安井 伸 (ヤスイ シン)

Yasui, Shin

写真a

所属(所属キャンパス)

商学部 (日吉)

職名

准教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年07月
    -
    1998年12月

    在チリ日本大使館 専門調査員

  • 2003年04月
    -
    2008年03月

    大学専任講師(商学部)

  • 2008年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学商学部准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年03月

    京都大学, 文学部, 史学科現代史

    大学, 卒業

  • 2000年09月

    メキシコ国立自治大学, 政治社会学部, ラテンアメリカ研究

    メキシコ合衆国, 大学院, 修了, 修士

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 政治学 (Political Science)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • チリ

  • ラテンアメリカ

  • 政治発展論

  • 比較政治

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 『日本の国際協力 中南米編』(共著)

    ミネルヴァ書房, 2021年12月

  • 『侠の歴史 西洋編・下』(共著)

    清水書院, 2020年09月

  • 『新版 ラテンアメリカを知る事典』

    2013年03月

  • AMERICA LATINA EN LA ERA POSNEOLIBERAL: DEMOCRACIA, CONFLICTOS Y DESIGUALDAD.

    安井 伸, Lima, Perú: Instituto de Estudios Peruanos, 2013年

  • ラテンアメリカ旅行記

    安井 伸, 東京、弘学社, 2011年04月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 「チリ軍事政権再考―ピノチェ将軍の死に際して―」

    安井 伸

    慶應義塾大学商学部創立五十周年記念日吉論文集 (慶應義塾大学商学部)     401-405 2007年07月

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 単著

  • 「チリ・バチェレ政権の課題と展望」

    安井 伸

    『アジ研ワールド・トレンド』 (アジア経済研究所)   ( 133 ) 16-19 2006年10月

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • 「ラゴス政権からバチェレ政権へ―チリ大統領・議会選挙に見る継続と変化―」

    安井 伸

    『ラテンアメリカレポート』 (アジア経済研究所)  23 ( 1 )  2006年05月

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • 「チリにおける新自由主義経済思想の輸入と同化」

    安井 伸

    『二十世紀研究』  ( 6 ) 53-76 2005年12月

    研究論文(学術雑誌), 単著,  ISSN  1346-0609

  • 書評:Peter Kornbluh. The Pinochet File: A Declassified Dossier on Atrocity and Accountability

    安井 伸

    『アジア経済』 (アジア経済研究所)  45 ( 9 ) 80-84 2004年09月

    研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 1970年代ラテンアメリカの政治・経済―開発戦略転換の模索―

    安井 伸

    科研「世界システムの転換点としての1970年代―石油危機の衝撃」2018年第1回研究会 (早稲田大学政治経済学部・3号館) , 

    2018年06月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • チリ:2017年大統領・議会選挙と政党システム再編の可能性

    安井 伸

    日本ラテンアメリカ学会 第39回定期大会シンポジウム「2018年『選挙の年』以降のラテンアメリカの展望」, 

    2018年06月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • ラテンアメリカにおける新自由主義の導入―チリの事例を中心にして―

    安井 伸

    「中東欧とラテンアメリカのいまを比較する」第15回研究会 (早稲田大学) , 

    2016年01月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 形骸化の進むチリの民主主義 ―硬直した政党政治と投票率の低下-

    安井 伸

    シンポジウム「ポストネオリベラル期のラテンアメリカ政治―現状と課題―」 (上智大学中央図書館棟9階921会議室) , 

    2015年06月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 上智大学イベロアメリカ研究所、京都大学地域研究統合情報センター ラテンアメリカ協会(後援)

  • Transición y consolidación democrática en Chile: balance de 20 años.

    安井 伸

    国際シンポジウム「ポストネオリベラル期ラテンアメリカにおける国家社会関係―紛争、格差と民主主義」 (京都大学稲盛財団記念館 3階大会議室) , 

    2011年03月

    口頭発表(招待・特別), 京都大学地域研究総合情報センター(CIAS)

全件表示 >>

Works 【 表示 / 非表示

  • 書評:J. リンス他著『大統領制民主主義の失敗―理論編:その比較研究』

    安井 伸

    2004年05月
    -
    継続中

    その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • スペイン語Ⅴb

    2022年度

  • スペイン語Ⅴa

    2022年度

  • スペイン語Ⅲb

    2022年度

  • スペイン語Ⅰb

    2022年度

  • スペイン語Ⅰa

    2022年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本ラテンアメリカ学会

     
  • ラテン・アメリカ政経学会

     
  • Latin American Studies Association (LASA)

     
  • 日本比較政治学会