光田 達矢 (ミツダ タツヤ)

Mitsuda, Tatsuya

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (日吉)

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • Tatsuya Mitsuda is Assistant Professor at Keio University, Tokyo/Yokohama, Japan.

    He was educated at Keio, Bonn and Cambridge, where he completed his PhD in History.

    His broad research and teaching interests span the intertwined social and cultural histories of food and animals, with particular reference to the German and Japanese experience in the nineteenth and twentieth centuries.

    His most recent publications include: “Entangled Histories: Germany Veterinary Medicine, c. 1770-1900”, Medical History 61/1 (2017), 25-47 and “‘Sweets Reimagined’: The Construction of Confectionary Identities, 1890-1930”, in Andreas Niehaus and Tine Walvarens (eds), Feeding Japan: The Cultural and Political Issues of Dependency and Risk (Basingstoke: Palgrave Macmillan, 2017).

    Dr Mitsuda is currently writing a book on the history of sweets and snacking in Japan and a monograph on the history of infectious animal diseases in modern Germany.

総合紹介 【 表示 / 非表示

  • <研究> 現在、以下の研究に主に取り組んでいます。

    1. 食肉のドイツ社会文化史
    2. ドイツにおける動物感染症の歴史
    3.日本における菓子の社会文化史
    4. 日本における食肉普及と植民地政策の歴史  

    <教育>
    現在、上記の専門を生かした教育にも取り組んでいます。海外留学経験を活用した授業も展開しています。また、私の専門領域に近いテーマであれば、経済学部設置の研究プロジェクトを履修希望する学生を相手に論文指導を引き受けます。

    1.食の歴史(講義&ゼミ・教養課程)
    2.動物の歴史(講義・教養課程)
    3.日本における動物の社会文化史(海外留学生向け)
    4.論文指導(経済学部・研究プロジェクト)食・動物の歴史を中心としたテーマ
    5.動物・食の歴史をテーマにしたセミナー(英語:帰国生クラス)
    6.アカデミック・スキルズ

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    -
    2009年03月

    ケンブリッジ大学 クレア・カレッジ リサーチ・アソシエイト

  • 2009年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 経済学部, 専任講師

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年10月
    -
    2000年07月

    ボン大学, 哲学部, 歴史学

    ドイツ, 大学, その他, 修士

  • 2000年

    慶應義塾大学, 経済学研究科(科目等履修生)

    大学院, その他

  • 2000年09月

    慶應義塾, 法学部, 政治学科

    大学, 卒業

  • 2002年09月

    ケンブリッジ大学, 歴史学部

    大学院, 修了, 修士

  • 2002年10月

    ケンブリッジ大学, 歴史学部

    大学院, その他, 博士

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 学士号, 慶應義塾大学, 2000年09月

  • 修士号, ケンブリッジ大学, 大学評価・学位授与機構, 2002年10月

  • 博士号, ケンブリッジ大学, 大学評価・学位授与機構, 2007年10月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 地域研究

  • 日本史

  • ヨーロッパ史・アメリカ史

  • ヨーロッパ社会文化史

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ 日本 ドイツ 動物 食 肉 馬 菓子

 

著書 【 表示 / 非表示

  • "Snacking, Health, Modernity: Moralizing Confections in Japan, 1890-1930", in Angela Ki Che Leung and Melissa L. Caldwell (eds), Moral Foods: The Construction of Nutrition and Health in Modern Asia

    Tatsuya Mitsuda, University of Hawaii Press, 2019年09月

  • "'Vegetarian Nationalism': Critiques of Meat Eating for Japanese Bodies, 1880-1938", in Michelle T. King (ed), Culinary Nationalism in Asia

    MITSUDA Tatsuya, Bloomsbury, 2019年07月

  • 飼う―生命の教養学13

    光田 達矢, 慶應義塾大学出版会, 2018年07月

    担当範囲: ペットしか見えない都市空間ができるまでー近代ヨーロッパにおける動物たちの行き(生き)場

  • "‘Sweets Reimagined’: The Construction of Confectionary Identities, 1890-1930" in Andreas Niehaus and Tine Walvarens (eds), Feeding Japan: The Cultural and Political Issues of Dependency and Risk

    MITSUDA Tatsuya, Palgrave Macmillan, 2017年05月

  • "The Politics of Reproduction: Horse Breeding and State Studs in Prussia, 1750-1900" in Kristen Guest and Monica Mattfeld (eds), Equine Cultures: Horses, Human Society, and the Discourse of Modernity, 1700-Present

    MITSUDA Tatsuya, The University of Chicago Press, 2016年

論文 【 表示 / 非表示

  • Imperial Bovine Bodies: Rendering Chinese Milk and Meat Fit for German and Japanese Consumption

    光田達矢

    Asia Pacific Perspectives 16 ( 2 ) 4 - 33 2020年08月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • Trichinosis revisited: scientific internventions in the assessment of meat and animals in Imperial Germany

    Tatsuya Mitsuda

    Food and Foodways (Food and Foodways)  27 ( 1-2 ) 49 - 73 2019年09月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り,  ISSN  07409710

     概要を見る

    © 2019, © 2019 Taylor & Francis Group, LLC. This article examines the interplay of science, meat, and animals through a reappraisal of the trichinosis outbreaks during a critical period in the development of a meat inspection regime in Imperial Germany. Taking a more domestic approach than previous treatments, it questions why solutions to the problems of this parasitic disease moved from the hands of physicians, who initially called for a model of private protection carried out in the home, and into the hands of veterinarians, who established a model of public inspection centered on abattoirs. Building on previous scholarship, this article reveals how contrasting frameworks of medical and veterinary expertise shaped the debate; explains why self-protection was abandoned in favor of greater state intervention; questions why public slaughterhouses initially struggled to gain favor and then won acceptance; demonstrates why concerns about animal rather than human health were crucial in the establishment of abattoirs; and reveals why the contrasting focus on pork, on the one hand, and pigs, on the other, conditioned measures of prevention. Linking humans and animals, urban and rural society, as well as consumers and producers, this article provides a holistic and complex analysis of how German meat and animal inspection developed in the second half of the nineteenth century.

  • ビクトリア朝後期ロンドンにおける馬問題

    光田 達矢

    慶應義塾大学日吉紀要. 人文科学   33   263 - 288 2018年07月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読無し

    Mitsuda 2018 Fallen Horses London.pdf

  • Entangled histories: German veterinary medicine, c.1770–1900

    MITSUDA Tatsuya

    Medical History (Cambridge University Press)  61 ( 1 ) 25 - 47 2017年01月

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • Veterinary identities in late imperial Germany

    MITSUDA Tatsuya

    Veterinary History 19 ( 1 ) 66 - 86 2017年

    研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Towards a nation of beef eaters? Fears, tastes and the edibility of "fresh" meat in Japan, c. 1870-1930

    Tatsuya Mitsuda

    Making East Asian Foods: Technologies and Values, 19th - 20th Centuries, University of Hong Kong, 2019年05月

  • Mapping New Technologies of Slaughter: the ‘Model’ Abattoir in Tsingtao Under German, Japanese, and Chinese Rule, 1898-1930

    光田 達矢

    Closing the Gap – How Technology Changes Spatial Relationships Between Humans and Animals (Shanghai) , 2018年03月, 口頭(一般), Nordic Centre

  • Bovine imperialism: Japanese livestock, the threat of animal diseases, and the supply of ‘safe’ meat and cattle in East Asia, c. 1890-1940

    MITSUDA Tatsuya

    Animal Agriculture from the Middle East to Asia (Cambridge, MA, USA) , 2017年05月, シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), Harvard Law School

  • Imposing confectionary identities in Japan, 1890-1935

    MITSUDA Tatsuya

    Culinary Nationalism in Asia (Chapel Hill, North Carolina) , 2017年03月, 口頭(招待・特別), Department of History, University of North Carolina

  • Children as Consumer: Sweets and Snacking in the Construction of Confectionary Consumer Culture in Modern Japan

    MITSUDA Tatsuya

    History of Consumer Culture (Tokyo) , 2017年03月, 口頭(一般), Gakushuin University

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 肉食社会化の比較史-近代ドイツと日本にみる生産・安全・生活-

    2018年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 光田 達矢, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • 肉食社会化の比較史―近代ドイツと日本にみる生産・安全・生活―

    2018年04月
    -
    2022年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 光田達矢, 補助金, 

  • 近代ドイツにおける食肉観の科学化―動物・食品・獣医―

    2014年04月
    -
    2018年03月

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • 大人から子どもへ -日本におけるチョコレートの生産・普及・消費-

    2014年04月
    -
    2015年03月

    慶應義塾大学, 慶應義塾学事振興資金, 補助金,  代表

  • 家庭動物と獣医学の関係史 ― 20世紀ドイツの例を通して ―

    2014年04月
    -
    2015年03月

    日本愛玩動物協会, 補助金, 

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 研究プロジェクトb

    2020年度

  • 研究プロジェクトa

    2020年度

  • 歴史

    2020年度

  • 自由研究セミナーb

    2020年度

  • 自由研究セミナーa

    2020年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • Association for the Study of Food & Society (ASFS), 

    2017年08月
    -
    継続中
  • 日本獣医史学会, 

    2014年10月
    -
    継続中
  • ヒトと動物関係学会

     
  • 英国・獣医学史学会

     
  • 社会経済史学会

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月
    -
    継続中

    オブザーバー, 味の素食の文化センター 食の文化フォーラム

  • 2017年04月
    -
    継続中

    評議員, 日本獣医史学会

  • 2016年03月
    -
    継続中

    常任理事, ヒトと動物の関係学会