塩見 春彦 (シオミ ハルヒコ)

Shiomi, Haruhiko

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 分子生物学教室 (信濃町)

職名

教授

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 1982年、岐阜大学卒業。1984年、岐阜大学大学院農学研究科修士課程修了(農芸化学科 長谷川明研究室)。1988年、京都大学大学院医学研究科博士課程修了(ウイルス研究所 畑中正一研究室)、医学博士。日本学術振興会特別研究員、ペンシルバニア大学ハワードヒューズ医学研究所ポスドク(Gideon Dreyfuss lab)、ペンシルバニア大学医学部生物物理生化学科Research Assistant Professorを経て、1999年より徳島大学ゲノム機能研究センター教授。ショウジョウバエを用いた脆弱X遺伝子の機能解析とRNAサイレンシング研究を進め、2008年に慶應義塾大学医学部分子生物学教室に移り、現在に至る。専門はRNA生物学。

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 研究室ホームページ:http://siomilab.med.keio.ac.jp/

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1988年03月

    京都大学, 京都大学大学院医学研究科, 京都大学大学院医学研究科病理系専攻

    日本, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士 , 京都大学, 課程, 1988年03月

    Two Major Subgroups of Human T-cell Leukemia Virus Type 1 in Japan

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ゲノム生物学

  • 遺伝・染色体動態

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • RNAi、小分子RNA、転移因子、トランスポゾン、エピジェネティクス、遺伝子発現制御

  • 生殖系細胞

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 転移因子がどのように細胞機能の一部となっているかを理解する, 

    2016年
    -
    継続中

  • 転移因子活性制御機構の解明, 

    2000年
    -
    継続中

     研究概要を見る

    高等真核生物ゲノムの半分近くを占める転移因子(トランスポゾン)の活性がどのように制御されているかを、特にRNAサイレンシング経路の解析を通して、理解する

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Human PIWI (HIWI) is an azoospermia factor

    Hasuwa Hidetoshi, Ishino Kyoko, Siomi Haruhiko

    Science China Life Sciences    1 - 3 2017年08月

    ISSN  1674-7305

  • Deep sequencing and high-throughput analysis of PIWI-associated small RNAs

    Iwasaki Yuka W., Ishino Kyoko, Siomi Haruhiko

    Methods 2017年03月

    ISSN  1046-2023

     概要を見る

    <p>Small RNAs are now known to be major regulatory factors of gene expression. Emerging methods based on deep-sequencing have enabled the analysis of small RNA expression in a high-throughput manner, leading to the identification of large numbers of small RNAs in various species. Moreover, profiling small RNA data together with transcriptome data enables transcriptional and post-transcriptional regulation mediated by small RNAs to be hypothesized. Here, we isolated PIWIL1 (MIWI)-associated small RNAs from mouse testes, and performed small RNA-seq analysis. In addition, directional RNA-seq was performed using Piwil1 mutant mouse testes. Using these data, we describe protocols for analyzing small RNA-seq reads to obtain profiles of small RNAs associated with PIWI proteins. We also present bioinformatic protocols for analyzing RNA-seq reads that aim to annotate expression of piRNA clusters and identify genes regulated by piRNAs.</p>

  • Mobile elements control stem cell potency

    Hasuwa Hidetoshi, Siomi Haruhiko

    Science 355 ( 6325 ) 581 - 582 2017年02月

    ISSN  0036-8075

  • Identification of mouse piRNA pathway components using anti-MIWI2 antibodies

    Hirano Takamasa, Hasuwa Hidetoshi, Siomi Haruhiko

      205 - 216 2017年

     概要を見る

    <p>The mouse testis has served as a popular model system to study a wide range of biological processes, including germcell development, meiosis, epigenetic changes of chromatin, transposon silencing, and small RNA-mediated epigenetic modifications. PIWI-interacting RNAs (piRNAs) are a class of small RNAs that are almost exclusively expressed in animal gonads. They repress transposons by forming effector complexes with PIWI proteins to maintain genome integrity of the germline. Here we describe detailed procedures of how to produce monoclonal antibodies against a mouse nuclear PIWI protein, MIWI2, which functions in de novo DNA methylation of target transposon loci. We then describe how to use the antibodies to isolate associated complexes and to detect MIWI2 immunohistochemically.</p>

  • Crystal Structure of Silkworm PIWI-Clade Argonaute Siwi Bound to piRNA

    Matsumoto Naoki, Nishimasu Hiroshi, Sakakibara Kazuhiro, Nishida Kazumichi M., Hirano Takamasa, Ishitani Ryuichiro, Siomi Haruhiko, Siomi Mikiko C., Nureki Osamu

    Cell 167 ( 2 ) 484 - 497.e9 2016年10月

    ISSN  0092-8674

     概要を見る

    <p>PIWI-clade Argonaute proteins associate with PIWI-interacting RNAs (piRNAs) and silence transposable elements in animal gonads. Here, we report the crystal structure of a silkworm PIWI-clade Argonaute, Siwi, bound to the endogenous piRNA, at 2.4 Å resolution. Siwi adopts a bilobed architecture consisting of N-PAZ and MID-PIWI lobes, in which the 5′ and 3′ ends of the bound piRNA are anchored by the MID-PIWI and PAZ domains, respectively. A structural comparison of Siwi with AGO-clade Argonautes reveals notable differences in their nucleic-acid-binding channels, likely reflecting the distinct lengths of their guide RNAs and their mechanistic differences in guide RNA loading and cleavage product release. In addition, the structure reveals that Siwi and prokaryotic, but not eukaryotic, AGO-clade Argonautes share unexpected similarities, such as metal-dependent 5′-phosphate recognition and a potential structural transition during the catalytic-tetrad formation. Overall, this study provides a critical starting point toward a mechanistic understanding of piRNA-mediated transposon silencing.</p>

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 転移因子と初期胚の相互作用解析を通した全能性プログラムの解明

    2019年06月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 塩見 春彦, 新学術領域研究(研究課題提案型), 補助金,  代表

  • 霊長類を含む哺乳動物の生殖エピゲノム形成機構

    2013年05月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 塩見 春彦, 基盤研究(S), 補助金,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • FRAXA Research Foundation Award

    2003年

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • Cure Autism Now (CAN) Foundation Pilot Research Award

    2000年

  • FRAXA Research Foundation Award

    Haruhiko Siomi, 1999年

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • MRDDRC (Mental Retardation and Developmental Disabilities  Research Center) Young Investigator Award

    Haruhiko Siomi, 1998年

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学演習

    2021年度

  • 分子生物学実習

    2021年度

  • 分子生物学・遺伝子医学

    2021年度

  • 分子生物学Ⅱ

    2021年度

  • 分子生物学Ⅰ

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • Basic Molecular Biology

    慶應義塾, 2017年度, 秋学期, 講義

  • Basic Molecular Biology

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 講義

  • 分子生物学・遺伝子医学

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 専任, 110人

  • MCBI

    慶應義塾, 2015年度, 秋学期, 教養科目, 講義, 110人

  • MCBII

    慶應義塾, 2015年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 110人

教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • MCBI

    2013年
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

  • MCBII

    2008年
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

  • 分子生物学・遺伝子医学

    2008年
    -
    継続中

    , 教育内容・方法の工夫

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • Associate member, Science Council of Japan

    2017年
    -
    継続中
  • Program Officer of the Research Center for Science Systems, JSPS

    2016年
    -
    継続中
  • Member of the 2014 Japan Prize Selection Committee for the Life Science field

    2013年
    -
    2014年
  • Scientific advisory committee for Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology-Japan

    2012年
    -
    2016年
  • Advisory Board of National Institute for Basic Biology

    2009年
    -
    2013年

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • The Molecular Biology Society of Japan, 

    2000年
    -
    継続中
  • The RNA Society of Japan, 

    2000年
    -
    継続中
  • The RNA Society, 

    1993年
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年
    -
    2016年

    住友財団「基礎科学研究助成事業」選考委員会委員, 住友財団「基礎科学研究助成事業」選考委員会

  • 2013年
    -
    2014年

    日本国際賞審査委員会委員, 日本国際賞審査委員会

  • 2012年
    -
    2016年

    科学官 , 文部科学省

  • 2012年
    -
    2014年

    研究評価委員会ヒトゲノム部会委員, かずさDNA研究所

  • 2009年
    -
    2013年

    自然科学研究機構・基礎生物学研究所 運営会議 委員, 自然科学研究機構・基礎生物学研究所 

全件表示 >>