白石 泰之 (シライシ ヤスユキ)

Shiraishi, Yasuyuki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 難治性循環器疾患病態学寄附講座 (信濃町)

職名

特任助教(有期)

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学 (心不全)

  • 循環器内科学 (臨床研究)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 心不全

  • 臨床研究

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Impact of tacrolimus versus cyclosporin A on renal function during the first year after heart transplant.

    Shiraishi Y, Amiya E, Hatano M, Katsuki T, Bujo C, Tsuji M, Nitta D, Maki H, Ishida J, Kagami Y, Endo M, Kimura M, Ando M, Shimada S, Kinoshita O, Ono M, Komuro I

    ESC Heart Failure 2020年05月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Benefit and harm of intravenous vasodilators across the clinical profile spectrum in acute cardiogenic pulmonary oedema patients.

    Shiraishi Y, Kohsaka S, Katsuki T, Harada K, Miyazaki T, Miyamoto T, Matsushita K, Iida K, Takei M, Yamamoto Y, Shindo A, Kitano D, Nagatomo Y, Jimba T, Yamamoto T, Nagao K, Takayama M, for Tokyo CCU Network Scientific Committee.

    European Heart Journal: Acute Cardiovascular Care    2048872619891075 2020年01月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  2048-8726

  • Validation and Recalibration of Seattle Heart Failure Model in Japanese Acute Heart Failure Patients

    Shiraishi Y., Kohsaka S., Nagai T., Goda A., Mizuno A., Nagatomo Y., Sujino Y., Fukuoka R., Sawano M., Kohno T., Fukuda K., Anzai T., Shadman R., Dardas T., Levy W., Yoshikawa T.

    Journal of Cardiac Failure 25 ( 7 ) 561 - 567 2019年07月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  10719164

     概要を見る

    © 2018 Elsevier Inc. Background: Precise risk stratification in heart failure (HF) patients enables clinicians to tailor the intensity of their management. The Seattle Heart Failure Model (SHFM), which uses conventional clinical variables for its prediction, is widely used. We aimed to externally validate SHFM in Japanese HF patients with a recent episode of acute decompensation requiring hospital admission. Methods and Results: SHFM was applied to 2470 HF patients registered in the West Tokyo Heart Failure and National Cerebral And Cardiovascular Center Acute Decompensated Heart Failure databases from 2006 to 2016. Discrimination and calibration were assessed with the use of the c-statistic and calibration plots, respectively, in HF patients with reduced ejection fraction (HFrEF; <40%) and preserved ejection fraction (HFpEF; ≥40%). In a perfectly calibrated model, the slope and intercept would be 1.0 and 0.0, respectively. The method of intercept recalibration was used to update the model. The registered patients (mean age 74 ± 13 y) were predominantly men (62%). Overall, 572 patients (23.2%) died during a mean follow-up of 2.1 years. Among HFrEF patients, SHFM showed good discrimination (c-statistic = 0.75) but miscalibration, tending to overestimate 1-year survival (slope = 0.78; intercept = −0.22). Among HFpEF patients, SHFM showed modest discrimination (c-statistic = 0.69) and calibration, tending to underestimate 1-year survival (slope = 1.18; intercept = 0.16). Intercept recalibration (replacing the baseline survival function) successfully updated the model for HFrEF (slope = 1.03; intercept = −0.04) but not for HFpEF patients. Conclusions: In Japanese acute HF patients, SHFM showed adequate performance after recalibration among HFrEF patients. Using prediction models to tailor the care for HF patients may improve the allocation of medical resources.

  • 9-year trend in the management of acute heart failure in Japan: A report from the national consortium of acute heart failure registries

    Shiraishi Y., Kohsaka S., Sato N., Takano T., Kitai T., Yoshikawa T., Matsue Y.

    Journal of the American Heart Association 7 ( 18 ) e008687 2018年09月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

     概要を見る

    © 2018 The Authors. Background-—Acute heart failure (AHF) is a heterogeneous condition, and its characteristics and management patterns differ by region. Furthermore, limited evidence is available on AHF outside of Western countries. A project by the National Consortium of Acute Heart Failure Registries was designed to evaluate the trends over time in patient backgrounds, in-hospital management patterns, and long-term outcomes of patients with AHF over 9 years in Japan. Methods and Results-—Between 2007 and 2015, registry data for patients with AHF were collected from 3 large-scale quality AHF registries (ATTEND/WET-HF/REALITY-AHF). Predefined end points were trends over time in age, sex, and clinical outcomes, including short- and long-term mortality and readmission for heart failure. The final data set consisted of 9075 patients with AHF. No significant differences in patient backgrounds and laboratory findings (eg, anemia or renal function) were observed, with the exception of patient age; mean age became substantially higher over 9 years (71.6–77.0 years; P for trend, <0.001). On the contrary, length of hospital stay became shorter (mean, 26–16 days). These changes were not associated with in-hospital mortality (4.7–7.5%) or 30-day heart failure readmission rate (4.8–5.4%), as well as 1-year mortality and heart failure readmission rate (20.1– 23.3% and 23.6–26.2%, respectively). Conclusions-—Length of hospital stay in patients with AHF shortened over the 9-year period despite the increasing age of the patients. However, short- and long-term outcomes do not seem to be affected; continuous efforts to monitor clinical outcomes in patients with AHF are needed.

  • Outcome of hospitalised heart failure in Japan and the United Kingdom stratified by plasma N-terminal pro-B-type natriuretic peptide

    Shiraishi Y., Nagai T., Kohsaka S., Goda A., Nagatomo Y., Mizuno A., Kohno T., Rigby A., Fukuda K., Yoshikawa T., Clark A., Cleland J.

    Clinical Research in Cardiology 107 ( 12 ) 1103 - 1110 2018年12月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り,  ISSN  18610684

     概要を見る

    © 2018, Springer-Verlag GmbH Germany, part of Springer Nature. Background: Mortality subsequent to a hospitalisation for heart failure is reported to be much lower in Japan than in the United Kingdom (UK). This could reflect differences in disease severity or in management. Accordingly, we directly compared patient backgrounds and outcomes between Japan and UK. Methods: Consecutive patients admitted to academic hospitals in the UK and Japan with heart failure had a common set of variables, including plasma concentrations of N-terminal pro-B-type natriuretic peptide (NT-proBNP), collected during admission. Mortality during hospitalisations, at 90 and 180 days was recorded and stratified by quintile of NT-proBNP. Results: Overall, 935 patients were enrolled; 197 from UK and 738 from Japan. Median (interquartile range) age [UK: 78 (71–88) vs. Japan: 78 (70–84) years; p = 0.947], glomerular filtration rate [UK: 49 (34–68) vs. Japan: 49 (33–65) ml/min/1.73 m 2 ; p = 0.209] and plasma NT-proBNP [UK: 4957 (2278–10,977) vs. Japan: 4155 (1972–9623) ng/l; p = 0.186] were similar, but systolic blood pressure was lower in the UK [118 (105–131) vs. 137 (118–159) mmHg; p < 0.001]. Patients with a higher plasma NT-proBNP had a worse prognosis in both countries; in-hospital and post-discharge mortality rates were higher in the UK even after adjusting for prognostic variables including NT-proBNP. Conclusions: This analysis suggests that either unobserved differences in patient characteristics or differences in care (formal or informal) rather than greater heart failure severity may account for the worse outcome of heart failure in the UK compared to Japan.

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【いつ手術・インターベンションに送るの? 今でしょ! 今じゃないでしょ! 今のジョーシキ![循環器・消化器・神経疾患編]】循環器疾患(冠動脈疾患・心不全)

    新美 望, 白石 泰之, 香坂 俊

    総合診療 ((株)医学書院)  30 ( 2 ) 146 - 155 2020年02月

    ISSN  2188-8051

  • 【内科学書(改訂第9版)】薬物性・医原性疾患

    白石 泰之, 佐野 元昭

    内科学書 (中山書店)   2019年08月

    ISSN  978-4-521-74749-1

  • 【心不全(第2版)上 -最新の基礎・臨床研究の進歩-】 疫学 コホート研究 日本におけるコホート研究:WET-HF研究

    白石 泰之, 香坂 俊

    日本臨床 ((株)日本臨床社)  76 ( 増刊9 心不全(上) ) 76 - 82 2018年12月

    ISSN  0047-1852

  • 【心不全】(Part 1)総論 心不全の疫学, 心不全予後予測スコアとその使い方 効果的かつ効率的な医療を実践するために

    白石 泰之

    Hospitalist ((株)メディカル・サイエンス・インターナショナル)  6 ( 4 ) 793 - 805 2018年12月

    ISSN  2188-0409

     概要を見る

    <文献概要>Summary ●心不全患者数は向こう10〜20年間は増加の一途をたどり,さらに患者の高齢化が劇的に進んでいる。日本の心不全患者の入院期間は依然として世界標準よりも長いが(15日前後),長期予後は欧米諸国に比べると良好である。●年齢や血圧,尿素窒素,血中ナトリウム濃度,そしてBNP/NT-proBNP値などが心不全患者における単独の強力な予後予測因子である。●心不全リスクモデルのなかで,GWTG-HF Risk ScoreあるいはSeattle Heart Failure Model, MAGGIC Heart Failure Risk Scoreは,日本人における当てはまりが確認されており,実際に臨床現場で使用することも可能である。●いかに熟練の医師といえども,心不全患者の予後予測は困難な場合も多く,リスクモデルによる客観的な予後予測は有用である。予後予測(リスク評価)は医療者,患者の治療方針あるいは意思決定の支柱であり,効果的かつ効率的な医療の実践のためには,リスクモデルを用いた評価が不可欠である。

  • 【循環器集中治療Break Through】急性心不全治療の新展開 -時間軸に基づくアプローチは本当に重要なのか?-

    白石 泰之

    ICUとCCU (医学図書出版(株))  42 ( 11 ) 705 - 712 2018年11月

    ISSN  0389-1194

     概要を見る

    「心不全パンデミック」は医療だけでなく、社会・経済的に大きな問題となる可能性をはらんでいる。世界で有数の「超高齢化社会」である日本もその例外ではなく、今後心不全患者数が増加の一途をたどることは確実である。心不全診療のなかでも、最もコストと労力を要する分野が急性期治療であり、現在の本邦の急性心不全患者の長期予後(1年死亡率は20%前後)は海外と比較して良好であるが、現状のまま高齢化が続けば早々に予後は悪化に転ずることが予想される。心不全患者の全般的な予後を改善させるためには、抜本的な戦略が必要であり、その1つが「時間軸」に基づいた治療戦略(早期介入)の導入であると考えられている。ただし、すべての急性心不全患者が早期介入の恩恵を受けるといえば嘘であり、昨今のランダム化比較試験でも証明されている。膨れあがる心不全医療費とのバランスを図りつつ、効率的かつ効果的な医療を達成するためには、個別の病態とリスクに応じて、早期介入の恩恵を受けやすい患者に優先的にアプローチしていく姿勢が必要である。(著者抄録)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • カルシニューリン阻害薬の心移植後腎機能へ与える影響:タクロリムスとシクロスポリンの比較

    白石 泰之, 網谷 英介, 波多野 将, 勝木 俊臣, 武城 千恵, 辻 正樹, 牧 尚孝, 石田 純一, 細谷 弓子, 遠藤 美代子, 木村 光利, 木下 修, 小野 稔, 小室 一成

    第55回日本移植学会総会, 2019年10月, ポスター(一般)

  • 慢性心不全看護認定看護師の役割と将来像:心不全外来における看護師の役割

    中野 直美, 志村 千尋, 河野 隆志, 白石 泰之

    第67回日本心臓病学会学術集会, 2019年09月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • HFpEF診療における治療ターゲットを再考する -HFpEFの疾患プロセスにおける左室リモデリングとは-

    長友 祐司, 小川 翔, 合田 あゆみ, 筋野 容守, 水野 篤, 白石 泰之, 河野 隆志, 香坂 俊, 吉川 勉

    第67回日本心臓病学会学術集会, 2019年09月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 急性心不全患者におけるプレホスピタル評価および管理

    白石 泰之, 香坂 俊, 山本剛, 長尾 建, 高山 守正, 福田 恵一

    第83回日本循環器学会学術集会, 2019年03月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 高齢者に対する最適な心不全治療 -レジストリから見えてくる課題とは?-

    秋田 敬太郎, 河野 隆志, 香坂 俊, 白石 泰之, 長友 祐司, 合田 あゆみ, 水野 篤, 吉川 勉

    第83回日本循環器学会学術集会, 2019年03月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 多角的生体情報モニタリングと人工知能を用いた在宅遠隔診療による行動変容研究

    2020年04月
    -
    継続中

    公益財団法人セコム科学技術振興財団, 挑戦的研究助成, 白石 泰之, 補助金,  代表

  • 第二世代急性心不全患者予後予測システムの構築:画像情報とその深層学習の応用

    2019年04月
    -
    2021年03月

    日本循環器学会, 医師臨床研究助成, 白石 泰之, 補助金,  代表

  • ウェアラブル端末を用いた効果的な心不全診療実践のための探索的研究

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 白石 泰之, 若手研究, 補助金,  代表

     研究概要を見る

    心不全患者、特に心不全入院を経験した患者は退院後も再入院を頻回に繰り返すことが多いが、その主たる原因の一つが不十分な患者教育(病状理解の乏しさによる治療アドヒアランス不良)であり、これを改善するには医療者・患者間の病状認識のギャップの評価および退院後の在宅活動の詳細なモニタリングが必要である。活動量などを測定できるウェアラブル端末は在宅での患者情報を簡便に収集可能であり、心不全診療への応用が期待されている。当研究の目的は入院を要した急性心不全生存退院被験者において、①退院後の在宅環境や社会サポートの評価、②質問紙票を用いた医療者・患者間の病状認識のギャップの評価、③在宅での症状やQoL・活動度のウェアラブル端末を用いた評価を行い、これら被験者情報とアウトカムとの関連を検証し、現状の心不全診療の課題を把握することである。
    <BR>
    当研究の母体となる多施設合同急性心不全レジストリ(West Tokyo Heart Failure Registry 2)の登録者数は現在500人(2018年4月から2019年3月)とEDC(electronic data capturing system)上へのデータ入力は比較的順調に進んでおり、これら患者全例において前述の①在宅環境や社会サポートの状況につき今後詳細な検討を行う。②については現在100~150名程度で評価しており、こちらも今後詳細な検討を計画している。③在宅での症状やQoL・活動度については、ウェアラブル端末での評価を実施した被験者数はまだ十分でなく、引き続き被験者登録を継続していく予定である。
    被験者の登録数が当初の想定よりもやや少ないが、慶應義塾大学以外の施設での研究実施環境の整備に伴い、今後改善が期待できると考えている。
    EDC上への被験者登録数が1000人に到達した段階で、基本情報や社会サポートなどの詳細内容の検討を行う。また、質問紙票を用いた医療者患者間の病状認識のギャップや患者QoLの評価についても、同様に解析検討を行う。ウェアラブル端末で評価した生体情報に関しては、被験者が30人に到達した段階で探索的な検討を行い、可能であれば重要項目を選定し、必要症例数の目安を把握する。