石井 誠 (イシイ マコト)

Ishii, Makoto

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 内科学教室(呼吸器) (信濃町)

職名

准教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    慶應義塾大学医学部研修医(内科学)

  • 1998年04月
    -
    2002年03月

    慶應義塾大学医学部専修医(内科学)

  • 1998年05月
    -
    1999年04月

    北里研究所メディカルセンター病院 内科

  • 1999年05月
    -
    2000年05月

    済生会宇都宮病院 内科

  • 2000年06月
    -
    2004年06月

    慶應義塾大学医学部 内科学(呼吸器)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月

    慶應義塾

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 2005年05月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1996年05月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 呼吸器内科学 (呼吸器感染症学、呼吸器再生学)

  • 感染症内科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エピジェネティクス

  • 呼吸器再生医学

  • 呼吸器感染症 

  • 感染免疫

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Clinical Characteristics of Patients with Coronavirus Disease (COVID-19): Preliminary Baseline Report of Japan COVID-19 Task Force, a Nationwide Consortium to Investigate Host Genetics of COVID-19

    Tanaka H., Lee H., Morita A., Namkoong H., Chubachi S., Kabata H., Kamata H., Ishii M., Hasegawa N., Harada N., Ueda T., Ueda S., Ishiguro T., Arimura K., Saito F., Yoshiyama T., Nakano Y., Mutoh Y., Suzuki Y., Murakami K., Okada Y., Koike R., Kitagawa Y., Tokunaga K., Kimura A., Imoto S., Miyano S., Ogawa S., Kanai T., Fukunaga K.

    International Journal of Infectious Diseases (International Journal of Infectious Diseases)  113   74 - 81 2021年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し,  ISSN  12019712

     概要を見る

    Background and design:: The coronavirus disease (COVID-19) pandemic is having a devastating effect worldwide. Host genome differences between populations may influence the severity of COVID-19. The Japan COVID-19 Task Force is conducting host genome analysis of hospitalized patients with COVID-19 from more than 70 institutions nationwide in Japan. This report describes the clinical characteristics of patients enrolled to date. Results:: The median (interquartile range) age of the 1674 patients included in the analysis was 59 (45–71) years, and more than half of the patients (66.2%) were male. Less than half of the patients (41.2%) had severe disease. The case fatality rate was 3.2%. Conclusions:: Since this is a hospital-based study, the number of severe cases was relatively high, but the case fatality rate was relatively low, when compared to that of other countries. In the future, we will continue to enroll patients and conduct genome analyses of patients with COVID-19.

  • Diagnostic Performance of Computed Tomography Imaging for COVID-19 in a Region with Low Disease Prevalence

    Lee Ho, Suzuki Tatsuya, Okada Yohei, Tanaka Hiromu, Okamori Satoshi, Kamata Hirofumi, Ishii Makoto, Jinzaki Masahiro, Fukunaga Koichi

    KEIO JOURNAL OF MEDICINE (Keio Journal of Medicine)  2021年11月

    ISSN  0022-9717

     概要を見る

    <p>Coronavirus disease 2019 (COVID-19) was first reported in Wuhan, China, in December 2019 as an outbreak of pneumonia of unknown origin. Previous studies have suggested the utility of chest computed tomography (CT) in the diagnosis of COVID-19 because of its high sensitivity (93%–97%), relatively simple procedure, and rapid test results. This study, performed in Japan early in the epidemic when COVID-19 prevalence was low, evaluated the diagnostic accuracy of chest CT in a population presenting with lung diseases having CT findings similar to those of COVID-19. We retrospectively included all consecutive patients (≥18 years old) presenting to the outpatient department of Keio University Hospital between March 1 and May 31, 2020, with fever and respiratory symptoms. We evaluated the performance of diagnostic CT for COVID-19 by using polymerase chain reaction (PCR) results as the reference standard. We determined the numbers of false-positive (FP) results and assessed the clinical utility using decision curve analysis. Of the 175 patients, 22 were PCR-positive. CT had a sensitivity of 68% and a specificity of 57%. Patients with FP results on CT diagnosis were mainly diagnosed with diseases mimicking COVID-19, e.g., interstitial lung disease. Decision curve analysis indicated that the clinical utility of CT imaging was limited. The diagnostic performance of CT for COVID-19 was inadequate in an area with low COVID-19 prevalence and a high prevalence of other lung diseases with chest CT findings similar to those of COVID-19. Considering this insufficient diagnostic performance, CT findings should be evaluated in the context of additional medical information to diagnose COVID-19.</p>

  • ADAM10 partially protects mice against influenza pneumonia by suppressing specific myeloid cell population

    Okamori S., Ishii M., Asakura T., Suzuki S., Namkoong H., Kagawa S., Hegab A.E., Yagi K., Kamata H., Kusumoto T., Ogawa T., Takahashi H., Yoda M., Horiuchi K., Hasegawa N., Fukunaga K.

    American Journal of Physiology - Lung Cellular and Molecular Physiology (American Journal of Physiology - Lung Cellular and Molecular Physiology)  321 ( 5 ) L872 - L884 2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読無し,  ISSN  10400605

     概要を見る

    The influenza virus infection poses a serious health threat worldwide. Myeloid cells play pivotal roles in regulating innate and adaptive immune defense. A disintegrin and metalloproteinase (ADAM) family of proteins contributes to various immune responses; however, the role of a disintegrin and metalloproteinase domain-containing protein 10 (ADAM10) in influenza virus infection remains largely unknown. Herein, we investigated its role, focusing on myeloid cells, during influenza virus infection in mice. ADAM10 gene (Adam10)flox/flox/Lyz2-Cre (Adam10DLyz2) and control Adam10flox/flox mice were intranasally infected with 200 plaque-forming units of influenza virus A/H1N1/PR8/34. Adam10DLyz2 mice exhibited a significantly higher mortality rate, stronger lung inflammation, and a higher virus titer in the lungs than control mice. Macrophages and inflammatory cytokines, such as TNF-a, IL-1b, and CCL2, were increased in bronchoalveolar lavage fluid from Adam10DLyz2 mice following infection. CD11b+Ly6G-F4/80+ myeloid cells, which had an inflammatory monocyte/macrophage-like phenotype, were significantly increased in the lungs of Adam10DLyz2 mice. Adoptive transfer experiments suggested that these cells likely contributed to the poorer prognosis in Adam10DLyz2 mice. Seven days after infection, CD11b+Ly6G-F4/80+ lung cells exhibited significantly higher arginase-1 expression levels in Adam10DLyz2 mice than in control mice, whereas an arginase-1 inhibitor improved the prognosis of Adam10DLyz2 mice. Enhanced granulocyte-macrophage colony-stimulating factor (GM-CSF)/GM-CSF receptor signaling likely contributed to this process. Collectively, these results indicate that myeloid ADAM10 protects against influenza virus pneumonia and may be a promising therapeutic target.

  • Clinical Features and Prognosis of Nontuberculous Mycobacterial Pleuritis A Multicenter Retrospective Study

    Yagi Kazuma, Ito Akihiro, Fujiwara Keiji, Morino Eriko, Hase Isano, Nakano Yasushi, Asakura Takanori, Furuuchi Koji, Morita Atsuho, Asami Takahiro, Namkoong Ho, Saito Fumitake, Morimoto Kozo, Ishii Makoto, Sato Yasunori, Tateno Hiroki, Nishio Kazumi, Oyamada Yoshitaka, Fukunaga Koichi, Sugiyama Haruhito, Ishida Tadashi, Kurashima Atsuyuki, Hasegawa Naoki

    ANNALS OF THE AMERICAN THORACIC SOCIETY 18 ( 9 ) 1490 - 1497 2021年09月

    ISSN  1546-3222

  • Longitudinal validity and prognostic significance of the St George's Respiratory Questionnaire in Mycobacterium avium complex pulmonary disease

    Ogawa T., Asakura T., Suzuki S., Okamori S., Kusumoto T., Sato Y., Namkoong H., Kamata H., Ishii M., Fukunaga K., Hasegawa N.

    Respiratory Medicine (Respiratory Medicine)  185 2021年08月

    ISSN  09546111

     概要を見る

    Background: Although previous cross-sectional studies showed the feasibility and clinical association of the St. George's Respiratory Questionnaire (SGRQ) in Mycobacterium avium complex pulmonary disease (MAC-PD), its longitudinal validity is poorly understood. We aimed to determine the longitudinal validity and prognostic significance of SGRQ. Methods: In this prospective observational study conducted between May 2012 and August 2018, we evaluated 269 enrolled patients with MAC-PD and examined associations between baseline SGRQ total scores and mortality or clinical variables (anchors), including serum C-reactive protein levels and pulmonary function test results. Results: Age- and sex-matched SGRQ scores indicated significantly greater impairment in patients with MAC-PD than in the general population (P < 0.001). On multivariable Cox proportional hazards regression analysis, the SGRQ total score ≥25 was an independent risk factor for mortality (adjusted hazard ratio, 5.90; 95% confidence interval, 1.65–37.7) as well as age, body mass index, and forced vital capacity (FVC). Mixed-effect model results showed a significant association between SGRQ symptom/total scores and forced expiratory volume in 1 s (FEV1), FVC, and diffusing carbon monoxide capacity. Older age, a positive smear, non-nodular/bronchiectatic form, and cavity regions were associated with SGRQ total score deterioration. Patients with a greater decline from baseline FEV1 (% predicted) exhibited significantly worse impairment in the SGRQ total score (mean ± SE, 4.69 ± 10.9 points, P = 0.001). Conclusions: SGRQ showed longitudinal validity in assessing disease severity and was sensitive to changes in patients with MAC-PD, especially changes in %FEV1. The SGRQ total score may be an important prognostic factor.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • いまなぜ感冒や肺炎に注目すべきか

    小林 治, 國島 広之, 石井 誠, 関 雅文, 阿部 修一

    日本化学療法学会雑誌 ((公社)日本化学療法学会)  69 ( 5 ) 361 - 366 2021年09月

    ISSN  1340-7007

     概要を見る

    感冒やインフルエンザはしばしば肺炎球菌性肺炎を合併することが知られているが、COVID-19における合併例は多くない。インフルエンザもCOVID-19もそれぞれ呼吸器ウイルス感染症であるので、その病像は宿主免疫反応に依存している。したがって、臨床的には病初期における正確な病原診断によって緻密な治療計画を策定することで、患者の予後改善に寄与する可能性がある。今後は感冒、インフルエンザ、COVID-19を含めた呼吸器ウイルス感染症と細菌性肺炎とを一連の病態と考えた研究と開発の必要性を発信したい。(著者抄録)

  • 肺非結核性抗酸菌症:多角的アプローチから臨床的理解を深める 肺非結核性抗酸菌症に合併する胸膜炎

    八木 一馬, 斎藤 史武, 南宮 湖, 石田 直, 伊藤 明広, 西尾 和三, 中野 泰, 長谷川 直樹, 石井 誠, 佐藤 泰憲, 朝倉 崇徳, 森田 篤帆, 倉島 篤行, 森本 耕三, 古内 浩司, 藤原 啓司, 杉山 温人, 森野 英里子, 小山田 吉孝, 舘野 博喜, 長谷 衣佐乃, 浅見 貴弘

    結核 ((一社)日本結核・非結核性抗酸菌症学会)  96 ( 4 ) 69 - 69 2021年06月

    ISSN  0022-9776

  • Exacerbation of immune thrombocytopenia triggered by COVID-19 in patients with systemic lupus erythematosus

    Kondo Y., Kaneko Y., Oshige T., Fukui H., Saito S., Okayama M., Kamata H., Ishii M., Hasegawa N., Fukunaga K., Takeuchi T.

    Annals of the Rheumatic Diseases (Annals of the Rheumatic Diseases)  80 ( 5 )  2021年05月

    ISSN  00034967

  • 急性呼吸窮迫症候群に対する新規治療法確立に向けた直接リプログラミングによる肺再生の試み

    石井 誠

    Shock: 日本Shock学会雑誌 ((一社)日本Shock学会)  35 ( 1 ) 16 - 16 2021年05月

    ISSN  0919-8156

  • 東京都におけるCOVID-19の重症度とSARS-CoV-2におけるミスセンス変異との関係

    阿部 紘大, 上蓑 義典, 宇野 俊介, 石井 誠, 村田 満, 長谷川 直樹, 北川 雄光, 福永 興一, 末松 誠

    感染症学雑誌 ((一社)日本感染症学会)  95 ( 臨増 ) 264 - 264 2021年04月

    ISSN  0387-5911

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ラット肺虚血再潅流傷害に対するJNK阻害剤の効果

    山口 佳寿博

    第44回日本呼吸器学会総会 (東京) , 2004年03月, ポスター(一般)

  • Ovalbumin(OA)感作気道炎症ラットモデルの肺微小循環におけるVCAM-1依存性リンパ球動態異常

    山口 佳寿博

    第44回日本呼吸器学会総会 (東京) , 2004年03月, ポスター(一般)

  • Protection of hypercapnic acidosis against endotoxin-induced pulmonary endothelial cell injury.

    山口 佳寿博

    第44回日本呼吸器学会総会 (東京) , 2004年03月, 口頭(一般)

  • 肺血管内皮細胞障害に対するエダラボンの抑制効果とその機序

    山口 佳寿博

    第44回日本呼吸器学会総会 (東京) , 2004年03月, ポスター(一般)

  • Intracellular signal transduction and cytokine production in hyperoxia-exposed human alveolar macrophages.

    山口 佳寿博

    2003 ATS International Conference (Seattle) , 2003年05月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • AMED 新興・再興感染症研究基盤創生事業(多分野融合研究領域)新型コロナウイルス感染症後遺症の病態生理の多分野融合による解明 (研究開発代表者)

    2021年08月
    -
    2024年03月

    AMED , 石井誠, 補助金,  代表

  • AMED再生医療実現拠点ネットワークプログラム(技術開発個別課題<トランスレーショナルリサーチ1> 最適化したダイレクトリプログラミングによる革新的肺再生 (研究開発代表者)

    2019年09月
    -
    2022年03月

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED), 石井誠, 補助金,  代表

  • 直接リプログラミングによる気道上皮細胞の効率的誘導法の確立 (代表)

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省, 科学研究費 基盤(B), 石井誠

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の長期合併症の実態把握と病態生理解明に向けた基盤研究 (分担)

    2020年09月
    -
    継続中

    厚生労働省, 厚生労働行政推進調査事業費, 福永興壱

  • AMED 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 新型コロナ変異ウイルスに対する遺伝学的、免疫学的、代謝学的病態解明および治療戦略の策定 (分担)

    2021年07月
    -
    2022年03月

    AMED , 福永興壱, 補助金,  分担

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2021年大樹生命財団 第54回医学研究助成(代表)

    2021年07月, 新型コロナウイルス感染後の肺及び他臓器の長期後遺症の実態解明

  • 大和証券ヘルス財団 令和2年度 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) に関する調査研究助成

    2021年01月, 公益財団法人 大和証券ヘルス財団

  • 第67回日本感染症学会東日本地方会 最優秀賞

    2019年02月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • AMED橋渡し研究 シーズA

    2018年

  • JKiC(JSR・慶應義塾大学 医学化学イノベーションセンター)学術開発プロジェクト

    2018年

    受賞区分: その他の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内科学(呼吸器)講義

    2021年度

  • 内科学講義

    2021年度

  • 内科学(呼吸器)講義

    2020年度

  • 内科学講義

    2020年度

  • 内科ケーススタディー

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内科学(呼吸器)

    慶應義塾大学医学部, 2019年度, 専門科目, 講義, 兼担

  • 内科学(呼吸器)

    慶應義塾大学医学部, 2018年度, 専門科目, 講義, 兼担

  • 内科学(呼吸器)

    慶應義塾大学医学部, 2017年度, 専門科目, 講義, 兼担

  • 内科学(呼吸器)

    慶應義塾大学医学部, 2016年度, 専門科目, 講義, 兼担

  • 内科学(呼吸器)

    慶應義塾, 2015年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学内科専門研修プログラム管理委員会委員長

    2015年
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

  • ハワイ大学PBL教育ワークショップ 参加

    2011年
    -
    継続中

    , その他特記事項

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会 科学研究費一次審査委員

    2015年04月
    -
    2017年03月
  • 日本学術振興会 科学研究費一次審査委員 二次審査委員

    2018年04月
    -
    2020年03月
  • 国民保険東京都審査委員(公益代表)

    2013年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    国民保険東京都審査委員(公益代表)(2013年4月-現在)

  • 特定非営利活動法人非結核抗酸菌症研究コンソーシアム(NTM-JRC)理事

    2016年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    特定非営利活動法人非結核抗酸菌症研究コンソーシアム(NTM-JRC)理事(2016年4月-現在)

  • TV出演・講演 (NHK)「ここが聞きたい!最新ニュース」 新型コロナ Q&A特集

    NHK, きょうの健康, 

    2021年06月

     概要を見る

    6月10日放送

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 米国胸部疾患学会

     
  • 日本内科学会(認定医・専門医・指導医)

     
  • 日本呼吸器学会(専門医・指導医)

     
  • 日本呼吸器内視鏡学会(専門医・指導医)

     
  • 日本感染症学会(専門医・指導医), 

    2003年12月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年09月
    -
    継続中

    慶應義塾大学内科専門研修プログラム管理委員会委員長, 日本内科学会/慶應義塾大学病院

  • 2020年10月
    -
    継続中

    医療保険指導部部長, 慶應義塾大学病院

  • 2020年04月
    -
    継続中

    財務委員会 委員, 日本呼吸器学会 

  • 2017年
    -
    継続中

    臨床研究推進委員会 委員, 日本感染症学会

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    第94回日本感染症学会学術集会プログラム委員, 日本感染症学会

全件表示 >>