中司 寛子 (ナカツカサ ヒロコ)

Nakatsukasa, Hiroko

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 微生物学・免疫学教室 (信濃町)

職名

助教(有期)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2014年05月

    National Institute of Dental and Craniofacial Research, NIH, Visiting Fellow

  • 2012年01月
    -
    2013年12月

    日本学術振興会海外特別研究員(NIH)

  • 2014年04月
    -
    2017年06月

    慶應義塾大学医学部, 微生物学免疫学教室, 特任助教

  • 2015年04月
    -
    2017年06月

    日本学術振興会特別研究員(PD)

  • 2017年07月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部, 微生物学免疫学教室, 助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年03月

    東京理科大学, 薬学研究科

    大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学), 東京理科大学, 課程, 2011年03月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Combination of apoptotic T cell induction and self-peptide administration for therapy of experimental autoimmune encephalomyelitis.

    Kasagi S, Wang D, Zhang P, Zanvit P, Chen H, Zhang D, Li J, Che L, Maruyama T, Nakatsukasa H, Wu R, Jin W, Sun L, Chen W

    EBioMedicine 44   50 - 59 2019年06月

  • Loss of TET proteins in regulatory T cells promotes abnormal proliferation, Foxp3 destabilization and IL-17 expression.

    Nakatsukasa H, Oda M, Yin J, Chikuma S, Ito M, Koga-Iizuka M, Someya K, Kitagawa Y, Ohkura N, Sakaguchi S, Koya I, Sanosaka T, Kohyama J, Tsukada YI, Yamanaka S, Takamura-Enya T, Lu Q, Yoshimura A

    International immunology 31 ( 5 ) 335 - 347 2019年04月

    ISSN  0953-8178

  • IL-6, IL-17 and Stat3 are required for auto-inflammatory syndrome development in mouse.

    Oike T, Kanagawa H, Sato Y, Kobayashi T, Nakatsukasa H, Miyamoto K, Nakamura S, Kaneko Y, Kobayashi S, Harato K, Yoshimura A, Iwakura Y, Takeuchi T, Matsumoto M, Nakamura M, Niki Y, Miyamoto T

    Scientific reports 8 ( 1 ) 15783 2018年10月

  • Reprogramming of Th1 cells into regulatory T cells through rewiring of the metabolic status.

    Kanamori M, Nakatsukasa H, Ito M, Chikuma S, Yoshimura A

    International immunology 30 ( 8 ) 357 - 373 2018年07月

    ISSN  0953-8178

  • Negative Regulation of Cytokine Signaling in Immunity.

    Yoshimura A, Ito M, Chikuma S, Akanuma T, Nakatsukasa H

    Cold Spring Harbor perspectives in biology 10 ( 7 )  2018年07月

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Brain regulatory T cells suppress astrogliosis and potentiate neurological recovery

    Ito M., Komai K., Mise-Omata S., Iizuka-Koga M., Noguchi Y., Kondo T., Sakai R., Matsuo K., Nakayama T., Yoshie O., Nakatsukasa H., Chikuma S., Shichita T., Yoshimura A.

    Nature (Nature)  565 ( 7738 ) 246 - 250 2019年01月

    ISSN  00280836

     概要を見る

    © 2019, Springer Nature Limited. In addition to maintaining immune tolerance, FOXP3 + regulatory T (T reg ) cells perform specialized functions in tissue homeostasis and remodelling 1,2 . However, the characteristics and functions of brain T reg cells are not well understood because there is a low number of T reg cells in the brain under normal conditions. Here we show that there is massive accumulation of T reg cells in the mouse brain after ischaemic stroke, and this potentiates neurological recovery during the chronic phase of ischaemic brain injury. Although brain T reg cells are similar to T reg cells in other tissues such as visceral adipose tissue and muscle 3–5 , they are apparently distinct and express unique genes related to the nervous system including Htr7, which encodes the serotonin receptor 5-HT 7 . The amplification of brain T reg cells is dependent on interleukin (IL)-2, IL-33, serotonin and T cell receptor recognition, and infiltration into the brain is driven by the chemokines CCL1 and CCL20. Brain T reg cells suppress neurotoxic astrogliosis by producing amphiregulin, a low-affinity epidermal growth factor receptor (EGFR) ligand. Stroke is a leading cause of neurological disability, and there are currently few effective recovery methods other than rehabilitation during the chronic phase. Our findings suggest that T reg cells and their products may provide therapeutic opportunities for neuronal protection against stroke and neuroinflammatory diseases.

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Treg/Th17細胞分化におけるDNA脱メチル化酵素TETの機能解明

    2020年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 中司 寛子, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 歯周病より派生する高病原性Th17細胞と関節リウマチ発症の因果関係

    2018年10月
    -
    2023年03月

    秋田大学, 丸山 貴司, 中司 寛子, 前田 あずさ, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

  • 腸内細菌叢によるT細胞の老化とがん化促進メカニズムの解明

    2018年10月
    -
    2022年03月

    日本医療研究開発機構(AMED), 革新的先端研究開発支援事業, 中司 寛子, 微生物叢と宿主の相互作用・共生の理解と、それに基づく疾患発症のメカニズム解明, 補助金,  代表

  • T細胞分化におけるDNA脱メチル化酵素TETの機能解明

    2018年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 中司 寛子, 若手研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    I. T細胞特異的Tet2/3欠損マウス(CD4DKO)におけるT細胞異常増殖分化メカニズムの解明
    CD4DKOマウスをTh17関連サイトカインシグナルを欠失したマウスと掛け合わせたところ、いずれもT細胞の異常増殖は抑制できなかったが、Il17-/-, Rorgt-/-, Il23-/-マウスとの掛け合わせによりTreg割合は回復し、Il21R-/-マウスとの掛け合わせではTfh細胞分化を抑制できた。この結果より、CD4DKOマウスにおいてはTet2/3の欠損によりTh17関連サイトカインが優位に産生されることが、Th17/Tfh細胞分化に重要であることが明らかとなった。また、異常増殖に関しては、T細胞分化とは独立して引き起こされることが示唆された。
    II. 制御性T細胞特異的Tet2/3欠損マウス(FDKO)を用いたTreg不安定化メカニズムの解明
    Tet2/3欠損によるTregの不安定化メカニズムを解明するため、WTおよびTet2/3欠損TregにおけるDNAメチル化状態をPostt-bisulfite Adaptor Tagging(PBAT)法により、オープンクロマチン状態をAssay for transposase-accessible chromatin using sequencing (ATAC-Seq)を用いて解析した。その結果、Tet2/3欠損TregではFoxp3遺伝子の約5kb上流領域に強いメチル化とATACピークの消失が認められ、本領域におけるFoxp3の安定性への寄与が示唆された。また、遺伝子発現(microarray), DNAメチル化状態(PBAT法, MBD-seq)、オープンクロマチン(ATAC-seq)の統合解析により、TregにおいてTet2/3により制御される遺伝子群を抽出することができた。この内容にて論文発表を行った。
    「I. T細胞特異的Tet2/3欠損マウス(CD4DKO)におけるT細胞異常増殖分化メカニズムの解明」については、各種欠損マウスとの掛け合わせによる解析をほぼ終えることができた。CD4DKOマウスで増殖しているT細胞を用いた原因腸内細菌由来抗原の同定は進行中であり、また発症前後のT細胞を用いたマイクロアレイおよびRNA-seqはサンプルを準備段階で、いずれも次年度中に解析を終える予定である。
    「II. 制御性T細胞特異的Tet2/3欠損マウス(FDKO)を用いたTreg不安定化メカニズムの解明」については、DNAメチル化、遺伝子発現、オープンクロマチン状態の統合解析を終え、論文発表を行った。CRISPR/ Cas9法によるFoxp3遺伝子のCpG領域欠損マウス作製については着手したところである。
    よって、概ね順調に進展しているといえる。
    今後はCD4DKOマウスのT細胞異常増殖のメカニズム解明のため、腸内細菌に焦点を当てて検討する予定である。腸内細菌叢の解析や腸由来抗原の同定を目指す。また、発症前後のT細胞を用いたマイクロアレイおよびRNA-seqの解析を行い、原因遺伝子の特定を試みる。
    また、FDKOマウスにおいて、TregがTh17細胞に分化するメカニズムの解明を引き続き行う。さらに、CRISPR/ Cas9法によるFoxp3遺伝子のCpG領域欠損マウス作製を行い、Treg不安定化への影響を解析することを計画している。

  • 制御性T細胞のエピジェネティック制御機構の解明と免疫疾患への応用

    2015年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 中司 寛子, 若手研究(B), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    制御性T細胞(Treg)は免疫寛容に重要なT細胞であり、その安定性はマスター遺伝子であるFoxp3のDNA脱メチル化が関与すると報告されたが、未だその制御機構には不明な点が多い。本研究では、DNA脱メチル化酵素であるTet2/3がT細胞およびTregにおいてDNA脱メチル化を制御することでその分化や安定性、機能に重要な役割を担うことを明らかとした。さらに、人工的にFoxp3遺伝子の部位特異的DNA脱メチル化を誘導することに成功した。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

    2021年度

  • 免疫学

    2020年度

  • 免疫学

    2019年度