桂田 昌紀 (カツラダ マサノリ)

Katsurada, Masanori

写真a

所属(所属キャンパス)

経済学部 (日吉)

職名

教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年06月
    -
    1999年03月

    鹿児島大学 ,助教授

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    大学助教授(経済学部)

  • 1999年10月
    -
    2001年09月

    大学学生総合センター委員(日吉支部)

  • 2001年04月
    -
    継続中

    大学教授(経済学部)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1985年03月

    立教大学, 理学部

    大学, 卒業

  • 1987年03月

    慶應義塾, 理工学研究科

    大学院, 修了, 修士

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学, 慶應義塾, 1994年10月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 代数学 (解析的整数論)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書 研究種目 基盤研究 (C)

    桂田 昌紀, 2004年05月

    担当範囲: 346

  • Analytic Number Theory: the joint Proceedings of the China-Japan Number Theory Conference

    桂田 昌紀, Dordrecht:Kluwer Acad. Publ., 2002年

    担当範囲: 17-25

  • Number Theory: proceedings of the Turku Symposium on Number Theory in memory of Kustaa Inkeri, May 31-June 4,1999

    桂田 昌紀, Berlin:de Gruyter, 2001年

    担当範囲: 5-17

  • 文部省科学研究費補助金研究成果報告書:研究種目 基盤研究(C)

    桂田 昌紀, 2000年

  • Number Theory and Related Topics

    桂田 昌紀, Dordrecht:Kluwer Acad. Publ., 2000年

    担当範囲: pp. 199-229

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Irrationality results for values of generalized Tschakaloff series II

    桂田 昌紀

    Journal of Number Theory 104 ( 1 ) 132-155 2004年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Asymptotic expansions for certain q-series and a formula of Ramanujan for specific values of the Riemann zeta-function

    桂田 昌紀

    Acta Arithmetica 107 ( 3 ) 269-298 2003年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

  • Explicit formulas and asymptotic expansions for certain mean square of Hurwitz zeta-functions III

    桂田 昌紀

    Compositio Mathematica 131 ( 3 ) 239-266 2002年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • Differential transcendence of a class of generalized Dirichlet series

    桂田 昌紀

    Illinois Journal of Mathematics 45 ( 3 ) 939-948 2001年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

  • On an asymptotic formula of Ramanujan for a certain theta-type series

    桂田 昌紀

    Acta Arithmetica 97 ( 2 ) 157-172 2001年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Complete asymptotic expansions associated with the Epstein zeta-function II

    桂田 昌紀

    日本数学会2004年度年会 (つくば (筑波大学)) , 2004年03月, 口頭(一般), 日本数学会

  • Complete asymptotic expansions associated with the Epstein zeta-functions

    桂田 昌紀

    日本数学会2003年度秋季総合分科会 (千葉 (千葉大学)) , 2003年09月, 口頭(一般), 日本数学会

  • Asymptotic expansions of a multiple mean square of Lerch zeta-functions

    桂田 昌紀

    日本数学会2003年度年会 (東京 (東京大学)) , 2003年03月, 口頭(一般), 日本数学会

  • Asymptotic expansions of certain q-series and Ramanujan's formula for ζ(2n+1)

    桂田 昌紀

    日本数学会2003年度年会 (東京 (東京大学)) , 2003年03月, 口頭(一般), 日本数学会

  • On an asymptotic formula of Ramanujan for a certain theta-type series

    桂田 昌紀

    日本数学会2000年度年会 (東京 (早稲田大学)) , 2000年03月, 口頭(一般), 日本数学会

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • ゼータ関数・テータ関数の加重・多重平均化―定式化と挙動解明―

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 桂田 昌紀, 基盤研究(C), 補助金,  代表

  • ゼータ関数・テータ関数の多重母関数―その定式化と挙動解明―

    2014年04月
    -
    2017年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 桂田 昌紀, 基盤研究(C), 補助金,  代表

     研究概要を見る

    Lerch ゼータ関数の値列を係数に含む多変数超幾何型母関数に関しては,Lauricella の A 型多重超幾何関数に付随した形の母関数の定式化がほぼ満足できる形に達成された.本研究代表者はこの母関数に関して,複素 $n$ 変数が適切な相互 order 条件を満たしつつ多重扇状領域内を $0$ に収束するとき,及び $\infty$ に発散するとき,それぞれの case について,完全漸近展開を導出することに成功しており,この成果からは母関数の高階導関数に対して,変数 $s$ が整数点にあるときの完全漸近展開や,$s$ が非負の整数点のある場合には closed form の表示も得られる.

Works 【 表示 / 非表示

  • Complete asymptotic expansions associated with Epstein zeta-functions

    桂田 昌紀

    京都, 

    2004年10月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • Asymptotic expansions of certain q-series and Ramanujan's formula for ζ(2n+1)

    桂田 昌紀

    2004年05月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • On an asymptotic formula of Ramanujan for a certain theta-type series

    桂田 昌紀

    名古屋, 

    2000年06月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • ゼータ関数の平均値定理とMellin-Barnes型積分

    桂田 昌紀

    2000年06月
    -
    継続中

    その他, 単独

  • On the values of certain q-hypergeometric series

    桂田 昌紀

    京都, 

    1999年11月
    -
    継続中

    その他, 共同

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 経済数学Ⅱ

    2019年度

  • 経済数学Ⅰ

    2019年度

  • 線形代数

    2019年度

  • 線形代数続論

    2019年度