白石 泰之 (シライシ ヤスユキ)

SHIRAISHI Yasuyuki

写真a

所属(所属キャンパス)

医学部 不整脈先進治療学寄付研究講座 内科学(循環器) (信濃町)

職名 (名誉教授授与大学名)

特任助教(有期) (なし)

HP

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 医学の進歩に伴い、個々の心不全患者さんの病態の理解が深まり、がん治療と同様な個別化医療の実現を目指すとともに、並行して「患者中心の医療」を実践するための現代的な枠組み構築にも力を注いでいます。

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学), 慶應義塾大学, 2017年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 循環器内科学 (心不全)

  • ライフサイエンス / 循環器内科学 (循環器救急)

  • ライフサイエンス / 循環器内科学 (腫瘍循環器学)

  • ライフサイエンス / スポーツ科学 (心臓リハビリテーション)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 心不全(Heart Failure)

  • 個別化医療(Personalized Medicine)

  • 患者中心の医療(Patient-Centered Care)

  • 患者報告アウトカム(Patient Reported Outcome [PRO])

  • 腫瘍循環器学(Onco-Cardiology)

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 内科学書 改訂第9版

    南学 正臣, 伊藤 裕 他(共著), 中山書店, 2019年08月

    担当範囲: 循環器疾患:薬物性・医原性疾患

  • 最新主要文献とガイドラインでみる 循環器内科学レビュー 2022-'23

    清水 渉(共著), 総合医学社, 2021年11月,  ページ数: 413

    担当範囲: III章 慢性心不全:LVEFの保たれた心不全(HFpEF)患者の治療戦略

  • INTENSIVIST Vol.13 No.1 2021(特集: 循環器集中治療 (Critical Care Cardiology))

    香坂 俊(共著), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2021年02月,  ページ数: 200

    担当範囲: 心不全急性期治療の循環管理「時間軸に基づく急性心不全治療」

  • Hospitalist(ホスピタリスト)Vol.6 No.4 2018(特集: 心不全)

    平岡 栄治(共著), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2019年02月

    担当範囲: 心不全の疫学「心不全予後予測スコアとその使い方 -効果的かつ効率的な医療を実践するために-」,  担当ページ: 793-805

  • 心不全(第2版)上 -最新の基礎・臨床研究の進歩-

    筒井 裕之(共著), 日本臨牀社, 2018年12月,  ページ数: 720

    担当範囲: Ⅱ 疫学:3.コホート研究(2)日本におけるコホート研究 2)WET-HF研究

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Time-Sensitive Approach in the Management of Acute Heart Failure

    Shiraishi Y., Kawana M., Nakata J., Sato N., Fukuda K., Kohsaka S.

    ESC Heart Failure (ESC Heart Failure)  8 ( 1 ) 204 - 221 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 筆頭著者, 査読有り

     概要を見る

    Acute heart failure (AHF) has become a global public health burden largely because of the associated high morbidity, mortality, and cost. The treatment options for AHF have remained relatively unchanged over the past decades. Historically, clinical congestion alone has been considered the main target for treatment of acute decompensation in patients with AHF; however, this is an oversimplification of the complex pathophysiology. Within the similar clinical presentation of congestion, significant differences in pathophysiological mechanisms exist between the fluid accumulation and redistribution. Tissue hypoperfusion is another vital characteristic of AHF and should be promptly treated with appropriate interventions. In addition, recent clinical trials of novel therapeutic strategies have shown that heart failure management is ‘time sensitive’ and suggested that treatment selection based on individual aetiologies, triggers, and risk factor profiles could lead to better outcomes. In this review, we aim to describe the specifics of the ‘time-sensitive’ approach by the clinical phenotypes, for example, pulmonary/systemic congestion and tissue hypoperfusion, wherein patients are classified based on pathophysiological conditions. This mechanistic classification, in parallel with the comprehensive risk assessment, has become a cornerstone in the management of patients with AHF and thus supports effective decision making by clinicians. We will also highlight how therapeutic modalities should be individualized according to each clinical phenotype.

  • Use of short-acting vs. long-acting loop diuretics after heart failure hospitalization

    Imaeda S, Shiraishi Y, Kohsaka S, Niimi N, Goda A, Nagatomo Y, Takei M, Saji M, Nakano S, Kohno T, Fukuda K, Yoshikawa T

    ESC Heart Failure (ESC Heart Failure)  2022年06月

    研究論文(学術雑誌), 筆頭著者, 査読有り

     概要を見る

    Aims: Furosemide, a short-acting loop diuretic (SD), is the dominant agent prescribed for heart failure (HF) in clinical practice. However, accumulating data suggests that long-acting loop diuretics (LD), such as torsemide or azosemide, might have more favourable pharmacological profiles. This study aimed to investigate the relationship between the type of loop diuretics and long-term outcomes among patients hospitalized for acute HF enrolled in a contemporary multicentre registry. Methods and results: Within the West Tokyo Heart Failure Registry from 2006 to 2017, a total of 2680 patients (60.1% men with a median age of 77 years) were analysed. The patients were characterized by the type of diuretics used at the time of discharge; 2073 (77.4%) used SD, and 607 (22.6%) used LD. The primary endpoint was composite of all-cause death or HF re-admission after discharge, and the secondary endpoints were all-cause death and HF re-admission, respectively. During the median follow-up period of 2.1 years, 639 patients died [n = 519 (25.0%) in the SD group; n = 120 (19.8%) in the LD group], and 868 patients were readmitted for HF [n = 697 (33.6%) in the SD group; n = 171 (28.2%) in the LD group]. After multivariable adjustment, the LD group had lower risk for the composite outcome [hazard ratio (HR), 0.80; 95% confidence interval (CI), 0.66–0.96; P = 0.017], including all-cause death (HR; 0.73; 95% CI; 0.54–0.99; P = 0.044) and HF re-admission (HR, 0.81; 95% CI, 0.66–0.99; P = 0.038), than the SD group. Propensity score matching yielded estimates that were consistent with those of the multivariable analyses, with sub-group analyses demonstrating that use of LD was associated with favourable outcomes predominantly in younger patients with reduced ejection fraction. Conclusions: LD was associated with lower risk of long-term outcomes in patients with HF and a recent episode of acute decompensation.

  • Validation and Recalibration of Seattle Heart Failure Model in Japanese Acute Heart Failure Patients

    Shiraishi Y., Kohsaka S., Nagai T., Goda A., Mizuno A., Nagatomo Y., Sujino Y., Fukuoka R., Sawano M., Kohno T., Fukuda K., Anzai T., Shadman R., Dardas T., Levy W., Yoshikawa T.

    Journal of Cardiac Failure (Journal of Cardiac Failure)  25 ( 7 ) 561 - 567 2019年07月

    研究論文(学術雑誌), 筆頭著者, 査読有り,  ISSN  10719164

     概要を見る

    © 2018 Elsevier Inc. Background: Precise risk stratification in heart failure (HF) patients enables clinicians to tailor the intensity of their management. The Seattle Heart Failure Model (SHFM), which uses conventional clinical variables for its prediction, is widely used. We aimed to externally validate SHFM in Japanese HF patients with a recent episode of acute decompensation requiring hospital admission. Methods and Results: SHFM was applied to 2470 HF patients registered in the West Tokyo Heart Failure and National Cerebral And Cardiovascular Center Acute Decompensated Heart Failure databases from 2006 to 2016. Discrimination and calibration were assessed with the use of the c-statistic and calibration plots, respectively, in HF patients with reduced ejection fraction (HFrEF; <40%) and preserved ejection fraction (HFpEF; ≥40%). In a perfectly calibrated model, the slope and intercept would be 1.0 and 0.0, respectively. The method of intercept recalibration was used to update the model. The registered patients (mean age 74 ± 13 y) were predominantly men (62%). Overall, 572 patients (23.2%) died during a mean follow-up of 2.1 years. Among HFrEF patients, SHFM showed good discrimination (c-statistic = 0.75) but miscalibration, tending to overestimate 1-year survival (slope = 0.78; intercept = −0.22). Among HFpEF patients, SHFM showed modest discrimination (c-statistic = 0.69) and calibration, tending to underestimate 1-year survival (slope = 1.18; intercept = 0.16). Intercept recalibration (replacing the baseline survival function) successfully updated the model for HFrEF (slope = 1.03; intercept = −0.04) but not for HFpEF patients. Conclusions: In Japanese acute HF patients, SHFM showed adequate performance after recalibration among HFrEF patients. Using prediction models to tailor the care for HF patients may improve the allocation of medical resources.

  • Assessment of physical activity using waist-worn accelerometers in hospitalized heart failure patients and its relationship with Kansas City Cardiomyopathy Questionnaire

    Shiraishi Y., Niimi N., Goda A., Takei M., Kimura T., Kohno T., Kawana M., Fukuda K., Kohsaka S.

    Journal of Clinical Medicine (Journal of Clinical Medicine)  10 ( 18 )  2021年09月

    研究論文(学術雑誌), 筆頭著者, 責任著者, 査読有り

     概要を見る

    The health benefits of physical activity have been widely recognized, yet there is limited information on associations between accelerometer-related parameters and established patient-re-ported health status. This study investigated the association between the waist-worn accelerometer measurements, cardiopulmonary exercise testing (CPX), and results of the Kansas City Cardiomy-opathy Questionnaire (KCCQ) in heart failure (HF) patients hospitalized for acute decompensation. A total of 31 patients were enrolled and wore a validated three-axis accelerometer for 2 weeks and completed the short version of the KCCQ after removing the device. Daily step counts, exercise time (metabolic equivalents × hours), and %sedentary time (sedentary time/device-equipped time) were measured. Among the measured parameters, the best correlation was observed between %seden-tary time and the KCCQ overall and clinical summary scores (r = −0.65 and −0.65, each p < 0.001). All of the individual domains of the KCCQ (physical limitation, symptom frequency, and quality of life), with the exception of the social limitation domain, showed moderate correlations with %sed-entary time. Finally, oxygen consumption assessed by CPX demonstrated only weak associations with the accelerometer-measured parameters. An accelerometer could complement the KCCQ results in accurately assessing the physical activity in HF patients immediately after hospitalization, albeit its correlation with CPX was at most moderate.

  • Catheter ablation for patients with atrial fibrillation and heart failure with reduced and preserved ejection fraction: insights from the KiCS-AF multicentre cohort study

    Shiraishi Y;Kohsaka S;Ikemura N;Kimura T;Katsumata Y;Tanimoto K;Suzuki M;Ueda I;Fukuda K;Takatsuki S

    Europace 2022年06月

    研究論文(学術雑誌), 筆頭著者, 査読有り,  ISSN  1099-5129

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 【循環器学2021年の進歩】心不全診療の進歩「心不全の新規薬物療法と心筋再生医療への期待」

    白石 泰之, 福田 恵一

    循環器専門医 ((一社)日本循環器学会)  30   88 - 94 2021年08月

    筆頭著者,  ISSN  0918-9599

  • 【特集 エキスパートがお答えします! 日常診療のあるあるの疑問】第1章 循環器:新しい心不全治療薬が次々と登場していますが、心不全のどのステージから使用するべきでしょうか?

    白石 泰之

    内科 (南江堂)  130 ( 3 ) 342 - 344 2022年09月

    筆頭著者, 最終著者, 責任著者,  ISSN  0022-1961

  • 【緊急対応を要する循環器疾患】緊急対応を要する疾患の鑑別「急性呼吸不全の鑑別」

    川久保 裕美子, 白石 泰之

    内科 ((株)南江堂)  129 ( 3 ) 427 - 431 2022年03月

    最終著者, 責任著者,  ISSN  0022-1961

     概要を見る

    <文献概要>▼呼吸困難で救急外来を受診する割合は1割程度と報告され,その原因は多岐にわたる.▼呼吸不全は「動脈血中の酸素分圧が60Torr未満になる病態」と定義される.高CO2血症(PCO2≧45Torr)を伴わないI型呼吸不全と高CO2血症を伴うII型呼吸不全に大別される.▼呼吸不全の病態として,ガス交換障害(換気血流比不均等,拡散障害,右-左シャント)と換気不全(肺胞低換気)を意識しながら精査加療を進めていく.▼比較的短期間で急速に生じる急性呼吸不全は重篤な場合が多く,迅速かつ的確に病態および背景疾患を鑑別し,初期治療を可及的速やかに行う必要がある.

  • 【終末期の心不全ケア】まずはここから! 心不全のケア「心不全の予後予測について」

    北方 博規, 白石 泰之

    治療 ((株)南山堂)  104 ( 2 ) 140 - 144 2022年02月

    最終著者, 責任著者,  ISSN  0022-5207

  • 【心不全診療パーフェクト -シチュエーション別の考え方・動き方を身につけて心不全パンデミックに立ち向かう-】(第2章)集中治療室「ICU/CCU入室から48時間以内に考えること、やるべきこと」

    川久保 裕美子, 白石 泰之

    レジデントノート ((株)羊土社)  23 ( 11 ) 1718 - 1727 2021年10月

    最終著者, 責任著者,  ISSN  1344-6746

     概要を見る

    <Point>・心不全の病態(うっ血と低心拍出)および治療への反応性をリアルタイムに評価し(点ではなく線で捉える)、時間軸を意識しながら治療方針を考える・入院24〜48時間において初期治療への反応性が乏しい場合には、より正確な病態把握(肺動脈カテーテル)や非薬物治療(機械的補助)を積極的に考慮する・機械的補助(IABP、ECMO、IMPELLA)を装着する場合には、その後の受け皿(補助人工心臓や移植)も考えながら、必要時は他施設と早めに連携をとる(著者抄録)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 観察研究からランダム化比較試験へ ~Pragmatic trial への挑戦~

    白石 泰之

    第70回 日本心臓病学会学術集会, 

    2022年09月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • Electrocardiography-Based Prediction of Sudden Cardiac Death in Heart Failure Patients: Application of Artificial Intelligence

    白石 泰之

    第86回 日本循環器学会学術集会, 

    2022年03月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 心不全診療の進歩2020-薬物治療から心移植まで-

    白石 泰之

    第40回 東京CCU研究会, 

    2020年12月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 絶対リスクに基づく急性心不全診療

    白石 泰之, 香坂 俊, 合田 あゆみ, 長友 祐司, 佐地 真育, 西畑 庸介, 武井 眞, 河野 隆志, 福田 恵一, 吉川 勉

    第24回 日本心不全学会学術集会, 

    2020年10月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 心不全患者へ対する非侵襲的生体センサを用いた多角的生体情報遠隔モニタリング

    白石 泰之, 川久保 裕美子, 片岡 雅晴, 勝俣 良紀, 中野 直美, 香坂 俊, 福田 恵一

    第24回 日本心不全学会学術集会, 

    2020年10月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 心不全患者に対する、身体診察動画とAIを用いた非侵襲的うっ血評価技術の開発

    2022年04月
    -
    継続中

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構, 橋渡し研究プログラム・シーズA, 白石 泰之, 後藤 信一, 勝俣 良紀, 補助金,  研究代表者

  • 心房細動患者に対する抗凝固療法による消化管出血性合併症の臨床像と重症度同定

    2021年04月
    -
    2024年03月

    慶應義塾大学, 植田 育子, 白石 泰之, 香坂 俊, 細江 直樹, 基盤研究(C), 未設定

     研究概要を見る

    心房細動の抗凝固療法は、脳卒中抑制効果と出血性合併症の安全性が証明されている新規経口抗凝固薬 (DOAC) が世界的に主流となってきている。我が国ではDOACを服用した心房細動患者の消化管出血発症率は年間 1.9% と高頻度であることが報告されているに留まり、本合併症発症時における薬剤の休薬・再開基準においては、さらなる実臨床での検証が急務であるとされている。本研究では、申請者自らが構築してきたレジストリシステムを発展的に活用し、日本人患者における抗凝固療法中の消化管出血の頻度、特徴、さらに出血イベントの予後に関する検証を行う。

  • 画像情報と深層学習を応用した心疾患患者の予後予測と革新的な治療戦略の開発

    2021年04月
    -
    2022年03月

    上原記念生命科学財団, 研究奨励金(新領域 4.0), 白石 泰之, 補助金,  研究代表者

  • 多角的生体情報モニタリングと人工知能を用いた在宅遠隔診療による行動変容研究

    2020年04月
    -
    2023年03月

    公益財団法人セコム科学技術振興財団, 挑戦的研究助成, 白石 泰之, 補助金,  研究代表者

  • 第二世代急性心不全患者予後予測システムの構築:画像情報とその深層学習の応用

    2019年04月
    -
    2021年03月

    日本循環器学会, 医師臨床研究助成, 白石 泰之, 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第86回 日本循環器学会学術集会 Young Investigator's Award: Clinical Research

    2022年03月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第38回 東京CCU研究会 殊勲賞

    2018年12月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第13回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会 Young Investigator's Award

    2016年09月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第33回 東京CCU研究会 最優秀演題賞

    2013年12月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 内科学(循環器)講義

    2022年度

  • 内科学(循環器)講義

    2021年度

  • 医学概論(大学院修士課程)講義

    2020年度, 大学院教養科目, 講義, 専任

  • 学生自主学習

    2018年度

  • 学生自主学習

    2017年度

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会, 

    2010年04月
    -
    継続中
  • 日本循環器学会, 

    2011年04月
    -
    継続中
  • 日本心臓病学会, 

    2012年04月
    -
    継続中
  • 日本心不全学会, 

    2016年04月
    -
    継続中
  • 日本心臓リハビリテーション学会, 

    2017年04月
    -
    継続中

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年10月
    -
    継続中

    関東甲信越支部 学術委員会 委員, 日本循環器学会