北澤 安紀 (キタザワ アキ)

Kitazawa, Aki

写真a

所属(所属キャンパス)

法学部 法律学科 (三田)

職名

教授

外部リンク

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • 国際私法

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    大学専任講師(法学部)

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

    大学助教授(法学部)

  • 2001年10月
    -
    2005年09月

    大学法学部学習指導副主任

  • 2003年09月
    -
    2005年12月

    法務省民事局総務課調査員(担当:法の適用に関する通則法)

  • 2005年04月
    -
    継続中

    大学教授(法学部)

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年03月

    慶應義塾, 法学部, 法律学科

    大学, 卒業

  • 1993年03月

    慶應義塾, 法学研究科, 民事法学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1996年03月

    一橋大学, 法学研究科, 民事法専攻博士後期課程

    大学院, 単位取得退学, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(法学), 慶應義塾, 論文, 1991年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 国際法学 (国際私法)

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 国際私法上の反致, 

    1992年
    -
    継続中

  • 債権譲渡の準拠法, 

    2003年
    -
    継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 池田眞朗先生古稀記念論文集 民法と金融法の新時代

    片山直也, 北居功, 武川幸嗣, 北澤安紀(編著), 慶應義塾大学出版会, 2020年02月

    担当範囲: 詐害行為取消権の準拠法,  担当ページ: 565−585

  • リーガルクエスト国際私法〔第2版〕

    中西康、北澤 安紀、横溝大、林貴美, 有斐閣, 2018年10月,  ページ数: 428

  • 演習国際私法CASE30

    櫻田嘉章, 佐野寛, 神前禎, 有斐閣, 2016年10月,  ページ数: 319

    担当範囲: No.18養親子関係, No.24反致,  担当ページ: 169-178, 235-244

  • リーガルクエスト国際私法

    中西康、北澤 安紀、横溝大、林貴美, 有斐閣, 2014年04月

  • ロースクール国際私法・国際民事手続法〔第3版〕

    櫻田嘉章, 道垣内正人編, 有斐閣, 2012年

    担当範囲: Unit.4反致

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 親子関係不存在確認と通則法の規定の適用関係、選択的連結と反致」(名古屋家庭裁判所豊橋支部平成30年10月2日判決)

    北澤安紀

    新・判例解説Watch (日本評論社)   ( 28 ) 337 - 340 2021年04月

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • 婚姻届に関するいわゆる届出意思および届出の追認の準拠法

    北澤 安紀

    平成29年度重要判例解説 (有斐閣)   ( 1518 ) 308 - 309 2018年04月

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • 国際私法を鳥瞰するⅣ準拠法の特定

    北澤 安紀

    法学教室 (有斐閣)   ( 424 ) 26 - 32 2016年01月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読無し

  • EU国際私法における承認論

    北澤 安紀

    法学研究 88 ( 1 ) 147 - 176 2015年01月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読無し

  • 手形法・小切手法中の抵触規則に関する一考察−手形法・小切手法の現代語化との関係で−

    北澤 安紀

    法学研究 (慶應義塾大学法学研究会)  87 ( 11 ) 1 - 46 2014年11月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 失踪宣告・後見事件及び相続事件の国際裁判管轄

    北澤 安紀

    国際私法学会第127回研究大会 (京都大学) , 2014年06月, 口頭(一般), 国際私法学会

  • EU国際私法における承認論

    北澤 安紀

    国際法学会2008年度秋季大会 (東京外国語大学) , 2008年10月, 口頭(一般), 国際法学会

  • Law Applicable to the Assignment of Receivables in Japan

    KITAZAWA AKI

    Symposium: Japanese and European Private International Law in Comparative Perspective (Hamburg) , 2007年03月, 口頭(招待・特別), Max Planck Institute for Comparative and International Private Law

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 国際私法上の反致に関する研究

    2020年09月
    -
    2021年09月

    慶應義塾学事振興資金, 2020年度大学特別研究期間制度適用者特別研究費, 北澤安紀, 補助金,  代表

  • 萌芽期における日本の国際私法ー穂積文書の検討を中心として

    2019年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省, 科学研究費助成事業, 一橋大学・法学研究科・教授・竹下啓介, 櫻田嘉章 道垣内正人, 基盤研究(B)一般, 補助金,  分担

     研究概要を見る

    本研究は,現代の日本の国際私法の基礎が形成された萌芽期(江戸時代末期の日本の開国以降,法例(明治31年法律第10号)の立法がされた前後の時期)の日本の国際私法の全容を解明することを目的とする。中心的には,法例の起草者の一人であった穂積陳重所蔵の文書(以下「穂積文書」という。)の法例関係部分を解読し,従来不分明であった明治31年法例の各条文の成立の経緯・基礎となった議論を解明する。また,開国以降の日本の国際私法に関する議論・明治31年法例立法後のハーグ国際私法会議への日本の加盟に関する議論についても,外交史料等の分析に基づき,明治31年法例立法との関連性を含め,検討する。以上の研究によって得られる知見を基礎として,法の適用に関する通則法(平成18年法律第78号)を中心とする現代の日本の国際私法規定の意義の解明・解釈等の議論に貢献する研究を行う。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 国際私法特殊講義Ⅱ

    2021年度

  • 民法合同演習Ⅱ

    2021年度

  • 国際民事手続法

    2021年度

  • 論文指導

    2021年度

  • 国際私法特殊講義Ⅰ

    2020年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • 法制審議会国際裁判管轄法制(人事訴訟事件及び家事事件)部会

    2014年04月
    -
    2015年10月
  • 法制審議会国際私法(現代化関係)部会

    2003年04月
    -
    2005年11月
  • 司法試験考査委員

    2017年06月
    -
    2017年11月
  • 第33期宗教法人審議会

    2017年04月
    -
    2019年03月
  • 第16期文化審議会著作権分科会国際小委員会

    2017年04月
    -
    2018年03月

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 国際私法学会, 

    1994年
    -
    継続中
  • International Law Association, 

    2005年
    -
    継続中
  • 国際法学会, 

    1995年
    -
    継続中

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年11月
    -
    継続中

    委員, 司法試験考査委員

  • 2020年10月
    -
    継続中

    臨時委員, 法制審議会(仲裁法制部会)

  • 2017年06月
    -
    2017年11月

    委員, 司法試験考査委員

  • 2017年06月
    -
    継続中

    理事, 国際私法学会

  • 2016年05月
    -
    2016年11月

    委員, 司法試験考査委員

全件表示 >>