安田 浩之 (ヤスダ ヒロユキ)

Yasuda, Hiroyuki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 内科学教室(呼吸器) (信濃町)

職名

専任講師

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学医学部内科学教室

  • 2005年04月
    -
    2010年12月

    慶應義塾大学医学部内科学(呼吸器)

  • 2011年01月
    -
    2012年03月

    Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School

  • 2012年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部内科学(呼吸器)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年

    慶応義塾大学, 医学部

    卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士, 慶應義塾大学, 論文

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学 (腫瘍生物学)

  • 細胞生物学 (細胞生物学)

  • 呼吸器内科学 (肺癌)

  • 呼吸器内科学 (トランスレーショナル研究)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • オルガノイド

  • トランスレーショナル研究

  • バイオバンク

  • 細胞生物学

  • 肺癌

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • HSP90 inhibition overcomes EGFR amplification-induced resistance to third-generation EGFR-TKIs.

    Watanabe S, Goto Y, Yasuda H, Kohno T, Motoi N, Ohe Y, Nishikawa H, Kobayashi SS, Kuwano K, Togashi Y

    Thoracic cancer 2021年01月

    ISSN  1759-7706

  • Functional dissection of the KRAS G12C mutation by comparison among multiple oncogenic driver mutations in a lung cancer cell line model

    Kobayashi K., Terai H., Yasuda H., Hamamoto J., Hayashi Y., Takeuchi O., Mitsuishi Y., Masuzawa K., Manabe T., Ikemura S., Kawada I., Suzuki Y., Soejima K., Fukunaga K.

    Biochemical and Biophysical Research Communications (Biochemical and Biophysical Research Communications)  534   1 - 7 2021年01月

    ISSN  0006291X

     概要を見る

    © 2020 The Authors The development of molecular targeted therapy has improved clinical outcomes in patients with life-threatening advanced lung cancers with driver oncogenes. However, selective treatment for KRAS-mutant lung cancer remains underdeveloped. We have successfully characterised specific molecular and pathological features of KRAS-mutant lung cancer utilising newly developed cell line models that can elucidate the differences in driver oncogenes among tissues with identical genetic backgrounds. Among these KRAS-mutation-associated specific features, we focused on the IGF2-IGF1R pathway, which has been implicated in the drug resistance mechanisms to AMG 510, a recently developed selective inhibitor of KRAS G12C lung cancer. Experimental data derived from our cell line model can be used as a tool for clinical treatment strategy development through understanding of the biology of lung cancer. The model developed in this paper may help understand the mechanism of anticancer drug resistance in KRAS-mutated lung cancer and help develop new targeted therapies to treat patients with this disease.

  • An Organoid Biobank of Neuroendocrine Neoplasms Enables Genotype-Phenotype Mapping.

    Kawasaki K, Toshimitsu K, Matano M, Fujita M, Fujii M, Togasaki K, Ebisudani T, Shimokawa M, Takano A, Takahashi S, Ohta Y, Nanki K, Igarashi R, Ishimaru K, Ishida H, Sukawa Y, Sugimoto S, Saito Y, Maejima K, Sasagawa S, Lee H, Kim HG, Ha K, Hamamoto J, Fukunaga K, Maekawa A, Tanabe M, Ishihara S, Hamamoto Y, Yasuda H, Sekine S, Kudo A, Kitagawa Y, Kanai T, Nakagawa H, Sato T

    Cell 2020年10月

    ISSN  0092-8674

  • SHOC2 Is a Critical Modulator of Sensitivity to EGFR-TKIs in Non-Small Cell Lung Cancer Cells.

    Terai H, Hamamoto J, Emoto K, Masuda T, Manabe T, Kuronuma S, Kobayashi K, Masuzawa K, Ikemura S, Nakayama S, Kawada I, Suzuki Y, Takeuchi O, Suzuki Y, Ohtsuki S, Yasuda H, Soejima K, Fukunaga K

    Molecular cancer research : MCR 2020年10月

    ISSN  1541-7786

  • Clinical characteristics of 345 patients with coronavirus disease 2019 in Japan: A multicenter retrospective study.

    Ishii M, Terai H, Kabata H, Masaki K, Chubachi S, Tateno H, Nakamura M, Nishio K, Koh H, Watanabe R, Ueda S, Terashima T, Suzuki Y, Yagi K, Miyao N, Minematsu N, Inoue T, Nakachi I, Namkoong H, Okamori S, Ikemura S, Kamata H, Yasuda H, Kawada I, Hasegawa N, Fukunaga K, Keio COVID-19 Research Consortium (K-CORC) and the Keio Donner Project Team.

    The Journal of infection 2020年09月

    ISSN  0163-4453

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 肺癌オルガノイドライブラリー統合解析による癌の不均一性の解明と新規治療標的同定

    2020年04月
    -
    2022年03月

    日本医療研究開発機構(AMED), 次世代がん医療創生研究事業, 安田浩之, 代表

  • 肺癌オルガノイドを用いた治療後期肺癌の悪性度の本態解明

    2019年04月
    -
    2022年03月

    日本医療研究開発機構(AMED), 革新的がん医療実用化研究事業, 安田浩之

  • 肺癌オルガノイドライブラリーを用いたprecision medicineの確立と新規治療標的の同定

    2018年11月
    -
    2020年03月

    日本医療研究開発機構(AMED), 次世代がん医療創生研究事業, 安田浩之

  • 難治性あるいは希少肺癌克服のための肺癌基礎研究臨床応用システムの構築

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 安田 浩之, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • Imaging Mass-spectrometryの癌領域での臨床応用へ向けて

    2015年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 安田 浩之, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    癌患者の予後は依然不良で、その改善のためには多方面から癌医療を改善する必要がある。Imaging Mass-spectrometry (MS)は、組織切片内の各局在部位(ピクセル)での標的分子を質量分析器を用いて網羅的に定量し、それを「可視化」することができる最新の工学的technologyです。本研究の中で我々は、血管新生阻害薬が癌細胞にどのような影響を与えるかを明らかにしました。Imaging MSを用いて抗癌剤がどのように効果を発揮するかを明らかにすることで、抗癌剤の効率的な使用方法の確立につながる可能性があると考えている。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 武田科学振興財団研究助成金(医学系研究継続助成)

    2019年

    受賞区分: その他の賞

  • 研究奨励賞 日本肺癌学会

    2018年

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 武田科学振興財団研究助成金(医学系研究)

    2016年

    受賞区分: その他の賞

  • 第55回 日本呼吸器学会 学会奨励賞

    2015年

  • 日本肺癌学会 若手奨励賞

    2015年

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 薬理学

    2021年度

  • 内科学(呼吸器)講義

    2021年度

  • 内科ケーススタディー

    2021年度

  • 薬理学

    2020年度

  • 内科学(呼吸器)講義

    2020年度

全件表示 >>