伊澤 栄一 (イザワ エイイチ)

Izawa, Eiichi

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 人文社会学科(人間関係系) (三田)

職名

教授

HP

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

    日本学術振興会特別研究員(DC2,名古屋大学大学院生命農学研究科)

  • 2004年04月
    -
    2005年12月

    日本学術振興会特別研究員(PD,慶應義塾大学社会学研究科)

  • 2006年01月
    -
    2008年03月

    慶應義塾大学文学研究科 准教授(有期)(魅力ある大学院教育イニシアティブ)

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    慶應義塾大学社会学研究科 准教授(有期)(人文グローバルCOE”論理と感性に関する先端的教育研究拠点”)

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    慶應義塾大学 論理と感性のグローバル研究センター, 共同研究員

全件表示 >>

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月

    名古屋大学, 理学部, 物理学科

    大学, 卒業

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    名古屋大学, 大学院生命農学研究科, 生物機構・機能科学専攻

    大学院, 修了, 博士前期

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    名古屋大学, 大学院生命農学研究科, 生物機構・機能科学専攻

    大学院, 修了, 博士後期

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学), 名古屋大学, 課程, 2003年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 実験心理学 (動物心理学)

  • 神経行動学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 進化でわかる人間行動の事典

    小田亮,橋彌和秀,大坪庸介,平石界 編, 朝倉書店, 2021年06月,  ページ数: 320

    担当範囲: 道具をつくる/つかう

  • 遺伝子から解き明かす鳥の不思議な世界

    上田恵介, 一色出版, 2019年11月,  ページ数: 432

    担当範囲: 第2章 カラスの認知機能

  • 遺伝子から解き明かす脳の不思議な世界

    村上安則,滋野修一,野村真, 一色出版, 2018年12月,  ページ数: 520

    担当範囲: 第10章 もうひとつの高次脳システムの出現 鳥類の脳

  • 比較認知心理学

    伊澤 栄一(編著 藤田 和生), 放送大学教育振興会, 2017年03月

    担当範囲: 第12章 カラスのこころ

  • カラスの自然史

    伊澤 栄一, 北海道大学出版会, 2010年

    担当範囲: 183-197

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Measurement of urinary mesotocin in large-billed crows by enzyme-linked immunosorbent assay.

    Seguchi A. Mogi K. Izawa E-I

    Journal of Veterinary Medical Science 84   520 - 524 2022年05月

    共著, 責任著者, 査読有り

  • Socio-ecological correlates of neophobia in corvids

    Miller R., Lambert M.L., Frohnwieser A., Brecht K.F., Bugnyar T., Crampton I., Garcia-Pelegrin E., Gould K., Greggor A.L., Izawa E.I., Kelly D.M., Li Z., Luo Y., Luong L.B., Massen J.J.M., Nieder A., Reber S.A., Schiestl M., Seguchi A., Sepehri P., Stevens J.R., Taylor A.H., Wang L., Wolff L.M., Zhang Y., Clayton N.S.

    Current Biology (Current Biology)  32 ( 1 ) 74 - 85 2022年01月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り,  ISSN  09609822

     概要を見る

    Behavioral responses to novelty, including fear and subsequent avoidance of novel stimuli, i.e., neophobia, determine how animals interact with their environment. Neophobia aids in navigating risk and impacts on adaptability and survival. There is variation within and between individuals and species; however, lack of large-scale, comparative studies critically limits investigation of the socio-ecological drivers of neophobia. In this study, we tested responses to novel objects and food (alongside familiar food) versus a baseline (familiar food alone) in 10 corvid species (241 subjects) across 10 labs worldwide. There were species differences in the latency to touch familiar food in the novel object and novel food conditions relative to the baseline. Four of seven socio-ecological factors influenced object neophobia: (1) use of urban habitat (versus not), (2) territorial pair versus family group sociality, (3) large versus small maximum flock size, and (4) moderate versus specialized caching (whereas range, hunting live animals, and genus did not), while only maximum flock size influenced food neophobia. We found that, overall, individuals were temporally and contextually repeatable (i.e., consistent) in their novelty responses in all conditions, indicating neophobia is a stable behavioral trait. With this study, we have established a network of corvid researchers, demonstrating potential for further collaboration to explore the evolution of cognition in corvids and other bird species. These novel findings enable us, for the first time in corvids, to identify the socio-ecological correlates of neophobia and grant insight into specific elements that drive higher neophobic responses in this avian family group. Video abstract: [Figure presented]

  • Scalable representation of time in the hippocampus

    SHIMBO Akihiro, Izawa E-I., Fujisawa Shigeyoshi

    Science Advances 7 ( 6 ) eabd7013 2021年02月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

     概要を見る

    Hippocampal “time cells” encode specific moments of temporally organized experiences that may support hippocampal functions for episodic memory. However, little is known about the reorganization of the temporal representation of time cells during changes in temporal structures of episodes. We investigated CA1 neuronal activity during temporal bisection tasks, in which the sets of time intervals to be discriminated were designed to be extended or contracted across the blocks of trials. Assemblies of neurons encoded elapsed time during the interval, and the representation was scaled when the set of interval times was varied. Theta phase precession and theta sequences of time cells were also scalable, and the fine temporal relationships were preserved between pairs in theta cycles. Moreover, theta sequences reflected the rats' decisions on the basis of their time estimation. These findings demonstrate that scalable features of time cells may support the capability of flexible temporal representation for memory formation.

  • Sex-specific effects of cooperative breeding and colonial nesting on prosociality in corvids

    Horn L., Bugnyar T., Griesser M., Hengl M., Izawa E-I., Oortwijn T., Rössler C., Scheer C., Schiestl M, Suyama M., Taylor AH., Vanhooland L-C., von Bayern AM, Zürcher Y, Massen JJ.

    eLife (eLife)  9   e58139 - 244 2020年10月

    研究論文(学術雑誌), 共著

     概要を見る

    © 2020, eLife Sciences Publications Ltd. All rights reserved. The investigation of prosocial behavior is of particular interest from an evolutionary perspective. Comparisons of prosociality across non-human animal species have, however, so far largely focused on primates, and their interpretation is hampered by the diversity of paradigms and procedures used. Here, we present the first systematic comparison of prosocial behavior across multiple species in a taxonomic group outside the primate order, namely the bird family Corvidae. We measured prosociality in eight corvid species, which vary in the expression of cooperative breeding and colonial nesting. We show that cooperative breeding is positively associated with prosocial behavior across species. Also, colonial nesting is associated with a stronger propensity for prosocial behavior, but only in males. The combined results of our study strongly suggest that both cooperative breeding and colonial nesting, which may both rely on heightened social tolerance at the nest, are likely evolutionary pathways to prosocial behavior in corvids.

  • 社会学習による行動伝播の生態学における役割

    持田浩治・香田啓貴・北條賢・高橋宏司・須山巨基・伊澤 栄一・井原泰雄

    日本生態学会誌 70   177 - 195 2020年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • Understand the evolution of animal behaviour at the different levels: brain/body anatomy and physiology, and behavioural functions

    Ei-Ichi IZAWA

    Science IMPACT (Science Impact Ltd.)  12   70 - 72 2018年

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • カラスから探る社会認知機能の進化 -知性に大脳“皮質”は必要か?-

    伊澤栄一

    科学 (岩波書店)  79   678 - 681 2009年

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • カラスの脳と行動から探る知性の進化

    伊澤栄一

    脳21 (金芳堂)  10   355 - 359 2007年

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 個体間の宥和関係形成を支える脳-内臓回路の比較認知神経科学研究

    2020年04月
    -
    2023年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 伊澤 栄一, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 身体拡張性の比較心理学

    2019年06月
    -
    2021年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 伊澤 栄一, 挑戦的研究(萌芽), 補助金,  研究代表者

  • 情動をうみだす脳と身体の協働システムの比較認知神経科学研究

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 伊澤 栄一, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

  • 鳥の道具使用における視覚機能の解明に向けた眼球運動の非侵襲計測法の開発

    2016年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 伊澤 栄一, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  研究代表者

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 比較心理学特殊研究Ⅰ

    2022年度

  • 生物心理学演習Ⅱ

    2022年度

  • 生理・神経心理学

    2022年度

  • 心理学実験Ⅱ

    2022年度

  • 心理学実験Ⅰ

    2022年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物心理学会

     
  • 日本動物行動学会

     
  • 日本鳥学会

     
  • 日本動物学会

     
  • 日本比較生理生化学会

     

全件表示 >>

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年07月
    -
    継続中

    理事, 日本動物心理学会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    科学技術予測センター専門調査員, 文部科学省

  • 2018年01月
    -
    継続中

    評議員, 比較生理生化学会

  • 2020年10月
    -
    継続中

    連携会員(第25期), 日本学術会議