として,この4疾患をその臨床的特徴とともに熟知しておくことが重要である。また,婦人科遺伝性がん診療を取り巻く社会環境が大きく変化してきていることに留意し,最新の臨床情報を得ながら日々の診療に当たる必要がある。(著者抄録)

  • TP53 variants in p53 signatures and the clonality of STICs in RRSO samples

    Tomoko Akahane and Kenta Masuda and Akira Hirasawa and Yusuke Kobayashi and Arisa Ueki and Miho Kawaida and Kumiko Misu and Kohei Nakamura and Shimpei Nagai and Tatsuyuki Chiyoda and Wataru Yamagami and Shigenori Hayashi and Fumio Kataoka and Kouji Banno and Kokichi Sugano and Hajime Okita and Kenjiro Kosaki and Hiroshi Nishihara and Daisuke Aoki

    Journal of Gynecologic Oncology (Asian Society of Gynecologic Oncology$\mathsemicolon$ Korean Society of Gynecologic Oncology and Colposcopy)  33 2022年

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 「遺伝性乳がん卵巣がんを知ろう!みんなのためのガイドブック」〜本邦全体での情報共有を目指して~

    小林佑介

    第2回JOHBOC学術集会 シンポジウム, 

    2022年04月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 産婦人科医の立場からOHVIRA症候群を考える

    小林佑介

    第41回日本画像医学会, 

    2022年02月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 当院におけるMayer-Rokitansky-Kuster-Hauser 症候群17例の診療経験

    三宅温子,小林佑介,今枝慶蓉,吉浜智子,横田めぐみ,林 茂徳,山上 亘,阪埜浩司,田中 守,青木大輔

    第400回東京産科婦人科学会例会, 

    2022年02月

    口頭発表(一般)

  • ロボット支援下手術導入期の骨盤リンパ節郭清を含む子宮悪性腫瘍手術の安全性に関する検討

    吉村拓馬,西尾 浩,山上 亘,野上侑哉,仲村 勝,林 茂徳,小林佑介,青木大輔

    第10回日本婦人科ロボット学会 (Web), 

    2022年01月

    口頭発表(一般)

  • ロボット支援下手術導入期の骨盤リンパ節郭清を含む子宮悪性腫瘍手術の安全性に関する検討

    吉村拓馬,西尾 浩,山上 亘,野上侑哉,仲村 勝,林 茂徳,小林佑介,青木大輔

    第10回日本婦人科ロボット学会 (Web), 

    2022年01月

    口頭発表(一般)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 脂質異常症治療薬スタチンの奏効に関わる卵巣癌の臨床病理・分子生物学的特性

    2020年04月
    -
    2023年03月

    慶應義塾大学, 小林 佑介, 基盤研究(C), 未設定

     研究概要を見る

    卵巣癌に対する最近の分子標的薬や抗体医薬の登場も卵巣癌全体の予後を大きく改善させるまでは至っておらず、更なる治療薬の開発、加えて治療から予防へのパラダイムシフトが求められている。本研究ではスタチン製剤をドラッグリポジショニングにより卵巣癌へ臨床応用することを見据えて、臨床検体を用いたプライマリーでの奏効確認とその奏効に影響する卵巣癌の臨床病理・分子生物学的特性を明らかにすることを目的とする。

  • スタチン製剤の多面的効果とワールブルク効果への影響に着目した卵巣癌新規創薬研究

    2018年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小林 佑介, 若手研究, 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    1。スタチン製剤の抗腫瘍効果における多面的効果の作用経路についての検討
    スタチン製剤のメバロン酸合成経路以外の作用経路を明らかとするべく、ファルネシル転移酵素およびゲラニルゲラニル転移酵素を同時阻害するL-778123とSimvastatinを各々添加培養した卵巣癌細胞株OVSAHOとKURAMOCHIを用いてマイクロアレイ解析を行った。結果として、両細胞株で共通してL-778123と比較してSimvastatin投与により有意に上昇しているGO bioprocessとしてpositive regulation of release of cytochrome c from mitochondria、apoptotic signaling pathway、cell aggregationなどが、GO cellular componentとしてintegral component of plasma membrane、extracellular space、intrinsic component of plasma membraneなどが、GO molecular functionとしてspermidine binding、diamine N-acetyltransferase activityが明らかとなった。一方で、L-778123と比較してSimvastatin投与により有意に低下しているGO bioprocessとしてcell cycle process、chromosome segregation、nuclear chromosome segregationなどが、GO cellular componentとしてchromosome、non-membrane-bounded organelle、kinetochoreなどが、GO cellular componentとしてcatalytic activity, acting on DNA、actin binding、cytoskeletal protein bindingなどが明らかとなった。
    <BR>
    2。スタチン製剤のワールブルク効果に対する制御機構の検討
    解糖系の律速酵素であるpyruvate kinase (PK) のsplicing variants M1、M2 (PKM1、PKM2)、PKの選択的splicingを実行するsplicerとしてheterogeneous nuclear ribonucleoprotein (hnRNP)ファミリーのPTBP1の、スタチン投与による発現変化について定量的qRT-PCRを行った。結果として、PKM1とPKM2の発現に変化は見られなかったが、その制御因子であるPTBP1の発現がSimvastatin投与群において有意に上昇していた。
    スタチン製剤のワールブルク効果に対する制御機構として、PKM1とPKM2の発現に変化は見られなかったが、その制御因子であるPTBP1の発現がSimvastatin投与群において有意に上昇しており、その調節機構の解釈を検討しているため。
    1。スタチン製剤の抗腫瘍効果における多面的効果の作用経路についての検討
    マイクロアレイ解析により明らかとなったSimvastatin特異的な作用経路群に対して、細胞増殖抑制効果、ならびにapoptosisやautophagy、G1 arrestなどの観点からスタチン製剤の多面的効果について評価する。
    2。スタチン製剤のワールブルク効果に対する制御機構の検討
    以前に行ったメタボロミクス解析の結果から立てたワールブルク効果に対する制御機構に関する仮説について、一致した結果が得られていないため、再度のメタボロミクス解析による再検証も検討する。
    3。臨床検体を用いたスタチン製剤の奏効確認とその評価系の樹立
    当初予定計画に加えて、慶應義塾大学医学部倫理委員会の承認の下、術中迅速診断にて卵巣癌と診断された症例において腫瘍を一部採取し、Histoculture Drug Response Assay (HDRA法)によりスタチン製剤への薬剤感受性としてinhibition indexを算出することで臨床検体を用いたスタチン製剤の奏効確認とその評価系の樹立について検証する。

  • スタチン製剤を卵巣癌抑制薬として用いる臨床応用のための基礎的研究

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小林 佑介, 若手研究(B), 補助金,  研究代表者

  • メバロン酸合成経路を標的とした卵巣癌新規治療薬剤の検証

    2015年

    日本婦人科腫瘍学会公募研究助成金, 研究代表者

  • メバロン酸合成経路を標的とした卵巣癌新規治療薬の検証

    2015年

    小林がん学術振興会 第9回研究助成金, 研究代表者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第32回日本女性医学学会学術集会 優秀演題賞

    2017年11月, 第32回日本女性医学学会学術集会

  • Shan S. Ratnam Young Gynecologist Award

    2017年06月, 25th Asian & Oceanic Congress of Obstetrics and Gynaecology

  • 東京都医師会医学研究賞奨励賞

    2017年01月, 東京都医師会

  • 第68回日本産科婦人科学会学術講演会 International Session Encouragement Award

    2016年04月, 第68回日本産科婦人科学会学術講演会

  • 日本産科婦人科学会 優秀論文賞

    2016年04月, 日本産科婦人科学会

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学講義

    2022年度

  • 婦人科学講義

    2021年度

  • 婦人科学講義

    2020年度

  • 婦人科学講義

    2019年度

  • 婦人科学講義

    2018年度, 講義, 専任

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 市民公開講座 遺伝性乳がん卵巣がんを知ろう! 〜慶應HBOCセンターの取り組み〜

    多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材( がんプロフェッショナル)」養成プラン

    2022年05月
  • 市民公開講座 もっと知ってほしい卵巣がんのこと

    認定NPO法人キャンサーネットジャパン

    2022年05月

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年09月
    -
    継続中

    代議員, 日本産科婦人科遺伝診療学会

  • 2021年09月
    -
    継続中

    市民向けHBOCガイドライン 作成委員長, 日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構

  • 2021年
    -
    継続中

    卵巣がん委員会 委員, 婦人科悪性腫瘍研究機構

  • 2020年09月
    -
    継続中

    がん薬物療法時の腎障害診療ガイドライン 委員, 日本腎臓学会・日本腎臓病薬物療法学会・ 日本臨床腫瘍学会・日本癌治療学会

  • 2020年07月
    -
    継続中

    編集委員会委員, 日本遺伝性腫瘍学会

全件表示 >>