大多 茂樹 (オオタ シゲキ)

Ohta, Shigeki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 先端医科学研究所(細胞情報研究部門) 先端医科学研究所細胞情報研究部門 (信濃町)

職名

専任講師(有期)

HP

研究室住所

東京都新宿区信濃町35 総合医科学研究棟6N1

研究室電話番号

03-5363-3778

外部リンク

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月

    大阪大学, 理学部

    大学, 卒業

  • 1997年03月

    大阪大学, 理学研究科, Life Science

    大阪市豊中市待兼山, 大学, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士, 大阪大学, 論文, 1997年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 神経化学・神経薬理学

  • 神経生理学・神経科学一般 (神経科学一般)

  • 腫瘍生物学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 神経幹細胞

  • グリオーマ幹細胞

  • 腫瘍免疫

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • グリオーマ幹細胞の機能解析, 

    2008年04月
    -
    継続中

  • iPS細胞由来神経幹細胞の機能解析, 

    2012年04月
    -
    継続中

  • 腫瘍浸潤T細胞制御, 

    2017年04月
    -
    継続中

  • 神経新生, 

    2000年08月
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Cell and Molecular Biology of Stem Cells and Imaging of Stem Cells

    大多 茂樹, Wiley, 2014年08月

    担当範囲: Chapter 10: The Potential of Using Induced Pluripotent Stem Cells in Skin Diseases (pages 223–245)

  • ヒトiPS細胞からのメラノサイトの作製

    大多 茂樹, シーエムシー出版, 2013年07月

論文 【 表示 / 非表示

  • Transcription factor homeobox D9 is involved in the malignant phenotype of cervical cancer through direct binding to the human papillomavirus oncogene promoter

    Hirao N, Iwata T, Tanaka K, Nishio H, Nakamura M, Morisada T, Morii K, Maruyama N, Katoh Y, Yaguchi T, Ohta S, Kukimoto I, Aoki D, Kawakami Y

    Gynecol Oncol    31478 2019年09月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • MIF: functions in brain and glioblastoma

    大多 茂樹

    ONCOTARGET 8 ( 29 ) 46706 - 46707 2017年07月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  1949-2553

  • Functional analysis of KIF20A, a potential immunotherapeutic target for glioma

    大多 茂樹

    JOURNAL OF NEURO-ONCOLOGY 132 ( 1 ) 63 - 74 2017年03月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  0167-594X

  • Modeling of CHARGE syndrome using patient-derived iPSC reveals the defective migration of neural crest cells harboring CHD7 mutations.

    Okuno H, Mihara FR, Ohta S, Fukuda K, Kurosawa K, Akamatsu W, Sanosaka1 T, Kohyama1 J, Ohyama M, Takahashi T, Swigut T, Wysocka J, Kosaki K, Okano H.

    elife 6   e21114 2017年

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • CHD7 promotes proliferation of neural stem cells mediated by MIF

    大多 茂樹

    MOLECULAR BRAIN 9   63 - 74 2016年12月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  1756-6606

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • シングルセル解析による抗腫瘍免疫応答の解明

    大多茂樹、河上裕

    医学のあゆみ (医歯薬出版株式会社)  271 ( 2 )  2019年10月

    総説・解説(学術雑誌)

  • iPS細胞からの神経堤細胞誘導

    大多茂樹、奥野博庸、岡野栄之

    日本臨床社 (日本臨床社社)     115 - 120 2015年06月

    総説・解説(学術雑誌), 共著

  • がん幹細胞を標的とした免疫療法

    3. 河上裕、松下麻衣子、植田良、塚本信夫、大多茂樹

    日本臨床 (日本臨床社社)  70 ( 12 ) 2142 - 2146 2012年12月

    共著

  • ヒトiPS細胞からのメラノサイトの作製

    大多茂樹、河上裕.

    医学のあゆみ (医歯薬出版株式会社)  239 ( 14 ) 1365 - 1370 2011年12月

    総説・解説(学術雑誌)

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Peripheral blood CD8+T cell subsets correlated with PD-1 Ab response in melanoma patients by scRNA-seq analysis.

    Ohta S, Matsumoto D, Nagumo H, Fujita T, Takahashi A, Namikawa K, Kitano A, Yamazaki N, Kawakami Y.

    5th CRI-CIMT-EATI-AACR Interbational cancer immunotherapy conference. (Paris) , 2019年09月, ポスター(一般)

  • Analysis of the regulatory mechanism underlying brain tumor-initiating cell proliferation by MIF.

    Ohta S, Morimoto Y, Tokumitsu A, Sone T, Sakamoto A, Toda M, Kawakami Y, Okano H.

    2019年07月, ポスター(一般)

  • Functional analyses of TPT1 in neural stem/progenitor cells and glioma initiating cells.

    大多 茂樹

    The International Society for Neurochemistry (Paris) , 2017年08月, ポスター(一般)

  • Macrophage migration inhibitory factor (MIF) supports the cell proliferation in brain tumor-initiating cells.

    大多 茂樹

    STEM CELLS & GENE THERAPY (Florence) , 2016年10月, ポスター(一般)

  • MIFによるグリオーマ幹細胞増殖促進

    大多 茂樹

    第75回日本癌学会学術総会, 2016年09月, ポスター(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 子宮頸癌に対する腫瘍浸潤T細胞療法(TIL療法)実施にむけたTIL培養法の開発

    2019年04月
    -
    継続中

    岩田卓, 補助金,  分担

  • MIFによる神経幹細胞制御機構の統合的理解

    2017年04月
    -
    継続中

    大多茂樹, 補助金,  代表

  • がん免疫病態の個体差の解明とその制御による個別化がん治療の開発

    2014年04月
    -
    2019年03月

    分担

  • TCTPによる神経幹細胞制御機構の解明

    2014年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大多 茂樹, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    マウス神経幹細胞においてMIF が細胞増殖を制御していることを既に明らかにしたが、MIF下流因子としてTCTP1 を新たに同定した。TCTP1はマウス神経幹細胞の細胞増殖制御に関与していた。さらに、ヒトES細胞由来神経幹細胞においても、TCTP1はMIFにより発現制御を受けるとともに神経分化制御にも貢献していた。MIF-TCTP1-miR338-SMOよりなるシグナルカスケードにより、ヒトES細胞由来神経幹細胞の細胞増殖が制御されていることを新たに見出した。また、ヒトグリオーマ幹細胞においても、TCTP1がMIFにより発現制御を受けるとともに、その細胞増殖に貢献していることが明らかとなった。

  • CHDファミリーによる神経幹細胞およびグリオーマ幹細胞制御機構の解明

    2011年04月
    -
    2014年03月

    補助金,  代表

全件表示 >>

知的財産権等 【 表示 / 非表示

  • Method of enhancing neural stem cell proliferation, differentiation, and survival using pituitary adenylate cyclase activating polypeptide (PACAP)

    特願: US 20040092448 A1  2003年07月 

    特開:   2004年05月 

    特許, 共同

 

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 人体の生理

    慶應義塾, 2019年度, 春学期, 教養科目, 講義, 兼担, 1時間, 20人

  • 生理学実習

    慶応義塾大学医学部, 2018年度