藤原 一平 (フジワラ イッペイ)

Fujiwara Ippei

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

HP

特記事項

藤原一平

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    2011年09月

    日本銀行

  • 2011年10月
    -
    継続中

    オーストラリア国立大学, クロフォード行政大学院, 准教授(2011~2013年)、教授(2013年~)

  • 2014年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 経済学部, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1989年03月

    早稲田大学高等学院

    その他, 卒業

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    早稲田大学, 政治経済学部, 政治学科

    大学, 卒業

  • 1998年10月
    -
    2000年07月

    オックスフォード大学, 経済学部

    大学院, 修了, 修士

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    大阪大学, 経済学部

    大学院, 修了, 博士

  • 2008年10月
    -
    2010年07月

    オックスフォード大学, 経済学部

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 政治学士, 早稲田大学, 課程, 1993年03月

  • Master of Philosophy in Economics, University of Oxford (St. Antony's College), 2000年07月

  • 応用経済学部博士, 大阪大学, 課程, 2005年03月

  • Doctor of Philosophy in Economics, University of Oxford (Nuffield College), 課程, 2010年07月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 理論経済学

  • 経済政策

  • 金融・ファイナンス

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • マクロ経済学

  • 国際金融論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • On two notions of imperfect credibility in optimal monetary policies

    Fujiwara I., Kam T., Sunakawa T.

    Economics Letters (Economics Letters)  174   22 - 25 2019年01月

    ISSN  01651765

     概要を見る

    © 2018 Elsevier B.V. We explore how outcomes of optimal monetary policy with loose commitment (Schaumburg and Tambalotti, 2007; Debortoli and Nunes, 2010) with the non-reoptimization probability of [Formula presented] can be interpretable as outcomes of deeper optimal policy under sustainable plans (Chari and Kehoe, 1990) with [Formula presented]-period punishment. In a standard monetary-policy framework, we show that, for any sufficiently high value of [Formula presented], there exists an integer [Formula presented] such that impulse responses to the cost-push shock under each policy are similar to each other.

  • Private news and monetary policy-Forward guidance as Bayesian persuasion

    I Fujiwara, Y Waki

    CAMA Working Paper 2019年

  • Generational war on inflation: optimal inflation rates for the young and the old

    I Fujiwara, S Hori, Y Waki

    Globalization and Monetary Policy Institute Working Paper 2019年

  • Foreign exchange reserves as a tool for capital account management

    S Davis, I Fujiwara, KXD Huang, J Wang

    Globalization and Monetary Policy Institute Working Paper 2019年

  • Sustainable international monetary policy cooperation

    I Fujiwara, T Kam, T Sunakawa

    Journal of Economic Dynamics and Control 106, 103721 2019年

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 国際流動性としての政府債務と国際間政策協調

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤原 一平, 基盤研究(A), 補助金,  代表

その他 【 表示 / 非表示

  •  内容を見る

    Editor, Asia and the Pacific Policy Studies, 2012-

  •  内容を見る

    Associate Editor, Japan and the World Economy, 2009-

  •  内容を見る

    Research Associate, Globalization and Monetary Policy Institute, FRB Dallas, 2010-

  •  内容を見る

    Deputy Director, Centre for Applied Macroeconomic Analysis, Australian National University, 2011-

  •  内容を見る

    Fellow, Euro Area Business Cycle Network, 2010-

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • マクロ経済学初級Ⅰ

    2019年度

  • 応用マクロ経済学

    2019年度

  • マクロ経済学演習

    2019年度

  • 研究会d

    2019年度

  • 研究会c

    2019年度

全件表示 >>