新 幸二 (アタラシ コウジ)

Atarashi, Koji

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 微生物学・免疫学教室 (信濃町)

職名

准教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2010年02月

    大阪大学大学院医学系研究科助教

  • 2009年04月
    -
    2010年02月

    大阪大学大学院医学系研究科助教

  • 2010年03月
    -
    2012年06月

    東京大学大学院医学系研究科特任助教

  • 2010年03月
    -
    2012年06月

    東京大学大学院医学系研究科特任助教

  • 2011年10月
    -
    2013年03月

    独立行政法人科学技術振興機構さきがけ専任研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

    九州大学, 理学部, 生物学科

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

    九州大学, 理学部, 生物学科

    大学, 卒業

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    九州大学, 医学系学府, 医科学専攻

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    九州大学, 医学系学府, 医科学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    九州大学, 医学系学府, 医科学専攻

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 大阪大学, 課程, 2009年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 細菌学

  • ライフサイエンス / 細菌学

  • ライフサイエンス / 免疫学

  • ライフサイエンス / 免疫学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 粘膜免疫

  • 粘膜免疫

  • 腸内細菌

  • 腸内細菌

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Targeted suppression of human IBD-associated gut microbiota commensals by phage consortia for treatment of intestinal inflammation.

    Federici S, Kredo-Russo S, Valdés-Mas R, Kviatcovsky D, Weinstock E, Matiuhin Y, Silberberg Y, Atarashi K, Furuichi M, Oka A, Liu B, Fibelman M, Weiner IN, Khabra E, Cullin N, Ben-Yishai N, Inbar D, Ben-David H, Nicenboim J, Kowalsman N, Lieb W, Kario E, Cohen T, Geffen YF, Zelcbuch L, Cohen A, Rappo U, Gahali-Sass I, Golembo M, Lev V, Dori-Bachash M, Shapiro H, Moresi C, Cuevas-Sierra A, Mohapatra G, Kern L, Zheng D, Nobs SP, Suez J, Stettner N, Harmelin A, Zak N, Puttagunta S, Bassan M, Honda K, Sokol H, Bang C, Franke A, Schramm C, Maharshak N, Sartor RB, Sorek R, Elinav E

    Cell 185 ( 16 ) 2879 - 2898.e24 2022年08月

    ISSN  0092-8674

  • A common epigenetic mechanism across different cellular origins underlies systemic immune dysregulation in an idiopathic autism mouse model

    Lin Chia-Wen, Septyaningtrias Dian E., Chao Hsu-Wen, Konda Mikiko, Atarashi Koji, Takeshita Kozue, Tamada Kota, Nomura Jun, Sasagawa Yohei, Tanaka Kaori, Nikaido Itoshi, Honda Kenya, McHugh Thomas J., Takumi Toru

    MOLECULAR PSYCHIATRY 2022年05月

    ISSN  1359-4184

  • Microbiota and cancer development

    Honda Kenya, Matsunaga Takahiro, Tanoue Takeshi, Atarashi Koji, Sato Yuko

    CANCER SCIENCE 113   714 - 714 2022年02月

    ISSN  1347-9032

  • Novel bile acid biosynthetic pathways are enriched in the microbiome of centenarians

    Sato Yuko, Atarashi Koji, Plichta Damian R., Arai Yasumichi, Sasajima Satoshi, Kearney Sean M., Suda Wataru, Takeshita Kozue, Sasaki Takahiro, Okamoto Shoki, Skelly Ashwin N., Okamura Yuki, Vlamakis Hera, Li Youxian, Tanoue Takeshi, Takei Hajime, Nittono Hiroshi, Narushima Seiko, Irie Junichiro, Itoh Hiroshi, Moriya Kyoji, Sugiura Yuki, Suematsu Makoto, Moritoki Nobuko, Shibata Shinsuke, Littman Dan R., Fischbach Michael A., Uwamino Yoshifumi, Inoue Takashi, Honda Akira, Hattori Masahira, Murai Tsuyoshi, Xavier Ramnik J., Hirose Nobuyoshi, Honda Kenya

    NATURE 599 ( 7885 ) 458 - + 2021年07月

    ISSN  0028-0836

     概要を見る

    Centenarians have a decreased susceptibility to ageing-associated illnesses, chronic inflammation and infectious diseases1-3. Here we show that centenarians have a distinct gut microbiome that is enriched in microorganisms that are capable of generating unique secondary bile acids, including various isoforms of lithocholic acid (LCA): iso-, 3-oxo-, allo-, 3-oxoallo- and isoallolithocholic acid. Among these bile acids, the biosynthetic pathway for isoalloLCA had not been described previously. By screening 68 bacterial isolates from the faecal microbiota of a centenarian, we identified Odoribacteraceae strains as effective producers of isoalloLCA both in vitro and in vivo. Furthermore, we found that the enzymes 5α-reductase (5AR) and 3β-hydroxysteroid dehydrogenase (3β-HSDH) were responsible for the production of isoalloLCA. IsoalloLCA exerted potent antimicrobial effects against Gram-positive (but not Gram-negative) multidrug-resistant pathogens, including Clostridioides difficile and Enterococcus faecium. These findings suggest that the metabolism of specific bile acids may be involved in reducing the risk of infection with pathobionts, thereby potentially contributing to the maintenance of intestinal homeostasis.

  • Low diversity of gut microbiota in the early phase of post-bone marrow transplantation increases the risk of chronic graft-versus-host disease.

    Konishi T, Kusakabe S, Hino A, Inamoto K, Yoshifuji K, Kiridoshi Y, Takeshita K, Sasajima S, Toya T, Igarashi A, Najima Y, Kobayashi T, Doki N, Motooka D, Nakamura S, Suyama M, Suda W, Shiota A, Atarashi K, Hattori M, Honda K, Yokota T, Ohashi K, Shibayama H, Fukushima K, Kakihana K

    Bone marrow transplantation 56 ( 7 ) 1728 - 1731 2021年07月

    ISSN  0268-3369

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Modulation of the immune system by the gut microbiota

    Kenya Honda, Takeshi Tanoue, Koji Atarashi, Seiko Narushima

    CYTOKINE (ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD)  100   20 - 20 2017年12月

    ISSN  1043-4666

  • Germinal responses in murine Peyer's Patches are regulated by a subpopulation of microbiota-induced IL-21(high) Tfh cells

    Leigh A. Jones, Wen Qi Ho, Sze Ying, Lakshmi Ramakrishna, Kandhadayar G. Srinivasan, Marina Yurieva, Wan Pei Ng, Sharrada Subramaniam, Nur H. Hamadee, Sabrina Joseph, Jayashree Dolpady, Koji Atarashi, Kenya Honda, Francesca Zolezzi, Michael Poidinger, Juan J. Lafaille, Maria A. Curotto de Lafaille

    JOURNAL OF IMMUNOLOGY (AMER ASSOC IMMUNOLOGISTS)  196 2016年05月

    ISSN  0022-1767

  • W2-2 Foxp3+ T細胞,IgA及び腸内細菌叢の間に見られる相互制御ループの解明

    河本 新平, 服部 正平, FAGARASAN Sidonia, 丸谷 美香子, 加藤 ルシア, 須田 亙, 新 幸二, 土井 靖子, 筒井 裕美, 本田 賢也, 岡田 峰陽

    日本臨床免疫学会会誌 (日本臨床免疫学会)  37 ( 4 ) 306a - 306a 2014年

    ISSN  0911-4300

     概要を見る

    腸内細菌からの持続的な抗原刺激を受けている腸管免疫系は,大量の免疫グロブリンA(IgA)を分泌することで腸内細菌を制御していることが知られている.腸管IgAは,主にパイエル板の胚中心において濾胞性ヘルパーT細胞(TFH細胞)と呼ばれるT細胞依存的に産生される.興味深いことに,制御性T細胞として知られるFoxp3<sup>+</sup> T細胞が腸管特異的にTFH細胞へと分化転換することが,これまでの我々の研究より明らかとなっている.従って,Foxp3<sup>+</sup> T細胞がTFH細胞に分化し,IgA産生を制御することで腸内細菌叢に影響を与えている可能性が考えられた.<br>  そこで,Foxp3<sup>+</sup> T細胞をT細胞欠損マウスに移入することで腸内細菌叢にどのような変化が生じるのか検討した.その結果,Foxp3<sup>+</sup> T細胞を移入したマウスにおいて,特にFoxp3<sup>+</sup> T細胞を誘導する機能をもつことが知られているクロストリジウム属の腸内細菌の多様性が増加することが明らかとなった.さらに,腸内細菌叢の多様性が腸管免疫系にどのような影響を与えるのかについて検討するため,多様性が異なる腸内細菌叢を無菌マウスに定着させたところ,Foxp3<sup>+</sup> T細胞移入マウスより得られた多様性の高い腸内細菌叢を定着させたマウスにおいて,より効率の高い腸管IgA誘導とFoxp3<sup>+</sup> T細胞の増殖が観察された.以上の結果から,腸管内における恒常性を維持するために腸内細菌叢,Foxp3<sup>+</sup> T細胞および腸管IgAの3者間で制御ループが形成されている可能性が示唆された.

  • 腸内細菌によるT細胞への影響

    本田賢也, 新幸二, 田ノ上大, 永野勇治, 成島聖子, 大島健志朗, 須田亙, 森田英利, 服部正平

    日本臨床免疫学会会誌 36 ( 5 ) 315 2013年10月

    ISSN  0911-4300

  • 腸内細菌によるT細胞応答の誘導

    新 幸二

    無菌生物 = Japanese journal of germfree life and gnotobiology 43 ( 1 ) 53 - 53 2013年09月

    ISSN  0910-0903

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 健康・長寿をもたらす腸内細菌の解明

    2023年04月
    -
    2027年03月

    新 幸二, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • クレブシエラ菌の腸内定着阻害に関わる腸内細菌の同定

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 新 幸二, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 腸内細菌叢および腸管免疫系へ影響を及ぼす口腔内細菌の解析

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 新 幸二, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  研究代表者

  • 腸内細菌による炎症性疾患の発症メカニズムの解明

    2015年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 新 幸二, 若手研究(A), 補助金,  研究代表者

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 微生物学

    2023年度

  • 微生物学

    2022年度

  • 微生物学

    2021年度

  • 微生物学

    2020年度

  • 微生物学

    2019年度

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 微生物学

    慶應義塾

    2019年04月
    -
    2020年03月

  • 微生物学免疫学

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月

    春学期

  • 微生物学免疫学

    慶應義塾

    2015年04月
    -
    2016年03月