石井 誠 (イシイ マコト)

Ishii, Makoto

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 内科学教室(呼吸器) (信濃町)

職名

准教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    慶應義塾大学医学部研修医(内科学)

  • 1998年04月
    -
    2002年03月

    慶應義塾大学医学部専修医(内科学)

  • 1998年05月
    -
    1999年04月

    北里研究所メディカルセンター病院 内科

  • 1999年05月
    -
    2000年05月

    済生会宇都宮病院 内科

  • 2000年06月
    -
    2004年06月

    慶應義塾大学医学部 内科学(呼吸器)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月

    慶應義塾

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾, 2005年05月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 医師免許, 1996年05月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 呼吸器内科学 (呼吸器感染症学、呼吸器再生学)

  • 感染症内科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エピジェネティクス

  • 呼吸器再生医学

  • 呼吸器感染症 

  • 感染免疫

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Longitudinal validity and prognostic significance of the St George's Respiratory Questionnaire in Mycobacterium avium complex pulmonary disease

    Ogawa T., Asakura T., Suzuki S., Okamori S., Kusumoto T., Sato Y., Namkoong H., Kamata H., Ishii M., Fukunaga K., Hasegawa N.

    Respiratory Medicine (Respiratory Medicine)  185 2021年08月

    ISSN  09546111

     概要を見る

    Background: Although previous cross-sectional studies showed the feasibility and clinical association of the St. George's Respiratory Questionnaire (SGRQ) in Mycobacterium avium complex pulmonary disease (MAC-PD), its longitudinal validity is poorly understood. We aimed to determine the longitudinal validity and prognostic significance of SGRQ. Methods: In this prospective observational study conducted between May 2012 and August 2018, we evaluated 269 enrolled patients with MAC-PD and examined associations between baseline SGRQ total scores and mortality or clinical variables (anchors), including serum C-reactive protein levels and pulmonary function test results. Results: Age- and sex-matched SGRQ scores indicated significantly greater impairment in patients with MAC-PD than in the general population (P < 0.001). On multivariable Cox proportional hazards regression analysis, the SGRQ total score ≥25 was an independent risk factor for mortality (adjusted hazard ratio, 5.90; 95% confidence interval, 1.65–37.7) as well as age, body mass index, and forced vital capacity (FVC). Mixed-effect model results showed a significant association between SGRQ symptom/total scores and forced expiratory volume in 1 s (FEV1), FVC, and diffusing carbon monoxide capacity. Older age, a positive smear, non-nodular/bronchiectatic form, and cavity regions were associated with SGRQ total score deterioration. Patients with a greater decline from baseline FEV1 (% predicted) exhibited significantly worse impairment in the SGRQ total score (mean ± SE, 4.69 ± 10.9 points, P = 0.001). Conclusions: SGRQ showed longitudinal validity in assessing disease severity and was sensitive to changes in patients with MAC-PD, especially changes in %FEV1. The SGRQ total score may be an important prognostic factor.

  • Antigen-driven autoantibody production in lungs of interstitial lung disease with autoimmune disease

    Takeshita M., Suzuki K., Nakazawa M., Kamata H., Ishii M., Oyamada Y., Oshima H., Takeuchi T.

    Journal of Autoimmunity (Journal of Autoimmunity)  121 2021年07月

    ISSN  08968411

     概要を見る

    Interstitial lung disease (ILD) sometimes becomes a life-threatening complication of systemic autoimmune diseases; however, little is known about the immune response in lung lesions. We aimed to investigate humoural immunity in ILD associated with rheumatoid arthritis (RA), sjögren's syndrome (SjS), and mixed connective tissue disease (MCTD), using bronchoalveolar fluid (BALF) and serum samples from 15 patients with autoimmune disease associated-ILD. We first showed that BALF contained higher titers of disease-related autoantibodies than serum, suggesting the possibility of autoantibody production in lungs. Next, we produced 326 monoclonal antibodies from antibody-secreting cells in BALF, and the reactivity and their revertants, in which somatic hypermutations were reverted to germline, were analyzed. Among 123 antibodies from RA-ILD, 16 disease-related antibodies (anti-modified protein antibodies and rheumatoid factors) were identified, of which one antibody had both properties. The revertant antibodies changed their target modification in a complicated manner, suggesting that the antibodies were selected against various modifications in lungs. Among 146 antibodies from SjS-ILD and/or MCTD-ILD, seven anti-SSA/Ro60 antibodies and 15 anti-RNP antibodies were identified. Some of the anti-RNP antibodies recognized multiple RNP constituent proteins simultaneously, indicating that epitope spreading may progress in lungs. Our results revealed the existence of an active autoimmunity in the lungs of autoimmune disease associated-ILD.

  • 当院で入院加療した新型コロナウイルス感染症患者の臨床像 第1波と第2波の比較

    藤井 健太郎, 中村 守男, 丸木 孟知, 土屋 悠海, 伊藤 航人, 谷山 大輔, 関根 和彦, 石井 誠, 福永 興壱, 菊池 隆秀

    日本呼吸器学会誌 ((一社)日本呼吸器学会)  10 ( 3 ) 236 - 244 2021年05月

    ISSN  2186-5876

     概要を見る

    当院の新型コロナウイルス感染症の診療状況について4月前後の第1波と6月以降の第2波で比較検討し、第2波で致死率が低下し重症化が抑制されていた。重症化マーカーである白血球数、CRP、フェリチン、LDH、D-dimerは酸素吸入を要する中等症・重症群で有意な上昇を認め、第2波では一部は有意な低下を呈したが、第1波と同等に高値である群が存在した。第2波では軽症から中等症への悪化は抑制されていないが、中等症から重症への悪化が抑制されており、レムデシビル(remdesivir)やデキサメタゾン(dexamethasone)などの治療の早期介入が寄与している可能性が考えられた。(著者抄録)

  • Incomplete humoral response including neutralizing antibodies in asymptomatic to mild COVID-19 patients in Japan

    Takeshita Masaru, Nishina Naoshi, Moriyama Saya, Takahashi Yoshimasa, Uwamino Yoshifumi, Nagata Mika, Aoki Wataru, Masaki Katsunori, Ishii Makoto, Saya Hideyuki, Kondo Yasushi, Kaneko Yuko, Suzuki Katsuya, Fukunaga Koichi, Takeuchi Tsutomu

    VIROLOGY 555   35 - 43 2021年03月

    ISSN  0042-6822

  • Distinct Expression of Coinhibitory Molecules on Alveolar T Cells in Patients With Rheumatoid Arthritis-Associated and Idiopathic Inflammatory Myopathy-Associated Interstitial Lung Disease

    Nakazawa Maho, Suzuki Katsuya, Takeshita Masaru, Inamo Jun, Kamata Hirofumi, Ishii Makoto, Oyamada Yoshitaka, Oshima Hisaji, Takeuchi Tsutomu

    ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY 2021年02月

    ISSN  2326-5191

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 肺非結核性抗酸菌症:多角的アプローチから臨床的理解を深める 肺非結核性抗酸菌症に合併する胸膜炎

    八木 一馬, 斎藤 史武, 南宮 湖, 石田 直, 伊藤 明広, 西尾 和三, 中野 泰, 長谷川 直樹, 石井 誠, 佐藤 泰憲, 朝倉 崇徳, 森田 篤帆, 倉島 篤行, 森本 耕三, 古内 浩司, 藤原 啓司, 杉山 温人, 森野 英里子, 小山田 吉孝, 舘野 博喜, 長谷 衣佐乃, 浅見 貴弘

    結核 ((一社)日本結核・非結核性抗酸菌症学会)  96 ( 4 ) 69 - 69 2021年06月

    ISSN  0022-9776

  • Exacerbation of immune thrombocytopenia triggered by COVID-19 in patients with systemic lupus erythematosus

    Kondo Y., Kaneko Y., Oshige T., Fukui H., Saito S., Okayama M., Kamata H., Ishii M., Hasegawa N., Fukunaga K., Takeuchi T.

    Annals of the Rheumatic Diseases (Annals of the Rheumatic Diseases)  80 ( 5 )  2021年05月

    ISSN  00034967

  • 急性呼吸窮迫症候群に対する新規治療法確立に向けた直接リプログラミングによる肺再生の試み

    石井 誠

    Shock: 日本Shock学会雑誌 ((一社)日本Shock学会)  35 ( 1 ) 16 - 16 2021年05月

    ISSN  0919-8156

  • 東京都におけるCOVID-19の重症度とSARS-CoV-2におけるミスセンス変異との関係

    阿部 紘大, 上蓑 義典, 宇野 俊介, 石井 誠, 村田 満, 長谷川 直樹, 北川 雄光, 福永 興一, 末松 誠

    感染症学雑誌 ((一社)日本感染症学会)  95 ( 臨増 ) 264 - 264 2021年04月

    ISSN  0387-5911

  • 間質性肺炎が先行した抗Signal recognition particle(SRP)抗体陽性壊死性筋炎の一例

    楠本 竜也, 岡森 慧, 増澤 啓太, 朝倉 崇徳, 仁科 直, 中鉢 正太郎, 石井 誠, 猶木 克彦, 福永 興壱

    日本呼吸器学会誌 ((一社)日本呼吸器学会)  10 ( 増刊 ) 251 - 251 2021年04月

    ISSN  2186-5876

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ラット肺虚血再潅流傷害に対するJNK阻害剤の効果

    山口 佳寿博

    第44回日本呼吸器学会総会 (東京) , 2004年03月, ポスター(一般)

  • Ovalbumin(OA)感作気道炎症ラットモデルの肺微小循環におけるVCAM-1依存性リンパ球動態異常

    山口 佳寿博

    第44回日本呼吸器学会総会 (東京) , 2004年03月, ポスター(一般)

  • Protection of hypercapnic acidosis against endotoxin-induced pulmonary endothelial cell injury.

    山口 佳寿博

    第44回日本呼吸器学会総会 (東京) , 2004年03月, 口頭(一般)

  • 肺血管内皮細胞障害に対するエダラボンの抑制効果とその機序

    山口 佳寿博

    第44回日本呼吸器学会総会 (東京) , 2004年03月, ポスター(一般)

  • Intracellular signal transduction and cytokine production in hyperoxia-exposed human alveolar macrophages.

    山口 佳寿博

    2003 ATS International Conference (Seattle) , 2003年05月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • AMED 新興・再興感染症研究基盤創生事業(多分野融合研究領域)新型コロナウイルス感染症後遺症の病態生理の多分野融合による解明 (研究開発代表者)

    2021年08月
    -
    2024年03月

    AMED , 石井誠, 補助金,  代表

  • AMED再生医療実現拠点ネットワークプログラム(技術開発個別課題<トランスレーショナルリサーチ1> 最適化したダイレクトリプログラミングによる革新的肺再生 (研究開発代表者)

    2019年09月
    -
    2022年03月

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED), 石井誠, 補助金,  代表

  • 直接リプログラミングによる気道上皮細胞の効率的誘導法の確立 (代表)

    2021年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省, 科学研究費 基盤(B), 石井誠

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の長期合併症の実態把握と病態生理解明に向けた基盤研究 (分担)

    2020年09月
    -
    継続中

    厚生労働省, 厚生労働行政推進調査事業費, 福永興壱

  • AMED 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 新型コロナ変異ウイルスに対する遺伝学的、免疫学的、代謝学的病態解明および治療戦略の策定 (分担)

    2021年07月
    -
    2022年03月

    AMED , 福永興壱, 補助金,  分担

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2021年大樹生命財団 第54回医学研究助成(代表)

    2021年07月, 新型コロナウイルス感染後の肺及び他臓器の長期後遺症の実態解明

  • 大和証券ヘルス財団 令和2年度 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) に関する調査研究助成

    2021年01月, 公益財団法人 大和証券ヘルス財団

  • 第67回日本感染症学会東日本地方会 最優秀賞

    2019年02月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • AMED橋渡し研究 シーズA

    2018年

  • JKiC(JSR・慶應義塾大学 医学化学イノベーションセンター)学術開発プロジェクト

    2018年

    受賞区分: その他の賞

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内科学(呼吸器)講義

    2021年度

  • 内科学講義

    2021年度

  • 内科学(呼吸器)講義

    2020年度

  • 内科学講義

    2020年度

  • 内科ケーススタディー

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内科学(呼吸器)

    慶應義塾大学医学部, 2019年度, 専門科目, 講義, 兼担

  • 内科学(呼吸器)

    慶應義塾大学医学部, 2018年度, 専門科目, 講義, 兼担

  • 内科学(呼吸器)

    慶應義塾大学医学部, 2017年度, 専門科目, 講義, 兼担

  • 内科学(呼吸器)

    慶應義塾大学医学部, 2016年度, 専門科目, 講義, 兼担

  • 大学院健康マネジメント研究科「臨床入門」

    慶應義塾, 2015年度

全件表示 >>

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学内科専門研修プログラム管理委員会委員長

    2015年
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

  • ハワイ大学PBL教育ワークショップ 参加

    2011年
    -
    継続中

    , その他特記事項

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会 科学研究費一次審査委員

    2015年04月
    -
    2017年03月
  • 日本学術振興会 科学研究費一次審査委員 二次審査委員

    2018年04月
    -
    2020年03月
  • 国民保険東京都審査委員(公益代表)

    2013年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    国民保険東京都審査委員(公益代表)(2013年4月-現在)

  • 特定非営利活動法人非結核抗酸菌症研究コンソーシアム(NTM-JRC)理事

    2016年04月
    -
    継続中

     概要を見る

    特定非営利活動法人非結核抗酸菌症研究コンソーシアム(NTM-JRC)理事(2016年4月-現在)

  • TV出演・講演 (NHK)「ここが聞きたい!最新ニュース」 新型コロナ Q&A特集

    NHK, きょうの健康, 

    2021年06月

     概要を見る

    6月10日放送

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 米国胸部疾患学会

     
  • 日本内科学会(認定医・専門医・指導医)

     
  • 日本呼吸器学会(専門医・指導医)

     
  • 日本呼吸器内視鏡学会(専門医・指導医)

     
  • 日本感染症学会(専門医・指導医), 

    2003年12月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年09月
    -
    継続中

    慶應義塾大学内科専門研修プログラム管理委員会委員長, 日本内科学会/慶應義塾大学病院

  • 2020年10月
    -
    継続中

    医療保険指導部部長, 慶應義塾大学病院

  • 2020年04月
    -
    継続中

    財務委員会 委員, 日本呼吸器学会 

  • 2017年
    -
    継続中

    臨床研究推進委員会 委員, 日本感染症学会

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    第94回日本感染症学会学術集会プログラム委員, 日本感染症学会

全件表示 >>