不破 有理 (フワ ユリ)

Fuwa, Yuri

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (日吉)

職名

教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1982年04月
    -
    1991年03月

    大学助手(経済学部)

  • 1991年04月
    -
    1998年03月

    大学助教授(経済学部)

  • 1991年10月
    -
    1993年09月

    大学学生部委員(日吉支部)

  • 1995年10月
    -
    1997年09月

    大学経済学部学習指導副主任

  • 1997年10月
    -
    1999年09月

    大学経済学部学習指導副主任

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1978年10月
    -
    1979年06月

    ケンブリッジ大学ホマトン・コレッジ

    英国, 大学, その他

  • 1982年03月

    慶應義塾, 文学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1985年03月

    慶應義塾, 文学研究科

    大学院, 単位取得退学, 博士

  • 1988年10月
    -
    1990年09月

    ウェールズ大学(バンガー校)

    イギリス, 大学院, 修了, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • 文学修士, 慶應義塾大学, 論文, 1982年03月

  • MA in Arthurian Literature, University of Wales, 論文, 1991年09月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ文学 (アーサー王文学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 『アーサーの死』の出版史

  • アーサー王物語の受容

  • テニスン、アルフレッド

  • マロリー、サー・トマス

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • トマス・マロリー『アーサーの死』の出版史から探る18、19世紀英国の中世主義, 

    2016年
    -
    継続中

  • ウェールズとイングランドの国家意識の変遷からみる社会史としてのアーサー王伝説研究, 

    2007年
    -
    2009年

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 『いかにしてアーサー王は日本で受容されサブカルチャー界に君臨したか:変容する中世騎士道物語』

    岡本広毅、小宮真樹子編、不破有理, みずき書林, 2019年03月,  ページ数: 349

    担当範囲: 「日本初のアーサー王物語 夏目漱石「薤露行」とシャロットの女」,  担当ページ: 42-65

  • ケルト文化事典

    不破 有理, 東京堂出版, 2017年05月

    担当範囲: アーノルド、マシュー

  • ケルト文化事典

    不破 有理, 東京堂出版, 2017年05月

    担当範囲: マロリー、サー・トマス

  • ケルト文化事典

    不破 有理, 東京堂出版, 2017年05月

    担当範囲: マロリー以降―現代まで

  • ケルト文化事典

    不破 有理, 東京堂出版, 2017年05月

    担当範囲: グウィネヴィア、イレイン

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 『アーサー王の死』(1816年)の印刷者Robert Wilks―未刊行資料から伝記的再構築の試み(その1)

    不破 有理

    慶應義塾大学日吉紀要 英語英米文学 (Keio University)   ( 74 ) 1 - 42 2021年03月

    研究論文(大学,研究機関紀要), 単著, 査読有り

  • 読み易くすること:読者層の拡大とグローブ版『アーサー王の死』(1868)が希求した改竄

    不破 有理

    書物学 (勉誠出版)  14   25 - 33 2018年12月

    単著, 査読有り

  • 作者・編集者・出版者・読者のしなやかな境界―サー・トマス・、マロリーの『アーサー王の死』のテクスト改変の歴史

    不破 有理

    文献学の世界:書物の境界 (慶應義塾大学文学部)     57 - 69 2018年03月

    研究論文(その他), 単著, 査読無し

  • Paving the way for the Arthurian Revival--William Caxton and Sir Thomas Malory’s King Arthur in the Eighteenth Century

    不破 有理

    Journal of the International Arthurian Society (Walter de Gruyter)  5 ( 1 ) 59 - 72 2017年11月

    単著, 査読有り,  ISSN  2196-9353

  • Does Format Matter? ―トマス・マロリー『アーサー王の死』 1816年版Walker editionの判型を解読する

    不破 有理

    慶應義塾大学日吉紀要 英語英米文学 68   1 - 24 2016年10月

    単著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The Once and Future King:伝説と歴史と物語が紡ぐアーサー王の世界 Sir Thomas Malory, Le Morte Darthurの出版史から

    不破 有理

    同志社大学英文学会2018年年次大会 (同志社大学今出川校地) , 2018年10月, 口頭(招待・特別), 同志社大学英文学会

  • Ladies of Shalott in Soseki’s Multicultural Labyrinth, Kairo-ko (1905)

    不破 有理

    Mirroring the Mystery: The Lady of Shalott in Britain and Japan (the University of Hebrew, Jerusalem) , 2018年04月, 口頭(招待・特別), Dr John Whitman of the English Department, the University of Hebrew,Jerusalem

  • Sir Mordred “the Malebranche”, Renart’s heir?— possible sources for the Alliterative Morte Arthure and its thematic significance

    不破 有理

    The 25th International Arthurian Congress (Würzburg, Germany) , 2017年07月, 口頭(一般), The International Arthurian Society

  • 頭韻詩『アーサーの死』とルナールの息子

    不破 有理

    国際アーサー王学会日本支部年次大会 (成城大学) , 2016年12月, 口頭(一般), 国際アーサー王学会日本支部

  • 「マロリー以降――『アーサーの死』の出版史と中世復興と大英帝国」

    不破 有理

    第35回日本ケルト学会 (慶應義塾大学 日吉キャンパス) , 2015年10月, 口頭(基調), 日本ケルト学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 19世紀英国出版文化におけるトマス・マロリー『アーサー王の死』:編集・出版・読者

    2021年04月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 不破 有理, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • トマス・マロリー『アーサーの死』の出版史から探る18、19世紀英国の中世主義

    2016年
    -
    継続中

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 不破有理, 補助金,  代表

  • ウェールズとイングランドの国家意識の変遷からみる社会史としてのアーサー王伝説研究

    2007年
    -
    2009年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • 18,19世紀英国における中世主義の復興と変容の研究

    1995年
    -
    1997年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  代表

  • ウェールズの文献から捉えた18,19世紀英国の中世主義の研究

    1992年
    -
    継続中

    補助金,  代表

Works 【 表示 / 非表示

  • 経済学部英語共通科目StudySkillsのテキスト (Writing Section)作成

    不破 有理

    2003年11月
    -
    2004年04月

    その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 文学Ⅱ

    2021年度

  • 日吉学

    2021年度

  • 自由研究セミナーb

    2021年度

  • 自由研究セミナーa

    2021年度

  • 英語セミナー(上級)

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • 自由研究セミナー(アーサー王)

    慶應義塾大学, 2018年度

  • 英語セミナー(上級)

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 専任

  • 自由研究セミナー「英詩と絵画で読むアーサー王物語――“Lady of Shalott”の世界」

    慶應義塾, 2017年度, 通年, 教養科目, 専任

  • 英語セミナー(上級)

    慶應義塾, 2017年度, 秋学期, 専任

  • Study Skills

    慶應義塾, 2017年度, 春学期, 専任

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本中世英語英文学会評議員, 

    2016年12月
    -
    継続中
  • 西洋中世学会常任委員, 

    2016年04月
    -
    継続中
  • 国際アーサー王学会(日本支部)会長, 

    2015年01月
    -
    2017年12月
  • 国際アーサー王学会(日本支部)副会長, 

    2012年01月
    -
    2014年12月
  • 日本中世英語英文学会編集委員, 

    2010年04月
    -
    2012年03月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年01月
    -
    2020年12月

    国際アーサー王学会日本支部Web委員長, 国際アーサー王学会日本支部

  • 2017年05月
    -
    2020年05月

    日本英文学会大会準備委員, 日本英文学会

  • 2017年
    -
    2021年

    西洋中世学会常任委員, 西洋中世学会

  • 2015年01月
    -
    2017年

    会長, 国際アーサー王学会(日本支部)

  • 2015年01月
    -
    2017年

    President, International Arthurian Society (Japanese Branch)

全件表示 >>