中本 伸宏 (ナカモト ノブヒロ)

Nakamoto, Nobuhiro

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 内科学教室(消化器) (信濃町)

職名

准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  •  

    慶應義塾, 医学部

    大学

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 肝臓病、免疫

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 当院における急性肝不全治療 内科・外科連携の重要性

    山岸由幸,斉藤英胤,島津元秀,星野健,小林央,中本伸宏,堀江義則,加藤眞三,森川康英,北島政樹,石井裕正

    日本消化器病学会雑誌 99 ( 10 ) 1205-1212 2002年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

  • 当院における急性肝不全治療:内科・外科連携の重要性

    山岸由幸,斉藤英胤,島津元秀,星野健,小林央,中本伸宏,堀江義則,加藤眞三,森川康英,北島政樹,石井裕正

    日本消化器病学会雑誌 99 ( 10 ) 1205-1212 2002年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

  • The detection of IRF-1 promoter polymorphisms and their possible contribution to T helper response in chronic hepatitis C

    Saito Hidetsugu, Tada Shinnichirou, Wakabayashi Kanji, Nakamoto Nobuhiro, Takahashi Masahiko, Nakamura Mitsuyasu, Ebinuma Hirotoshi, Ishii Hiromasa

    Journal of interferon & cytokine research 22 ( 6 ) 693-700 2002年06月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

  • 劇症肝炎に対する生体肝移植術後の問題点についての検討

    山岸由幸,中本伸宏,小林央,加藤真三,齋藤英胤,石井裕正,田辺稔,星野健,若林剛,島津元秀,北島政樹

    肝臓 42 ( 12 ) 701-701 2001年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

  • 性感染症とウイルス肝炎

    中本伸宏,石井裕正

    日本医師会雑誌 126 ( 9 ) 1168-1168 2001年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 虚血性変化により狭窄を来して4ヵ月の経過で発症した外傷性イレウスの一例

    中谷綾,藤山洋一,西村健,中本伸宏,今枝博之,永田博司,白石淳一,長谷川博俊,石井裕正

    第272回日本消化器病学会関東地方会, 2002年12月, 口頭(一般)

  • 移植前後の経過から検討した劇症肝炎に対する肝移植適応

    山岸由幸,斉藤英胤,足立雅之,小林央,中本伸宏,堀江義則,加藤真三,石井裕正,田辺稔,星野健,若林剛,島津元秀,北島政樹

    第27回急性肝不全研究会, 2002年12月

  • Non-B, non-C HCC患者血清より検出されたHBVの変異に関する検討

    中本伸宏,多田慎一郎,海老沼浩利,斎藤義正,中村光康,齋藤英胤,石井裕正

    第34回日本肝臓学会東部会, 2002年11月

  • フリーラジカルスカベンジャーエダラボンの急性肝障害抑制効果

    多田慎一郎,中本伸宏,齋藤英胤

    第6回日本肝臓学会大会(DDW-J2002), 2002年10月

  • B型慢性肝炎に対するラミブジン治療後HBV-DNA量の変化―HBV real time monitor法の有用性―

    海老沼浩利,多田慎一郎,斎藤義正,中本伸宏,齋藤英胤,石井裕正

    第6回日本肝臓学会大会(DDW-J2002), 2002年10月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腸肝指向性腸内細菌と肝臓内免疫応答を介した原発性硬化性胆管炎の進展機序の解明

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 中本 伸宏, 基盤研究(C), 補助金,  代表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内科学(消化器)講義

    2019年度

  • 疾患分子生物学特論

    2019年度