藤原 一平 (フジワラ イッペイ)

Fujiwara Ippei

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

HP

特記事項

藤原一平

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    2011年09月

    日本銀行

  • 2011年10月
    -
    継続中

    オーストラリア国立大学, クロフォード行政大学院, 准教授(2011~2013年)、教授(2013年~)

  • 2014年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 経済学部, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1989年03月

    早稲田大学高等学院

    その他, 卒業

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    早稲田大学, 政治経済学部, 政治学科

    大学, 卒業

  • 1998年10月
    -
    2000年07月

    オックスフォード大学, 経済学部

    大学院, 修了, 修士

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    大阪大学, 経済学部

    大学院, 修了, 博士

  • 2008年10月
    -
    2010年07月

    オックスフォード大学, 経済学部

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 政治学士, 早稲田大学, 課程, 1993年03月

  • Master of Philosophy in Economics, University of Oxford (St. Antony's College), 2000年07月

  • 応用経済学部博士, 大阪大学, 課程, 2005年03月

  • Doctor of Philosophy in Economics, University of Oxford (Nuffield College), 課程, 2010年07月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 理論経済学

  • 人文・社会 / 経済政策

  • 人文・社会 / 金融、ファイナンス

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • マクロ経済学

  • 国際金融論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Aging and the real interest rate in Japan: A labor market channel

    Fujita S., Fujiwara I.

    Journal of the Japanese and International Economies (Journal of the Japanese and International Economies)  69 2023年09月

    ISSN  08891583

     概要を見る

    This paper explores a causal link between aging of the labor force and the declining trend in the real interest rate in Japan. We develop a search and matching model that features heterogeneous workers with respect to their ages and firm-specific skills. Using the model, we examine the long-run implications of the sharp drop in labor force entry in the 1970s. We show that the changes in the demographic structure induce significant low-frequency movements in per capita consumption growth and thus the real interest rate. The model suggests that aging of the labor force caused the real interest rate to decline by 1 percentage point between 1980 and 2010 in Japan.

  • The Delphic forward guidance puzzle in New Keynesian models

    Fujiwara I., Waki Y.

    Review of Economic Dynamics (Review of Economic Dynamics)  46   280 - 301 2022年10月

    ISSN  10942025

     概要を見る

    When the central bank has information that can help the private sector better predict the future, should it communicate such information to the public? In purely forward-looking New Keynesian models, such Delphic forward guidance unambiguously reduces ex ante welfare by increasing the variability of inflation and the output gap. We call this phenomenon the Delphic forward guidance puzzle. In more elaborate models with endogenous state variables, a combination of Delphic forward guidance and preemptive policy actions may improve welfare. However, full information revelation is generally not optimal and what information needs to be revealed is highly model-dependent.

  • Competition and the Phillips Curve

    I Fujiwara, K Matsuyama

    Centre for Economic Policy Research 2022年

  • Comment on “The Welfare Implications of Massive Money Injection: The Japanese Experience from 2013 to 2020”

    Fujiwara I.

    Asian Economic Policy Review (Asian Economic Policy Review)  16 ( 2 ) 243 - 244 2021年07月

    ISSN  18328105

  • Exchange rate disconnect and the general equilibrium puzzle

    Y Chen, I Fujiwara, Y Hirose

    CAMA Working Paper 2021年

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • グローバル・インバランスの行方:国際金融論と国際貿易論の統合アプローチ

    2022年04月
    -
    2026年03月

    科学研究費助成事業, 青木 浩介, 中嶋 智之, 藤原 一平, 高橋 修平, 脇 雄一郎, 基盤研究(A), 未設定

     研究概要を見る

    グローバル・インバランスの発生要因を、国際貿易と国際金融の両面から明らかにしたうえで、今後の帰趨を展望し、政策対応を提案する。従来は金融要因や構造要因(高齢化)がグローバル・インバランスの主な原因として指摘されていた。しかし現在は、国際資金移動と世界貿易の構造が共に大きく変化している。その事実を背景に、本研究では、国際金融的側面、国際貿易的側面の両面を考慮した分野横断的視点からの分析を行う。

  • ロボット化(自動化)は、経済活動のあり方を変えてしまうのか?

    2021年04月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤原 一平, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 国際流動性としての政府債務と国際間政策協調

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤原 一平, 基盤研究(A), 補助金,  研究代表者

その他 【 表示 / 非表示

  •  内容を見る

    Editor, Asia and the Pacific Policy Studies, 2012-

  •  内容を見る

    Associate Editor, Japan and the World Economy, 2009-

  •  内容を見る

    Research Associate, Globalization and Monetary Policy Institute, FRB Dallas, 2010-

  •  内容を見る

    Deputy Director, Centre for Applied Macroeconomic Analysis, Australian National University, 2011-

  •  内容を見る

    Fellow, Euro Area Business Cycle Network, 2010-

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • マクロ経済学演習

    2023年度

  • 研究会d

    2023年度

  • 研究会c

    2023年度

  • 研究会b

    2023年度

  • 研究会a

    2023年度

全件表示 >>