桑原 和代 (クワバラ カズヨ)

Kuwabara, Kazuyo

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 衛生学公衆衛生学教室 慶應義塾大学医学部衛生学公衆衛生学教室 (信濃町)

職名

助教(有期)

メールアドレス

メールアドレス

HP

研究室住所

東京都新宿区信濃町35

研究室電話番号

03-5363-3758

研究室FAX番号

03-3359-3686

特記事項

平佐田 和代(旧正)

外部リンク

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学医学部医学教育統轄センター, 兼任センター員

  • 鹿児島大学大学医学部, 医学部医学教育統轄センター, 兼任センター員

  • 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科, 国際島嶼医療学講座, 客員研究員

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    2000年03月

    北里大学病院勤務, 看護師

  • 2000年04月
    -
    2008年03月

    鹿児島純心女子大学, 看護栄養学部看護学科, 助教

  • 2011年12月
    -
    2013年03月

    鹿児島大学大学院, 医歯学総合研究科離島へき地医療人育成センター, 助教

  • 2013年04月
    -
    継続中

    鹿児島大学大学院医歯学総合研究科, 国際島嶼医療学講座, 客員研究員

  • 2013年05月
    -
    継続中

    慶應義塾大学医学部衛生学公衆衛生学教室, Department of Preventive Medicine and Public Health, Keio University School of Medicine, 助教

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    鹿児島大学, 医歯学総合研究科, 医科学専攻

    日本, 大学院, 修了, 修士

  • 2006年04月
    -
    2011年11月

    鹿児島大学, 医歯学総合研究科, 健康科学専攻

    日本, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士学位(医科学), 鹿児島大学, 課程, 2006年03月

  • 博士学位(医学), 鹿児島大学, 課程, 2011年11月

    Values of cardio-ankle vascular index (CAVI) between Amami islands and Kagoshima mainland among health checkup examinees.

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 養護教諭1種免許状, 1998年03月

  • 高等学校教諭免許状(看護), 1998年03月

  • 看護師, 1998年04月

  • 保健師, 1998年04月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 疫学・予防医学

  • 衛生学・公衆衛生学

  • 地域看護学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 多職種連携

  • 尿中ナトリウム・カリウム比

  • 循環器疫学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 異なる地域における動脈硬化の指標CAVIと尿中ナトリウム・カリウム比に関する研究, 

    2019年04月
    -
    継続中

  • 都市と離島におけるCAVIを用いた動脈硬化関連疾患に寄与する危険因子の研究, 

    2016年04月
    -
    継続中

     研究概要を見る

    基盤研究(C)(一般)課題番号16K09071
    離島の男女計約5,000件、全国の職域健診男女計約15,000件のデータを用い、CAVI動脈硬化関連疾患に寄与する危険因子の研究の統括及び解析を実施。

  • 職域におけるナトカリ計を用いた効果的な保健指導手法の開発, 

    2016年04月
    -
    2017年03月

     研究概要を見る

    公益財団法人立石科学技術振興財団 研究助成(A)登録番号2161004
    職域健診を受けた者を対象として、食事指導による尿中ナトカリ比の低下を目的とした研究の統括及び解析を実施。

  • カリウム摂取強化の食事指導による尿中ナトカリ比を指標とした減塩効果の研究(Na-K Study), 

    2015年04月
    -
    2017年03月

     研究概要を見る

    第27回日本循環器病予防セミナー研究助成
    職域健診を受けた者を対象として、食事指導による尿中ナトカリ比の低下を目的とした研究(feasibility study)の統括及び解析を実施。

  • 都市部と離島の女性における閉経前後のCAVIを規定する要因の研究, 

    2015年04月
    -
    2016年03月

     研究概要を見る

    生活習慣病予防等に関する研究助成金((財)日本健康増進財団)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Lipids and Cardiovascular Diseases: Epidemiologic Perspectives, 2018. In: Vasan R., Sawyer, D.(eds.) The Encyclopedia of Cardiovascular Research and Medicine

    Okamura T., Sugiyama D., Hirata T., Kuwabara K. and Hirata A., Elsevier, 2018年

    担当範囲: vol.[3], pp. 221-229. Oxford: Elsevier.pp. 221-229.

  • The Islands of Kagoshima –Culture, Society, Industry and Nature

    Takezaki T, Niimura H, Kuwabara K, Kagoshima University Research Center for the Pacific Studies, 2013年03月

    担当範囲: Health and Medical Issues and Longevity in the Amami Island Region.

     概要を見る

    奄美大島における健康、医療問題2010年の保健指標となるデータ(平均年齢、死亡率、死因等)を示し、さらに長寿の要因について考察した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Being conscious of water intake positively associated with sufficient non-alcohol drink intake regardless of seasons and reasons in healthy Japanese; the KOBE study: A cross sectional study

    Nishikawa T., Miyamatsu N., Higashiyama A., Kubota Y., Nishida Y., Hirata T., Sugiyama D., Kuwabara K., Kubo S., Miyamoto Y., Okamura T.

    International Journal of Environmental Research and Public Health (International Journal of Environmental Research and Public Health)  16 ( 21 )  2019年11月

    ISSN  16617827

     概要を見る

    © 2019 by the authors. Licensee MDPI, Basel, Switzerland. The present study sought to clarify if being conscious of water intake (CWI) is associated with sufficient non-alcohol drink (NAD) intake. We used data of healthy participants without diabetes, aged 40–74 years, in the Kobe Orthopedic and Biomedical Epidemiologic (KOBE) study. The association between being CWI and NAD intake was evaluated by multivariate linear regression analyses after adjusting for age, sex, surveyed months (seasons), alcohol drinking, health-awareness life habits, socioeconomic factors, serum osmolarity, estimated daily salt intake, and reasons for NAD intake. Among 988 (698 women and 290 men) participants eligible for the present analyses, 644 participants (65.2%) were CWI and 344 participants (34.8%) were not CWI (non-CWI). The most popular reason for being CWI was to avoid heat stroke in summer and to prevent ischemic cerebral stroke in winter. The CWI group took more NAD, especially decaffeinated beverages, than the non-CWI group (1846.7 ± 675.1 mL/day vs. 1478.0 ± 636.3 ml/day, p < 0.001). There was a significant association between being CWI and NAD intake in multivariate linear regression analyses ever after adjusting for the relevant variables (β = 318.1, p < 0.001). These findings demonstrated CWI, regardless of the reasons and the seasons, was associated with high NAD intake in Japanese healthy population.

  • Higher serum uric acid level is inversely associated with renal function assessed by cystatin C in a Japanese general population without chronic kidney disease: The KOBE study

    Kubo S., Nishida Y., Kubota Y., Higashiyama A., Sugiyama D., Hirata T., Miyamatsu N., Tanabe A., Hirata A., Tatsumi Y., Kadota A., Kuwabara K., Nishikawa T., Miyamoto Y., Okamura T.

    BMC Nephrology (BMC Nephrology)  20 ( 1 )  2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    © 2019 The Author(s). Background: Although several epidemiological studies have suggested that high serum uric acid (SUA) levels are related to a decline in kidney function, only a few studies have investigated using cystatin C to calculate estimated glomerular filtration rate (eGFR). We aimed to clarify the relationship between SUA levels and kidney function assessed by cystatin C in a Japanese general community population without chronic kidney disease (CKD). Methods: We conducted a community-based cross-sectional study that included 1086 healthy participants, aged 40-74 years, without CKD and not undergoing treatment of hyperuricemia, who had participated in the baseline survey of the Kobe Orthopedic and Biomedical Epidemiological (KOBE) study. The preconditions for participation in this study were no past histories of cardiovascular disease or cancer, and not undergoing treatment for diabetes, hypertension, or dyslipidemia. We classified the participants into quartiles stratified by sex according to their SUA level and then examined the relationship with eGFR. The odds ratios for having a low eGFR, defined as the lowest quartile of eGFR (i.e., ≤78.4 mL/min/1. 73m 2 ) was estimated according to SUA quartiles (men, Q1 ≤ 5.0, Q2 5.1-5.9, Q3 6.0-6.6, and Q4 ≥ 6.7; women, Q1 ≤ 3.8, Q2 3.9-4.3, Q3 4.4-4.9, and Q4 ≥ 5.0 mg/dL) after adjustment for age, body mass index, systolic blood pressure, HbA1c, high and low density lipoprotein cholesterol, and smoking and drinking habits. The adjusted mean of each quartile was also calculated. Results: Multivariable-adjusted means of eGFR showed a graded decrease in higher SUA quartiles (men, Q1 90.5, Q2 88.0, Q3 83.5, and Q4 82.0; women, Q1 95.7, Q2 91.3, Q3 89.2, and Q4 86.7). In addition, the multivariable-adjusted odds ratios for having a lower eGFR (95% confidence interval) for each SUA quartile compared with Q1 was Q2 2.29 (0.98, 5.35), Q3 4.94 (2.04, 11.97), and Q4 8.01 (3.20, 20.04) for men, and was Q2 2.20 (1.12, 4.32), Q3 2.68 (1.39, 5.20), and Q4 4.96 (2.62, 9.41) for women. Conclusions: There was a graded inverse relationship between mild elevations in SUA levels and eGFR assessed by cystatin C in an apparently healthy Japanese population without CKD. This association was similar in both men and women.

  • Association between dyslipidemia and plasma levels of branched-chain amino acids in the Japanese population without diabetes mellitus

    Fukushima K., Harada S., Takeuchi A., Kurihara A., Iida M., Fukai K., Kuwabara K., Kato S., Matsumoto M., Hirata A., Akiyama M., Tomita M., Hirayama A., Sato A., Suzuki C., Sugimoto M., Soga T., Sugiyama D., Okamura T., Takebayashi T.

    Journal of Clinical Lipidology (Journal of Clinical Lipidology)  2019年

    ISSN  19332874

     概要を見る

    © 2019 National Lipid Association Background: Branched-chain amino acids (BCAAs) play a key role in energy homeostasis. Objective: We aimed to investigate the association between plasma BCAA levels and dyslipidemia in the Japanese population without diabetes mellitus. Methods: This cross-sectional study included 4952 participants without diabetes mellitus, enrolled in the Tsuruoka Metabolomic Cohort Study. Plasma BCAA levels were measured by capillary electrophoresis–mass spectrometry. Correlations between lipid and BCAA profiles were evaluated by sex-stratified multiple linear regression analyses, after adjusting for confounders. Logistic regression was used to identify associations between BCAAs and metabolic dyslipidemia (MD) defined as triglyceride levels ≥150 mg/dL, high-density lipoprotein cholesterol levels ≤40 mg/dL for men and ≤50 mg/dL for women, or low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C) levels ≥140 mg/dL. Results: In both sexes, the levels of individual BCAAs and the total BCAA levels correlated positively with triglyceride levels and negatively with high-density lipoprotein cholesterol levels. Valine, leucine, and total BCAA levels were weakly and positively correlated with LDL-C levels. Increased BCAA levels showed positive associations with MD. However, associations between BCAAs and elevated LDL-C levels were unclear. Furthermore, the associations between BCAA levels and MD regardless of fasting blood sugar (FBS) levels (high or low). Although valine, leucine, and total BCAA levels were weakly associated with elevated LDL-C levels in the high-FBS group, no such association was observed in the low-FBS group. Conclusions: BCAAs might be associated with MD independently of the FBS level and might play an important role in lipid metabolism and dyslipidemia.

  • Fatty liver index predicts incident diabetes in a Japanese general population with and without impaired fasting glucose.

    Hirata A, Sugiyama D, Kuwabara K, Hirata T, Tsutatani H, Funamoto M, Watanabe K, Miyamatsu N, Okamura T.

    Hepatol Res. 48 ( 9 ) 708 - 716 2018年08月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Associations of Overweight, Obesity, and Underweight With High Serum Total Cholesterol Level Over 30 Years Among the Japanese Elderly: NIPPON DATA 80, 90, and 2010.

    Shibata Y, Ojima T, Nakamura M, Kuwabara K, Miyagawa N, Saito Y, Nakamura Y, Kiyohara Y, Nakagawa H, Fujiyoshi A, Kadota A, Ohkubo T, Okamura T, Ueshima H, Okayama A, Miura K.

    J Epidemiol. Epub ahead of print 2018年07月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【冠動脈疾患のリスク管理のフロントライン】冠動脈疾患イベントリスクをどう評価する? リスクファクターからどう評価する?

    岡村 智教, 平田 あや, 桑原 和代

    循環器ジャーナル ((株)医学書院)  67 ( 4 ) 508 - 515 2019年10月

    ISSN  2432-3284

     概要を見る

    <文献概要>Point ・個々のリスクファクターではなく,複数のリスクファクターを組み合わせて冠動脈疾患の発症リスクを包括的に評価する必要がある.・特定健診などでスクリーニングするのは,冠動脈疾患そのものではなく冠動脈疾患を発症する可能性が高いハイリスク者であり,そのためにも包括的リスク評価が重要である.

  • 飲酒の有無によるFatty liver indexの脂肪肝診断能に関する検討

    平田 あや, 杉山 大典, 桑原 和代, 岡村 智教

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 ((一社)日本アルコール・アディクション医学会)  54 ( 4 ) 201 - 201 2019年08月

    ISSN  1341-8963

  • 飲酒後フラッシングのパターン毎にみた習慣的な飲酒量と血圧の関連

    丸山 智生, 原田 成, 飯田 美穂, 桑原 和代, 佐田 みずき, 松元 美奈子, 加藤 寿寿華, 杉山 大典, 岡村 智教, 武林 亨

    日本アルコール・薬物医学会雑誌 ((一社)日本アルコール・アディクション医学会)  54 ( 4 ) 178 - 178 2019年08月

    ISSN  1341-8963

  • 日本人における中性脂肪と冠動脈疾患死亡の関連 EPOCH-JAPAN

    平田 匠, 平田 あや, 桑原 和代, 竹上 未紗, 山岸 良匡, 大塚 俊昭, 小谷 和彦, 村上 義孝, 木山 昌彦, 石川 鎮清, 宮本 恵宏, 三浦 克之, 上島 弘嗣, 岡村 智教, EPOCH-JAPAN研究グループ

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 ((一社)日本動脈硬化学会)  51回   1 - P 2019年07月

    ISSN  1347-7099

  • 吹田スコアによる冠動脈疾患発症予測モデルを用いたリスク評価とCAVIとの関連 鶴岡メタボロームコホート研究

    佐田 みずき, 岡村 智教, 原田 成, 杉山 大典, 桑原 和代, 平田 あや, 栗原 綾子, 加藤 寿寿華, 飯田 美穂, 武林 亨

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集 ((一社)日本動脈硬化学会)  51回   2 - P 2019年07月

    ISSN  1347-7099

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Serum modified HDL was associated with cardiovascular disease in a Japanese community-based cohort.

    Tomonori Okamura, Mizuki Sata, Miho Iida, Akemi Kakino, Sei Harada, Aya Hirata, Kazuyo Kuwabara, Daisuke Sugiyama, Tatsuya Sawamura, Toru Takabayashi.

    12th European Public Health Conference(EPH) (Marseille, France) , 2019年11月, ポスター(一般)

  • 健常人における心拍数およびダブルプロダクトの規定要因:神戸研究

    中越奈津子、野澤美樹、服部浩子、平田あや、佐田みずき、久保佐智美、東山綾、西田陽子、久保田芳美、平田匠、宮松直美、桑原和代、杉山大典、岡村智教.

    第78回日本公衆衛生学会総会 (高知) , 2019年10月, ポスター(一般), 日本公衆衛生学会

  • 都市部住民における推定24時間尿中ナトリウムとナトリウム・カリウム比を組み合わせたリスク重積別の腎機能低下リスク:神戸研究

    服部浩子、梅本かおり、野澤美樹、中越奈津子、平田あや、佐田みずき、久保佐智美、東山綾、西田陽子、久保田芳美、平田匠、宮松直美、桑原和代、杉山大典、岡村智教.

    第78回日本公衆衛生学会総会 (高知) , 2019年10月, ポスター(一般), 日本公衆衛生学会

  • 都市住民における出生体重と循環器疾患の危険因子との関連:神戸研究

    梅本かおり、東山綾、平田匠、杉山大典、桑原和代、平田あや、西田陽子、久保佐智美、久保田芳美、門田文、西川智文、宮松直美、宮本恵宏、岡村智教.

    第78回日本公衆衛生学会総会 (高知) , 2019年10月, ポスター(一般), 日本公衆衛生学会

  • 一般住民における皮膚乾燥とかゆみの要因の検討:神戸研究

    西田陽子、東山綾、杉山大典、平田匠、久保佐智美、久保田芳美、桑原和代、宮松直美、門田文、西川智文、宮本恵宏、岡村智教.

    第78回日本公衆衛生学会総会 (高知) , 2019年10月, ポスター(一般), 日本公衆衛生学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 異なる地域における動脈硬化の指標CAVIと尿中ナトリウム・カリウム比に関する研究

    2019年04月
    -
    2022年03月

    桑原和代, 岡村智教、東山綾、原田成, 補助金,  代表

  • 都市部と離島の女性における閉経前後のCAVIを規定する要因の研究

    2015年04月
    -
    2016年03月

    日本健康増進財団, 生活習慣病予防等に関する研究助成金((財)日本健康増進財団), 桑原和代, その他,  代表

  • カリウム摂取強化の食事指導による尿中ナトカリ比を指標とした減塩効果の研究(Na-K Study)

    2015年04月
    -
    2017年03月

    日本循環器病予防学会, 第27回日本循環器病予防セミナー研究助成, 桑原和代, その他,  代表

     研究概要を見る

    職域健診を受けた者を対象として、食事指導による尿中ナトカリ比の低下を目的とした研究(feasibility study)の統括及び解析を実施。

  • 職域におけるナトカリ計を用いた効果的な保健指導手法の開発

    2016年04月
    -
    2017年03月

    公益財団法人立石科学技術振興財団, 研究助成(A)登録番号2161004, 桑原和代, その他,  代表

     研究概要を見る

    職域健診を受けた者を対象として、食事指導による尿中ナトカリ比の低下を目的とした研究の統括及び解析を実施。

  • 都市と離島におけるCAVIを用いた動脈硬化関連疾患に寄与する危険因子の研究

    2016年04月
    -
    2019年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 桑原和代, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    離島の男女計約5,000件、全国の職域健診男女計約15,000件のデータを用い、CAVI動脈硬化関連疾患に寄与する危険因子の研究の統括及び解析を実施。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Young Investigator's Award優秀賞

    桑原和代(NIPPON DATAグループ), 2014年07月, 日本循環器病予防学会, わが国の30年間の脂質レベルの推移‐NIPPON DATA80/90/2010・2000年循環器疾患基礎調査での検討‐

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞,  受賞国: 日本

     説明を見る

    厚生省循環器疾患基礎調査及び国民健康・栄養調査等のデータを用いて1980年~2010年までの30年間における脂質異常症の有所見率等の推移を検討した。
    各脂質の平均値・中央値の推移(治療中を含む、年齢構成の違いを考慮しない単純集計)で、TC値は前半10年間の1980年~1990年の期間の上昇幅が後半20年よりも大きかった。1990年から20年間のHDL-C値は男女とも全年齢階級で増加し、non-HDL-C値は男性で横ばい、女性では減少傾向だった。TGの中央値は、男性では65-74歳以外の年齢階級で増加傾向、女性では全年齢階級で2000年をピークに減少していた。治療中を除いた有所見率は男女とも、TC≧220で増加傾向を呈し、服薬状況を考慮しない有所見率は男女とも、HDL-C<40は1990年より著しく低下、TG≧150は全年齢階級でにおいて増加した後に、横ばいから微減の傾向であった。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2020年度

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2020年度

  • 公衆衛生学

    2020年度

  • メディカル・プロフェッショナリズムⅤ

    2020年度

  • 健康論

    2020年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 生活習慣病疫学

    慶應義塾, 2019年度, 春学期, その他, 講義, 兼担, 15人

    生活習慣病

  • 地域保健学

    慶應義塾, 2019年度, 春学期, その他, 講義, 兼担, 15人

    地域保健

  • 自主学習

    慶應義塾, 2019年度, 春学期, その他, 実習・実験, 5人

  • 自主学習

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, その他, 実習・実験, 5人

  • 地域保健学

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, その他, 講義, 兼担, 15人

    地域保健

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • がん予防最前線~がん検診の重要性と生活習慣~

    大山健康のつどい講演会 ,  (大山コミュニティセンター ホール)

    2019年10月
  • 「脳卒中を予防する」血管に優しい日々の暮らしのヒントとは

    鶴岡市保健衛生推進員会研修会(公開講座),  (山形県鶴岡市栄地区コミセン)

    2019年01月
  • 眠れていますか?~質の良い睡眠とこころの健康の秘訣~

    鶴岡市第一学区65歳からの健康づくり事業 「かたばみ健康講座」,  (山形県鶴岡市1学区コミセン)

    2018年10月
  • こころと身体の健康づくり~血管を若々しく保つために大事なこと(脳卒中予防編)~

    鶴岡市保健推進員会第1回研修会

    2018年05月
  • こころの健康と自殺予防を目指した地域づくり

    鶴岡市あつみ健康のつどい,  (山形県鶴岡市温海庁舎)

    2018年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本循環器看護学会, 

    2018年09月
    -
    継続中
  • 日本産業衛生学会, 

    2018年05月
    -
    継続中
  • 日本衛生学会, 

    2018年05月
    -
    継続中
  • 一般財団法人適塩・血圧対策推進協会, 

    2018年05月
    -
    継続中
  • 日本アルコール・アディクション医学会, 

    2016年08月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年02月
    -
    2019年05月

    第34回日本心臓財団予防賞、第15回日本心臓財団小林太刀夫賞選考委員, 日本循環器病予防学会

  • 2019年01月
    -
    継続中

    日本疫学会選挙管理委員 , 日本疫学会

  • 2018年10月
    -
    継続中

    日本循環器看護学会専任査読委員, 日本循環器看護学会

  • 2017年06月
    -
    継続中

    日本循環器病予防学会評議員, 日本循環器病予防学会

  • 2012年02月
    -
    2013年03月

    日本プライマリ・ケア連合学会鹿児島支部会,事務局委員, 本プライマリ・ケア連合学会

全件表示 >>