北中 淳子 (キタナカ ジュンコ)

Kitanaka, Junko

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 人文社会学科(人間関係系) (三田)

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

HP

外部リンク

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学文学部教授。専門は医療人類学。シカゴ大学社会科学MA、マギル大学人類学部・医療社会研究学部Ph.D. 主著Depression in Japan (Princeton University Press, 2012;フランス語版2014、ペルシア語版2021、韓国語版2023『うつの医療人類学』日本評論社 2014)とうつ病研究に対して、米国人類学会フランシス・ シュー賞等国内外5つ受賞。アメリカ医療人類学会役員、学会機関誌Medical Anthropology Quarterly, BioSocieties, Transcultural Psychiatry(Associate Editor)等欧米の主要なジャーナルの編集委員を務める。ランセット誌をはじめとした最近の論文等は以下:The social in psychiatries: depression in Myanmar, China, and Japan. Kitanaka, J, Ecks, S. and Wu. H. Lancet, 28 May 2021, Pentecost, M., Adams, V., Baru, R., Caduff, C., Greene, J., Hansen, H., Jones, D., Kitanaka, J., Ortega, F. & Rose, N., Global social medicine: Series introduction. Lancet, 28 May 2021, Kitanaka J. & Ecks, S. Depression. Cambridge Encyclopedia of Anthropology. 2021,「3章 病態心理社会モデル」『《講座 精神疾患の臨床》気分症群』(中山書店, 2020), 「6章 認知症と社会 認知症の医療人類学:希望の再構築に向けて」『《講座 精神疾患の臨床》神経認知障害群』(中山書店, 2023)、「共感の技としての精神医療」『精神神経学雑誌』123(9): 576-582 2021、「主観性のテクノロジーとしての精神医学」『精神神経学雑誌』124(9):637-644, 2022.(座談会)「ベッドとベンチの相互協力でめざす 精神医学研究の発展」 加藤 忠史 高橋 英彦 林 朗子 北中 淳子 『医学界新聞』 第3326号 2019年6月17日、「自殺の医療人類:生きづらさへの文化的視点」『精神医学』63(7), 2020,「精神医学による主体化」『精神医学の哲学2』(東京大学出版会 2016)。

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    東海大学 文学部 心理社会学科

  • 2004年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学 文学部 人間科学専攻 助手

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    慶應義塾大学 文学部 人間科学専攻 助教

  • 2008年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学 文学部 人間科学専攻 准教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年03月

    上智大学, 文学部, 心理学科

    大学, 卒業

  • 1993年06月

    シカゴ大学, 社会科学研究科, 文化人類学/文化心理学

    アメリカ合衆国, 大学院, 修了, 修士

  • 2006年05月

    マッギル大学, 人類学部・医療社会研究学部, 医療人類学

    カナダ, 大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士号, マッギル大学, 課程, 2006年05月

  • 修士号, シカゴ大学, 論文, 1993年06月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療人類学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 人類学

  • 医療

  • 医療史

  • 多文化間精神医学

  • 精神医療

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 鬱と自殺の医療人類学, 

     

 

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 脳神経科学的共感(neurobiological empathy)の可能性に向けて : 認知症臨床の医療人類学

    北中 淳子

    精神療法 50 ( 2 ) 170 - 175 2024年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者

  • 特別講演 生きづらさの根源を医療人類学で解明する

    北中 淳子

    心と社会 54 ( 2 ) 11 - 29 2023年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者

  • 精神医学の危機と回復 : 医療人類学からみた中井久夫

    北中 淳子

    現代思想 50 ( 2(臨増) ) 191 - 198 2022年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者

  • 主観性のテクノロジーとしての精神医学 : 医療人類学的視点

    北中 淳子

    精神神経学雑誌 124 ( 9 ) 637 - 644 2022年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者

  • 温故知新 仕事のストレスとうつ病の歴史

    北中 淳子

    Depression Journal 10 ( 1 ) 26 - 27 2022年

    筆頭著者

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 『感染症社会:アフターコロナの生政治』美馬達哉著, 人文書院, 2020 年

    北中 淳子

    立命館アジア・日本研究学術年報  ( 2 ) 78 - 81 2021年

    書評論文,書評,文献紹介等, 単著, 筆頭著者

  • Book Forum: Li Zhang’s Anxious China.

    北中 淳子

    Somatosphere  2021年

    筆頭著者

  • Prototypes in psychiatry and the structure of clinical empathy

    Kitanaka J.

    Psychiatry and Clinical Neurosciences (Psychiatry and Clinical Neurosciences)  73 ( 8 )  2019年

    ISSN  13231316

  • 『アルツハイマー病の謎』マーガレット・ロック(名古屋大学出版会, 2018)

    北中 淳子

    週刊読書人 3237 2018年

    筆頭著者

  • "Life Beside Itself: Imagining Care in the Canadian Arctic" by Lisa Stevenson (University of California Press, 2014)

    北中 淳子

    Medical Anthropology Quarterly  2015年05月

    書評論文,書評,文献紹介等, 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The Prevention Hype in Japan

    Junko Kitanaka

    Plan 75 - Imagining a Dystopian Future in Aging Japan | Global Japan Lab, Princeton University, 

    2024年12月

  • Dementia as a Basis for Neurodiversity in Japan

    Junko Kitanaka

    Culture and the Mind: Voices, Sites and Practices, University of Copenhagen, Denmark. Danish National Library, 

    2024年05月

  • 共感の技としての精神医療

    北中 淳子

    順天堂大学医療看護学部 第20回医療看護研究会, 

    2024年03月

  • ゲノムから精神療法へ:黒木先生の不思議さ

    北中 淳子

    黒木俊秀先生退官記念講演会, 

    2024年02月

  • Different Shades of Empathy: Approaching Dementia via Social Neurology in Japan

    Junko Kitanaka

    Department of Comparative Human Development. University of Chicago, 

    2024年02月

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 地域精神医療における認知症と「自己参加型医療」:医療人類学的分析

    2019年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 北中 淳子, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 認知症早期発見時代のネオ・ジェロントロジー:当事者の視点を活かす臨床構築に向けて

    2016年07月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 北中 淳子, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • 「鬱」の医療化とジェンダー:医療人類学的視点から

    2007年
    -
    2009年

    科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 補助金,  未設定

  • 近代化と日本人の身体感覚

    2002年04月
    -
    2004年03月

    国際日本文化研究センター, 共同研究員, 共同研究契約,  未設定

  • Society in Distress: The Psychiatric Production of Depression in Contemporary Japan

    2001年
    -
    2002年

    The Wenner Gren Foundation, Dissertation Grant, 補助金,  未設定

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • International Mental Health Professionals Japan’s IMHPJ Career Achievement Award

    2020年

  • Francis Hsu Prize

    2013年, American Anthropological Association, Society of East Asian Anthropology, Depression in Japan: Psychiatric Cures for a Society in Distress

    受賞国: アメリカ合衆国

  • 多文化間精神医学会奨励賞

    北中 淳子, 2009年03月, 鬱と自殺の医療人類学

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • アメリカ医療人類学会・博士論文学会賞

    北中 淳子, 2007年11月, Society for Medical Anthropology, American Anthropological Association, Society in Distress: the Psychiatric Production of Depression in Contemporary Japan

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

  • 医療社会研究領域におけるマーガレット・ロック賞(Dr. Margaret Lock Prize in Social Studies of Medicine)

    北中 淳子, 2006年06月, 日本の精神医療におけるうつ病の研究

    受賞区分: 国内外の国際的学術賞

その他 【 表示 / 非表示

  • (招聘)「「生きづらさ」について考えてみる:うつ病・認知症の医療人類学」富山県精神科病院協会, 6月13日県民こころの日講演会. 富山県, 2024年6月13日

    2024年

     内容を見る

    (招聘)「「生きづらさ」について考えてみる:うつ病・認知症の医療人類学」富山県精神科病院協会, 6月13日県民こころの日講演会. 富山県, 2024年6月13日

  • “Tojisha-Kenkyu: Japan's Radical Alternative to Psychiatric Diagnosis.” With Ayaya, Satsuki. AEON, 12 June 2023. https://aeon.co/essays/japans-radical-alternative-to-psychiatric-diagnosis

    2023年06月

     内容を見る

    “Tojisha-Kenkyu: Japan's Radical Alternative to Psychiatric Diagnosis.” With Ayaya, Satsuki. AEON, 12 June 2023. https://aeon.co/essays/japans-radical-alternative-to-psychiatric-diagnosis

  • 「データとしての自己」パネル:情報共創において求められる理念. 医療政策機構グローバル賢人会議「情報共創時代の健康・医療情報のあり方」, 東京, 2023年10月25日

    2023年

     内容を見る

    「データとしての自己」パネル:情報共創において求められる理念. 医療政策機構グローバル賢人会議「情報共創時代の健康・医療情報のあり方」, 東京, 2023年10月25日

  • (招聘)「生きづらさの根源を医療人類学で解明する」第37回日本精神保健会議, 有楽町朝日ホール, 2023年3月4日

    2023年

     内容を見る

    (招聘)「生きづらさの根源を医療人類学で解明する」第37回日本精神保健会議, 有楽町朝日ホール, 2023年3月4日

  • 기타나카 준코(翻訳:제소 희・주현・문우종・監修:이현 정)우울증은 어떻게 병이 되었나: 일 본에서의 우울증의 탄생 (はじめに) (Kitanaka, J. Depression in Japan, Princeton University Press, 2012 の韓国語版 序章)사월의 책, 2023.

    2023年

     内容を見る

    기타나카 준코(翻訳:제소 희・주현・문우종・監修:이현 정)우울증은 어떻게 병이 되었나: 일 본에서의 우울증의 탄생 (はじめに) (Kitanaka, J. Depression in Japan, Princeton University Press, 2012 の韓国語版 序章)사월의 책, 2023.

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業試験(卒業論文)

    2024年度

  • 行動科学Ⅱ

    2024年度

  • 人間科学研究法基礎

    2024年度

  • 社会科学特論Ⅰ

    2024年度

  • 文化人類学特論Ⅱ

    2024年度

全件表示 >>

 

社会活動 【 表示 / 非表示

  • BioSocieties

    2014年01月
    -
    継続中
  • 慶應義塾大学CARLS 哲学・文化人類学グループ公開シンポジウム 「医療人類学の最前線III:家族・医療・政策」

    2009年06月
  • 慶應義塾大学CARLS 哲学・文化人類学グループ公開シンポジウム 「医療人類学の最前線II:国家、感染、バイオポリティクス」

    2009年01月
  • 慶應義塾大学CARLS 哲学・文化人類学グループ公開シンポジウム 「医療人類学の最前線I:遺伝・神託・バイオテクノロジー」

    2009年01月
  • 京都大学・慶應義塾大学COE合同シンポジウム 「心・病・文化-医療をめぐる文化と倫理」

    2009年01月

全件表示 >>

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 医療と人文社会科学の架橋に向けて36:Li Zhang先生・Alexandre White先生講演会

    慶應義塾大学医療人類学研究会, 

    2024年06月

  • 医療と人文社会科学の架橋に向けて37:ハーバード大学栗山茂久先生講演会

    慶應義塾大学医療人類学研究会, 

    2024年05月

  • Social Studies of Medicine in Asia. Social Studies of Medicine Writing and Publishing Workshop

    Junko Kitanaka and Zhiying Ma,  (The University of Chicago Hong Kong campus) , 

    2024年01月

  • 医療と人文社会科学の架橋に向けて34:ジェレミー・グリーン先生ワークショップ

    慶應義塾大学医療人類学研究会, 

    2024年01月

  • 医療と人文社会科学の架橋に向けて33:『ふつうの相談』『フーコーと精神医学』合評会

    慶應義塾大学医療人類学研究会, 

    2023年12月

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年09月
    -
    継続中

    代議員, 日本文化人類学会

  • 2020年10月
    -
    継続中

    連携会員, 日本学術会議

  • 2020年04月
    -
    継続中

    『文化人類学』編集委員, 日本文化人類学会

  • 2019年09月
    -
    2023年08月

    パラダイムシフト調査班委員, 日本精神神経学会

  • 2018年11月
    -
    継続中

    Cultural Anthropology編集委員, アメリカ人類学会

全件表示 >>