北村 行伸 (キタムラ ユキノブ)

KITAMURA Yukinobu

写真a

所属(所属キャンパス)

商学研究科 (三田)

職名

特任教授(有期)

メールアドレス

メールアドレス

HP

研究室住所

東京都港区三田2-15-45

研究室電話番号

03-5427-1437

研究室FAX番号

03-5427-1578

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年01月
    -
    1988年11月

    オックスフォード大学, 助手

  • 1988年12月
    -
    1991年08月

    経済協力開発機構(OECD)

  • 1991年09月
    -
    継続中

    日本銀行, 金融研究所, 研究員

  • 1992年04月
    -
    1998年03月

    一橋大学, 経済研究所, 非常勤講師

  • 1995年04月
    -
    継続中

    東京経済研究センター(TCER), 研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1981年03月

    慶應義塾, 経済学部

    日本, 大学, 卒業

  • 1982年05月

    ペンシルバニア大学

    米国, 大学院, 修了, 修士

  • 1988年11月

    オックスフォード大学

    英国, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士号(経済)、Doctor of Philosophy in Ecoomics, オックスフォード大学, 論文, 1989年08月

    Household saving and bequest behaviour : an intertemporal-strategic approach with special reference to Japan.

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経済統計 (経済統計学)

  • 経済政策 (Economic Policy)

  • 金融・ファイナンス (財政学・金融論)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ミクロ計量経済学

  • 公共経済学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 統計と日本社会 データサイエンス時代の展開

    国友 直人, 山本 拓(編), 東京大学出版会, 2019年02月,  ページ数: 293

    担当範囲: 補論3 ビッグデータと経済分析,  担当ページ: 273-281

  • 良き社会のための経済学 (Economie du bien commun)

    ジャン・ティロール(著)村井章子(訳), 日本経済新聞出版社, 2018年08月,  ページ数: 616

    担当範囲: 583-595

  • 『非常時対応の社会科学 -- 法学と経済学の共同の試み』

    齊藤誠・野田博(編), 有斐閣, 2016年03月,  ページ数: 444

    担当範囲: 第8章 原子力発電所事故から学ぶ金融危機への対処方法,  担当ページ: 188-213

  • 応用ミクロ計量経済学II

    北村 行伸(編著), 日本評論社, 2014年03月,  ページ数: 328

  • 若年者の雇用問題を考える 就職支援・政策対応はどうあるべきか

    樋口美雄, 財務省財務総合政策研究所(編著), 日本経済評論社, 2013年09月

    担当範囲: 83-114,  担当ページ: 第3章 所得分配と世代から見た若年雇用問題

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • “Can We Stabilize the Price of a Cryptocurrency?: Understanding the Design of Bitcoin and Its Potential to Compete with Central Bank Money”

    Mitsuru Iwamura, Yukinobu Kitamura, Tsutomu Matsumoto and Kenji Saito

    Hitotsubashi Journal of Economics (Hitotsubashi University)  60 ( 1 ) 41 - 60 2019年06月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 共著, 査読有り

  • Income Tax Reforms and Redistribution by Age Group: Evidence From Japan

    Takeshi Miyazaki, Yukinobu Kitamura, Taro Ohno

    Japanese Economic Review (Japanese Economic Review)  70 ( 1 ) 105 - 122 2019年03月

    ISSN  13524739

     概要を見る

    © 2018 Japanese Economic Association In the 1980s, tax policy changes mitigated the redistributive effect of income tax. The present study attempts to explore how different the redistributive effect of the income tax reforms in Japan is among age groups, using Japanese household microdata for the period 1984–2009. The following results are obtained. First, the overall redistributive effect was greatest for the elderly group, followed by the middle-aged group, and then the young group. Furthermore, this trend increased steadily over time. Second, the difference in total redistributive effects between the young and elderly increased owing to a large reduction in the base effect for the young.

  • 「世代間資産移転と相続税」

    北村 行伸

    『経済研究』 (岩波書店)  69 ( 3 ) 206 - 226 2018年07月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読有り

  • Comment on "Asian Participation and Performance at the Olympic Games"

    Yukinobu Kitamura

    Asian Economic Policy Review (Japan Center for Economic Research)  11 ( 1 ) 91 - 92 2016年

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • "Decomposition of Redistributive Effects of Japanese Personal Income Tax, 1984-2009"

    Takeshi Miyazaki and Yukinobu Kitamura

    FinanzArchiv / Public Finance Analysis (Mohr Siebeck GmbH & Co. KG)  72 ( 3 ) 334 - 368 2016年

    研究論文(学術雑誌), 共著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 財政論特殊研究

    2019年度

  • 財政論演習

    2019年度

  • 財政特論

    2019年度