谷口 祥一 (タニグチ ショウイチ)

Taniguchi, Shoichi

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 (三田)

職名

名誉教授

HP

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1995年03月

    図書館情報大学助手図書館情報学部

  • 1995年04月
    -
    2002年09月

    図書館情報大学助教授図書館情報学部

  • 2002年10月
    -
    2004年03月

    筑波大学助教授図書館情報学系

  • 2004年04月
    -
    2006年09月

    筑波大学大学院図書館情報メディア研究科助教授

  • 2006年10月
    -
    2012年03月

    筑波大学大学院図書館情報メディア研究科教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月

    図書館情報大学, 図書館情報学部, 図書館情報学科

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(図書館・情報学), 慶應義塾大学, 論文, 2005年03月

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 図書館情報学、人文社会情報学 (情報図書館学・人文社会情報学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 情報組織化

  • 情報資源組織化

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 情報資源の組織化と提供

    谷口 祥一, 東京大学出版会, 2013年

    担当範囲: 15-60

  • 知識資源のメタデータへのリンクトデータ・アプローチ

    谷口祥一, 勁草書房, 2023年06月,  ページ数: 348

  • メタデータとウェブサービス

    日本図書館情報学会研究委員会編, 勉誠出版, 2016年

    担当範囲: p.23-39

  • 知識資源のメタデータ.第2版

    谷口祥一,緑川信之, 勁草書房, 2016年

  • メタデータの「現在」:情報組織化の新たな展開

    谷口 祥一, 勉誠出版, 2010年

    担当範囲: 154

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Reference Relations in RDA Guidelines and Instructions: A Network Analysis

    Taniguchi S., Hashizume A.

    Technical Services Quarterly (Technical Services Quarterly)  41 ( 1 ) 1 - 21 2024年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 責任著者, 査読有り,  ISSN  07317131

     概要を見る

    This study aimed (a) to understand the actual state of reference relations in RDA guidelines and instructions, expressed as RDF data, and (b) to grasp its characteristics at a global level by applying network analysis to those reference relations. The reference relations were examined and extracted from four datasets–RDA guidelines, instructions on entities, and those on Manifestation and Work elements. Furthermore, they were aggregated by source and destinations. The characteristics of the four graphs formed by the reference relations were analyzed using measures such as centrality.

  • Transforming metadata content guidelines and instructions to linked data

    Taniguchi S., Hashizume A.

    Journal of Information Science (Journal of Information Science)  2023年

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 責任著者, 査読有り,  ISSN  01655515

     概要を見る

    Among metadata-related standards, data content standards like metadata guidelines and instructions for creating metadata still remain in legacy forms. This study investigates a way to transform data content standards to linked data (LD) through conversion from other formats, while referring to the proposed layered framework. Under the basic policies for making LD on which this study is based, several principal matters were examined: (a) defining units to be assigned with Universal Resource Identifiers (URIs), (b) defining relationships among the instructions with URIs and (c) expressing instructed content in instructions properly with certain Resource Description Framework (RDF) properties. With the proper choice(s) for each matter, some actual standards were converted to LD: Resource Description and Access (RDA) and Dublin Core User Guide. The results showed that the adopted way of transforming data content standards to LD is valid and proper, and the resultant LD would be expected to be utilised in various manners.

  • Data Provenance and Administrative Information in Library Linked Data: Reviewing RDA in RDF, BIBFRAME, and Wikidata

    Taniguchi S.

    Cataloging and Classification Quarterly (Cataloging and Classification Quarterly)  61 ( 1 ) 67 - 90 2023年

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 責任著者, 査読有り,  ISSN  01639374

     概要を見る

    We examined how data provenance and additional information of element values including nomens, and administrative information on the metadata should be modeled and represented in the Resource Description Framework (RDF) for linked data of library catalogs. First, we classified such information types into categories and organized the combination with recording-units, i.e., a description statement or description set. Next, we listed the appropriate RDF representation patterns for each recording-unit. Then, we reviewed the methods to examine such information in Resource Description and Access (RDA) in RDF, BIBFRAME, and Wikidata, and pointed out the issues involved in them.

  • JAPAN/MARC書誌レコードからNCR2018エレメントベースのメタデータへの変換

    谷口祥一

    Library and Information Science (三田図書館・情報学会)   ( 88 ) 49 - 71 2022年12月

    研究論文(学術雑誌), 単著, 筆頭著者, 責任著者, 査読有り

  • NCR2018の規定間参照関係の実態把握とネットワーク分析の適用

    谷口祥一, 橋詰秋子

    日本図書館情報学会誌 (日本図書館情報学会)  68 ( 4 ) 233 - 251 2022年12月

    研究論文(学術雑誌), 共著, 筆頭著者, 責任著者, 査読有り

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 著作典拠コントロール支援を指向した著作の同定・共有システムの構築

    2020年04月
    -
    2024年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 谷口 祥一, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • エージェントと著作等に対する典拠コントロール支援用統合型典拠データベースの構築

    2017年04月
    -
    2020年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 谷口 祥一, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

  • RDA実装に向けたモデリングの適用およびメタデータ作成支援システムの開発

    2014年04月
    -
    2018年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 谷口 祥一, 基盤研究(C), 補助金,  研究代表者

受賞 【 表示 / 非表示

  • 三田図書館・情報学会賞

    谷口 祥一, 2009年09月, 三田図書館・情報学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 日本図書館情報学会賞

    谷口 祥一, 2007年10月, 日本図書館情報学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 三田図書館・情報学会賞

    谷口 祥一, 1993年10月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 情報資源管理特殊講義Ⅹ

    2024年度

  • 情報システム特殊研究Ⅳ

    2023年度

  • 情報システム特殊研究Ⅲ

    2023年度

  • 情報検索特殊研究Ⅱ

    2023年度

  • 情報検索特殊研究Ⅰ

    2023年度

全件表示 >>