大東 一郎 (ダイトウ イチロウ)

Daitoh, Ichiroh

写真a

所属(所属キャンパス)

商学部 (三田)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1995年03月

    慶應義塾大学, 経済学部, 研究助手

  • 1995年04月
    -
    1998年03月

    明海大学, 経済学部, 講師(専任)

  • 1998年04月
    -
    2013年03月

    東北大学, 大学院国際文化研究科, 助教授/准教授

  • 2013年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 商学部, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1988年03月

    慶應義塾, 経済学部

    日本国, 大学, 卒業, その他

  • 1990年04月
    -
    1992年03月

    慶應義塾, 経済学研究科, 理論経済学専攻

    日本国, 大学院, 修了, 修士

  • 1992年04月
    -
    1995年03月

    慶應義塾, 経済学研究科

    日本国, 大学院, 単位取得退学, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 経済学修士号, 慶應義塾大学, 課程, 1992年03月

    二重経済における教育と成長:ハリス=トダロモデルの内生的成長理論への展開

  • 博士(経済学) , 慶應義塾, 課程, 1999年03月

    Theories of economic policies and structures : five studies in relation to international trade and economic development

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済政策

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 経済発展論・開発経済学, 

    1990年04月
    -
    継続中

     研究概要を見る

    発展途上国経済の理論的・政策的研究

  • 国際経済学, 

    1990年04月
    -
    継続中

     研究概要を見る

    国際貿易・投資に関する理論的・政策的研究

  • 環境・資源経済学, 

    1996年
    -
    継続中

     研究概要を見る

    Theoretical and Policy Studies on Environment and Resource Management

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 『都市化・集中化・経済発展の基礎理論』

    大東 一郎, 三菱経済研究所, 1997年03月

  • 『内生的経済成長の基礎理論』

    大東 一郎, 三菱経済研究所, 1996年02月

論文 【 表示 / 非表示

  • Open access renewable resources, urban unemployment, and the resolution of dual institutional failures

    Daitoh I., Tarui N.

    Environment and Development Economics (Environment and Development Economics)  2021年11月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  1355770X

     概要を見る

    This paper investigates how poverty reduction and natural resource preservation can be simultaneously achieved in a small open dual economy with urban wage rigidity, open access rural resources, and rural-urban migration. An increase in the export tax rate on the rural resource good increases urban unemployment in both the short run and the long run with resource dynamics. Given the institutional failures, the first-best policy is an urban wage subsidy combined with either a rural wage subsidy at a lower rate or, if the urban output price is sufficiently high, a rural tax. When the institutional failures can be resolved endogenously, an increase in the export tax on the resource good can induce rural institutional change away from open access. However, tariff protection of urban manufacturing hinders such a rural institutional change.

  • Productive Consumption in a Two-Sector Model of Economic Development

    Ichiroh Daitoh and Kazuo Nishimura

    Creative Complex Systems (Springer, Singapore)  Chapter 7   101 - 111 2021年10月

    研究論文(その他), 共著, 査読無し,  ISSN  2364-9186

     概要を見る

    In low-income countries, labor productivity crucially depends on per capita consumption that contributes to good nutrition, health, and education. A higher level of per capita consumption improves each worker’s labor productivity. This concept of productive consumption was first formulated in the aggregate growth model by Steger (J Econ Dyn Control (2002) 26:1053–1068) and analyzed using numerical simulations. In this chapter, we investigate the stability of the labor-efficiency model of productive consumption by extending Steger’s model to a two-sector model. We find that a steady state uniquely exists and is saddle-point stable, providing theoretical support for Steger’s simulation results.

  • Rates of Population Decline in Solow and Semi-Endogenous Growth Models: Empirical Relevance and the Role of Child Rearing Cost

    Ichiroh Daitoh

    The International Economy (The Japan Society of International Economics)  23   218 - 234 2020年12月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  2186-6074

     概要を見る

    It has been found that population decline may change the properties of growth paths from those in a population-increasing economy in the Solow and semi-endogenous growth models. However, the rates of population decline for such dynamics seem too large given the available empirical data. We show that positive capital-input externalities can reduce such rates of population decline to empirically relevant levels in a semi-endogenous growth model, while the introduction of child rearing costs could play a similar role in the Solow model. The economic implications of child rearing costs are discussed for the Solow growth model with population decline.

  • "The Optimal Environmental Tax and Urban Unemployment in an Open Economy"

    大東 一郎

    Review of Development Economics 15 ( 1 ) 168 - 179 2011年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • “Productive Consumption and Population Dynamics in Endogenous Growth Model”

    大東 一郎

    Journal of Economic Dynamics and Control 34 ( 4 ) 696 - 709 2010年04月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 「国際貿易・投資の自由化と環境保全」

    大東 一郎

    亀山康子・森晶寿編『グローバル社会は持続可能か』、第3章 (岩波書店シリーズ「環境政策の新地平」第1巻)  1   53 - 74 2015年05月

    総説・解説(その他), 単著

  • 「アフリカの資源をめぐる貿易・投資と貧困削減」

    大東 一郎

    馬田啓一・木村福成編著『通商戦略の論点‐世界貿易の潮流を読む』第10章 (文眞堂)     141 - 157 2014年06月

    総説・解説(その他), 単著

  • 「経済発展の動学分析:均衡の不決定性の視点」

    大東 一郎

    かじ佐保子・白井義昌・柳川範之・津曲正俊編『経済学の進路:地球時代の経済分析』、第12章 (慶應義塾大学出版会)     335 - 374 2004年03月

    総説・解説(その他), 単著

  • 「経済発展と貿易政策」

    大東 一郎

    大山道広編、『国際経済理論の地平』、第7章 (東洋経済新報社)   2001年04月

    総説・解説(その他), 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • "Macroeconomic Dynamics of Human Development: Indeterminacy and Bifurcation due to Productive-Consumption Externality"

    大東 一郎

    Econometric Society Australasian Meeting (ESAM) 2014 (Hotel Grand Chancellor, Hobart, Australia) , 2014年07月, 口頭(一般)

  • “Endogenous FDI Policy and External Tariff in a Free Trade Area under International Oligopoly”

    大東 一郎

    Econometric Society Far East and South-East Meeting 2009 (東京大学) , 2009年08月, 口頭(一般)

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 開発途上国における持続可能な開発の理論的研究:都市の貧困と農村の自然資源

    2020年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大東 一郎, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 開発途上経済の持続可能性に関する理論的研究:農村の資源管理と都市の失業

    2016年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大東 一郎, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 「インターネット・サービス・プロバイダーの戦略的行動と相互接続協定」

    2004年04月
    -
    2005年03月

    日本経済研究奨励財団, 日本経済研究奨励財団2004年度研究奨励金, 大東一郎, その他,  代表

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第4回小島清賞 優秀論文賞

    2009年10月, 日本国際経済学会 , ”Industrial Capital Accumulation, Environment and Urban Unemployment in a Developing Economy”, The International Economy, No.12, 2008, October, pp.43-51.

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 世界経済論Ⅱ

    2021年度

  • 世界経済論Ⅰ

    2021年度

  • 国際経済学特殊研究

    2021年度

  • 専攻演習S

    2021年度

  • 研究演習S

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 産業経済論

    商学部, 2019年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任

  • 産業経済論

    商学部, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任

  • 世界経済論Ⅰ

    慶應義塾, 2018年度, 春学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

    開発経済理論

  • 世界経済論Ⅱ

    慶應義塾, 2018年度, 秋学期, 専門科目, 講義, 専任, 1時間

    経済成長理論

  • 研究会(3年生)

    慶應義塾, 2018年度, 通年, 専門科目, 演習, 専任, 1時間

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 環境経済・政策学会, 

    2012年
    -
    継続中
  • 日本経済学会, 

    1993年
    -
    継続中
  • 日本国際経済学会

     
  • Econometric Society

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年09月
    -
    2016年09月

    理事, 環境経済・政策学会

  • 2012年10月
    -
    2018年10月

    理事, 日本国際経済学会