星 浩司 (ホシ コウジ)

Hoshi, Kouji

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (日吉)

職名

教授

外部リンク

その他の所属・職名 【 表示 / 非表示

  • 言語文化研究所, 兼担所員

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    継続中

    大学助教授(経済学部)

  • 1997年10月
    -
    1999年09月

    大学通信教育部学習指導副主任

  • 1999年10月
    -
    2001年09月

    大学通信教育部学習指導副主任

  • 2008年04月
    -
    継続中

    大学教授(経済学部)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年03月

    獨協大学, 外国語学部

    大学, 卒業

  • 1990年03月

    獨協大学, 外国語学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1995年10月

    ロチェスター大学, 言語学科

    -, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(言語学), ロチェスター大学, 1995年10月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 言語学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • (小児)失語症、生物学的言語進化

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 言語学への扉

    星 浩司, 慶應義塾大学出版会, 2006年04月

  • 英語II

    星 浩司, 慶応義塾大学出版会, 2000年04月

    担当範囲: 3-118

論文 【 表示 / 非表示

  • On the unified analysis of three types of relative clause construction in Japanese, and on the “salient reading” of the internally headed type. A reply to Erlewine & Gould (2016).(with Alexander Grosu)

    星 浩司

    Glossa: a journal of general linguistics 3   1 - 16 2018年

  • Merge and labeling as descent with modification of categorization: A neo-Lennebergian approach. 

    星 浩司

    Biolinguistics 12   39 - 54 2018年

    単著, 査読有り

  • Lenneberg’s contributions to the biology of language and child aphasiology: Resonation and brain rhythmicity as key mechanisms.

    星 浩司

    Biolinguistics 11.SI   83 - 113 2017年

  • Japanese internally headed relatives: Their distinctness from potentially homophonous constructions. (with Alexander Grosu)

    星 浩司

    Glossa: a journal of general linguistics 1   1 - 31 2016年

    共著

  • Architecture of human language from the perspective of a case of childhood aphasia―Landau-Kleffner syndrome. Architecture of human language from the perspective of a case of childhood aphasia―Landau-Kleffner syndrome. (with Kyoko Miyazato)

    星 浩司

    Biolinguistics 10   136 - 196 2016年

    共著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • A defense of four properties of Japanese internally headed relative constructions. (with Alexander Grosu)

    星 浩司

    The 28th Colloquium on Generative Grammar (Universitat Rovira i Virgiri, Tarragona, Spain) , 2018年05月, ポスター(一般), Universitat Rovira i Virgiri

  • In search of the origins of Merge, labeling (, and the lexicon) in the evolution of the faculty of language: A neo-Lennebergian approach.

    星 浩司

    The workshop on Merge and Labeling. The 90th General Meeting of the English Literary Society of Japan (Tokyo Woman’s Christian University, Tokyo) , 2018年05月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • Japanese IHRCs: Quantificational disclosure, E-type anaphora, and the pitfalls of homophony.(with Alexander Grosu)

    星 浩司

    The international workshop on internally-headed relatives. (Zentrum fuer Allgemeine Sprachwissenschaft (ZAS), Berlin) , 2012年10月, シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), Zentrum fuer Allgemeine Sprachwissenschaft (ZAS)

  • 日本語に於ける動詞句削除の欠如とその帰結に関する覚書き

    星 浩司

    日本言語学会第135回大会 (松本) , 2007年, 口頭(一般)

  • A Minimalist Perspective on Focus Sensitive Operators and Its Theoretical Implications

    Nobuhiro Miyoshi and Koji Hoshi

    The 133rd National COnference of the Linguistic Society of Japan (Sapporo) , 2006年, 口頭(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 言語学概論Ⅱ

    2021年度

  • 言語学概論Ⅰ

    2021年度

  • 英語セミナー(上級)

    2021年度

  • 英語セミナー(中級)

    2021年度

  • 英語リーデイングb

    2021年度

全件表示 >>