安形 麻理 (アガタ マリ)

Agata, Mari

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 人文社会学科(図書館・情報系) (三田)

職名

教授

外部リンク

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2011年03月

    慶應義塾大学文学部, 助手

  • 2011年04月
    -
    2019年03月

    慶應義塾大学文学部, 准教授

  • 2019年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学文学部, 教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年03月

    慶應義塾大学, 文学研究科, 図書館・情報学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 2003年09月

    ロンドン大学, -

    グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国), 大学院, 修了, 修士

  • 2005年03月

    慶應義塾大学, 文学研究科, 図書館・情報学専攻

    大学院, 単位取得退学, 博士

  • 1999年03月

    慶應義塾大学, 文学部, 図書館・情報学科

    大学, 卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 修士, 慶應義塾大学, 課程, 2001年03月

    Fine detail : collating the gutenberg bible with digital images

  • 修士(書物史), ロンドン大学, 2003年09月

  • 博士, 慶應義塾大学, 課程, 2007年01月

免許・資格 【 表示 / 非表示

  • 司書資格

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 図書館情報学、人文社会情報学 (情報図書館学・人文社会情報学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • インキュナブラ

  • グーテンベルク聖書

  • デジタル・ヒューマニティーズ

  • マンガの国際的な受容

  • 書誌学

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 書物に描き出された時/時の中の書物:2020年度極東証券寄附講座「文献学の世界」

    安形麻理編, 慶應義塾大学文学部, 2021年03月,  ページ数: 84

    担当範囲: 「グーテンベルク聖書に見る時の痕跡」,  担当ページ: p. 7-13.

  • 書物と知の組織化:2019年度極東証券寄附講座「文献学の世界」

    安形麻理編, 慶應義塾大学文学部, 2020年03月,  ページ数: 117

  • 書物の装い:平成30年度極東証券寄附講座「文献学の世界」

    安形麻理編, 慶應義塾大学文学部, 2019年03月

    担当範囲: 書物の装いと機能,  担当ページ: p. 7-14.

  • 書物の装い

    安形 麻理, 慶應義塾大学文学部, 2019年

  • 書物の境界:平成29年度極東証券寄附講座「文献学の世界」

    安形麻理編, 慶應義塾大学文学部, 2018年03月

    担当範囲: 捏造・贋作と分析書誌学:どのように真贋を判断するのか,  担当ページ: p. 7-12.

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパの初期印刷本と デジタル技術のこれから

    欧米圏デジタル・ヒューマニティーズの基礎知識. 一般財団法人人文情報学研究所(監修) (文学通信社)     252 - 255  2021年07月

    研究論文(その他学術会議資料等), 単著

  • Statistical analysis of the Gutenberg 42-line Bible types: Special focus on letters with a suspension stroke

    Agata M., Agata T.

    Papers of the Bibliographical Society of America (Papers of the Bibliographical Society of America)  115 ( 2 ) 167 - 183 2021年06月

    研究論文(学術雑誌),  ISSN  0006128X

  • Examining books in detail in the digital environment

    安形麻理

    Research Methods for Primary Sources (Adam Matthew Digital Ltd)   ( in press )  2021年

    研究論文(その他学術会議資料等), 単著, 査読有り

  • インキュナブラ研究における活字の分類

    安形麻理

    現代の図書館 (日本図書館協会)   ( 印刷中 )  2021年

    研究論文(学術雑誌), 単著

  • 偽書と書誌学

    安形麻理

    ユリイカ2020年12月号 特集=偽書の世界 (青土社)   ( 2020年12月号 ) 131 - 138 2020年11月

    研究論文(その他学術会議資料等), 単著,  ISSN  9784791703944

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • コラム3:活版印刷術と西洋哲学

    安形麻理

    世界哲学史5 中世Ⅲ バロックの哲学 (筑摩書房)     182 - 183 2020年05月

    その他, 単著,  ISSN  9784480072955

  • インキュナブラの時代:慶應義塾の初期印刷本コレクションとその広がり(慶應義塾図書館貴重書展示会目録)

    安形 麻理

     2018年

    その他

  • ヨーロッパの初期印刷本とデジタル技術のこれから

    安形 麻理

    人文情報学月報 60 2016年07月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 書評:Mendelsund, Peter著, 『本を読むときに何が起きているのか: ことばとビジュアルの間,目と頭の間』

    安形 麻理

    日本図書館情報学会誌 (日本図書館情報学会)  61 ( 4 ) 271 - 272 2015年

    書評論文,書評,文献紹介等

  • 生涯学習のための空間デザイン:Dr. マーチン・ルーサー・キング・Jr図書館(要約)”.

    安形 麻理

    現代の図書館 (日本図書館協会)  43 ( 3 ) 172-177 2005年

    その他, 単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 初期印刷聖書におけるタイトルページの特徴

    安形 麻理

    2021年度日本図書館情報学会春季研究集会 (神奈川県相模原市, 青山学院大学) , 

    2021年05月

    口頭発表(一般), 日本図書館情報学会

  • The Look of the Bible: A Cluster Analysis of the Printed Bibles Based on their Physical Features

    Books as Texts and as Objects: The Production, Circulation, and Collection of Knowledge in Asia and Europe: The International Symposium, jointly sponsored by the Harvard-Yenching Institute and Toyo Bunko (東京) , 

    2020年01月

    口頭発表(一般), ハーバード大学イェンチン研究所および東洋文庫

  • 西洋の初期印刷文化における聖書のパラテクスト面の特徴とその変遷

    第67回日本図書館情報学会研究大会, 

    2019年10月

    ポスター発表

  • Using VIAF Dataset and the National Bibliography for Identifying and Listing Comics and Manga Authors

    大谷康晴(日本女子大学); 安形輝(亜細亜大学); 橋詰秋子(慶應義塾大学大学院); 江藤正己(学習院女子大学); 安形麻理(慶應義塾大学); 杉江典子(東洋大学)

    2019 ACM/IEEE Joint Conference on Digital Libraries (JCDL) (アメリカ、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校) , 

    2019年06月

    ポスター発表

  • 読書はどのように描かれてきたのか:画像から見る社会とリーディングの関係

    安形 麻理

    リーディングのこれから(青山学院大学教育人間科学部創立10周年記念シンポジウム) (東京, 青山学院大学) , 

    2019年03月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名), 青山学院大学教育人間科学部, 青山学院大学附置教育人間科学研究所

全件表示 >>

競争的研究費の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 初期印刷文化における「書物のあるべき姿」の変容の総合的な解明

    2018年04月
    -
    2022年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 安形 麻理, 基盤研究(B), 補助金,  研究代表者

     研究概要を見る

    本年度は主として課題①「初期印刷文化における聖書の形態的特徴の変遷の分析」に取り組み、基礎的なデータの収集を行った。まず、調査対象となるラテン語をはじめとする各言語による聖書の版を特定するために、15世紀の印刷本(インキュナブラ)の国際総合目録であるIncunabula Short Title Catalogue (ISTC)および16世紀についてはUniversal Short Title Catalogue (USTC)から調査対象を抽出し、各版についての書誌的事項や判型などの基礎的な情報を記録した。次に、個別の現存本についての書誌や目録を調査し、折丁の構成、ページの段組み、行数、使用されている活字の種類など可能な限り詳細に記録した。合わせて、デジタルアーカイブ等による画像の公開状況や複写画像の入手可能性についても調査し、可能な場合には複写依頼によるデジタル画像を入手した。画像の入手は次年度も引き続き行い、パラテクストの詳細な調査に用いる。
    また、慶應義塾大学図書館が所蔵するインキュナブラを対象に、インキュナブラ全般の形態的特徴を、ページ・レイアウトや書体、文章構造の視覚的な提示方法、木版印刷による図版やその彩色、手書きの装飾、読者による書き込みなどの使用の形跡といった点から分析した。3月にはBritish Libraryの元インキュナブラ担当者を招き、小規模なワークショップを開催し、インキュナブラの調査方法や調査項目についてさらに検討した。
    さらに、パラテクスト面での「あるべき姿」を支える技術としての活字の鋳造方法や活字の形態分析方法に関する分析をグーテンベルク聖書を事例として進めた。

  • 日本の洋式製本の技術伝播に関する歴史的研究 : 洋装本資料保存のための基盤整備 研究課題

    2016年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 森脇 優紀, 挑戦的萌芽研究, 補助金,  研究分担者

     研究概要を見る

    本研究では、明治期日本の洋式帳簿製本と、明治期に製本技術を習得した技術者による1950年代の修復痕が残る西洋稀覯書の現物調査を中心に、聞き取り調査による情報収集や記録資料の解析も並行して行い、製本の歴史的変遷を再検討した。その結果、帳簿製本については、技術導入以降、需要が高まり民間での製造が急増したことで、西洋由来の技術は試行錯誤が繰り返されて変容し、現在の日本特有の形に至ったことが分かった。稀覯書の修復痕調査からは、明治の導入期以来の技術や知識が基本的な部分で継承されていることが確認できた。資料保存の面では、現在の「原形保存」の淵源となる考え方が既に1950年代に存在していたことが分かった。

  • 「図書館資料保存論」に関する基礎的研究 研究課題

    2015年04月
    -
    2019年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 小島 浩之, 基盤研究(B), 補助金,  研究分担者

     研究概要を見る

    本研究では、図書館への訪問実態調査、図書館への全国的な質問紙調査、修復技術者等への聞き取り調査、海外の図書館などとの比較検討などを通じて、日本の図書館における資料保存の実態を表わす基礎データを収集・分析した。
    その結果、図書館における保存対策や修復などの処置が、計画的・積極的なものというより事後処置的かつ対症療法的な側面が強いものであること、最も多い災害は漏水であることなど、日本の図書館における資料保存の実態を定量的に示すことができた。

  • 文化資産としてのマイクロフィルム保存に関する基礎研究:実態調査からの実証的分析 研究課題

    2012年04月
    -
    2015年03月

    文部科学省・日本学術振興会, 科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会), 小島 浩之、吉田成, 内田麻里奈, 森脇優紀 , 基盤研究(B), 補助金,  研究分担者

     研究概要を見る

    本研究では、記録媒体として紙に次ぐ歴史を有するにもかかわらず、これまで学術的な観点から調査・研究がなされてこなかったマイクロフィルムについて、図書館等への訪問実態調査(33機関)、および図書館と文書館への質問紙調査(大学図書館:1,378、都道府県立図書館:58、国立国会図書館:1、公文書館:75、大学文書館:88、専門図書館:380)を基軸とし、生産・出版・保存・活用・管理等の諸側面から総合的に分析した

  • XMLによる初期刊本の本文記述の方法論の確立と印刷史研究への応用 研究課題

    2008年04月
    -
    2015年03月

    補助金,  研究代表者

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ゲスナー賞(銀賞)

    2014年11月, 主催: 株式会社 雄松堂書店、協力:明治大学図書館、協賛:社団法人 日本図書館協会

    受賞区分: その他

     説明を見る

    第7回ゲスナー賞「本の本」部門:『西洋活字の歴史』(翻訳)。http://www.yushodo.co.jp/gesner/bosyuu.html

  • 日本図書館情報学会優秀発表賞

    2013年05月

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

     説明を見る

    平成25年度日本図書館情報学会春期研究集会(筑波大学筑波キャンパス春日エリア)第2回優秀発表賞

  • 三田図書館・情報学会学会賞

    安形 麻理, 2006年11月, "グーテンベルク聖書と写本の伝統". Library and Information Science. no.54, 2005, p.19-41.

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 文献学の世界

    2022年度

  • 情報システム特殊研究Ⅵ

    2022年度

  • 情報システム特殊研究Ⅴ

    2022年度

  • 情報システム特殊研究Ⅱ

    2022年度

  • 情報システム特殊研究Ⅰ

    2022年度

全件表示 >>

 

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 三田図書館・情報学会

     
  • 日本図書館情報学会

     
  • Bibliographical Society of America

     
  • Gutenberg Gesellschaft

     

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    日本図書館情報学会 理事

  • 2018年
    -
    継続中

    図書館情報学用語辞典第5版編集委員

  • 2017年12月
    -
    2018年06月

    JCDL (ACM/IEEE Joint Conference on Digital Libraries) 2018 program committee

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    日本図書館情報学会 理事

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    図書館情報学用語辞典第4版編集委員, 日本図書館情報学会

全件表示 >>