小林 佑介 (コバヤシ ユウスケ)

Kobayashi, Yusuke

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 産婦人科学教室(婦人科) (信濃町)

職名

専任講師

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年05月
    -
    2005年04月

    慶應義塾大学医学部産婦人科 研修医

  • 2005年05月
    -
    2006年05月

    国立病院機構埼玉病院 医員

  • 2006年06月
    -
    2007年03月

    東京歯科大学市川総合病院 助教

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    慶應義塾大学大学院医学研究科 博士課程

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学医学部産婦人科学教室 助教

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程, 2011年09月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • HBOC・Lynch症候群

    小林佑介, 青木大輔, 中山書店, 2019年09月

    担当範囲: 6章 女性ヘルスケアと遺伝性疾患

  • Peutz-Jeghers症候群.

    小林佑介, 青木大輔., 中外医学社, 2018年03月

  • Clinical management of epithelial ovarian cancer.

    Kobayashi Y, Nomura H, Kataoka F, Tominaga E, Banno K, Aoki D., 2018年

  • Endometrial cancer as a familial tumor: pathology and molecular carcinogenesis.

    Banno K, Yanokura M, Masuda K, Ueki A, Kisu I, Kobayashi Y, Yamagami W, Susumu N, Aoki D., 2013年

  • Abberant DNA hypermethylation in endometrial cancer.

    Masuda K, Banno K, Yanokura M, Tsuji K, Kisu I, Ueki A, Kobayashi Y, Nomura H, Hirasawa A, Susumu N, Aoki D., Trygve O Tollesfbol (Ed.), Epigenetics in Human Disease, London, UK: Academic Press., 2012年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Retrospective evaluation of risk-reducing salpingo-oophorectomy for BRCA1/2 pathogenic variant carriers among a cohort study in a single institution.

    Kobayashi Y, Hirasawa A, Chiyoda T, Ueki A, Masuda K, Misu K, Kawaida M, Hayashi S, Kataoka F, Banno K, Kosaki K, Aoki D

    Japanese journal of clinical oncology (Japanese journal of clinical oncology)  51 ( 2 ) 213 - 217 2021年02月

    ISSN  0368-2811

     概要を見る

    © The Author(s) 2020. Published by Oxford University Press. All rights reserved. For permissions, please e-mail: journals.permission@oup.com. BACKGROUND: Risk-reducing salpingo-oophorectomy is performed for the primary prevention of ovarian cancer in patients with hereditary breast-ovarian cancer syndrome. We performed risk-reducing salpingo-oophorectomy for the first time in Japan in 2008, and we experienced 20 cases of risk-reducing salpingo-oophorectomy through 2019. In the past, the use of risk-reducing salpingo-oophorectomy in Japan was restricted because it was not covered by a Japanese National Health Insurance. Since April 2020, risk-reducing salpingo-oophorectomy has been covered by insurance for patients with breast-ovarian cancer syndrome and pre-existing breast cancer, and this surgery is expected to become more widely implemented in Japan. METHODS: To contribute to the widespread use of risk-reducing salpingo-oophorectomy in the future, we retrospectively reviewed 20 cases of risk-reducing salpingo-oophorectomy at our hospital cohort study to clarify the issues in its implementation. RESULTS: The variant genes for which risk-reducing salpingo-oophorectomy was indicated were BRCA1 and BRCA2 in 13 (65%) and 7 patients (35%), respectively. The median age at which risk-reducing salpingo-oophorectomy was performed was 49 years (range, 38-58), 13 patients (65%) had gone through menopause, and 16 patients (80%) had a history of breast cancer. Of the five patients (25%) with vasomotor symptoms, four received Chinese medicine, and only one received hormone replacement therapy. Occult cancer was detected in the removed ovaries in two patients (10%), although no postoperative peritoneal carcinogenesis has been observed to date. CONCLUSIONS: Women who paid for risk-reducing salpingo-oophorectomy out of pocket were older than the recommended age at which the procedure should be performed, and this may explain the higher rate of occult cancers than previously reported. We need to perform risk-reducing salpingo-oophorectomy at the recommended age to ensure that the procedure is effective for primary prevention.

  • Current status and future directions of ovarian cancer prognostic models.

    Kobayashi Y, Banno K, Aoki D

    Journal of gynecologic oncology 32 ( 2 ) e34 2021年02月

    ISSN  2005-0380

  • Upregulation of CAP2 in ovarian cancer correlates with aggressive histology and worse outcomes

    Adachi Masataka, Masugi Yohei, Emoto Katsura, Yamazaki Ken, Kobayashi Yusuke, Tominaga Eiichiro, Banno Kouji, Aoki Daisuke, Sakamoto Michiie

    CANCER SCIENCE 112   450 - 450 2021年02月

    ISSN  1347-9032

  • Time for enhancing government-led primary prevention of cervical cancer

    Min Kyung-Jin, Suh Dong Hoon, Baba Tsukasa, Chen Xiaojun, Kim Jae-Weon, Kobayashi Yusuke, Kwon Janice, Lim Myong Cheol, Lee Jung-Yun, Nagase Satoru, Park Jeong-Yeol, Tangjitgamol Siriwan, Watari Hidemichi

    JOURNAL OF GYNECOLOGIC ONCOLOGY (Journal of Gynecologic Oncology)  32 ( 1 ) e12 - 5 2021年01月

    ISSN  2005-0380

  • Evaluation of preoperative prediction of intestinal invasion in patients with ovarian cancer

    Takeda Takashi, Hayashi Shigenori, Kobayashi Yusuke, Tsuji Kosuke, Nagai Shimpei, Tominaga Eiichiro, Suzuki Tatsuya, Okuda Shigeo, Banno Kouji, Aoki Daisuke

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGY & OBSTETRICS (International Journal of Gynecology and Obstetrics)  2020年12月

    ISSN  0020-7292

     概要を見る

    © 2020 The Authors. International Journal of Gynecology & Obstetrics published by John Wiley & Sons Ltd on behalf of International Federation of Gynecology and Obstetrics Objective: To optimize prediction for intestinal invasion of epithelial ovarian cancer. It is important to achieve debulking surgery to improve prognosis in ovarian cancer; intestinal resection is adopted if the cancer is invaded and resectable, but the preoperative evaluation method of intestinal invasion is still controversial. Methods: Patients (n = 174) who underwent primary debulking surgery for epithelial ovarian cancer were recruited for retrospective study; 28 and 146 patients were classified into the invasion and non-invasion groups, whether they needed intestinal resection or not. We collected clinical data including evaluation of computed tomography (CT), magnetic resonance imaging (MRI), and barium contrast radiography, and analyzed their accuracy. Results: The sensitivity and specificity for intestinal invasion were 33.3% and 98.6%, 42.9% and 98.6%, and 66.7% and 93.9% in CT, MRI, and barium contrast radiography, respectively. CT and MRI combined showed a sensitivity of 58.3% and specificity of 96.9%; all three methods combined was the most sensitive combination, showing a sensitivity of 79.2% and specificity of 90.8%. Conclusion: Combination of CT, MRI, and barium contrast radiography predicts intestinal invasion with the highest sensitivity. These three modalities, however, could not predict all intestinal invasion. Patients should be informed of the possibility of unexpected extensive resection.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【一気にやって来た!産婦人科におけるゲノム医療時代】産婦人科における遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)診療

    小林 佑介, 青木 大輔

    HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY ((株)メディカルレビュー社)  27 ( 4 ) 251 - 255 2020年12月

    ISSN  1340-220X

     概要を見る

    遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)に関する最近の目覚ましい研究成果は治療成績だけでなく、取り巻く社会環境をも大きく変えつつある。卵巣がん未発症者に対しては化学的予防やサーベイランスも選択肢となるが、確実に卵巣がんの発症予防に繋がるリスク低減卵管卵巣摘出術(RRSO)が昨今注目を集めている。2020年4月からは乳がん既発症のHBOC症例に対するRRSOが保険収載となり今後の普及が期待されるが、一方で術中の手術操作や術後の病理学的検索において留意するべき点がある。HBOC卵巣がんに対してはPARP阻害薬が臨床導入され、これまでの治療成績を大きく改善させており、今後は相同組換え修復異常に着目した治療戦略が検証されることとなる。われわれはHBOC診療に関する最新の知見を常に把握し日常診療に還元していかなければならない。(著者抄録)

  • 体腔液より作成したセルブロックを用いてがん遺伝子パネル検査を行った3症例の検討

    吉浜 智子, 千代田 達幸, 中村 康平, 四十物 絵里子, 同前 愛, 平野 卓朗, 黒田 由香, 吉村 拓馬, 小林 佑介, 西尾 浩, 山上 亘, 青木 大輔

    日本臨床細胞学会雑誌 ((公社)日本臨床細胞学会)  59 ( Suppl.2 ) 560 - 560 2020年11月

    ISSN  0387-1193

  • 婦人科腫瘍・類腫瘍の生物特性を標的とした新たな治療薬の開発 ドラッグリポジショニングによるメバロン酸経路を標的とした卵巣癌予防薬・治療薬の創出

    小林 佑介

    日本産科婦人科学会雑誌 ((公社)日本産科婦人科学会)  72 ( 10 ) 1202 - 1215 2020年10月

    ISSN  0300-9165

  • 子宮体癌再発例における再発部位ごとの診断契機の検討

    高橋 美央, 山上 亘, 平野 卓朗, 白石 悠, 吉村 拓馬, 黒田 由香, 同前 愛, 坂井 健良, 千代田 達幸, 小林 佑介, 阪埜 浩司, 青木 大輔

    日本癌治療学会学術集会抄録集 ((一社)日本癌治療学会)  58回   O17 - 3 2020年10月

  • コンパニオン診断としてMSI検査を行った婦人科癌症例の臨床病理・遺伝学的検討

    竹田 貴, 小林 佑介, 永井 晋平, 辻 浩介, 増田 健太, 西尾 浩, 冨永 英一郎, 阪埜 浩司, 青木 大輔

    関東連合産科婦人科学会誌 ((一社)関東連合産科婦人科学会)  57 ( 3 ) 353 - 353 2020年10月

    ISSN  2186-0610

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 脂質異常症治療薬スタチンの奏効に関わる卵巣癌の臨床病理・分子生物学的特性

    2020年04月
    -
    2023年03月

    慶應義塾大学, 小林 佑介, 基盤研究(C)

     研究概要を見る

    卵巣癌に対する最近の分子標的薬や抗体医薬の登場も卵巣癌全体の予後を大きく改善させるまでは至っておらず、更なる治療薬の開発、加えて治療から予防へのパラダイムシフトが求められている。本研究ではスタチン製剤をドラッグリポジショニングにより卵巣癌へ臨床応用することを見据えて、臨床検体を用いたプライマリーでの奏効確認とその奏効に影響する卵巣癌の臨床病理・分子生物学的特性を明らかにすることを目的とする。

  • スタチン製剤の多面的効果とワールブルク効果への影響に着目した卵巣癌新規創薬研究

    2018年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小林 佑介, 若手研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    1。スタチン製剤の抗腫瘍効果における多面的効果の作用経路についての検討
    スタチン製剤のメバロン酸合成経路以外の作用経路を明らかとするべく、ファルネシル転移酵素およびゲラニルゲラニル転移酵素を同時阻害するL-778123とSimvastatinを各々添加培養した卵巣癌細胞株OVSAHOとKURAMOCHIを用いてマイクロアレイ解析を行った。結果として、両細胞株で共通してL-778123と比較してSimvastatin投与により有意に上昇しているGO bioprocessとしてpositive regulation of release of cytochrome c from mitochondria、apoptotic signaling pathway、cell aggregationなどが、GO cellular componentとしてintegral component of plasma membrane、extracellular space、intrinsic component of plasma membraneなどが、GO molecular functionとしてspermidine binding、diamine N-acetyltransferase activityが明らかとなった。一方で、L-778123と比較してSimvastatin投与により有意に低下しているGO bioprocessとしてcell cycle process、chromosome segregation、nuclear chromosome segregationなどが、GO cellular componentとしてchromosome、non-membrane-bounded organelle、kinetochoreなどが、GO cellular componentとしてcatalytic activity, acting on DNA、actin binding、cytoskeletal protein bindingなどが明らかとなった。
    <BR>
    2。スタチン製剤のワールブルク効果に対する制御機構の検討
    解糖系の律速酵素であるpyruvate kinase (PK) のsplicing variants M1、M2 (PKM1、PKM2)、PKの選択的splicingを実行するsplicerとしてheterogeneous nuclear ribonucleoprotein (hnRNP)ファミリーのPTBP1の、スタチン投与による発現変化について定量的qRT-PCRを行った。結果として、PKM1とPKM2の発現に変化は見られなかったが、その制御因子であるPTBP1の発現がSimvastatin投与群において有意に上昇していた。
    スタチン製剤のワールブルク効果に対する制御機構として、PKM1とPKM2の発現に変化は見られなかったが、その制御因子であるPTBP1の発現がSimvastatin投与群において有意に上昇しており、その調節機構の解釈を検討しているため。
    1。スタチン製剤の抗腫瘍効果における多面的効果の作用経路についての検討
    マイクロアレイ解析により明らかとなったSimvastatin特異的な作用経路群に対して、細胞増殖抑制効果、ならびにapoptosisやautophagy、G1 arrestなどの観点からスタチン製剤の多面的効果について評価する。
    2。スタチン製剤のワールブルク効果に対する制御機構の検討
    以前に行ったメタボロミクス解析の結果から立てたワールブルク効果に対する制御機構に関する仮説について、一致した結果が得られていないため、再度のメタボロミクス解析による再検証も検討する。
    3。臨床検体を用いたスタチン製剤の奏効確認とその評価系の樹立
    当初予定計画に加えて、慶應義塾大学医学部倫理委員会の承認の下、術中迅速診断にて卵巣癌と診断された症例において腫瘍を一部採取し、Histoculture Drug Response Assay (HDRA法)によりスタチン製剤への薬剤感受性としてinhibition indexを算出することで臨床検体を用いたスタチン製剤の奏効確認とその評価系の樹立について検証する。

  • スタチン製剤を卵巣癌抑制薬として用いる臨床応用のための基礎的研究

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 小林 佑介, 若手研究(B), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第32回日本女性医学学会学術集会 優秀演題賞

    2017年11月, 第32回日本女性医学学会学術集会

  • Shan S. Ratnam Young Gynecologist Award

    2017年06月, 25th Asian & Oceanic Congress of Obstetrics and Gynaecology

  • 東京都医師会医学研究賞奨励賞

    2017年01月, 東京都医師会

  • 第68回日本産科婦人科学会学術講演会 International Session Encouragement Award

    2016年04月, 第68回日本産科婦人科学会学術講演会

  • 日本産科婦人科学会 優秀論文賞

    2016年04月, 日本産科婦人科学会

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 婦人科学講義

    2021年度

  • 婦人科学講義

    2020年度

  • 婦人科学講義

    2019年度

  • 婦人科学講義

    2018年度, 専門科目, 講義, 専任