岡本 一真 (オカモト カズマ)

Okamoto, Kazuma

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 外科学教室(心臓血管) (信濃町)

職名

講師

HP

外部リンク

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月

    慶應義塾大学, 医学部

    大学, 卒業

  • 2006年03月

    慶應義塾大学, 医学研究科, 外科学

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 課程, 2010年03月

 

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Efficacy of simulation training for beating heart coronary anastomosis using BEAT  +  YOUCAN simulator.

    Hiroyuki Nishi, Hitoshi Yokoyama, Hitoshi Yaku, Kiyoshi Doi, Yoshiharu Nishimura, Kohei Abe, Hiroyuki Tsukui, Minoru Tabata, Kazuma Okamoto, Young-Kwang Park, Hikaru Matsuda

    Asian cardiovascular & thoracic annals    2184923211060214 - 2184923211060214 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著,  ISSN  0218-4923

     概要を見る

    BACKGROUND: We sought to evaluate our distributed practice program developed for training for beating heart anastomosis by employing a novel beating heart simulator. METHODS: Eleven trainees watched and reviewed instructional video recordings of coronary anastomosis methods with a BEAT  +  YOUCAN training device, then performed coronary anastomosis procedures under a beating condition. Next, they participated in a four-hour training program developed by faculty surgeons. Ten different anastomosis components were assessed on a five-point rating scale (5, good; 3, average; 1, poor). After finishing the training program, each trainee again performed a coronary anastomosis procedure. Component scores were then compared before and after the training program. RESULTS: The mean time to completion of the procedure improved from 1033  ±  424 to 795  ±  201 s (p < 0.05). Assessment scores improved from 1.88  ±  0.41 to 2.57  ±  0.30 (p < 0.05). Improvements in some technical components related to handling of instruments were noted (p < 0.05), whereas no significant improvement was seen with arteriotomy, graft orientation, suture management, or knot tying after finishing the training program. CONCLUSION: Trainees who participated in our four-hour focused training program for coronary anastomosis with a novel beating heart simulator showed improved ability under the beating condition in regard to technical skills related to handling instruments.

  • TRに対する外科手術の基本

    岡本一真

    心エコー ((株)文光堂)  22 ( 5 ) 428= - 434 2021年05月

    研究論文(学術雑誌), 単著,  ISSN  1345-4951

  • Venous drainage for minithoracotomy approach in an adult with interrupted inferior vena cava

    Watanabe T., Okamoto K., Yoshitani N., Tohma R., Misato T., Hayashi T.

    Asian Cardiovascular and Thoracic Annals (Asian Cardiovascular and Thoracic Annals)     2184923211017096 2021年

    ISSN  02184923

     概要を見る

    For atrial septal defect closure via right minithoracotomy in an adult patient with infra-hepatic interruption of the inferior vena cava with azygos connection, an alternative venous cannulation strategy was applied. In addition to bicaval cannulations to the femoral vein and the internal jugular vein, a 20 Fr straight cannula draining the hepatic vein was added to the proximal IVC through the right atrium wall via a working port. A bloodless operative field in the right atrium was afforded with bicaval encircling. Preoperative imaging test of the continuity of the IVC was important planning cardiac surgery with peripheral cannulations.

  • A rare post-lobectomy complication of right-to-left shunt via foramen ovale

    Nobuaki Arai, Riken Kawachi, Yoko Nakazato, Keisei Tachibana, Yasushi Nagashima, Ryota Tanaka, Kazuma Okamoto, Haruhiko Kondo

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery (Springer Science and Business Media LLC)  68 ( 11 ) 1337 - 1340 2020年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1863-6705

     概要を見る

    Background: Various complications can cause hypoxemia after pulmonary resection for lung cancer, but intracardiac shunt that becomes symptomatic and causes severe hypoxemia postoperatively is very rare. We report a case that presented platypnea-orthodeoxia syndrome (POS) due to right-to-left shunt via patent foramen ovale (PFO). Case: A 71-year-old man with a lung cancer in the left upper lobe was referred to our hospital. Left upper lobectomy was performed. Dyspnea developed postoperatively, which was worsened by sitting or standing and relieved in a recumbent position. Contrast transesophageal echocardiogram (TEE) and right intracardiac catheterization revealed a right-to-left shunt via PFO. Open-heart closure of PFO was performed and the patient was free from POS. Conclusions: Postoperative intracardiac shunt via PFO can cause severe hypoxemia after lung resection. POS suggests the possibility of intracardiac shunt and careful observation is needed.

  • 人工心肺離脱後に静脈-静脈体外式膜型人工肺への一時的移行により左肺全摘後患者に対する右小開胸心臓弁膜症手術を実現した一例

    加納 寛也, 岡本 一真, 柴田 康成, 守田 佳保里, 森島 毅, 当广 遼, 戸部 智

    体外循環技術 ((一社)日本体外循環技術医学会編集委員会)  47 ( 2 ) 148 - 151 2020年07月

    ISSN  0912-2664

     概要を見る

    右小開胸低侵襲心臓手術(minimally invasive cardiac surgery:MICS)では人工心肺開始前および終了後に右肺を虚脱し片側肺換気で酸素化維持が求められるため、酸素化維持が困難な呼吸機能低下患者には適応が困難であった。左肺全摘後患者に対し人工心肺終了後に静脈-静脈体外式膜型人工肺(veno-venous extra corporeal membrane oxygenation:V-V ECMO)による呼吸補助を導入することでMICS下三尖弁形成術を施行した。人工心肺回路に改良を加え閉鎖回路を形成できるよう準備した。全身ヘパリン化し大腿動脈静脈および右内頸静脈へ送脱血カニューレ留置により人工心肺確立しMICS三尖弁形成を施行した。終了後、右片側換気下に人工心肺を離脱した。送血回路を切断し内頸静脈脱カニューレに再接続することで内頸静脈送血、大腿静脈脱血による閉鎖V-V ECMOを確立した。右片肺を再度虚脱後も全身および頭部の酸素化が許容範囲に維持されることを確認した上でプロタミン投与した。心嚢内と胸壁の止血を完了した後、右片肺換気を再開しV-V ECMOを離脱した。本法はカニューレの新規挿入などを要さず回路の接続変更で簡便に導入でき、呼吸機能低下症例に対するMICS適応拡大に寄与することが期待される。(著者抄録)

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【三尖弁について語ろう】TRに対する外科手術の基本

    岡本 一真

    心エコー ((株)文光堂)  22 ( 5 ) 428 - 434 2021年05月

    ISSN  1345-4951

  • Type2エンドリーク予防目的の術中腰動脈塞栓を施行した腹部ステントグラフト内挿術

    渡邊 俊貴, 林 太郎, 吉谷 信幸, 当广 遼, 三里 卓也, 岡本 一真, 戸部 智, 山口 雅人

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 ((NPO)日本心臓血管外科学会)  50回   O25 - 2 2020年03月

  • 弁輪高度石灰化を伴う感染性心内膜炎に対する弁輪再建を併用した胸腔鏡下僧帽弁置換術

    岡本 一真, 吉谷 伸幸, 当广 遼, 渡邊 俊貴, 三里 卓也, 林 太郎, 戸部 智

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 ((NPO)日本心臓血管外科学会)  50回   V8 - 3 2020年03月

  • 僧帽弁両尖病変に対する僧帽弁形成術の遠隔期成績

    岡本 一真, 吉谷 伸幸, 当广 遼, 渡邊 俊貴, 三里 卓也, 林 太郎, 戸部 智

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 ((NPO)日本心臓血管外科学会)  50回   P5 - 5 2020年03月

  • 人工心肺に関連した術中危機的状況からのbailout

    岡本 一真

    日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 ((NPO)日本心臓血管外科学会)  50回   50YJ2 - 1 2020年03月

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • メイズ手術および左心耳マネジメントは鏡視下がベスト

    岡本一真

    第34回日本内視鏡外科学会総会 (神戸) , 

    2021年12月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • Minimally invasive treatment for atrial fibrillation in mitral valve surgery

    Kazuma Okamoto

    Asian Valve Summit: Trending Topics in Valve Surgery, 

    2021年11月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 弁膜症手術と肺高血圧,外科の立場から 弁膜症例の肺高血圧を考える

    岡本一真

    第11回 日本心臓弁膜症学会 (大阪) , 

    2021年11月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • iNOが日常診療周術期において与えるインパクト

    岡本一真

    iNO成人心臓周術期フォーラム, 

    2021年11月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 右小開胸僧帽弁手術において直視下だけでは限界がある

    坂口元一, 岡本一真, 金田敏夫, 小川達也

    第74回日本胸部外科学会定期学術集会, 

    2021年11月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

全件表示 >>

 

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 外科学(心臓血管外科)

    慶應義塾大学

    2018年04月
    -
    2019年03月

  • 「先端医療技術」 人工心臓・人工血管

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

  • 臨床実習・臨床実習小講義 「心臓血管外科周術期管理」

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

  • 外科学

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会

     
  • 日本胸部外科学会

     
  • 日本心臓血管外科学会

     
  • The Society of Thoracic Surgeons

     
  • European Association For Cardio-Thoracic Surgery

     

全件表示 >>