鈴木 亮子 (スズキ リョウコ)

Suzuki, Ryoko

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (日吉)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

外部リンク

教員からのメッセージ 【 表示 / 非表示

  • 勉強することを楽しんでほしいとおもいます。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年12月
    -
    1997年05月

    シンガポール国立大学日本研究科 ティーチングフェロー(専任講師)

  • 1998年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学准教授(経済学部)

  • 2001年04月
    -
    2002年03月

    明治学院大学大学院

  • 2001年10月
    -
    2002年03月

    日本女子大学文学部英文学科

  • 2012年04月
    -
    継続中

    慶応義塾大学教授(経済学部)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年05月

    University of California, Santa Barbara, Department of Linguistics, Linguistics

    -, 大学院, 修了, 博士

  • 1989年05月

    University of Southern California, Department of General Linguistics, General Linguistics

    -, 大学院, 修了, 修士

  • 1987年03月

    日本女子大学, 文学研究科

    大学院, 修了, 修士

  • 1985年03月

    日本女子大学, 文学部, 英文学科

    東京, 大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D. in Linguistics, University of California, Santa Barbara, 論文, 1999年05月

    Grammaticization in Japanese: A study of pragmatic particle-ization.

  • Master of Arts in General Lingistics, University of Southern California, 論文, 1989年05月

  • 文学修士号, 日本女子大学, 論文, 1987年03月

職務上の実績に関する事項 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    継続中

    Study Skills Handbook

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 言語学

  • 日本語学 (Japanese Studies)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 主観化

  • 会話

  • 文法化

  • 日本語会話コーパス

  • 機能文法

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 日本語の引用助詞と形式名詞の発達-文法化、主観化、間主観化の過程, 

    2005年
    -
    2007年

  • ビデオデータに基づく日本語の話し言葉のコーパス作成, 

    2002年
    -
    2004年

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 会話に見られる文法化/主観化

    大学等の研究機関との共同研究を希望する

  • 日本語の会話のコーパスの作成と蓄積

    大学等の研究機関との共同研究を希望する

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Subordination in Conversation

    Ritva Laury and Ryoko Suzuki, Amsterdam: John Benjamins, 2011年

論文 【 表示 / 非表示

  • On the notion of unit in the study of human languages

    Ono T., Laury R., Suzuki R.

    Studies in Language (Studies in Language)  43 ( 2 ) 245 - 253 2019年11月

    ISSN  03784177

  • Questioning the clause as a crosslinguistic unit in grammar and interaction

    Laury R., Ono T., Suzuki R.

    Studies in Language (Studies in Language)  43 ( 2 ) 364 - 401 2019年11月

    ISSN  03784177

     概要を見る

    © John Benjamins Publishing Company This paper focuses on 'clause', a celebrated structural unit in linguistics, by comparing Finnish and Japanese, two languages which are genetically, typologically, and areally distinct from each other and from English, the language on the basis of which this structural unit has been most typically discussed. We first examine how structural units including the clause have been discussed in the literature on Finnish and Japanese. We will then examine the reality of the clause in everyday talk in these languages quantitatively and qualitatively; in our qualitative analysis, we focus in particular on what units are oriented to by conversational participants. The current study suggests that the degree of grammaticization of the clause varies crosslinguistically and questions the central theoretical status accorded to this structural unit.

  • The use of frequent verbs as reactive tokens in Japanese everyday talk: Formulaicity, florescence, and grammaticization

    Ono T., Suzuki R.

    Journal of Pragmatics (Journal of Pragmatics)  123   209 - 219 2018年01月

    ISSN  03782166

     概要を見る

    © 2017 Elsevier B.V. A number of recent studies (Wray, 2008; Corrigan et al., 2009; Bybee, 2010; Tanabe et al., 2014) have highlighted the formulaic nature of actual language use. The present paper is part of our larger project which examines the mechanism of formulaicity observed in Japanese conversation and seeks its implications for the nature of human language in general. Japanese is known for its extensive ‘backchanneling’ behavior (e.g., Maynard, 1986, 1987; Clancy et al., 1996; Iwasaki, 1997; Nagata, 2004; Ohama, 2006) and presents a case of florescence (Chafe, 2000) by boasting an extensive repertoire of diverse expressions used for such a purpose. We report on a previously unrecognized type of expression forming part of the group: frequently used verbs with general meanings such as aru ‘exist’ iru ‘exist’ yaru ‘do’ kuru ‘come’ and wakaru ‘understand’ appear to be grammaticized as reactive tokens. We will examine these formulas in context paying attention to their prosody, structure, semantics, and function. Specifically, we find these verbs standing on their own or in a reduplicated form as a response to the prior talk. Often there is no referent in the context that can be understood as the argument of the verbs. These characteristics suggest their status as reactive tokens.

  • A note on the emergence of quotative constructions in Japanese conversation. Subordination in Conversation, ed by Ritva Laury and Ryoko Suzuki.

    SUZUKI RYOKO

    Subordination in Conversation. (Amsterdam: John Benjamins.)     149–164 2011年

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 単著, 査読無し

  • Concessive meaning associated with quotative forms in Japanese

    鈴木 亮子

    日本認知言語学会論文集 第8巻 (日本認知言語学会)  2008年

    研究論文(研究会,シンポジウム資料等), 単著, 査読無し

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Interactional profile of causal kara-clause in Japanese conversation: Because the ‘main’ clause is there or not

    鈴木 亮子

    International Pragmatics Conference (Melbourne, Australia) , 2009年07月, 口頭(一般), International Pragmatics Association

  • 「会話における引用と提題の関係-『って』構文の分析」

    鈴木 亮子

    エスノメソドロジー・会話分析研究会 2007年度研究会大会 (明治学院大学白金キャンパス) , 2007年09月, 口頭(招待・特別), エスノメソドロジー・会話分析研究会

  • Concessive Meaning Associated with Quotative Forms in Japanese

    鈴木 亮子

    日本認知言語学会第8回大会 (Seikei University, Tokyo) , 2007年09月, 口頭(一般), 日本認知言語学会

  • It was not complex at the beginning - approaching to 'reanalysis' in Japanese conversation

    鈴木 亮子

    10th International Pragmatics Conference (Goteborg, Sweden) , 2007年07月, 口頭(一般), International Pragmatics Association

  • The use of morphemes as pragmatic particles and complementizers in Finnish and Japanese -- a crosslinguistic comparison

    ローリー リトバ鈴木 亮子

    The Fourth International Conference on Construction Grammar (ICCG4) (東京大学) , 2006年09月, ポスター(一般), University of Tokyo

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 日常の相互行為における定型性:話し言葉を基盤とした言語構造モデルの構築

    2017年07月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 鈴木 亮子, 基盤研究(B), 補助金,  代表

  • 会話における言語と相互行為の「単位」:複数言語からの創発的アプローチ

    2014年09月
    -
    2016年08月

    日本学術振興会とAcademy of Finland, 二国間共同事業, 鈴木 亮子, 受託研究,  代表

     研究概要を見る

    日本語、フィンランド語、中国語、ヌートカ語のデータを分析し「会話の中でどういう過程を経て言語構造上のまとまりが形成され、単位として定着してゆくのか」という問いに、日本とフィンランドで、それぞれの言語に固有あるいは共通の単位のありようを議論してゆく。

     備考を見る

    http://blogs.helsinki.fi/the-units-project/
    (プロジェクトウェブサイト@ヘルシンキ大学)

Works 【 表示 / 非表示

  • ワークショップ開催

    鈴木 亮子

    東京 (東京大学駒場キャンパス), 

    2004年03月

    その他, 共同

  • 公開講演会開催/Michael Barlow「ParaConc:A concordance for parallel texts」

    鈴木 亮子

    横浜 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎, 

    2002年07月
    -
    継続中

    その他, 共同

  • フレーム意味論・構文的アプローチに基づくオンライン日本語語彙情報資源の構築(グループ⑧):研究分担者。言語分析

    鈴木 亮子

    横浜, 

    2000年04月
    -
    2005年03月

    その他, 共同

  • 経済学部 英語共通授業

    鈴木 亮子、永井 容子

    横浜, 

    2000年
    -
    継続中

    その他, 共同

     発表内容を見る

    経済学部における英語共通授業(1999年4月よりカリキュラムに正式に導入されている「英語スタディスキルズ」となった)に関する報告

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 英語学特殊講義Ⅱ

    2021年度

  • 英語学特殊講義Ⅰ

    2021年度

  • 言語学

    2021年度

  • 自由研究セミナー

    2021年度

  • 英語セミナー(中級)

    2021年度

全件表示 >>

担当経験のある授業科目 【 表示 / 非表示

  • Study Skills

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 教養科目, 演習

  • English Seminar

    慶應義塾, 2014年度, 秋学期, 教養科目, 演習, 専任

  • Study Skills

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 教養科目, 演習, 専任

  • 少人数セミナー「話しことばを言語学的に探究しよう」

    慶應義塾, 2014年度, 春学期, 教養科目, 演習, 専任

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 「言語と人間」研究会, 

    2004年12月
    -
    2005年12月
  • International Pragmatics Association

     
  • 日本言語学会

     
  • 日本英語学会

     
  • 社会言語科学会

     

全件表示 >>