光田 達矢 (ミツダ タツヤ)

Mitsuda, Tatsuya

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (日吉)

職名

准教授

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • Tatsuya Mitsuda is Assistant Professor at Keio University, Tokyo/Yokohama, Japan.

    He was educated at Keio, Bonn and Cambridge, where he completed his PhD in History.

    His broad research and teaching interests span the intertwined social and cultural histories of food and animals, with particular reference to the German and Japanese experience in the nineteenth and twentieth centuries.

    His most recent publications include: “Entangled Histories: Germany Veterinary Medicine, c. 1770-1900”, Medical History 61/1 (2017), 25-47 and “‘Sweets Reimagined’: The Construction of Confectionary Identities, 1890-1930”, in Andreas Niehaus and Tine Walvarens (eds), Feeding Japan: The Cultural and Political Issues of Dependency and Risk (Basingstoke: Palgrave Macmillan, 2017).

    Dr Mitsuda is currently writing a book on the history of sweets and snacking in Japan and a monograph on the history of infectious animal diseases in modern Germany.

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • <研究> 現在、以下の研究に主に取り組んでいます。

    1. 食肉のドイツ社会文化史
    2. ドイツにおける動物感染症の歴史
    3.日本における菓子の社会文化史
    4. 日本における食肉普及と植民地政策の歴史  

    <教育>
    現在、上記の専門を生かした教育にも取り組んでいます。海外留学経験を活用した授業も展開しています。また、私の専門領域に近いテーマであれば、経済学部設置の研究プロジェクトを履修希望する学生を相手に論文指導を引き受けます。

    1.食の歴史(講義&ゼミ・教養課程)
    2.動物の歴史(講義・教養課程)
    3.日本における動物の社会文化史(海外留学生向け)
    4.論文指導(経済学部・研究プロジェクト)食・動物の歴史を中心としたテーマ
    5.動物・食の歴史をテーマにしたセミナー(英語:帰国生クラス)
    6.アカデミック・スキルズ

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    -
    2009年03月

    ケンブリッジ大学 クレア・カレッジ リサーチ・アソシエイト

  • 2009年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 経済学部, 専任講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年10月
    -
    2000年07月

    ボン大学, 哲学部, 歴史学

    ドイツ連邦共和国, 大学, その他, 修士

  • 2000年

    慶應義塾大学, 経済学研究科(科目等履修生)

    大学院, その他

  • 2000年09月

    慶應義塾大学, 法学部, 政治学科

    大学, 卒業

  • 2002年09月

    ケンブリッジ大学, 歴史学部

    大学院, 修了, 修士

  • 2002年10月

    ケンブリッジ大学, 歴史学部

    大学院, その他, 博士

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士号, 慶應義塾大学, 2000年09月

  • 修士号, ケンブリッジ大学, 大学評価・学位授与機構, 2002年10月

  • 博士号, ケンブリッジ大学, 大学評価・学位授与機構, 2007年10月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 日本史

  • 人文・社会 / ヨーロッパ史、アメリカ史

  • 人文・社会 / 地域研究

  • ヨーロッパ社会文化史

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ 日本 ドイツ 動物 食 肉 馬 菓子

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Portable Food Proceedings of the Oxford Symposium on Food and Cookery 2022

    Mark McWilliams, Prospect Books, 2023年07月

    担当範囲: The Perils and Promises of Portability: Sweets and Snacks in Modernizing Japan ,  担当ページ: 261-71 , 査読有り

  • "Snacking, Health, Modernity: Moralizing Confections in Japan, 1890-1930", in Angela Ki Che Leung and Melissa L. Caldwell (eds), Moral Foods: The Construction of Nutrition and Health in Modern Asia

    Tatsuya Mitsuda, University of Hawaii Press, 2019年09月

  • "'Vegetarian Nationalism': Critiques of Meat Eating for Japanese Bodies, 1880-1938", in Michelle T. King (ed), Culinary Nationalism in Asia

    MITSUDA Tatsuya, Bloomsbury, 2019年07月

  • 飼う―生命の教養学13

    光田 達矢, 慶應義塾大学出版会, 2018年07月

    担当範囲: ペットしか見えない都市空間ができるまでー近代ヨーロッパにおける動物たちの行き(生き)場

  • "‘Sweets Reimagined’: The Construction of Confectionary Identities, 1890-1930" in Andreas Niehaus and Tine Walvarens (eds), Feeding Japan: The Cultural and Political Issues of Dependency and Risk

    MITSUDA Tatsuya, Palgrave Macmillan, 2017年05月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • From Endurance to Escape: The Tokyo Summer as Lived Experience in the Twentieth Century

    Tatsuya Mitsuda

    Journal of Urban History (Sage)  2024年06月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 査読有り

    公開用PDF1

  • Communist Pigs: An Animal History of East Germany's Rise and Fall by Thomas Fleischman (review)

    Mitsuda T.

    Technology and culture (Technology and culture)  63 ( 2 ) 525 - 527 2022年

  • Consumed by Sweets: Parents, Children, and Snacking in Modern Japan

    Tatsuya Mitsuda

    The Journal of the History of Childhood and Youth (Johns Hopkins University Press)  14 ( 1 ) 63 - 84 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

     概要を見る

    This article investigates the interplay between children, sweets, and parents in Japan before and after the Second World War. Focusing on the problems posed by the penny sweet shop and the street sweets it sold to children, it analyzes society's attempts to control and reform the contents of sweets and the practice of snacking. It demonstrates that street sweets served as powerful referents shaping middle-class notions of "proper" confections, how they should be made, with whom they should be shared, and where and when they should be purchased and eaten. It argues that children were formidable consumers who bought less into the nutritional or hygienic value of confections and more into the broader experience of snacking.

  • Imperial Bovine Bodies: Rendering Chinese Milk and Meat Fit for German and Japanese Consumption

    光田達矢

    Asia Pacific Perspectives 16 ( 2 ) 4 - 33 2020年08月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • From Colonial Hoof to Metropolitan Table: Imperial Biopolitics and the Commodification of Korean Bovine Bodies

    Tatsuya Mitsuda

    Livestock as Global and Imperial Commodities: Economies, Ecologies and Knowledge Regimes, c. 1500 – present, Commodities of Empire International Workshop, 

    2022年07月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • Towards a nation of beef eaters? Fears, tastes and the edibility of "fresh" meat in Japan, c. 1870-1930

    Tatsuya Mitsuda

    Making East Asian Foods: Technologies and Values, 19th - 20th Centuries, University of Hong Kong, 

    2019年05月

  • Mapping New Technologies of Slaughter: the ‘Model’ Abattoir in Tsingtao Under German, Japanese, and Chinese Rule, 1898-1930

    光田 達矢

    Closing the Gap – How Technology Changes Spatial Relationships Between Humans and Animals (Shanghai) , 

    2018年03月

    口頭発表(一般), Nordic Centre

  • Bovine imperialism: Japanese livestock, the threat of animal diseases, and the supply of ‘safe’ meat and cattle in East Asia, c. 1890-1940

    MITSUDA Tatsuya

    Animal Agriculture from the Middle East to Asia (Cambridge, MA, USA) , 

    2017年05月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), Harvard Law School

  • Imposing confectionary identities in Japan, 1890-1935

    MITSUDA Tatsuya

    Culinary Nationalism in Asia (Chapel Hill, North Carolina) , 

    2017年03月

    口頭発表(招待・特別), Department of History, University of North Carolina

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 近代家畜貿易と家畜衛生のグローバル化 ―太平洋圏と大西洋圏の比較史―

    2021年04月
    -
    2024年03月

    研究代表者

  • 肉食社会化の比較史-近代ドイツと日本にみる生産・安全・生活-

    2018年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 光田 達矢, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 肉食社会化の比較史―近代ドイツと日本にみる生産・安全・生活―

    2018年04月
    -
    2022年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 光田達矢, 補助金,  未設定

  • 近代ドイツにおける食肉観の科学化―動物・食品・獣医―

    2014年04月
    -
    2018年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  研究代表者

  • 大人から子どもへ -日本におけるチョコレートの生産・普及・消費-

    2014年04月
    -
    2015年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾学事振興資金, 補助金,  研究代表者

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 自由研究セミナー

    2024年度

  • 英語セミナー(上級)

    2024年度

  • 英語セミナー(特別上級)

    2024年度

  • 英語(Study Skills)

    2024年度

  • 自由研究セミナーa

    2024年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Association for the Study of Food & Society (ASFS), 

    2017年08月
    -
    継続中
  • 日本獣医史学会, 

    2014年10月
    -
    継続中
  • ヒトと動物関係学会

     
  • 英国・獣医学史学会

     
  • 社会経済史学会

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月
    -
    継続中

    オブザーバー, 味の素食の文化センター 食の文化フォーラム

  • 2017年04月
    -
    継続中

    評議員, 日本獣医史学会

  • 2016年03月
    -
    継続中

    常任理事, ヒトと動物の関係学会