Matsuzawa Yusaku

写真a

Affiliation

Faculty of Economics (Mita)

Position

Professor

Related Websites

External Links

Career 【 Display / hide

  • 2002.11
    -
    2007.03

    東京大学史料編纂所, 助手

  • 2007.04
    -
    2011.03

    東京大学史料編纂所, 助教

  • 2011.04
    -
    2014.03

    専修大学経済学部, 准教授

Academic Degrees 【 Display / hide

  • 博士(文学), 東京大学, Dissertation

 

Research Areas 【 Display / hide

  • Japanese history

Research Themes 【 Display / hide

  • 近代日本史学史, 

    2002
    -
    Present

  • 近世・近代日本村落社会史, 

    1999
    -
    Present

 

Books 【 Display / hide

  • 大人のための社会科 -- 未来を語るために

    MATSUZAWA YUSAKU, 有斐閣, 2017

  • 自由民権運動――〈デモクラシー〉の夢と挫折 (岩波新書)

    MATSUZAWA YUSAKU, 岩波書店, 2016

  • 分断社会・日本――なぜ私たちは引き裂かれるのか (岩波ブックレット)

    MATSUZAWA YUSAKU, 岩波書店, 2016

  • 近代日本のヒストリオグラフィー (史学会シンポジウム叢書)

    MATSUZAWA YUSAKU, 山川出版社, 2015

  • 町村合併から生まれた日本近代

    MATSUZAWA YUSAKU, 講談社, 2013

display all >>

Papers 【 Display / hide

  • 「本省事業ノ目的ヲ定ムルノ議」の別紙について

    小幡 圭祐, 松沢 裕作

    三田学会雑誌 = Mita journal of economics  2017

    Research paper (scientific journal), Joint Work

  • 官有地・御料地と無断開墾問題 : 富士山南麓の場合

    松沢 裕作

    三田学会雑誌 (110)     75 - 91 2016

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • 修史局における正史編纂構想の形成過程

    松沢 裕作

    『近代日本のヒストリオグラフィー』(山川出版社) (109)     87 - 112 2015

    Research paper (scientific journal), Single Work

  • 地方自治制と民権運動・民衆運動

    松沢 裕作

    『岩波講座日本歴史 第15巻 近現代1』  2014

    Research paper (other science council materials etc.), Single Work

  • 明治中期の大字・行政村・町村組合 : 静岡県駿東郡金岡村の場合 (共通テーマ 市町村合併と村の再編 : その歴史的変化と連続性)

    松沢 裕作

    村落社会研究    3 - 26 2014

    Research paper (scientific journal), Single Work

display all >>

Papers, etc., Registered in KOARA 【 Display / hide

Research Projects of Competitive Funds, etc. 【 Display / hide

  • 明治太政官における同時代史編纂の史学史的・記録管理史的研究

    2010.04
    -
    2013.03

    Grant-in-Aid for Scientific Research, Research grant, Principal Investigator

 

Courses Taught 【 Display / hide

  • SOCIAL HISTORY A

    2019

  • SEMINAR: SOCIETY AND ENVIRONMENT

    2019

  • SEMINAR: SOCIAL HISTORY

    2019

  • RESEARCH SEMINAR D

    2019

  • RESEARCH SEMINAR C

    2019

display all >>