Kobayashi, Yusuke

写真a

Affiliation

School of Medicine, Department of Obstetrics and Gynecology (Gynecology) (Shinanomachi)

Position

Assistant Professor/Senior Assistant Professor

Career 【 Display / hide

  • 2003.05
    -
    2005.04

    慶應義塾大学医学部産婦人科 研修医

  • 2005.05
    -
    2006.05

    国立病院機構埼玉病院 医員

  • 2006.06
    -
    2007.03

    東京歯科大学市川総合病院 助教

  • 2007.04
    -
    2011.03

    慶應義塾大学大学院医学研究科 博士課程

  • 2011.04
    -
    2012.03

    慶應義塾大学医学部産婦人科学教室 助教

display all >>

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 博士(医学), Keio University, Coursework, 2011.09

 

Books 【 Display / hide

  • HBOC・Lynch症候群

    小林佑介, 青木大輔, 中山書店, 2019.09

    Scope: 6章 女性ヘルスケアと遺伝性疾患

  • Peutz-Jeghers症候群.

    小林佑介, 青木大輔., 中外医学社, 2018.03

  • Clinical management of epithelial ovarian cancer.

    Kobayashi Y, Nomura H, Kataoka F, Tominaga E, Banno K, Aoki D., 2018

  • Endometrial cancer as a familial tumor: pathology and molecular carcinogenesis.

    Banno K, Yanokura M, Masuda K, Ueki A, Kisu I, Kobayashi Y, Yamagami W, Susumu N, Aoki D., 2013

  • Abberant DNA hypermethylation in endometrial cancer.

    Masuda K, Banno K, Yanokura M, Tsuji K, Kisu I, Ueki A, Kobayashi Y, Nomura H, Hirasawa A, Susumu N, Aoki D., Trygve O Tollesfbol (Ed.), Epigenetics in Human Disease, London, UK: Academic Press., 2012

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • Management of ovarian cancer patients in affected areas during COVID-19 pandemic: Japan and Korea (vol 31, e65, 2020)

    Kobayashi Yusuke, Suh Dong Hoon, Tsuji Kosuke, Kim Jin Young, Shin Sojin, Aoki Daisuke, Kim Jae-Weon

    JOURNAL OF GYNECOLOGIC ONCOLOGY 31 ( 5 ) e87 2020.09

    ISSN  2005-0380

  • Cowden syndrome complicated by schizophrenia: A first clinical report.

    Kobayashi Y, Takeda T, Kunitomi H, Ueki A, Misu K, Kowashi A, Takahashi T, Anko M, Watanabe K, Masuda K, Uchida T, Tominaga E, Banno K, Kosaki K, Aoki D

    European journal of medical genetics (European Journal of Medical Genetics)  63 ( 8 ) 103959 2020.08

    ISSN  1769-7212

     View Summary

    © 2020 Elsevier Masson SAS Patients with Cowden syndrome exhibit mucocutaneous lesions, hamartomatous polyposis of the gastrointestinal tract, and macrocephaly, often complicated by malignant tumors, such as breast, thyroid, and uterine cancers. Autism spectrum and epilepsy have been known as neuropsychiatric symptoms associated with Cowden syndrome; however, to the best of our knowledge, there is no report on cases complicated by schizophrenia. Here, we report a first case of Cowden syndrome complicated by schizophrenia. A 49-year-old Japanese woman started experiencing auditory hallucinations in her teens. She had left breast cancer at the age of 34 years, and right breast cancer at the age of 37 years, all of which were surgically treated. She was also being treated by oral medications for Hashimoto's disease. On consulting her previous doctor for abnormal uterine bleeding that lasted for a year, she was diagnosed with endometrial cancer. However, immediately before surgery, her auditory hallucinations and paranoid delusions became severe, and she was referred to our hospital for detailed examination and treatment. No abnormalities were found on head MRI, and she was diagnosed with schizophrenia on the basis of neuropsychiatric examination findings. After her psychiatric symptoms were controlled by 2 mg of risperidone, she underwent surgery for endometrial cancer. Although there was no apparent family history, physical findings including macrocephaly and papillomatous skin lesions together with her past medical history of multiple malignant tumors suggested Cowden syndrome. Postoperatively, genetic testing revealed a pathogenic variant c.655C > T; p. Gln219* (NM_000314.4) in PTEN, leading to the confirmation of the diagnosis of Cowden syndrome.

  • Evaluation of safety and diagnostic performance for flexible hysteroscopy in 1591 outpatient cases.

    Kobayashi Y, Tsuji K, Nakamura K, Nagai S, Takahashi T, Kobayashi A, Anko M, Hirano T, Watanabe K, Matoba Y, Kunitomi H, Adachi M, Yamagami W, Tominaga E, Banno K, Aoki D

    Japanese journal of clinical oncology  2020.06

    ISSN  0368-2811

  • Management of ovarian cancer patients in affected areas during COVID-19 pandemic: Japan and Korea.

    Kobayashi Y, Suh DH, Aoki D, Kim JW

    Journal of gynecologic oncology (Journal of Gynecologic Oncology)  31 ( 3 ) e65 2020.05

    ISSN  2005-0380

  • 骨転移を伴う再発子宮体癌に対して、ホルモン療法とデノスマブの併用療法が効果を示した1例

    佐竹 恵, 山上 亘, 吉村 拓馬, 平野 卓朗, 真壁 健, 坂井 健良, 辻 浩介, 小林 佑介, 片岡 史夫, 阪埜 浩司, 青木 大輔, 進 伸幸

    東京産科婦人科学会会誌 ((一社)東京産科婦人科学会)  69 ( 2 ) 341 - 345 2020.04

    ISSN  2186-0599

     View Summary

    再発子宮体癌の化学療法無奏効例では治療法の選択に苦慮することが多い。われわれは、酢酸メドロキシプロゲステロン(MPA)を用いたホルモン療法とデノスマブを併用することで、長期の病勢コントロールが可能だった症例を経験した。症例は46歳で、子宮体癌IIIA期の類内膜癌G1に対して、広汎子宮全摘出術、両側付属器摘出術、傍大動脈リンパ節郭清、大網部分切除術を施行後、術後療法にてパクリタキセル、カルボプラチン療法(TC療法)を施行した。その後、骨盤腹膜および腟断端への再発が出現し、ドセタキセル、シスプラチン療法(DP療法)を施行するも奏効せず、その後症状を伴って出現した骨転移に対して緩和的放射線照射を施行した。しかし、照射野内再発により疼痛が増悪したことから、MPAとデノスマブを併用した治療を開始したところ、20ヵ月間にわたり病変縮小、疼痛軽快が維持された。骨転移を伴う婦人科癌では、デノスマブによる良好な病勢コントロールが得られる可能性が示唆された。(著者抄録)

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Reviews, Commentaries, etc. 【 Display / hide

  • メタボローム解析による閉経期日本人女性の代謝プロファイリング

    渡辺 慶子, 飯田 美穂, 小林 佑介, 冨永 英一郎, 阪埜 浩司, 武林 亨, 田中 守, 青木 大輔

    日本産科婦人科学会雑誌 ((公社)日本産科婦人科学会)  72 ( 臨増 ) S - 302 2020.03

    ISSN  0300-9165

  • 婦人科腫瘍・類腫瘍の生物学的特性を標的とした新たな治療薬の開発 ドラッグリポジショニングによるメバロン酸経路を標的とした卵巣癌予防薬・治療薬の創出

    小林 佑介

    日本産科婦人科学会雑誌 ((公社)日本産科婦人科学会)  72 ( 臨増 ) S - 17 2020.03

    ISSN  0300-9165

  • 5アミノレブリン酸塩酸塩を用いた光線力学的診断法併用子宮鏡下手術の異型ポリープ状腺筋腫3症例への利用経験

    的場 優介, 阪埜 浩司, 木須 伊織, 小林 佑介, 山上 亘, 仲村 勝, 青木 大輔

    日本子宮鏡研究会雑誌 (日本子宮鏡研究会)  1 ( 1 ) 63 - 64 2019.11

    ISSN  2434-8260

  • 当院における子宮体部明細胞癌の検討

    吉村 拓馬, 山上 亘, 坂井 健良, 平野 卓朗, 南木 佳子, 真壁 健, 千代田 達幸, 小林 佑介, 片岡 史夫, 阪埜 浩司, 進 伸幸, 青木 大輔

    日本癌治療学会学術集会抄録集 ((一社)日本癌治療学会)  57回   P29 - 4 2019.10

  • カゼインキナーゼ2の阻害は、インスリン様増殖因子2受容体の調整不全を介してライソソーム機能不全を導く(Targeting casein kinase 2 disrupts lysosomal homeostasis via dysregulation of insulin-like growth factor 2 receptor)

    竹田 貴, 小松 将之, 千脇 史子, 小松崎 理絵, 小林 佑介, 冨永 英一郎, 阪埜 浩司, 青木 大輔, 佐々木 博己

    日本癌学会総会記事 (日本癌学会)  78回   J - 3020 2019.09

    ISSN  0546-0476

display all >>

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • Clinicopathological and molecular biological characteristics of ovarian cancer associated with response to statins for dyslipidemia

    2020.04
    -
    2023.03

    Keio University, 小林 佑介, Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

     View Summary

    卵巣癌に対する最近の分子標的薬や抗体医薬の登場も卵巣癌全体の予後を大きく改善させるまでは至っておらず、更なる治療薬の開発、加えて治療から予防へのパラダイムシフトが求められている。本研究ではスタチン製剤をドラッグリポジショニングにより卵巣癌へ臨床応用することを見据えて、臨床検体を用いたプライマリーでの奏効確認とその奏効に影響する卵巣癌の臨床病理・分子生物学的特性を明らかにすることを目的とする。

  • スタチン製剤の多面的効果とワールブルク効果への影響に着目した卵巣癌新規創薬研究

    2018.04
    -
    2020.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 小林 佑介, Grant-in-Aid for Early-Career Scientists , Principal Investigator

     View Summary

    1。スタチン製剤の抗腫瘍効果における多面的効果の作用経路についての検討
    スタチン製剤のメバロン酸合成経路以外の作用経路を明らかとするべく、ファルネシル転移酵素およびゲラニルゲラニル転移酵素を同時阻害するL-778123とSimvastatinを各々添加培養した卵巣癌細胞株OVSAHOとKURAMOCHIを用いてマイクロアレイ解析を行った。結果として、両細胞株で共通してL-778123と比較してSimvastatin投与により有意に上昇しているGO bioprocessとしてpositive regulation of release of cytochrome c from mitochondria、apoptotic signaling pathway、cell aggregationなどが、GO cellular componentとしてintegral component of plasma membrane、extracellular space、intrinsic component of plasma membraneなどが、GO molecular functionとしてspermidine binding、diamine N-acetyltransferase activityが明らかとなった。一方で、L-778123と比較してSimvastatin投与により有意に低下しているGO bioprocessとしてcell cycle process、chromosome segregation、nuclear chromosome segregationなどが、GO cellular componentとしてchromosome、non-membrane-bounded organelle、kinetochoreなどが、GO cellular componentとしてcatalytic activity, acting on DNA、actin binding、cytoskeletal protein bindingなどが明らかとなった。
    <BR>
    2。スタチン製剤のワールブルク効果に対する制御機構の検討
    解糖系の律速酵素であるpyruvate kinase (PK) のsplicing variants M1、M2 (PKM1、PKM2)、PKの選択的splicingを実行するsplicerとしてheterogeneous nuclear ribonucleoprotein (hnRNP)ファミリーのPTBP1の、スタチン投与による発現変化について定量的qRT-PCRを行った。結果として、PKM1とPKM2の発現に変化は見られなかったが、その制御因子であるPTBP1の発現がSimvastatin投与群において有意に上昇していた。
    スタチン製剤のワールブルク効果に対する制御機構として、PKM1とPKM2の発現に変化は見られなかったが、その制御因子であるPTBP1の発現がSimvastatin投与群において有意に上昇しており、その調節機構の解釈を検討しているため。
    1。スタチン製剤の抗腫瘍効果における多面的効果の作用経路についての検討
    マイクロアレイ解析により明らかとなったSimvastatin特異的な作用経路群に対して、細胞増殖抑制効果、ならびにapoptosisやautophagy、G1 arrestなどの観点からスタチン製剤の多面的効果について評価する。
    2。スタチン製剤のワールブルク効果に対する制御機構の検討
    以前に行ったメタボロミクス解析の結果から立てたワールブルク効果に対する制御機構に関する仮説について、一致した結果が得られていないため、再度のメタボロミクス解析による再検証も検討する。
    3。臨床検体を用いたスタチン製剤の奏効確認とその評価系の樹立
    当初予定計画に加えて、慶應義塾大学医学部倫理委員会の承認の下、術中迅速診断にて卵巣癌と診断された症例において腫瘍を一部採取し、Histoculture Drug Response Assay (HDRA法)によりスタチン製剤への薬剤感受性としてinhibition indexを算出することで臨床検体を用いたスタチン製剤の奏効確認とその評価系の樹立について検証する。

  • Translational research for clinical application using statins as a prevention drugs against ovarian cancer

    2016.04
    -
    2018.03

    MEXT,JSPS, Grant-in-Aid for Scientific Research, 小林 佑介, Grant-in-Aid for Young Scientists (B), Principal Investigator

Awards 【 Display / hide

  • 第32回日本女性医学学会学術集会 優秀演題賞

    2017.11, 第32回日本女性医学学会学術集会

  • Shan S. Ratnam Young Gynecologist Award

    2017.06, 25th Asian & Oceanic Congress of Obstetrics and Gynaecology

  • 東京都医師会医学研究賞奨励賞

    2017.01, 東京都医師会

  • 第68回日本産科婦人科学会学術講演会 International Session Encouragement Award

    2016.04, 第68回日本産科婦人科学会学術講演会

  • 日本産科婦人科学会 優秀論文賞

    2016.04, 日本産科婦人科学会

display all >>

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • LECTURE SERIES, GYNECOLOGY

    2020

  • LECTURE SERIES, GYNECOLOGY

    2019

  • 婦人科学講義

    2018, Major subject, Lecture, Within own faculty