塚本 信夫 (ツカモト ノブオ)

Tsukamoto, Nobuo

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 先端医科学研究所(細胞情報研究部門) (信濃町)

職名

助教

外部リンク

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月

    京都大学, 理学研究科, 生物物理学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2000年03月

    東京大学, 医学系研究科, 病因・病理学

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学修士, 京都大学, 課程, 1996年03月

  • 博士(医学), 東京大学, 課程, 2000年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍治療学 (腫瘍免疫学)

  • 細胞生物学 (腫瘍免疫学)

  • 免疫学 (腫瘍免疫学)

  • 分子生物学 (分子生物学)

  • 生命・健康・医療情報学 (バイオインフォマティクス)

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍免疫

  • 免疫抑制

  • 代謝

  • 腫瘍抗原

  • シグナル伝達

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Cancer Induced Immunosuppression and its Modulation by Signal Inhibitors in “Resistance of cancer cells to CTL-mediated immunotherapy”

    Kawakami Y, Qian L, Kawamura N, Miyazaki J, Tsubota K, Kinoshita T, Nakaura K, Ohmura G, Satomi R, Sugiyama J, Nishio H, Hayakawa T, Popivanova B, Nuchsupha S, Liu TH, Kamijuku H, Kudo-Saito C, Tsukamoto N, Sakurai T, Fujita T, Yaguchi T., Springer., 2015年

    担当ページ: 287-302

  • Development of personalized combination cancer immunotherapy based on the patients’ immune status in “Inflammation and immunity in cancer ”

    Kawakami Y, Qian L, Kawamura N, Miyazaki J, Nagumo H, Tsubota K, Kinoshita , Nakamura K, Ohmura G, Satomi R, Sugiyama J, Nishio H, Hayakawa T, Popivanova B, Nuchsupha S, Liu TH, Kamijuku H, Kudo-Saito C, Tsukamoto N, Sakurai T, Fujita T, Yaguchi T., Springer., 2015年

    担当ページ: 255-266

  • Roles of signaling pathways in cancer cells and immune cells in generation of immunosuppressive tumor associated microenvironments. in “The Tumor Immunoenvironment”

    Kawakami Y, Yaguchi T, Sumimoto H, Kudo-Saito C, Tsukamoto N, Iwata-Kajihara T, Nakamura S, Nishio H, Satomi R, Kobayashi A, Tanaka M, Kamijuku H, Tsujikawa T, Kawamura N., Springer Science., 2013年

    担当ページ: 307-323

論文 【 表示 / 非表示

  • CXorf48 is a potential therapeutic target for achieving treatment-free remission in CML patients.

    Matsushita M, Ozawa K, Suzuki T, Nakamura M, Nakano N, Kanchi S, Ichikawa D, Matsuki E, Sakurai M, Karigane D, Kasahara H, Tsukamoto N, Shimizu T, Mori T, Nakajima H, Okamoto S, Kawakami Y, Hattori Y.

    Blood Cancer J. 7   e601 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Determination of poor prognostic immune features of tumour microenvironment in non-smoking patients with lung adenocarcinoma.

    Kinoshita T, Kudo-Saito C, Muramatsu R, Fujita T, Saito M, Nagumo H, Sakurai T, Noji S, Takahata E, Yaguchi T, Tsukamoto N, Hayashi Y, Kaseda K, Kamiyama I, Ohtsuka T, Tomizawa K, Shimoji M, Mitsudomi T, Asamura H, Kawakami Y.

    Eur J Cancer. 86   15 - 27 2017年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Prognostic value of tumor-infiltrating lymphocytes differs depending on histological type and smoking habit in completely resected non-small-cell lung cancer.

    Kinoshita T, Muramatsu R, Fujita T, Nagumo H, Sakurai T, Noji S, Takahata E, Yaguchi T, Tsukamoto N, Kudo-Saito C, Hayashi Y, Kamiyama I, Ohtsuka T, Asamura H, Kawakami Y.

    Ann Oncol. 27   2117 - 2123 2016年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • CCL2 is critical for immunosuppression to promote cancer metastasis.

    Kudo-Saito C, Shirako H, Ohike M, Tsukamoto N, Kawakami Y.

    Clin Exp Metastasis. 30   393 - 405 2013年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Cancer-induced immunosuppressive cascades and their reversal by molecular-targeted therapy.

    Kawakami Y, Yaguchi T, Sumimoto H, Kudo-Saito C, Tsukamoto N, Iwata-Kajihara T, Nakamura S, Nishio H, Satomi R, Kobayashi A, Tanaka M, Park JH, Kamijuku H, Tsujikawa T, Kawamura N.

    Ann N Y Acad Sci. 1284   80 - 86 2013年

    研究論文(学術雑誌), 共著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • がん微小環境の代謝制御による免疫チェックポイント阻害薬の治療効果増強

    河上裕, 塚本信夫, 谷口智憲

    第22回日本がん免疫学会総会 (岡山コンベンションセンター) , 2018年08月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • Signal crosstalk of aryl hydrocarbon receptor (AhR) and IDO phosphorylation in tumor microenvironment

    TSUKAMOTO Nobuo, SHIMAMOTO Kento, SAKAI Yuto, KAMIJUKU Hajime, KAWAKAMI Yutaka

    第45回日本免疫学会総会・学術集会 (沖縄コンベンションセンター、ラグナガーデンホテル) , 2016年12月, ポスター(一般)

  • Molecular mechanisms of immunosuppression by aryl hydrocarbon receptor (AhR) in tumor microenvironment

    TSUKAMOTO Nobuo, KAMIJUKU Hajime, KAWAKAMI Yutaka

    第44回日本免疫学会総会・学術集会 (札幌コンベンションセンター) , 2015年11月, 口頭(一般)

  • Immunosuppression by downstream molecules regulated by aryl hydrocarbon receptor (AhR) in tumor microenvironment

    TSUKAMOTO Nobuo, PARK Jeong Hoon, KAMIJUKU Hajime, KAWAKAMI Yutaka

    第43回日本免疫学会総会・学術集会, 2014年, 口頭(一般)

  • Augmentation of anti-tumor immune responses by a Kampo medicine compound which inhibits signaling associated with cancer induced immunosuppression

    KAMIJUKU Hajime, TSUKAMOTO Nobuo, PARK Jeong Hoon, Kawakami Yutaka

    第42回日本免疫学会総会・学術集会 (幕張メッセ) , 2013年12月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Berberineによる抗腫瘍免疫増強効果の機構解明と効果的な併用免疫療法の開発

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 塚本 信夫, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • がん微小環境における不均一な免疫抑制機構の解明と有効な抗腫瘍免疫誘導法の開発

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 塚本 信夫, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • がん微小環境における芳香族炭化水素受容体AhRの意義解明と治療標的としての評価

    2013年04月
    -
    2016年03月

    塚本 信夫, 補助金,  代表

  • 悪性黒色腫の免疫抑制病態に関与するシグナル系の体系的解明と臨床応用

    2013年04月
    -
    2015年03月

    河上 裕, 補助金,  分担

  • 抗腫瘍免疫ネットワークのキー操作技術開発による効果的な複合がん免疫療法の構築

    2011年04月
    -
    2014年03月

    河上 裕, 補助金,  分担

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 人体の生理 蛋白質調節機構

    2019年度, 春学期, 教養科目, 講義, 兼任

  • 人体の生理 細胞内シグナル伝達

    2019年度, 春学期, 教養科目, 講義, 兼任

  • 人体の生理 遺伝子発現調節

    2019年度, 春学期, 教養科目, 講義, 兼任

  • 人体の生理 蛋白質調節機構

    2018年度, 春学期, 教養科目, 講義, 兼任

  • 人体の生理 細胞内シグナル伝達

    2018年度, 春学期, 教養科目, 講義, 兼任

全件表示 >>