大串 敦 (オオグシ アツシ)

Ogushi, Atsushi

写真a

所属(所属キャンパス)

法学部 政治学科 (三田)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • PhD in Politics, University of Glasgow (2005)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学法学部准教授

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

    北海道大学スラブ研究センター学術研究員(21世紀COE研究員)

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

    日本学術振興会特別研究員(PD)、北海道大学スラブ研究センター所属

  • 2008年09月
    -
    2010年03月

    北海学園大学法学部非常勤講師

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    早稲田大学政治経済学術院助教

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月

    獨協大学, 法学部, 法律学科

    大学, 卒業

  • 2005年06月

    グラスゴー大学, 社会科学研究科, 政治学部

    英国, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 政治学博士, グラスゴー大学, 2005年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 政治学 (ロシアを中心とした旧ソ連諸国の政治)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ウクライナ

  • ロシア

  • 比較政治学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ポスト共産主義諸国の政治・行政・経済エリート:ロシアとウクライナ, 

    2014年04月
    -
    2017年03月

  • 旧ソ連諸国における憲法動態と支配政党体制の比較研究, 

    2011年
    -
    2014年

  • ソ連体制の解体過程, 

     

 

著書 【 表示 / 非表示

  • The Demise of the Soviet Communist Party

    大串 敦, Abingdon: Routledge, 2008年

    担当範囲: 218+xiv

  • 「重層的マシーン政治からポピュリスト体制への変容か:ロシアにおける権威主義体制の成立と変容」川中豪編『後退する民主主義、強化される権威主義:最良の政治制度とは何か』

    大串 敦, ミネルヴァ書房, 2018年07月

    担当範囲: 159-188頁

  • 「ペレストロイカと共産党体制の終焉」松戸清裕ほか編『ロシア革命とソ連の世紀・第3巻・冷戦と平和共存』

    大串 敦, 岩波書店, 2017年08月

    担当範囲: 171-195頁

  • 「ロシアにおける混合体制の成立と変容」川中豪編『発展途上国における民主主義の危機』

    大串 敦, アジア経済研究所, 2016年03月

    担当範囲: 89-102頁

  • 第3章「大統領・大統領府と政府」第4章「議会・選挙」横手慎二編『ロシアの政治と外交』

    大串 敦, 放送大学教育振興会, 2015年

    担当範囲: 38-63

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The Opposition Bloc in Ukraine: a Clientelistic Party with Diminished Administrative Resources

    大串 敦

    Europe-Asia Studies 2019年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

     概要を見る

    forthcoming (accepted on 13 Dec. 2018)

  • 全人民の指導者:プーチン政権下のロシア選挙権威主義

    大串 敦

    国際問題 (日本国際問題研究所)   ( 676 ) 5 - 14 2018年11月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • Weakened Machine Politics and the Consolidation of a Populist Regime? Contextualization of the 2016 Duma Election

    大串 敦

    Russian Politics 2 ( 3 ) 287 - 306 2017年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  2451-8913

  • Executive Control over Parliament and Law-Making in Russia: The Case of the Budget Bills

    大串 敦

    法学研究 89 ( 3 ) 292(61) - 276(77) 2016年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読無し

  • ウクライナの求心的多頭競合体制

    大串 敦

    地域研究 16 ( 1 ) 46 - 61 2015年11月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • ウクライナ大統領選 圧勝の背景

    大串敦

    世界 (岩波書店)   ( 922 ) 18 - 22 2019年07月

    総説・解説(商業誌、新聞、ウェブメディア)

  • 天児慧『中国政治の社会態制』(書評)

    大串敦

    アジア経済 (アジア経済研究所)  60 ( 2 ) 68 - 72 2019年06月

    書評,文献紹介等, 単著

  • 視界不良の「ポスト・プーチン体制」(座談会)

    大串 敦、駒木明義、金野雄五

    外交 (都市出版)  51   108 - 119 2018年09月

    その他記事, 共著

  • 溝口修平『ロシア憲法体制の成立 : 重層的転換と制度選択の意図せざる帰結』(書評)

    大串 敦

    ロシア東欧研究 45   188 - 190 2016年

    書評,文献紹介等, 単著

  • Bystrova, A., A. Duka, and D. Tev, eds. Power and Elites, (Book review)

    大串 敦

    Russian Review 75 ( 3 ) 541 - 542 2016年

    書評,文献紹介等, 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The Opposition Bloc: a Clientelistic Party with Fewer Administrative Resources

    大串 敦

    Association for Slavic, East European, and Eurasian Studies, 2017年11月, 口頭(一般)

  • Populism or Machine Politics? Contextualisation of the 2016 Duma Election

    大串 敦

    British Association for Slavonic and East European Studies (Fitzwilliam College, Cambridge) , 2017年04月, 口頭(一般)

  • Weakened Machine Politics and the Consolidation of a Populist Regime? Russian Politics after the Ukrainian Crisis

    大串 敦

    Association for Slavic, East European, and Eurasian Studies (Marriott Wardman Park, Washington DC) , 2016年11月, 口頭(一般)

  • Bureaucratic Elites in Russia Revisited: Modernity and Patrimonialism

    大串 敦

    The IX ICCEES (International Council for Central and East Eurpean Studies) World Congress (Kanda University of Foreign Studies, Makuhari, Japan) , 2015年08月, 口頭(一般), International Council for Central and East Eurpean Studies

  • Executive Control over Parliament and Law-Making in Russia: The Case of the Budget Bills

    大串 敦

    The 6th East Asian Conference on Slavic Eurasian Studies (Obama International Conference Hall, Hankuk University of Foreign Studies, Seoul, South Korea) , 2014年06月, 口頭(一般)

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ロシアの軍事大国化と中東、環黒海地域

    2018年10月
    -
    2022年03月

    東京大学, 松里 公孝, 小泉 悠, 黒木 英充, 大串 敦, 錦田 愛子, 今井 宏平, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

  • ウクライナ政治体制の解明―求心的多頭競合体制の成立と変容

    2018年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大串 敦, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 権威主義とポピュリズムの台頭に関する比較研究

    2018年04月
    -
    2022年03月

    北海道大学, 宇山 智彦, 西川 賢, 大串 敦, 加茂 具樹, 吉田 徹, 澤江 史子, 基盤研究(A)

  • ポスト共産主義諸国の政治・行政・経済エリート:ロシアとウクライナ(国際共同研究強化)

    2016年
    -
    2018年

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 大串 敦, 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    本助成により、2017年度には国際ワークショップでの報告1本、国際学会報告2本、公刊論文3本を公にすることができた。国際ワークショップは、研究代表者が組織したもので、世界各国からロシアおよびウクライナの政治経済エリートに関して先端的な研究を行なっている研究者をヘルシンキ大学アレクサンテリ研究所に招聘した。代表者は、ロシアの官僚エリートに関しての報告を行い、好評を得た。同ペーパーは改定の上欧米の査読誌に投稿する予定である。国際学会報告は、まず英国スラブ東欧研究学会でパネルを組織し、ウクライナ危機がロシア政治体制に与えた影響を考察した。同ペーパーは改定の上Russian Politics誌に投稿し、掲載された。また、スラブ東欧ユーラシア研究学会(アメリカ)では、ハリコフとドニプロでの現地調査に基づき、野党ブロック党に関する報告を行った。なお、ヘルシンキ大学アレクサンテリ研究所でも、野党ブロックに関する報告を行ったことを付言しておく。同ペーパーは米国の査読誌に投稿中である。
    公刊論文は、上述のRussian Politicsのものを除くと、ロシア革命100周年を記念した論文集『ロシア革命とソ連の世紀』第3巻にペレストロイカ時代の政治改革についての論文を公刊した。これは、本研究課題の史的基礎となるものである。また、ロシア政治体制に関して、上記英語論文の改訂日本語版(構成も含めて変更してある)が近刊予定であり、3月末段階で初校校正済みである。
    国際共同研究推進という観点から本研究課題を見ると、2月に国際ワークショップを組織し、すでに著名な研究者のみならず、若手の先端的な研究成果をヘルシンキ大学アレクサンテリ研究所から世界に発信できた点が極めて大きかった。若手研究者は今後ロシア、ウクライナ政治研究で確実に著名な研究を成し遂げると考えられ、長期的な研究協力を期待できる。
    また2017年度は代表者の研究成果も国際学会や欧米の査読誌などで広く公表できた。ロシア政治、ウクライナ政治それぞれに関して、研究代表者が国際学会でパネルを組織した。パネル報告者・討論者は著名な研究者であり、国際協力という観点でも有意義であったといえる。
    なお、もっとも主たる在外研究機関のヘルシンキ大学のほか、2017年7月10日にウクライナでの協力を依頼しているラズムコフセンターのStetskiv研究員と、また、2018年3月15日にロシアでの協力を依頼している元社会学アカデミーのKryshtanovskaya氏(現在クルィシタノフスカヤ研究所所長)と面会し、意見交換した。
    研究代表者は2年間の在外研究を終えて、3月末に帰国した。したがって、研究の国際協力体制も、こちらから外国に赴くものから国内での協力に重点を置いていく。まず、国際ワークショップに招聘したうちの幾人かは、2018年度に日本にも招聘し、日本国内にも成果を発信していく。代表者の所属する慶應義塾大学と日本のスラブ・ユーラシア研究の拠点である北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター棟で研究会を行いたい。さらに、その報告ペーパーの査読誌への掲載を試みる。

  • スラブ・ユーラシアにおける分離主義紛争の総合的比較研究

    2015年07月
    -
    2020年03月

    早稲田大学, 久保 慶一, 大串 敦, 妹尾 哲志, 森 聡, 前田 弘毅, 基盤研究(B)

     研究概要を見る

    平成29年度は、当初の研究計画の予定に従い、平成28年度および29年度を通じて研究代表者・各分担者が収集した資料、実施した現地調査の成果に関する分析作業を継続し、それらを総合して諸事例間の比較分析を行うための基礎的な作業を進めた。すなわち、久保はコソヴォ紛争、大串はウクライナ紛争とロシアの外交政策、前田はグルジア紛争、妹尾はドイツおよびEUの外交政策、森はアメリカの外交政策について、それぞれ資料収集を進め、その分析作業を進めた。その一環として、平成29年度には、前田が2018年2月にグルジアを、妹尾が2018年3月にドイツを訪問して現地調査を実施した。森は2018年4月に米国を訪問し、国際関係学会(International Studies Association)の研究大会に出席して関連する部会に参加し、あわせて米国の研究者等と米国の対スラブ・ユーラシア外交政策について意見交換を実施した。また、2017年5月にコソヴォ紛争について(講師:Leon Malazogu駐日コソヴォ大使)、7月にウクライナ紛争について(講師:大串敦)、2018年3月にロシア政治について(講師:大串敦)、研究会を実施した。これらの研究活動を通じ、コソヴォ紛争、ウクライナ紛争、グルジア紛争という3つのスラヴ・ユーラシア地域の紛争について、各国内のアクター(政府、分離主義勢力)と、アメリカ、EU(欧州諸国)、ロシアという大国の間の相互作用について比較分析を行うための素地を概ね整えることができた。
    研究代表者・分担者は概ね当初の計画通りに資料の収集・分析を行うことができており、来年度以降、計画にしたがって比較分析を進めるための素地を整えることができたと考える。そのため、おおむね順調に進展していると自己評価する。
    平成30年度以降はこれまでに収集した資料、現地調査の成果をもとに、比較分析を進めていき、その成果を海外学会等で発表し、最終的には雑誌論文等の形で公刊していくことが主眼となる。これらを遂行していくうえで大きな障害が発生しその遂行が困難になることは予想していないが、万が一そうした事態が生じた場合には分担者間の連絡調整を緊密に取ることにより柔軟に対応していきたい。

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 演習Ⅰ

    2019年度

  • 研究会(政治学科)Ⅳ

    2019年度

  • 研究会(政治学科)Ⅲ

    2019年度

  • 研究会(政治学科)Ⅱ

    2019年度

  • 研究会(政治学科)Ⅰ

    2019年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本政治学会, 

    2013年
    -
    継続中
  • ロシア東欧学会, 

    1999年10月
    -
    継続中
  • 日本比較政治学会, 

    1998年
    -
    継続中
  • 日本国際政治学会, 

    1998年
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年10月
    -
    継続中

    理事, ロシア東欧学会

     特記事項を見る

    2010年より編集委員、2012年より理事