藤原 一平 (フジワラ イッペイ)

Fujiwara Ippei

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (三田)

職名

教授

HP

特記事項

藤原一平

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    2011年09月

    日本銀行

  • 2011年10月
    -
    継続中

    オーストラリア国立大学, クロフォード行政大学院, 准教授(2011~2013年)、教授(2013年~)

  • 2014年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 経済学部, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1989年03月

    早稲田大学高等学院

    その他, 卒業

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    早稲田大学, 政治経済学部, 政治学科

    大学, 卒業

  • 1998年10月
    -
    2000年07月

    オックスフォード大学, 経済学部

    大学院, 修了, 修士

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    大阪大学, 経済学部

    大学院, 修了, 博士

  • 2008年10月
    -
    2010年07月

    オックスフォード大学, 経済学部

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 政治学士, 早稲田大学, 課程, 1993年03月

  • Master of Philosophy in Economics, University of Oxford (St. Antony's College), 2000年07月

  • 応用経済学部博士, 大阪大学, 課程, 2005年03月

  • Doctor of Philosophy in Economics, University of Oxford (Nuffield College), 課程, 2010年07月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 理論経済学

  • 人文・社会 / 経済政策

  • 人文・社会 / 金融、ファイナンス

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • マクロ経済学

  • 国際金融論

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Robots and labour: implications for inflation dynamics

    I Fujiwara, F Zhu

    BIS Paper 2020年

  • Reconnecting Exchange Rate and the General Equilibrium Puzzle

    Y Chen, I Fujiwara, Y Hirose

    2020年

  • A Technology-Gap Model of Premature Deindustrialization

    I Fujiwara, K Matsuyama

    CEPR Discussion Paper No. DP15530 2020年

  • On two notions of imperfect credibility in optimal monetary policies

    Fujiwara I., Kam T., Sunakawa T.

    Economics Letters (Economics Letters)  174   22 - 25 2019年01月

    ISSN  01651765

     概要を見る

    © 2018 Elsevier B.V. We explore how outcomes of optimal monetary policy with loose commitment (Schaumburg and Tambalotti, 2007; Debortoli and Nunes, 2010) with the non-reoptimization probability of [Formula presented] can be interpretable as outcomes of deeper optimal policy under sustainable plans (Chari and Kehoe, 1990) with [Formula presented]-period punishment. In a standard monetary-policy framework, we show that, for any sufficiently high value of [Formula presented], there exists an integer [Formula presented] such that impulse responses to the cost-push shock under each policy are similar to each other.

  • Fiscal forward guidance: A case for selective transparency

    Fujiwara I., Waki Y.

    Journal of Monetary Economics (Journal of Monetary Economics)  2019年

    共著,  ISSN  03043932

     概要を見る

    © 2019 Elsevier B.V. Should the fiscal authority use forward guidance to reduce future policy uncertainty perceived by private agents? Using dynamic general equilibrium models, we examine the welfare effects of announcing future fiscal policy shocks and show that selective transparency is desirable — announcing distortionary future policy shocks can be detrimental to ex ante social welfare, whereas announcing non-distortionary shocks generally improves welfare. Sizable welfare gains are found with constructive ambiguity regarding the timing of a tax increase in a realistic fiscal consolidation scenario. However, being secretive about distortionary shocks is time inconsistent, and welfare loss from communication may be unavoidable.

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ロボット化(自動化)は、経済活動のあり方を変えてしまうのか?

    2021年04月
    -
    2025年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤原 一平, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 国際流動性としての政府債務と国際間政策協調

    2018年04月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 藤原 一平, 基盤研究(A), 補助金,  研究代表者

その他 【 表示 / 非表示

  •  内容を見る

    Editor, Asia and the Pacific Policy Studies, 2012-

  •  内容を見る

    Associate Editor, Japan and the World Economy, 2009-

  •  内容を見る

    Research Associate, Globalization and Monetary Policy Institute, FRB Dallas, 2010-

  •  内容を見る

    Deputy Director, Centre for Applied Macroeconomic Analysis, Australian National University, 2011-

  •  内容を見る

    Fellow, Euro Area Business Cycle Network, 2010-

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • マクロ経済学演習

    2022年度

  • 研究会d

    2022年度

  • 研究会c

    2022年度

  • 研究会b

    2022年度

  • 研究会a

    2022年度

全件表示 >>