岡本 一真 (オカモト カズマ)

Okamoto, Kazuma

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 外科学教室(心臓血管) (信濃町)

職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月

    慶應義塾, 医学部

    大学, 卒業

  • 2006年03月

    慶應義塾, 医学研究科, 外科学

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 課程, 2010年03月

 

著書 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • TRに対する外科手術の基本

    岡本一真

    心エコー 22 ( 5 ) 428= - 434 2021年05月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • Venous drainage for minithoracotomy approach in an adult with interrupted inferior vena cava

    Watanabe T., Okamoto K., Yoshitani N., Tohma R., Misato T., Hayashi T.

    Asian Cardiovascular and Thoracic Annals (Asian Cardiovascular and Thoracic Annals)     2184923211017096 2021年

    ISSN  02184923

     概要を見る

    For atrial septal defect closure via right minithoracotomy in an adult patient with infra-hepatic interruption of the inferior vena cava with azygos connection, an alternative venous cannulation strategy was applied. In addition to bicaval cannulations to the femoral vein and the internal jugular vein, a 20 Fr straight cannula draining the hepatic vein was added to the proximal IVC through the right atrium wall via a working port. A bloodless operative field in the right atrium was afforded with bicaval encircling. Preoperative imaging test of the continuity of the IVC was important planning cardiac surgery with peripheral cannulations.

  • A rare post-lobectomy complication of right-to-left shunt via foramen ovale

    Nobuaki Arai, Riken Kawachi, Yoko Nakazato, Keisei Tachibana, Yasushi Nagashima, Ryota Tanaka, Kazuma Okamoto, Haruhiko Kondo

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery (Springer Science and Business Media LLC)  68 ( 11 ) 1337 - 1340 2020年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1863-6705

  • 人工心肺離脱後に静脈-静脈体外式膜型人工肺への一時的移行により左肺全摘後患者に対する右小開胸心臓弁膜症手術を実現した一例

    加納 寛也, 岡本 一真, 柴田 康成, 守田 佳保里, 森島 毅, 当广 遼, 戸部 智

    体外循環技術 ((一社)日本体外循環技術医学会編集委員会)  47 ( 2 ) 148 - 151 2020年07月

    ISSN  0912-2664

     概要を見る

    右小開胸低侵襲心臓手術(minimally invasive cardiac surgery:MICS)では人工心肺開始前および終了後に右肺を虚脱し片側肺換気で酸素化維持が求められるため、酸素化維持が困難な呼吸機能低下患者には適応が困難であった。左肺全摘後患者に対し人工心肺終了後に静脈-静脈体外式膜型人工肺(veno-venous extra corporeal membrane oxygenation:V-V ECMO)による呼吸補助を導入することでMICS下三尖弁形成術を施行した。人工心肺回路に改良を加え閉鎖回路を形成できるよう準備した。全身ヘパリン化し大腿動脈静脈および右内頸静脈へ送脱血カニューレ留置により人工心肺確立しMICS三尖弁形成を施行した。終了後、右片側換気下に人工心肺を離脱した。送血回路を切断し内頸静脈脱カニューレに再接続することで内頸静脈送血、大腿静脈脱血による閉鎖V-V ECMOを確立した。右片肺を再度虚脱後も全身および頭部の酸素化が許容範囲に維持されることを確認した上でプロタミン投与した。心嚢内と胸壁の止血を完了した後、右片肺換気を再開しV-V ECMOを離脱した。本法はカニューレの新規挿入などを要さず回路の接続変更で簡便に導入でき、呼吸機能低下症例に対するMICS適応拡大に寄与することが期待される。(著者抄録)

  • A tale of two sisters with hypertrophic cardiomyopathy and recurrent embolism: When is the optimal timing of the intervention for left atrial appendage?

    Kimura M., Kohno T., Makino S., Okuda S., Nawata K., Yanagisawa R., Kojima H., Nishiyama T., Aizawa Y., Yuasa S., Murata M., Maekawa Y., Okamoto K., Shimizu H., Fukuda K.

    Heart and Lung (Heart and Lung)  48 ( 3 ) 198 - 200 2019年05月

    ISSN  01479563

     概要を見る

    © 2018 Elsevier Inc. Hypertrophic cardiomyopathy (HCM) is an extremely heterogeneous genetic disease that affects the left ventricle (LV) and has a varied clinical course and phenotypic expression. Here, we report a case of two sisters with HCM who developed a massive refractory left atrial appendage (LAA) thrombus and recurrent embolism. The older sister, who was at a high surgical risk due to progressive LV systolic dysfunction with an ejection fraction of 19%, underwent LAA plication in combination with implantation of an LV assist device after progression to treatment-refractory heart failure at the age of 49. The younger sister underwent surgical thrombectomy, LAA plication, and Maze surgery before deterioration of heart failure at the age of 47. She was free from embolism and atrial fibrillation for 2years after surgery. Individualized therapeutic approaches targeting the LAA at a relatively early stage are required in the subgroups of HCM patients with left atrial dysfunction.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Type2エンドリーク予防目的の術中腰動脈塞栓を施行した腹部ステントグラフト内挿術

    渡邊 俊貴, 林 太郎, 吉谷 信幸, 当广 遼, 三里 卓也, 岡本 一真, 戸部 智, 山口 雅人

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 ((NPO)日本心臓血管外科学会)  50回   O25 - 2 2020年03月

  • 人工心肺に関連した術中危機的状況からのbailout

    岡本 一真

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 ((NPO)日本心臓血管外科学会)  50回   50YJ2 - 1 2020年03月

  • 僧帽弁両尖病変に対する僧帽弁形成術の遠隔期成績

    岡本 一真, 吉谷 伸幸, 当广 遼, 渡邊 俊貴, 三里 卓也, 林 太郎, 戸部 智

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 ((NPO)日本心臓血管外科学会)  50回   P5 - 5 2020年03月

  • 弁輪高度石灰化を伴う感染性心内膜炎に対する弁輪再建を併用した胸腔鏡下僧帽弁置換術

    岡本 一真, 吉谷 伸幸, 当广 遼, 渡邊 俊貴, 三里 卓也, 林 太郎, 戸部 智

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 ((NPO)日本心臓血管外科学会)  50回   V8 - 3 2020年03月

  • 胸腔鏡下弁膜症手術プログラムの立ち上げ MICS MVP開始までの道程

    森 光晴, 岡本 一真, 飯田 泰功, 三木 隆久, 岡 英俊, 蜂谷 貴, 三角 隆彦

    日本内視鏡外科学会雑誌 ((一社)日本内視鏡外科学会)  24 ( 7 ) SY23 - 4 2019年12月

    ISSN  1344-6703

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 内視鏡下低侵襲心臓手術を支える発明品たち

    岡本一真

    第21回OPEN INNOVATION cafe 公益財団法人神戸医療産業都市推進機構, 2021年05月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 胸腔鏡下心臓手術(MICS) ~450例の経験から~

    岡本一真

    CSL心臓血管外科WEBセミナー, 2021年05月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Right Thoracotomy Is Best, MINIMALLY INVASIVE AND ROBOTIC APPROACHES TO MITRAL VALVE SURGERY

    Kazuma Okamoto

    101st Annual Meeting (WEB) , 2021年05月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), AMERICAN ASSOCIATION FOR THORACIC SURGERY

  • 弁膜症外科治療のゲームチェンジャー:胸腔鏡下心臓手術(MICS)とは?

    岡本一真

    抗血栓シアター, 2021年04月, 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • コメンテーター:ディベートセッション2 「この症例どうする?-難渋した症例-」

    岡本一真

    KCJL 2021, 2021年04月, その他

全件表示 >>

 

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 外科学(心臓血管外科)

    慶應義塾大学, 2018年度

  • 「先端医療技術」 人工心臓・人工血管

    慶應義塾, 2015年度

  • 臨床実習・臨床実習小講義 「心臓血管外科周術期管理」

    慶應義塾, 2015年度

  • 外科学

    慶應義塾, 2015年度

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会

     
  • 日本胸部外科学会

     
  • 日本心臓血管外科学会

     
  • The Society of Thoracic Surgeons

     
  • European Association For Cardio-Thoracic Surgery

     

全件表示 >>