川島 建太郎 (カワシマ ケンタロウ)

Kawashima, Kentaro

写真a

所属(所属キャンパス)

文学部 人文社会学科(文学系) (三田)

職名

教授

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2012年03月

    明治学院大学, 教養教育センター, 専任講師

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    慶應義塾大学, 文学部, 准教授

  • 2015年04月
    -
    継続中

    慶應義塾大学, 文学部, 教授

  • 2022年04月
    -
    2023年03月

    Ruhr-Universität Bochum, DFG-Graduiertenkolleg "Das Dokumentarische - Exzess und Entzug", Fellow

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1996年03月

    慶應義塾大学, 文学部, 独文学専攻

    大学, 卒業, その他

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    慶應義塾大学, 文学研究科, 独文学専攻

    大学院, 修了, 修士

  • 1999年04月
    -
    2002年03月

    慶應義塾大学, 文学研究科, 独文学専攻

    大学院, 単位取得退学, 博士後期

  • 2001年10月
    -
    2009年07月

    ボーフム大学, 文学部, 独文学

    大学院, 修了, 博士

学位 【 表示 / 非表示

  • PH.D., Ruhr Universität Bochum, 2009年07月

    Autobiographie und Photographie nach 1900. Proust, Benjamin, Brinkmann, Barthes, Sebald

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / ヨーロッパ文学 (ドイツ文学)

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ドイツ思想

  • ドイツ文学

  • メディア論

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ドイツ・メディア理論の系譜学, 

    2012年04月
    -
    継続中

  • 1900年以降の自伝と写真, 

    2002年04月
    -
    2009年07月

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 批評理論を学ぶ人のために

    小倉孝誠、小平麻衣子、巽孝之、川島建太郎 他, 世界思想社, 2023年04月

    担当範囲: 第3章、第14章、コラム「法と文学」,  担当ページ: 44-58, 73-74, 202-216

  • 世界文学へのいざない—危機の時代に何を、どう読むか

    小倉孝誠, 宇沢美子, 小平麻衣子, 川島建太郎, 坂田幸子, 申明直, 関根謙, 巽孝之, 原田範行, 松下優一, 松本健二, 2020年06月

    担当範囲: 家族の変身物語 − カフカ『変身』,病と芸術 − T.マン『トリスタン』,ベルリンの幼年時代 − ベンヤミン『1900年頃のベルリンの幼年時代』,戦後第二世代 − ゼーバルト『移民たち』,コラム「ホロコーストと文学」,  担当ページ: 55-62, 108-115, 159-165, 291-298, 299-230

  • Autobiographie und Photographie nach 1900 - Proust, Benjamin, Brinkmann, Barthes, Sebald

    川島 建太郎, transcript, 2011年

  • 『明るい部屋』の秘密 ー ロラン・バルトと写真の彼方へ

    川島 建太郎, 青弓社, 2008年

    担当範囲: 49-73頁

  • メディア論 — 現代ドイツにおける知のパラダイム・シフト

    川島 建太郎, 御茶の水書房, 2007年

    担当範囲: 41-75頁

論文 【 表示 / 非表示

  • Ein Kind als Erzähler. Die Atomkatastrophe von Fukushima in „Akios Aufzeichnungen“

    Christian Zemsauer/Masanori Manabe (Hg.): Am Weltenrand lesen. Japanisch-österreichische Perspektiven auf einen Roman von Philipp Weiss (Praesens Verlag)     79 - 94 2022年07月

    論文集(書籍)内論文, 単著

  • 法のメディア論——コルネリア・フィスマンとともにゲーテ『若きヴェルターの悩み』を読む

    縄田雄二(編)『モノと媒体の人文学』 (岩波書店)     192 - 219 2022年04月

    論文集(書籍)内論文, 単著

  • „Komik und Galgenhumor“ in Tschernobyl. Über Alexander Kluges Die Wächter des Sarkophags

    Einheit in der Vielfalt? Germanistik zwischen Divergenz und Konvergenz. Asiatische Germanistentagung 2019 in Sapporo (Iudicium)     595 - 602 2020年

    研究論文(国際会議プロシーディングス), 単著

  • Metamorphosis as Origin—Koji Yamamura’s Short Animation Franz Kafka’s A Country Doctor

    Kentaro Kawashima

    Arts (MDPI)  8 ( 2 )  2019年04月

    研究論文(学術雑誌), 査読有り

  • Walter Benjamin ‚knipst‘

    Kentaro Kawashima

    z.B. Zeitschrift zum Beispiel. Themenheft Handgreifliche Beispiele (Münsterscher Verlag für Wissenschaft)  2 ( Nr. 3 ) 127 - 145 2019年

    研究論文(学術雑誌), 単著

全件表示 >>

KOARA(リポジトリ)収録論文等 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説等 【 表示 / 非表示

  • 法と文学をめぐる理論――ベンヤミン、フーコー、フィスマン

     2023年10月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議), 単著, 筆頭著者

  • 映画『メトロポリス』解説——ヴァイマル共和国のシンボルとしての『メトロポリス』

    川島 建太郎

    KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「メトロポリス伴奏付き上映会」パンフレット  2021年03月

  • ベルンハルト・ジーゲルト「文化技術論—ドイツ・メディア理論における学問上の戦後期の終焉」解題

    川島 建太郎

    思想 (岩波書店)   ( 1103 ) 7 - 10 2016年03月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア), 単著

  • 書評「スヴェン・ハヌシェク著『エリアス・カネッティ伝記』(北島玲子/黒田晴之/宍戸節太郎/須藤温子/古矢晋一訳)」

    川島 建太郎

    Flaschenpost (ゲルマニスティネンの会)   ( 35 ) 11 2014年05月

    書評論文,書評,文献紹介等, 単著

  • 書評「『明るい部屋』のパラドックス—松本健太郎著『ロラン・バルトにとって写真とは何か』」

    川島 建太郎

    図書新聞  ( 3157 ) 8 2014年05月

    書評論文,書評,文献紹介等, 単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 法と文学—コルネリア・フィスマンの理論を手がかりに

    シンポジウム「文学批評—その理論と展望」, 

    2023年07月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • パンク詩人としてのロルフ・ディーター・ブリンクマン

    川島 建太郎

    日本独文学会春季研究発表会 シンポジウム「近現代トイツ抒情詩の「話者」再考 ―「リュリコロギー」の批判的受容に基づくケーススタディ」, 

    2023年06月

  • Ingeborg Bachmanns Me Too? --- Über die Erzählung Undine geht

    Kentaro Kawashima

    Opferdramaturgie und Viktimologie der Geschlechter in Prosa und Film (19. Jhd. bis zur Gegenwart) (Berlin) , 

    2023年02月

    シンポジウム・ワークショップ パネル(公募), FernUniversität in Hagen

  • Selbstdokumentation eines literarischen Punks. Über Rolf Dieter Brinkmanns Rom, Blicke

    Kentaro Kawashima

    Vortragsreihe MEDIEN|DENKEN in Kooperation mit dem Graduiertenkolleg „Das Dokumentarische. Exzess und Entzug“ (Bochum) , 

    2022年11月

    公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等, Ruhr-Universität Bochum

  • Ein Kind als Zeuge. Die Atomkatastrophe von Fukushima in „Akios Aufzeichnungen“

    Workshop zu Am Weltenrand sitzen die Menschen und lachen von Philipp Weiss (Sophia-Universität) , 

    2020年01月

    Sophia-Universität

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第15回日本オーストリア文学会賞 論文部門

    2019年06月, 日本オーストリア文学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第16回日本独文学会賞 ドイツ語論文部門

    2019年06月, 日本独文学会

    受賞区分: 国内学会・会議・シンポジウム等の賞

  • 第48回ドイツ語学文学振興会振興会賞

    2008年06月, ドイツ語学文学振興会

その他 【 表示 / 非表示

  • 2017年02月

     内容を見る

    ヨッヘン・ヘーリッシュ『メディアの歴史—ビッグバンからインターネットまで』(津崎正行、林志津江との共訳)、法政大学出版局、2017年

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • テクスト研究上級Ⅱ

    2023年度

  • テクスト研究上級Ⅰ

    2023年度

  • ドイツ文学演習Ⅱ

    2023年度

  • ドイツ文学演習Ⅰ

    2023年度

  • ドイツ文学特殊演習Ⅱ

    2023年度

全件表示 >>