松浦 淳介 (マツウラ ジュンスケ)

MATSUURA Junsuke

写真a

所属(所属キャンパス)

法学部 政治学科 (三田)

職名

専任講師

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2018年03月

    慶應義塾大学, SFC研究所, 上席所員

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    慶應義塾大学, 法学部, 専任講師(有期)

  • 2021年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 法学部, 専任講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

    慶應義塾大学, 経済学部, 経済学科

    大学, 卒業

  • 2006年09月

    慶應義塾大学, 政策・メディア研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 2013年03月

    慶應義塾大学, 政策・メディア研究科

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(政策・メディア), 慶應義塾大学, 課程, 2013年03月

    分裂議会に対する閣法提出者の予測的対応

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 政治学

 

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 原子力規制委員会の独立性を検証する : 安倍政権と原発の再稼働

    松浦 淳介

    法学研究 (慶應義塾大学法学研究会)  93 ( 8 ) 63 - 83 2020年08月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

  • 参議院選挙と安倍政権の国会運営

    松浦 淳介

    法学研究 (慶應義塾大学法学研究会)  93 ( 4 ) 81 - 109 2020年04月

    研究論文(大学,研究機関等紀要), 単著

  • 分裂議会における閣法の立法過程 : 参議院に対する閣法提出者の予測的対応

    松浦 淳介

    法政論叢 (日本法政学会)  53 ( 2 ) 165 - 186 2017年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • 特定秘密保護法案の立法過程 : 分裂議会における参議院の拒否権と非決定現象

    松浦 淳介

    法政論叢 (日本法政学会)  52 ( 1 ) 53 - 72 2016年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • 東日本大震災の発生と日本の国会政治 : 映像資料を用いた与野党関係の分析

    松浦 淳介

    レヴァイアサン (木鐸社)   ( 56 ) 102 - 116 2015年

    研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本公共政策学会学会賞(論説賞)

    2013年06月, 日本公共政策学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究会(政治学科)Ⅰ

    2022年度

  • 研究会

    2022年度

  • 日本政治論合同演習

    2022年度

  • 戦後日本政治史Ⅰ

    2022年度

  • 現代日本政治論Ⅱ

    2022年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 演習Ⅰ

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 演習, 専任

  • 戦後日本政治史Ⅰ

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義, 専任

  • 政治学Ⅰ

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義, 専任

  • 立法過程論Ⅱ

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    春学期, 講義, 専任

  • 現代日本政治論Ⅱ

    慶應義塾

    2018年04月
    -
    2019年03月

    秋学期, 講義, 専任

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本政治学会, 

    2011年06月
    -
    継続中
  • 日本公共政策学会, 

    2008年06月
    -
    継続中
  • 日本選挙学会, 

    2019年06月
    -
    継続中
  • 日本法政学会, 

    2009年06月
    -
    継続中